アポ・アジスロマイシン (アジスロマイシン)500mg

1260 円!! さまざまな細菌に殺菌力を発揮する抗生物質!尿道炎や子宮頸管炎を始めとしたさまざまな細菌感染症のほか性器クラミジア治療薬や自覚症状の乏しいAIDS合併症の一つの播種性マイコバクテリウム・アビウスコンプレックス症(MAC)にも効果あり!

Apo-Azithromycin (Azithromycin Dihydrate) - 500mg (2 Tablets)

■ 2錠

価格:1260 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アジスロマイシン(Azithromycin)

 

同一成分含有商品

アジスロマイシン(ジスロマックジェネリック) 500mg (2錠) 1690 円
Arrow-Azithromycin (Azithromycin Monohydrate) - 500mg (2 Tablets)

ジスロマック (アジスロマイシン) 500mg  (3錠) 2890 円
Zitromax (Azitromicina) - 500mg (3 Tablets)

アジー1000(アジスロマイシン) 1000mg (1錠) 660 円
Azee 1000 (Azithromycin) - 1000mg (1 Tablet)

アジー100内服懸濁液(アジスロマイシン) 100mg (15mLボトル) 530 円
Azee 100 Rediuse (Azithromycin) - 100mg (15ml)

ジトロマックス(ジスロマック)500mg(トルコ製) (3錠) 2650 円
Zitromax (Azithromycin Dihydrate) - 500mg (3 Tablets)(Turkey)

アジー200内服懸濁液(アジスロマイシン)200mg (15mlボトル) 950 円
Azee 200 Rediuse (Azithromycin) - 200mg (15ml)

ジスロマック(アジスロマイシン水和物)250mg(日本製) (6錠) 4100 円
Zithromac (Azithromycin Hydrate) - 250mg (6 Tablets)

ジスロマック(アジスロマイシン水和物)600mg(日本製) (30錠) 47800 円
Zithromac (Azithromycin Hydrate) - 600mg (30 Tablets)

ジトロマックス・ドライシロップ(アジスロマイシン)200mg/5mL(15mL) (15mlボトル) 970 円
Zitromax (Azithromycin) - 200mg/5mL (15mL)

ジトロマックス・ドライシロップ(アジスロマイシン)200mg/5mL(30mL) (30mlボトル) 1740 円
Zitromax (Azithromycin) - 200mg/5mL (30mL)

アポ・アジスロマイシン (アジスロマイシン)500mg (2錠) 1260 円
Apo-Azithromycin (Azithromycin Dihydrate) - 500mg (2 Tablets)

アジスラル(アジスロマイシン)500mg(5錠入) (5錠) 1630 円
Azithral (Azithromycin) - 500mg (5 Tablets)

アジスラル(アジスロマイシン)250mg(10錠入) (10錠) 1580 円
Azithral (Azithromycin) - 250mg (10 Tablets)

アジー250(アジスロマイシン)250mg(6錠) (6錠) 980 円
Azee 250(Azithromycin) - 250mg (6 Tablets)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Apotex Pharmaceutical

 

使用量

下記の服用量はあくまでも参考です。
実際の服用量は年齢、症状によって異なりますので、使用前に必ず医師または薬剤師に相談し、適切な量を服用して下さい。

通常成人は感染症の種類や症状に応じて、1日1回500mgを3日間服用することとされています。
また小児に対しては1日1回10mg/kgを3日間投与することとされていますが、1日量の最大容量は500mgを超えないようにしてください。

●尿道炎、子宮頚管炎
症状に応じて、成人1日1回1000mgを服用して下さい。

-体重換算-
体重15~25kg=200mg/日
体重26~35kg=300mg/日
体重36~45kg=400mg/日
体重46kg以上=500mg/日

●後天性免疫不全症候群(AIDS)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウスコンプレックス症(MAC)の発症抑制
通常成人は週1回1200mgを服用します。

●後天性免疫不全症候群(AIDS)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウスコンプレックス症(MAC)の発症治療
通常成人は1日1回600mgを服用します。

 

商品詳細

アポ・アジスロマイシン 500mgは、マクロライド系と呼ばれる抗菌薬で様々な感染症との後天性免疫不全症候群(AIDS)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウスコンプレックス症(MAC)の発症抑制及び治療に用いられています。

感染症は、病原である微生物がヒトの体に侵入・増殖する事で不快な症状が現れる病気です。
ヒトが微生物に感染した際に感じる不快な症状は、「異物」を退けるための、体の防衛システムではありますが、感染した部位によって腫れや発赤・痛み・痒み・発熱などを起こします。

性器クラミジアは日本で100万人以上の感染者が報告されており、日本で最も多い性感染症と言われています。
1回の性行為で感染する割合が非常に高く、しかも自覚症状が乏しいことが感染拡大の最大の原因とされています。
またオーラルセックスにより咽頭にも感染するため、性器から咽頭、または、咽頭から性器への感染が増加しています。
性器クラミジアの症状としては、女性においてはおりものの増加や頻尿、性交時の痛みなどがあり、男性においては尿道炎による尿道の痒みや違和感などがあります。
ただし感染者の半数以上において、このような自覚症状が現れないため、発見が遅れた場合には不妊症なども重篤な障害を生じることもあります。

播種性マイコバクテリウム・アビウスコンプレックス症(MAC)は、非結核性抗酸菌のひとつであるMAC菌(マイコバクテリウム・アビウム・イントラセルラーレ)が原因の感染症で、全身のどこにでも病変を作る可能性がありますが、殆どの場合において、結核と同様に肺に症状が現れます。
しかし、結核と異なりヒトからヒトへ感染せず、また病気の進行は穏やかです。
ただし抗結核薬があまり有効に作用しません。
有効な薬が無いことから、患者数は増えており、重症者数も増加しています。
また、HIV感染者においては、AIDS合併症としての発症が問題になっており、自覚症状がまったくないことから、胸部検診や結核の経過観察中などに偶然見つかる場合があります。その症状として最も多いのは咳ですが、痰・微熱・全身倦怠感などもみられます。進行した場合は、呼吸困難や喀血・食欲不振・体重の減少・発熱などが現れます。

アポ・アジスロマイシン 500mgの適応菌・適応症は以下の通りです。
【適応菌】
ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、ペプトストレプトコッカス属、クラミジア属、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)、マイコプラズマ属、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)

【適応症】
性器クラミジア感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、中耳炎、後天性免疫不全症候群(AIDS)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウスコンプレックス症(MAC)の発症抑制及び治療

 

他の商品との比較

単回の服用で、急性呼吸器感染症に対し優れた臨床効果を示します。

急性呼吸器感染症の主要起炎菌である肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラ・カタラーリス、肺炎プラズマ、肺炎クラミジアをカバーします。

耐性肺炎球菌やインフルエンザ菌に対し高い臨床効果を示します。

テオフィリン、降圧剤、高脂血症治療薬の薬物動態に影響をおよぼしません。

長期保管でも製剤の安定性に優れた懸濁液用粉末です。

アジスロマイシンを有効成分とした薬剤は、ドライシロップ以外にも内服薬、点滴静注などがあり、日本ではジスロマック(ファイザー)の名前で発売されています。

海外では、Azenil、Azibiot、Azifine、Aziwok、Altrin、Hemomycin、Misultina、Mixoterin、Setron、Sumamed、Tobil、Tromix、Vinzam、Zeto、Zifin、Zithrax、Zithromax、Zitrim、Zitrocin、Zitrotek、Zmaxなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、アポ・アジスロマイシン 500mgを絶対に服用しないでください。
・アポ・アジスロマイシン 500mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人

【慎重服用】
・ほかのマクロライド系またはケトライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある人
・高度な肝機能障害のある人: 肝機能を悪化させるおそれがあるので、慎重に使用してください。
・心疾患のある人: QT延長、心室性頻脈(Torasade de pointesを含む)を起こすことがあります。

【重要な基本的注意】
・アナフィラキシー・ショックが現れるおそれがあるので、アレルギー既往歴、薬物過敏症などについて充分な問診を行なってください。
・ショック、アナフィラキシー様症状、中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)が現れることがあるので注意してください。
・中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜群症候群が疑われる症状(発疹に加え、粘膜(口唇、眼、外陰部)のびらんあるいは水ぶくれなどの症状)が現れた場合には、ただちに医師に連絡してください。
・アジスロマイシンは組織内半減期が長いことから、使用終了数日後においても副作用が発現する可能性があるので、観察を充分に行なうなど注意してください。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・アポ・アジスロマイシン 500mgの使用にあたっては、耐性菌の発現などを防ぐため、原則として感受性を確認してください。
・外国の臨床における体内動態試験の成績から、アジスロマイシンを単回経口服用することにより、感受性菌に対して有効な組織内濃度が約7日間持続することが予測されているので、治療に必要な使用回数は1回とします。
・4日目以降においても臨床症状が不変もしくは悪化の場合には、医師の判断で適切なほかの薬剤への変更を検討してください。ただし、尿道炎、子宮頚管炎の場合にはジトロマックス・ドライシロップ15mLを1回使用後2-4週間は経過を観察し、効果を判定してください。細菌学的検査結果または臨床症状から効果を認められない場合には、医師の判断で適切なほかの薬剤への変更を検討してください。
・アポ・アジスロマイシン 500mgを含む抗菌薬は、指示どおり正しく服用しなかった場合、初期治療の有効性が低下し、原因菌の薬剤耐性化が起こりやすくなり、アポ・アジスロマイシン 500mgのみならずほかの抗菌薬による治療にも反応しなくなる可能性があることを理解してください。

【その他の注意】
・アジスロマイシンとの因果関係は不明ですが、心悸亢進、間質性腎炎、肝壊死、運動亢進が現れたとの報告があります。

アジスロマイシンの臨床試験成績から、高齢者と非高齢者の体内動態に大きな差はなく、高齢者において認められた副作用の種類および副作用発現率は、非高齢者と同様でした。ただし、一般に高齢者では生理機能が低下しているので、一般状態に注意して服用してください。

妊娠中の服用に関する安全性は確立していないので、妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

母乳中に移行することが報告されているので、授乳中の人は服用を避け、やむを得ず服用する場合には授乳を中止してください。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とアポ・アジスロマイシン 500mgを併用する場合、注意してください。
・ワルファリン: 国際標準化プロトロンビン比上昇の報告がありあます。
・シクロスポリン: シクロスポリンの最高血中濃度の上昇および血中濃度半減期の延長の報告があります。
・メシル酸ネルフィナビル: アジスロマイシン600mg錠を1200mg使用したとき、アジスロマイシンの濃度・時間曲線下面積(AUC)および平均最高血中濃度が上昇したとの報告があります。
・ジゴキシン: アジスロマイシンとの併用により、ジゴキシン中毒の発現リスク上昇の報告があります。

ほかのマクロライド系薬剤において、下記薬剤による相互作用が報告されています。なお、アジスロマイシンのチトクロームP450 による代謝は確認されていません。
・テオフィリン、ミダゾラム、トリアゾラム、カルバマゼピン、フェニトイン: これらの薬剤の血中濃度が上昇し、作用が増強されるおそれがあります。

・エルゴタミン含有製剤: 四肢の虚血を起こすことがあります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

副作用

アポ・アジスロマイシン 500mを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
そう痒症、発疹、じんましん、寝汗、多汗症、皮膚乾燥、光線過敏性反応、紅斑、水疱、皮膚剥離、アトピー性皮膚炎増悪、多形紅斑、皮膚変色、脱毛、血小板数増加、好酸球数増加、白血球数減少、貧血、好塩基球数増加、リンパ球数減少、ヘモグロビン減少、白血球数増加プロトロンビン時間延長、顆粒球数減少、血小板数減少、潮紅、血栓性静脈炎、動悸、血圧低下、ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ-GPT増加、ALP増加、肝機能検査異常、LDH増加、血中ビリルビン増加、腎臓痛、排尿困難、尿潜血陽性、尿中たんぱく陽性、クレアチニン増加、BUN増加、頻尿、悪心、下痢、腹痛、おくび、鼓腸放屁、消化不良、胃炎、腹部不快感、腹部膨満、嘔吐、アフタ性口内炎、口腔内不快感、口唇炎、口内炎、口内乾燥、黒毛舌、舌炎、唾液増加、便秘、食欲不振、舌変色、口・舌のしびれ感、舌苔、口唇のあれ、腹鳴、すい炎、消化障害、頭痛、めまい、味覚異常、不眠症、失神、けいれん、ふるえ、激越、傾眠、感覚鈍麻、嗅覚異常、無嗅覚、神経過敏、不安、錯感覚、攻撃性、灼熱感、カンジダ症、真菌感染、β溶血性連鎖球菌感染、胃腸炎、咽頭炎、肺炎、皮膚感染、膣炎、眼瞼浮腫、結膜炎、霧視、ぶどう膜炎、眼痛、視力障害、頚部痛、関節腫脹、筋肉痛、四肢痛、背部痛、関節痛、鼻出血、アレルギー性鼻炎、くしゃみ、ラ音、気管障害、呼吸困難、低音性連続性ラ音、鼻部障害、鼻閉、鼻漏、羊鳴性気管支音、痰貯留、耳痛、難聴、耳鳴、聴力低下、耳の障害、精巣痛、不正子宮出血、卵巣嚢腫、血中カリウム増加、血中カリウム減少、血中重炭酸塩減少、脱水、低カリウム血症、倦怠感、無力症、むくみ、咽頭痛異物感、胸痛、局所腫脹、粘膜異常感覚、発熱、疼痛、低体温、気分不良、口渇、浮遊感、不整脈、疲労

●極稀に起こる重篤な副作用
ショック、アナフィラキシー様症状、中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、肝炎、肝機能障害、黄だん、肝不全、急性腎不全、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎、間質性肺炎、好酸球性肺炎、QT延長、心室性頻脈(Trosades de pointesを含む)、白血球減少、顆粒球減少、血小板減少、横紋筋融解症

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-10-30
妊娠中の抗生物質服用はもはや心配なし(【MedicalNewsToday】より) - 最大級の研究の結果、妊娠中のマクロライド系抗生物質の使用は問題がないことを示した。研究の結果によると、マクロライドは胎児の成長には悪影響は与えないとのことだ。アメリカに住む何千人という妊婦は妊娠中に抗生物質.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-02-21
アジスロマイシンによる集団治療がいちご腫(熱帯フランベジア)の根絶に有効である可能性(2ミニット・メディスンより)― いちご腫とは、梅毒トレポネーマ(Treponema pallidum)の亜種pertuneuに起因する感染症のことである。通常、皮膚と皮膚の接触により伝播し、主に湿潤熱帯地域の小児に起こる。いちご腫は慢性かつ再発性で、皮膚及び骨の外観を損なうような有.... 続きを読む

2014-06-05
死亡率低下が肺炎に処方されたアジスロマイシンに関連(ドクターズ・ラウンジより)― ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(The Journal of the American Medical Association)の6月4日号で発表された研究によると、肺炎で入院し、アジスロマイシンで治療した高齢患者は、他の抗生物質で治療した高齢患者と比.... 続きを読む

2013-12-23
一般的な抗生物質がドライアイに効く可能性(マサチューセッツ・アイ&イヤーより) - マイボーム腺機能不全(MGD)はドライアイ(眼乾燥)の主な原因であり、数千万のアメリカ人に発症がみられる。しかし、FDAに認可されたマイボーム腺機能不全の治療薬は存在しない。一つの治療薬候補が、スケペンス眼研究所.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-05-31
アジスロマイシンが慢性閉塞性肺疾患患者の入院頻度を減少させる可能性(ファーマシー・タイムズより) - アジスロマイシンの連日投与を1年間受けた慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は、プラセボ投与患者よりも再院率が有意に低かった。アジスロマイシンの長期的治療は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の通院間隔を延ばすとみられる。この.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-03-26
アジスロマイシンは気管支拡張症の治療に有用かもしれない(e!サイエンス・ニュースより) - JAMA 3月27日号に掲載された2件の研究論文によると、非嚢胞性線維症で気管支拡張症の患者に対し抗菌薬アジスロマイシンまたはエリスロマイシンを投与したところ、症状は改善したが抗菌薬の耐性リスクも高まった。気管.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-01-11
フランベジア治療にアジスロマイシンの経口単回投与が有効(ドクターズ・ラウンジより) - ランセット誌(Lancet)の1月11日付オンライン版に掲載された研究によれば、風土性トレポネーマ症であるフランベジアの治療に関して、アジスロマイシンの経口単回投与は推奨されている標準治療のベンジルペニシリンベンザチン.... 続きを読む

2011-12-21
失明を阻止する治療に画期的躍進(カリフォルニア大学サンフランシスコ校より) - 失明の可能性のある眼感染症に対する一般的治療を年1回行った場合でも、6ヵ月ごとに行うのと同等の効果を得られることが、UCSF試験によって明らかにされた。この無作為化試験はトラコーマに関するもので.... 続きを読む

2011-11-09
歯周病の治療に全身性抗生物質投与(デンティストリーIQより) - 慢性歯周炎は、歯垢バイオフィルムと体内免疫応答との相互作用によるものである。バイオフィルムは、歯面に付着した細菌が多層状になった生態系であり、浮遊する単独の微生物叢と比べ、抗生物質および免疫応答からの.... 続きを読む

2011-10-06
アジスロマイシン単回投与は肺炎の治療選択肢として安全(ファミリープラクティスニュースより) - エスシタロプラムという抗うつ薬と一般的疼痛の緩和との間の関連を証明する恐らく初めての研究において、ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine:BUSM)の研究者らは.... 続きを読む

2011-09-15
抗菌薬を利用した局所治療によりライム病を阻止できるとの研究報告(インフェクションコントロールトゥデイより) - ライム病は、マダニが媒介する危険な病気である。吸血性のマダニは、吸血している間にこの病気の原因菌であるライム病ボレリア(Borrelia burgdorferi)とその類縁菌を摂取する。その後、次に吸血する.... 続きを読む

2011-09-06
慢性閉塞性肺疾患の急性増悪に対する新たなアプローチ(サイエンスデイリーより) - ロサンゼルス生物医学研究所(Los Angeles Biomedical Research Institute : LA BioMed)で主任研究員を務めるリチャード・カサブリ医学博士(Richard Casaburi.... 続きを読む

2011-09-05
COPD増悪に抗生物質が有効(Nurse.comニュースより) - 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する通常の日々の治療方法に一般的な抗生物質を追加すると、急性増悪の出現率が低下し、QOL(生活の質)も改善することが、臨床試験の新たな結果で示された。本研究は、米国国立衛生研究所.... 続きを読む

2011-08-25
広範に処方される抗生物質がCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の急性発作を減少 ― アジスロマイシンが再発の頻度と重症度を低下するとの研究結果(サイエンスデイリーより) - COPD(慢性閉塞性肺疾患)に対する日常の治療方法に一般的な抗生物質を追加することで、急性増悪の発現率を減少させ、QOL(生活の質)を改善できることが、臨床試験の新たな結果により報告された。本試験は米国.... 続きを読む

2011-03-15
性感染症(STD)(CDCより) - クラミジアは、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)と呼ばれる細菌により引き起こされる、よく見られる性感染症(STD)です。この細菌は、女性の生殖器に損傷を.... 続きを読む


続きを読む