アトルリップ(ジェネリックリピトール)10mg (15錠入)

760 円!! 血管を狭める原因となる血中コレステロール量を低下!高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症など、脂質異常症の治療に効果を発揮します!心血管疾患の再発や発症を抑える効果も!

Atorlip (Atorvastatin) - 10mg (15 Tablets)

■ 15錠

価格:760 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アトルバスタチンカルシウム(Atorvastatin Calcium)

 

同一成分含有商品

リピトール(アトルバスタチン)10mg (30錠) 3990 円
Lipitor (Atorvastatin Calcium) - 10mg (30 Tablets)

リピトール(アトルバスタチン)20mg (30錠) 5810 円
Lipitor (Atorvastatin Calcium) - 20mg (30 Tablets)

リピトール(アトルバスタチン)40mg (30錠) 4940 円
Lipitor (Atorvastatin Calcium) - 40mg (30 Tablets)

アトルリップ(ジェネリックリピトール)5mg (30錠) 880 円
Atorlip (Atorvastatin Calcium) - 5mg (30 Tablets)

アトルリップ(ジェネリックリピトール)10mg (30錠) 1340 円
Atorlip (Atorvastatin Calcium) - 10mg (30 Tablets)

アトルリップ(ジェネリックリピトール)20mg (30錠) 2240 円
Atorlip (Atorvastatin Calcium) - 20mg (30 Tablets)

リプバス(ジェネリックリピトール)10mg (10錠) 530 円
Lipvas (Atorvastatin Calcium) - 10mg (10 Tablets)

リプバス(ジェネリックリピトール)20mg (10錠) 880 円
Lipvas (Atorvastatin Calcium) - 20mg (10 Tablets)

クレスリップ (テルミサルタン/アトルバスタチン) 40mg/10mg (10錠) 530 円
Creslip (Telmisartan/Atorvastatin) - 40mg/10mg (10 Tablets)

ザラトール(アトルバスタチン)10mg (90錠) 6600 円
Zarator (Atorvastatin Calcium) - 10mg (90 Tablets)

ザラトール(アトルバスタチン)20mg (90錠) 8100 円
Zarator (Atorvastatin Calcium) - 20mg (90 Tablets)

ザラトール(アトルバスタチン)40mg (90錠) 10700 円
Zarator (Atorvastatin Calcium) - 40mg (90 Tablets)

リピトール(アトルバスタチン・カルシウム)10mg(トルコ市場向け) (30錠) 2200 円
Lipitor (Atorvastatin Calcium) - 10mg (30 Tablets)(Turkey)

リピトール(アトルバスタチン・カルシウム)20mg(トルコ市場向け) (30錠) 3600 円
Lipitor (Atorvastatin Calcium) - 20mg (30 Tablets)(Turkey)

リピトール(アトルバスタチン・カルシウム)40mg(トルコ市場向け) (30錠) 4400 円
Lipitor (Atorvastatin Calcium) - 40mg (30 Tablets)(Turkey)

リピトール(アトルバスタチン・カルシウム)80mg(トルコ市場向け) (30錠) 7200 円
Lipitor (Atorvastatin Calcium) -80mg (30 Tablets)(Turkey)

アトルリップ(ジェネリックリピトール)10mg (15錠入) (15錠) 760 円
Atorlip (Atorvastatin) - 10mg (15 Tablets)

アトルリップ20(アトルバスタチン)20mg (15錠) (15錠) 1680 円
Atorlip-20 (Atorvastatin Calcium) - 20mg (15 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は服用開始量として1日1回10mgを経口服用します。
4週間以上経過した後、状態に応じて服用量を調整しますが、1日の最大服用量は80mgまでとします。

●一次性高コレステロール血症、複合型脂質異常症
通常、服用開始量として1日1回10mgを経口服用します。
服用後2週間後あたりから効果が出現し始め、約4週目に治療効果は最大になります。この効果は長期治療により維持できます。

●ヘテロ接合性家族性高コレステロール血症
1日1回10mgから服用を開始します。
状態に合わせて4週間ごとに服用量を調整し、最終的に1日40mgを服用します。
その後、1日の服用量を最大80mgまで増量、またはアトルバスタチン1日40mgを胆汁酸金属イオン封鎖剤と併用します。

●ホモ接合型家族性高コレステロール血症
充分なデータはありませんが、1日10-80mgを経口服用します。
なおアトルバスタチンは、ほかの脂質低下治療(LDL-アフェレーシス療法など)の補助的療法として、またはこれらの治療が不可能な場合に使用します。

●心血管疾患の予防
一次予防試験としては、1日10mgを服用します。
目標コレステロール値に達するために増量することもあります。

 

商品詳細

アトルリップ10mgは血液中のコレステロールを減らす薬で、主に高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症などの脂質異常症の治療に使用されます。

食べ過ぎ、飲み過ぎといった食習慣、運動不足、肥満やストレスなどが原因となって血液中の脂肪分が増え、血液がドロドロになった状態を脂質異常症(高脂血症)と言います。血管の内側にコレステロールがどんどん溜まるために血管が狭くなり、血の流れが悪くなることで血圧が上がり、結果的に動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす原因ともなります。脂質異常症は血液中のコレステロール値が高いという以外に自覚症状がないため、心臓発作や脳卒中などの発作が起きて初めて知るケースも多いようです。

コレステロールは食べ物から摂取されるほかに肝臓で生合成され、細胞や細胞膜、そして胆汁酸やホルモンの成分となっている脂質です。大きく2種類に分けることができ、ひとつは余分なコレステロールを肝臓に戻す働きをするために「善玉コレステロール」と呼ばれるHDLコレステロール。もうひとつは、肝臓から全身にコレステロールを送る働きをし、俗に「悪玉コレステロール」とも言われているLDLコレステロールです。通常であればこれら2つのコレステロールがバランスを保って存在していますが、コレステロールを多く含む食品の過剰な摂取や、肝臓の機能の低下などによってLDLコレステロールが血液中に過剰に存在するようになると、血管壁においてコレステロールの沈着・蓄積が起きるために血管が詰まりやすい状態になり、その結果として動脈硬化やそれに伴う合併症を誘発するようになります。

日本動脈硬化学会のガイドラインにより、脂質異常症の治療は食事療法を基本とし、症状の改善が見られない場合は薬物療法を併用するのが一般的ですが、その薬物治療に使用される薬のひとつがアトルリップ10mgです。有効成分のアトルバスタチンは、血液中のコレステロール量を調節する主要臓器である肝臓のHMG-CoA還元酵素を選択的かつ競合的に阻害し、アトルバスタチンと同程度の活性を有する代謝物と共に肝臓のコレステロール合成を抑制します。その結果、アトルバスタチンは肝臓のLDL受容体数を増加させ、かつリポたんぱく分泌を抑制することにより、血中コレステロール量を低下させます。

なお、世界心臓学会議において、心臓発作を発症して間もない人がアトルリップ10mgを服用した場合、同様効果を持つシンバスタチンを20-40mg服用している人と比較して、心臓発作の再発に加えて、脳卒中、不安定狭心症、血管再建術施行のリスクが優位に低かったとの結果が報告されています。

 

他の商品との比較

血清総コレステロール低下、LDL-コレステロール低下に優れた効果を示します。

糖尿病、高血圧症、心疾患などの合併例でも、血清コレステロール値を良好にコントロールできます。

アトルバスタチンを有効成分とする薬剤は、日本では、アトルバスタチン(日本ジェネリック、鶴原製薬、全星薬品、共和薬品、サンド、東和薬品、ニプロパッチ、持田製薬、杏林製薬、キョーリンリメディオ、日医工、MeijiSeikaファルマ、エルメッドエーザイ、エーザイ、ニプロファーマ、陽進堂、沢井製薬、第一三共エスファ、第一三共、小林化工)、リピトール(アステラス製薬、ファイザー)の名前で発売されています。

海外では、Atogal、Cardyl、Faboxim、Hipolixan、Lipotropic、Lipovastatinklonal、Liprimar、Lowden、Normalip、Sincol、Sortis、Tovacard、Torvast、Totalip、Tulip、Vastina、Xanator、Xarator、Zurinelなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、アトルリップ10mgを絶対に服用しないでください。
・アトルリップ10mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・肝代謝能が低下していると考えられる以下のような人: 
急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝がん、黄だん: 肝硬変の人において、アトルリップ10mgの血漿中HMG-CoA還元酵素阻害活性体濃度が健康成人に比べて上昇した(AUCで4.4-9.8倍)臨床試験成績があります。従って、これらの人ではアトルリップ10mgの血漿中濃度が上昇し、副作用の発現頻度が増加するおそれがあります。またアトルリップ10mgは主に肝臓において作用し代謝されるので、肝障害を悪化させるおそれがあります。
・妊婦または妊娠している可能性のある人および授乳中の人
・テラプレビルを使用中の人

以下の場合は使用しないことを原則としますが、特に必要とする場合には慎重に使用してください。
・腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる人に、アトルリップ10mgとフィブラート系薬剤を併用する場合には、治療上やむを得ないと判断される場合にのみ併用してください: 横紋筋が現れやすいとの報告があります。

【慎重服用】
・肝障害またはその既往歴のある人、アルコール中毒の人: アトルバスタチンは主に肝臓において作用し代謝されるので、肝障害を悪化させるおそれがあります。またアルコール中毒の人は、横紋筋融解症が現れやすいとの報告があります。
・腎障害またはその既往歴のある人: 横紋筋融解症の報告例の多くが腎機能障害を有する人であり、また横紋筋融解症に伴って急激な腎機能の悪化が認められています。
・フィブラート系薬剤(ベザフィブラートなど)、免疫抑制剤(シクロスポリンなど)、ニコチン酸製剤(ニセリトロールなど)、アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾールなど)、エリスロマイシンを使用中の人: 一般にHMG-CoA還元酵素阻害剤との相互作用により横紋筋融解症が現れやすいとの報告があります。
・糖尿病の人: 糖尿病を悪化させることがあります。
・甲状腺機能低下症の人、遺伝性の筋疾患(筋ジストロフィーなど)またはその家族歴のある人、薬剤性の筋障害の既往歴のある人: 横紋筋融解症が現れやすいとの報告があります。
・高齢者

【重要な基本的注意】
・あらかじめ高コレステロール血症治療の基本である食事療法を行ない、さらに運動療法や高血圧、喫煙などの虚血性心疾患のリスクファクターの軽減なども充分考慮してください。
・使用中は血中脂質値を定期的に検査し、治療に対する反応が認められない場合には使用を中止してください。
・劇症肝炎などの肝炎が現れることがあるので、悪心、嘔吐、倦怠感などの症状が現れた場合には使用を中止し、医師などに連絡するようにしてください。使用中は使用開始または増量時から12週までの間に1回以上、それ以降は定期的(半年に1回など)に肝機能検査を行なってください。

【効能・効果に関連する使用上の注意】
・使用の前に充分な検査を実施し、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症であることを確認した上で、アトルリップ10mgの適用を考慮してください。
・家族性高コレステロール血症ホモ接合体については、LDL-アフェレーシスなどの非薬物療法の補助として、あるいはそれらの治療法が実施不能な場合にアトルリップ10mgの適用を考慮してください。

一般に高齢者では生理機能が低下しており、アトルバスタチンのCmax、AUCは高齢者で増加することがあるほか、横紋筋融解症が現れやすいとの報告があるため、高齢者では副作用が発現した場合には使用を中止するなど、適切な処置を行なってください。

妊婦または妊娠している可能性のある人は使用しないでください。

授乳中の人は使用しないでください。

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とアトルリップ10mgは絶対に併用しないでください。
・テラプレビル(テラビック): アトルバスタチンのAUCが7.9倍に上昇したとの報告があります。アトルバスタチンの血中濃度が上昇し、重篤なまたは生命に危険をおよぼすような事象(横紋筋融解症を含むミオパシーなど)が起こるおそれがあります。

以下の薬剤とアトルリップ10mgは、治療上やむを得ないと判断される場合にのみ慎重に併用し、原則として併用しないでください。
・フィブラート系薬剤(ベザフィブラートなど): 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすくなります。自覚症状(筋肉痛、脱力感)の発現、CK(CPK)の上昇、血中および尿中のミオグロビン上昇ならびに血清クレアチニン上昇などの腎機能の悪化を認めた場合はただ知に使用を中止してください。

以下の薬剤とアトルリップ10mgを併用する場合、注意してください。
・フィブラート系薬剤(ベザフィブラートなど)、ニコチン酸製剤(ニセリトロールなど): 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇を特徴とし、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすいとの報告があります。
・免疫抑制剤(シクロスポリンなど): 1)筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇を特徴とし、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすいとの報告があります。2)シクロスポリンとの併用により、アトルバスタチンのAUCが8.7倍に上昇したとの報告があります。
・アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾールなど)、エリスロマイシン: 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇を特徴とし、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすいとの報告があります。
・クラリスロマイシン: アトルバスタチンの血漿中薬物濃度の有意な上昇(Cmax:+55.9%、AUC+81.8%)がみられました。
・HIVプロテアーゼ阻害剤(メシル酸ネルフィナビルなど): メシル酸ネルフィナビルとの併用によりアトルバスタチンのAUCが約1.7倍に上昇するとの報告があります。
・グレープフルーツジュース: グレープフルーツジュース1.2L/日との併用により、アトルバスタチンのAUCが約2.5倍に上昇したとの報告があります。
・エファビレンツ: アトルバスタチンの血漿中薬物濃度が低下した(Cmax:-12%、AUC:-43%)との報告があります。
・リファンピシン: リファンピシン使用17時間後にアトルバスタチンを使用したところ、アトルバスタチンの血漿中薬物濃度が低下した(Cmax:-40%、AUC:-80%)との報告があります。
・陰イオン交換樹脂: アトルバスタチンの血漿中薬物濃度が約25%低下しましたが、LDL-コレステロールの低下率はそれぞれを単独で使用したときより大きかったとの報告があります。
・ジゴキシン: 定番状態において血漿中ジゴキシン濃度が上昇する(アトルバスタチン10mg使用でCmax:+9.9%、AUC:+3.6%、Clr:129→128mL/分、80%使用でCmax: +20%、AUC:+14.8%、CLr:160→149mL/分)ことが報告されています。併用する場合は、血漿中の薬物濃度のモニターを充分に行なってください。
・避妊経口薬(ノルエチンドロン-エチニルエストラジオール): ノルエチンドロン(Cmax:+24%、AUC:+28%)およびエチニルエストラジオール(Cmax:+30%、AUC:+19%)の血漿中濃度の上昇が認められました。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

アトルリップ10mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
そう痒感、発疹、皮疹、発赤、皮膚乾燥、皮膚亀裂、脱毛症、光線過敏、爪の障害、貧血、白血球減少、血小板減少、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇、肝障害、アミラーゼ上昇、下痢、軟便、嘔気、悪心、胸やけ、便秘、胃不快感、心窩部痛(心窩部の疼痛)、腹部膨満感、食欲不振、消化不良、嘔吐、胃炎、口内炎、腹痛、舌のしびれ、口のしびれ、すい炎、胆汁うっ滞性黄だん、舌痛、舌炎、口唇炎、咽頭不快感、せき、CK(CPK)上昇、筋肉痛、背部痛、頸・肩のこり、こわばり感、けいれん、無力症、関節痛、胸痛、筋炎、血中ミオグロビン上昇、すい炎、腱痛、異常感覚、末梢神経障害、耳鳴、霧視、めまい、不眠(症)、四肢しびれ(感)、眠気、勃起障害、健忘症、抑うつ、悪夢、テストステロン低下、コリンエステラーゼ上昇、TSH上昇、ACTH上昇、アルドステロン低下、女性化乳房、グルコース上昇、HbA1C上昇、血清鉄低下、低血糖症、K上昇、BUN上昇、頭痛、全身倦怠(感)、むくみ(顔面、四肢など)、脳梗塞、肺炎、帯状疱疹、動悸、味覚異常、着色尿、熱感、頻脈、排尿困難、発熱

●極稀に起こる重篤な副作用
横紋筋融解症、ミオパシー、劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄だん、過敏症、無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)、多形紅斑、高血糖、糖尿病、間質性肺炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-10-14
糖尿病患者の多くがスタチン治療を受け損ねている(【HealthDay News】より) - 中年の糖尿患者のほぼ全員がコレステロールを下げるためにスタチンを服用すべきであるが、心臓専門医の5人に2人が治療においてこれらの薬を処方していないことが、新しい研究でわかった。例え心臓疾患の既往がなかったとしても、スタチ.... 続きを読む

2016-06-17
スタチンが脳卒中患者の感染症を58%低減させる可能性(【News-Medical.Net】より) - スタチンが脳卒中患者の感染症リスクを劇的に低減させたことを、ワシントン州立大学の研究者が発見した。ワシントン州立大学エルソン・S・フロイド医学部の非常勤教授であり、セント・ルーク・リハビリ研究所の研究室長である.... 続きを読む

2015-09-02
スタチン誘発筋力低下の仕組みを科学者が特定(【 Medical News Today】より) - オランダにあるラドバウド大学ナイメーヘン医療センターの研究者たちは、『細胞メタボリズム・ジャーナル』誌において研究結果を発表した。 スタチンは肝臓でのコレステロール生成を阻止する働きを持ち、一般にはコレステロールを.... 続きを読む

2015-05-13
スタチン製剤がADT療法中の前立腺がん進行を遅らせる可能性(【cancerconnect.com】より) - 前立腺がん治療でアンドロゲン除去療法を開始する際に、コレステロールを低下させるスタチン製剤を服用していた男性では、そうでない人と比較してより長い間病状がコントロールされたことがダナ・ファーバーがん.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-04-21
研究:高齢者に対するスタチンの費用効果
ただし、副作用が起こる可能性あり。
(【メッド・ページ】より) - 脂質低下薬で治療を行なっているすべての高齢のアメリカ人は、結果的にスタチン使用者を800万人増やし、またその治療が有害性を引き起こさなければ6万8000人を冠動脈性心疾患による死から救うことになるかもし.... 続きを読む

2015-04-14
スタチンがHIV陽性患者の心臓病のリスクを低減するかもしれない(エイズ・メッドより)― スタチンがHIV陽性患者に対し、心臓に繋がる動脈の硬化や狭窄である冠状動脈アテローム性硬化の進行を防止できることを、研究がますます示唆しているとエイズマップは報告している。シアトルで開かれた2015年レトロウイ.... 続きを読む

2015-02-05
心筋梗塞後の患者のPAD発症を高用量アトルバスタチンが抑制(ヒーリオより)― MI(心筋梗塞)歴がある患者を対象としたIDEAL試験のデータによると、高用量アトルバスタチンは中用量シンバスタチンと比べて、末梢動脈疾患(PAD)の発生率を有意に下げたという。さらに、ベースライン時にPADの既往があ.... 続きを読む

2014-12-03
アトルバスタチンがラットの肺線維症の症状を軽減(肺線維症ニュースより)― イランの科学者らは、神経系に対し毒性をもつ毒物であるパラコートに起因する肺傷害および線維症を、脂質低下薬アトルバスタチンが減少させるかもしれないことを見出した。この記事は、アドバンスド・ファーマシュー.... 続きを読む

2014-02-21
「承認されている最大投与量を超えるスタチンが生存期間を延長」:医師らが報告(エクスプレスより) - 承認されている最大投与量を超える用量のスタチンが、延命につながり、早期死亡リスクを低下させることが、新たな研究で示された。通常タイプのコレステロール低下薬は、心疾患や脳卒中による死亡率を削減するほか、.... 続きを読む

2013-11-16
PCI(経皮的冠動脈インターベンション)時の腎障害をスタチンが回避する可能性(メッドペイジ・トゥデイより) - 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行前のアトルバスタチン(リピトール)単回投与で、造影剤による急性腎障害の発生頻度が4分の1に減ったことを、イタリアの研究者らが報告した急性腎障害の所見は、アトルバスタ.... 続きを読む

2013-11-12
新ガイドラインはもっと多くの人へのスタチン適用を推奨(サンタフェ・ニューメキシカンより) - 米国で、心臓発作や脳卒中を予防するための新ガイドラインが10年ぶりに発表された。このガイドラインでは、コレステロール低下薬スタチンの服用を考慮すべき人の数は、これまでの2倍(全成人の3分の1)となる。米.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-10-17
スタチンが手術に起因する記憶障害を防止すると発見される(アルツハイマー協会より) - 一般に処方されているスタチンであるアトルバスタチンが、マウスにおいて、術後に起こる脳内の炎症を軽減することが見出された。この炎症は、術後の記憶低下やアルツハイマー病につながることがある。ロンドン大学イ.... 続きを読む

2013-09-11
急性虚血性脳卒中におけるアトルバスタチンの抗炎症・抗血栓効果(PHYS.ORGより) - 中国北東部の人口は、虚血性脳卒中の発生率が高い。先行研究において、頭蓋内の太い動脈のアテローム硬化が虚血性脳卒中の主要原因の1つであること、その機序に罹患動脈の炎症および血栓形成が関係することが明らか.... 続きを読む

2013-08-31
強力なスタチンを高用量で使用すると認知症リスクが低下(臨床内分泌学ニュースより) - 台湾で行われた後向き観察研究によると、アトルバスタチンやロスバスタチンなどの強力スタチンを総等価用量として高用量服用した高齢者は、認知症の発症リスクが3分の1に減少していたという。欧州心臓学会議(European .... 続きを読む

2013-06-17
スタチンは1型糖尿病の子どもにも有効(メドページ・トゥデイより) - 1型糖尿病でLDLコレステロール高値の小児および青少年を対象とした小規模な無作為化試験において、スタチン療法は6カ月にわたり有効かつ安全であった。フロリダ州ジャクソンビルにあるヌムール小児クリニック(Nemours Children's Clinic.... 続きを読む

2013-06-05
ASCO:スタチンとアスピリンが子宮癌患者の生存率を高める(メドページ・トゥデイより) - 米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology)の年次総会で発表されたレトロスペクティブ解析の結果によると、β遮断薬の使用ではなくスタチンとアスピリンの使用が、子宮悪性腫瘍患者の全生存率の改善に関連している。多変量解析では.... 続きを読む

2013-06-04
スタチンは心臓病患者の腎臓障害を防ぐ(ニュースFIXより) - コレステロールを低下させるスタチンが心臓病患者を腎臓機能悪化から守ることを、臨床試験が示している。我々はすでに、高コレステロールが腎臓病につながったり、心臓病を悪化させうることを知っている。だから、コ.... 続きを読む

2013-06-04
スタチンが関節リウマチ治療に役立つ可能性(アルバーニポータルより) - 関節リウマチ症状を緩和するのにスタチン抗炎症作用が役立つ可能性がある。関節リウマチの炎症性特性は、罹患者の心疾患リスクを増加させる。スタチンは心臓病の予防に役立つコレステロール降下薬であるが、新たなア.... 続きを読む

2013-05-31
スタチンはプラークの炎症を抑える(メドページ・トゥデイより) - ある画像研究において、強化スタチン療法がアテローム性プラークの炎症を大幅に軽減することが分かったが、心血管イベントに対するスタチン効果を説明できるのかは分からないという。ボストン、マサチューセッツ総合.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-03-11
早期のアトルバスタチン強化療法は内皮機能を保護して炎症を軽減する(MPRより) - サンフランシスコで開催された米国心臓学会の第62回科学会議(ACC.13)で、イタリアのブレシアにあるブレシア大学(University of Bresci)と市民病院(Civil Hospital)に勤めるリカルド・ラディノ(Riccardo Raddino)博士が、早期のアトルバスタチンの強化療法の効果を、.... 続きを読む

2013-03-11
早期のアトルバスタチン強化療法は内皮機能を保護して炎症を軽減する(MPRより) - サンフランシスコで開催された米国心臓学会の第62回科学会議(ACC.13)で、イタリアのブレシアにあるブレシア大学(University of Bresci)と市民病院(Civil Hospital)に勤めるリカルド・ラディノ(Riccardo Raddino)博士が、早期のアトルバスタチンの強化療法の効果を、.... 続きを読む

2013-03-11
プライマリPCI施行前のスタチン投与は心保護効果に関連(MPRより) - 急性心筋梗塞患者に対する直接的冠動脈形成術(プライマリPCI)を行う前のスタチン療法は、全死亡リスクや、心臓・脳血管の重大な有害事象リスクの低下に関連しなかったことを、佐賀大学循環器内科の下村光洋博士が発表.... 続きを読む

2013-03-11
プライマリPCI施行前のスタチン投与は心保護効果に関連(MPRより) - 急性心筋梗塞患者に対する直接的冠動脈形成術(プライマリPCI)を行う前のスタチン療法は、全死亡リスクや、心臓・脳血管の重大な有害事象リスクの低下に関連しなかったことを、佐賀大学循環器内科の下村光洋博士が発表.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-10-19
アトルバスタチン:歯周病の新しい治療薬?(歯科学iQより) - 歯周病は細菌感染症であり、口腔内の病原菌に対する宿主の炎症性免疫反応の結果として組織破壊が起こります。歯周病原菌は有害な副産物や酵素を産生し、それらがコラーゲンなどの細胞外マトリックス、および宿主細胞膜を.... 続きを読む

2012-10-16
コレステロール治療に何種類かのスタチンの高用量を提案(エギザミナーより) - 米国食品医薬品局(FDA)は、スタチン類を低密度リポ蛋白質(LDL)コレステロール、つまり悪玉コレステロールの血中濃度を減らすために食事療法や運動と一緒に使用される処方薬の群であると規定している。単味製剤の.... 続きを読む

2011-12-17
スタチン類はインフルエンザ患者の死亡率を下げることができるのか?(デコーデッド・サイエンスより) - スタチン類はコレステロール降下剤だが、近年、インフルエンザで入院している患者に治療効果がある可能性が見出されてきた。12月14日に発表された研究は、これらの薬が血液中のコレステロールを下げることができる.... 続きを読む

2011-12-09
スタチン治療は乳房密度を変えない(ファミリープラクティス・ニュースより) - サンアントニオ ― 乳がんのリスクが高い閉経前女性の小規模ランダム化第III相試験で、アトルバスタチンによる治療は1年後のマンモグラフィ濃度を大きく変えなかった。スタチン類は心血管疾患予防に広く使われているが.... 続きを読む

2011-11-23
スタチン使用の長期的な有益性と安全性が試験によって確認された(ファームプロより) - 水曜日にランセット誌(Lancet)に発表されたある試験結果は、心血管疾患リスクの高い人にスタチンを投与すると、その効果が投与終了後少なくとも5年間は持続することを示している。また、この薬を使用しても.... 続きを読む

2011-11-16
最大用量のロスバスタチンとアトルバスタチンはアテロームを同程度に退縮させる(ファミリープラクティス・ニュースより) - オーランド-米国スタチン市場でトップに位置するロスバスタチンとアトルバスタチンについて、冠動脈疾患がある患者1,000例以上を対象に直接比較が行われた。試験はロスバスタチンの優位性をより明確に証明するよう意図.... 続きを読む

2011-11-15
アルツハイマー病との闘い(モダンメディシンより) - 研究により、結膜下トリアムシノロンアセトニドは、少数の患者に眼圧上昇という限られた副作用は伴うが、非壊死性で非伝染性の前強膜炎の治療に使用できるかもしれない、と分かった。「トリアム.... 続きを読む

2011-11-12
中性脂肪の増加に対する治療(クリニカル・アドバイザーより) - トリグリセリド(中性脂肪)が、男性よりも女性における心血管疾患(CVD)リスクの重大な指標であるなら、LDL(低密度リポタンパク質)が正常値であっても治療すべきですか? その場合に用いる最適な薬は何.... 続きを読む

2011-10-13
スタチンあれこれ(サンタイネズバレー・ジャーナルより) - Q. スタチンは特効薬で、飲料水に混ぜてみんなに供給すべきと言われているとの意見も聞きました。この薬にはそれほどの価値がありますか? 続きを読む

2011-09-01
被験者にスタチン療法のベネフィットが継続(RTマガジンより) - ASCOT、つまりアングロ・スカンディナビアン心臓治療結果試験(Anglo-Scandinavian Cardiac Outcomes Trial)の最新の研究結果によると、スタチンは感染症や呼吸器疾患による.... 続きを読む

2011-08-29
リピトールにコレステロール低下以外の効果があるとの研究報告(CNNヘルスより) - リピトールのようなコレステロールを下げる薬が、単に心血管疾患だけでなく、もっと多くの死因から体を守るとみられる。日曜日にヨーロピアン・ハート・ジャーナル(医学誌)に掲載された遡及的研究によれば.... 続きを読む

2011-08-28
スタチンが感染症および呼吸器疾患による死亡を減少させる - 臨床試験終了から8年経過(インペリアル・カレッジ・ロンドン・ニュースリリースより) - スタチンとプラセボの比較検討を行い、2003年に終了した大規模試験において、試験終了以降は両投与群の被験者の大半がスタチンを服用していたにもかかわらず、死亡率は試験期間中にスタチンを処方された群のほうが.... 続きを読む

2011-02-16
スタチンはHIVの進行と関連するマーカーに影響することが試験により示された(サイエンスデイリーより) - コレステロール降下薬アトルバスタチンに関する最近の多施設共同臨床試験により、この薬はHIV感染患者の血漿中HIV RNA量を抑えることはできないが、免疫活性化の細胞マーカーの発現および炎症を抑えることが明らかに.... 続きを読む

2011-01-01
心臓を大切に(デカンヘラルドより) - 心臓疾患を抱えているインド人はおよそ6千万人。ウペンドラ・カウル(Upendra Kaul)博士がその原因と予防法を簡単に説明する。 続きを読む

2010-07-11
コレステロールを低下させる薬剤アトルバスタチン(ArticlesBase.comより) - アトルバスタチンを購入するよう勧められていて、この薬剤についてもっと良く知ることが必要ですか? こうした状況下で、この薬について詳しく知る必要があれば、本稿を読むことで適切な情報が得られます。同剤について.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。