アコトラスト (アコチアミド) - 100mg

11250 円!! アコトラスト100mgは、主成分としてアコチアミドを含む医薬品で、アコファイドのジェネリックです。アセチルコリンの量を増やすことで機能性ディスペプシアにおける食後膨満感や上腹部膨満感、早期満腹感の治療に用いられます。

Acotrust (Acotiamide) - 100mg (10 x 15 Tablets)

■ 10 x 15 錠

価格:11250 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アコチアミド(Acotiamide)

 

製造国

インド

 

製造元

Lupin Ltd

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。

実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。


成人は1日3回、1回100mgを食前に服用します。

 

商品詳細

機能性ディスペプシアとは、内視鏡検査やバリウム検査などを行ってもとくに胃の異常は見つからないのに、胃もたれや痛みといった胃の症状が起こる疾患です。男性よりも女性に多く見られやすく、また高齢者よりも若年者で発症しやすいことがわかっています。


食事を始めるとすぐに満腹になって食べられないという症状も起こりやすいため、患者は食事を楽しめなくなってしまうのが特徴です。機能性ディスペプシアに罹患することでどれくらいQOLが低下するかどうかを調べた研究では、身体的なQOLのみならず精神的なQOLも大きく低下してしまうことがわかっています。


データによって数値はまちまちであるものの、約10人に1人が機能性ディスペプシアだと言われています。ただし何らかの胃の症状を抱えて医療機関を受診した方だけを対象とした場合は、50%前後にまで数値が上がることが特徴です。


機能性ディスペプシアを引き起こす原因としては、以下のようにさまざまな要因が考えられています。


 ・胃や十二指腸潰瘍の働きが鈍くなっている
 ・胃や十二指腸潰瘍に知覚過敏が起きている
 ・胃酸が胃粘膜を刺激している
 ・ピロリ菌に感染している
 ・生まれつき機能性ディスペプシアになりやすい(遺伝)
 ・生活習慣が乱れている
 ・胃の形状が変形している
 ・精神的な不安がある


とくに決まった要因はないため、原因を特定することが困難な場合もあります。何が原因になっているにしろ、胃の働きが落ちていることで機能性ディスペプシアを発症しやすくなりますので、治療薬としては胃の働きを亢進させるようなものが使われることが特徴です。また症状に応じて胃酸分泌を抑えるお薬や、抗不安薬なども使用されます。


胃の働きは、自律神経のうち副交感神経によって制御されています。アセチルコリンという神経伝達物質が胃の機能を亢進させるため、機能性ディスペプシアを改善するためにはアセチルコリンへの着目が必要です。


アコトラスト100mgは、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、アセチルコリンの量を増やす働きがあります。アセチルコリンエステラーゼとはアセチルコリンを分解する酵素のことです。アセチルコリンエステラーゼを阻害することで分解されなくなるので、結果としてアセチルコリンの量を増やすことができます。


ラットを使った実験では、アコトラスト100mgの主成分であるアコチアミドを投与することで、プラセボよりも胃の運動機能が亢進されたことが確認されています。また胃の内容物を外へ出す速度も改善しました。しかし機能性ディスペプシアにアコトラスト100mgを使う場合は、必ず上部消化管内視鏡検査によって胃がんなどの疾患の可能性を除外しなければなりません。


胃の膨満感や早期満腹感などが見られる場合はアコトラスト100mgをはじめとした消化管運動機能改善薬が用いられますが、胃のもたれや不快感がある場合は胃酸分泌抑制薬も使用されます。もちろん両方を併用することもありますし、どちらかだけを使用する場合もありますので、症状を見てからお薬を選択しなければなりません。


ただし複数の薬剤を併用したからといって、機能性ディスペプシアの症状が有意に改善したというエビデンスはないため注意が必要です。アコトラスト100mgをはじめとした消化管運動機能改善薬や胃酸分泌抑制薬、抗不安薬などをむやみに併用するのではなく、症状に応じて選ぶ必要性があります。


 

他の商品との比較

アコトラスト100mgと似たお薬に、モサプリドという消化管運動機能改善薬があります。モサプリドはセロトニン受容体を刺激することで、胃の機能を改善するものです。アコトラスト100mgは機能性ディスペプシアに適応を持つのに対して、モサプリドは慢性胃炎に伴う消化器症状に適応を持つことが特徴となります。


 

特別な注意

【禁忌】
アコトラスト100mgの主成分であるアコチアミドに過敏症の既往歴がある方は使用できません。


【高齢者】
高齢者では一般的に生理機能が低下しており、副作用が起こりやすくなっています。そのため服用中に何か異常が出ないか注意して使用してください。


【妊婦・授乳婦など】
妊娠中の方、妊娠の可能性がある方はアコトラスト100mgを服用するメリットがデメリットを上回ると判断された場合は服用できます。ただし妊娠中の方が服用することについての安全性は確立されていません。


また授乳中の服用も避けてください。どうしても服用しなければならない場合は、授乳を避ける必要があります。


【小児】
低出生体重児や新生児、乳児や幼児への安全性は確立されていません。


 

他の薬との併用

【併用注意】
・アトロピンやブチルスコポラミンなど抗コリン薬を持っている医薬品と併用すると、アコトラスト100mgの効果が減弱する可能性があります。


・アセチルコリンやネオスチグミンと併用すると、アコトラスト100mgの効果が増強する可能性があります。


 

誤って大量に服用した場合

医療機関を受診してください。


 

服用し忘れた場合

 

副作用

アコトラスト100mgを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

下痢、便秘、ALT・AST・γ-GTP増加、血中プロラクチン増加、血中トリグリセリド増加、白血球数増加、悪心、嘔吐、血中ビリルビン増加、血中ALP増加、発疹、蕁麻疹


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。