アドクミン(ウコン)500mg(60カプセル)

3510 円!! ウコンの力が生細胞を守り、免疫を強化!新たながん細胞の生成を抑制することから、がん治療の併用療法に効果的です!放射線治療から細胞を保護する効果も!

Adcumin (Curcuma Longa) - 500mg (60 Capsules)

■ 60カプセル

価格:3510 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ウコン(Curcuma Longa)

 

製造国

インド

 

製造元

Rishi Herbal Products

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常、1回1-2カプセルを1日2回経口服用します。


 

商品詳細

アドクミンは、生細胞をコーティングして保護することで細胞の免疫力を増強し、がん細胞の生成を阻害するほか、放射線療法から細胞を守る目的にも使用されます。


南アジアを中心に広く分布しているウコンはショウガ科の植物で、英語名はターメリックと言います。香辛料や染料、また肝臓の強化をはじめ多くの効能・効果があるとして民間療法的に使用されるなど、広く生活に浸透している植物でもあります。


ひと口にウコンと言ってもその種類は多彩で、その多くが主にクルクミノイドと呼ばれる脂溶性のポリフェノール色素に由来する鮮やかな黄色をしています。その中でももっとも活性のある部分であるクルクミンは、肝保護、抗酸化、抗腫瘍、抗炎症、抗菌などさまざまな作用があるとされており、特に肝機能を向上させる効果がよく知られています。ところが最近では、ウコンには免疫機能を上昇させる働きがあり、がん治療に対する有効性も示唆されています。

がんの原因については詳しく解明されておらず、また諸説ありますが、そのひとつに、がんの発生にはきっかけとなる最初の段階があり、とある要素がそれを促進することでがんに発展する、という説があります。この場合、最初の段階においては遺伝など生まれながらにして原因を持っているケースがあるため発見や治療は容易ではありませんが、例えばこの最初の段階から次の段階に移るきっかけとなる要素を抑制すればがんが発症する確率を大きく抑えることができます。その作用を発揮すると考えられているのがウコンです。


人体を守る防御系の機構には、異物(抗原)を特異的に反応処理し、俗に免疫として知られている特異的防御機構と、一般的な異物の侵入を阻止したり排除したりする非特異的防御機構の2段階があります。この免疫の働きに関与しているのが、抗原を直接攻撃したり抗体をつくりすぎないよう免疫機能を調節するT細胞や、同じ抗原が入ってきたときに抗体をつくることができるように記憶するB細胞、そして細菌やウイルスに感染した細胞をはじめがん細胞に対して退治をする働きを持つナチュラルキラー細胞(NK細胞)などのリンパ球です。つまり、このリンパ球が常に正常に働いている限りはがんを含む病気にかかることはほとんどないことになります。ウコンには、この生体の防御性を活性化する働きに加え、代謝に欠かせない酵素を破壊したり、細胞中の遺伝子(DNA)を傷つけてリウマチや胃腸疾患、喘息のほかにがんの発生にも関係しているとされている活性酸素を除去する効果もあるとして、医学の分野における研究が進められています。


アドクミンは、これらの作用に加え、体に対して多くの有用な効果を持つとされるウコンを有効成分としています。この成分が生細胞を層で包み込むことで免疫力を上げ、新たにがん細胞が生成されるのを防ぐだけでなく、放射線治療から細胞を守る効果も期待できることから、化学療法の補助薬としても使用されています。


 

他の商品との比較

生細胞を保護し、免疫を高めることでがん細胞の生成を抑制します。


放射線から細胞を守ります。


化学療法の補助薬として最適です。


 

特別な注意

【禁忌】

・アドクミンの成分に対し過敏症の既往歴のある人。

・胃潰瘍、胃酸過多の人

・胆道閉鎖症の人およびその既往歴のある人

・妊婦

・胆石の既往歴のある人


【慎重服用】

・肝機能が低下している人

・ほかのウコン製剤を服用している人

・月経過多の人


【使用上の注意】

・定められた用量、用法を守ってください。

・服用後、異常を感じた場合はただちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

・カプセルの中身が衣服などに付着した場合、色が落ちないことがあります。


 

他の薬との併用

【併用注意】

・血液凝固抑制剤(アスピリン、ワルファリン、ヘパリン、ジクロフェナク、イブプロフェンなど): 紫斑や出血が生じる可能性があります。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診察を受けてください。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

アドクミン500mgの服用に関する副作用の報告は報告されていません。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。