アポ・フォリック (葉酸) 5mg

2330 円!! 正常な赤血球を形成することで貧血を防止する葉酸!摂取と体内維持が難しいため、サプリメントによる補給が便利で効果的!がん治療や心臓病リスクを下げる可能性も!

Apo-Folic (Folic Acid) - 5mg (500 Tablets)

■ 500錠

価格:2330 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

葉酸(ビタミンB9/ビタミンM)(Folic Acid (Vitamin B9/ Vitamin M))

 

同一成分含有商品

アポ・フォリック (葉酸) 0.8mg (1000錠) 4230 円
Apo-Folic (Folic Acid) - 0.8mg (1000 Tablets)

アポ・フォリック (葉酸) 5mg (500錠) 2330 円
Apo-Folic (Folic Acid) - 5mg (500 Tablets)

メネビット/メンエビット  (30錠) 5340 円
Menevit (Vitamins and Minerals) - 30 Capsules

ヨード配合エレビット・マルチ(ビタミン/ミネラル/ヨード) (30錠) 5450 円
Elevit Multi with Iodine (Vitamins and Minerals with Iodine)(30 Tablets)

チェラフェラ(セラフェラ)・フォルテ (30カプセル) 2680 円
Chela-Ferr Forte (Iron Bis-Glycinate/Iron/Folic Acid/Vitamin C/Vitamin B6/Vitamin B12) - 140mg/28mg/400mcg/40mg/1.4mg/2.5mcg (30 Capsules)

エグゼクティブ・ビー(ビタミンB)(ビタミンC/マグネシウム/ビタミンB12 10mcg/亜鉛/ビタミンB3 60mg/ビタミンB6 10mg/ビタミンB2 8.5mg/ビタミンB1 7.5mg/ビオチン/ビタミンB5 20mg/葉酸200mcg/カリウム)(60錠) (60錠) 8700 円
Executive B (Vitamin C 180 mg/ Magnesium 175 mg/ Vitamin B12 10 mcg/ Zinc 15 mg/ Vitamin B3 60 mg/ Vitamin B6 10 mg/ Vitamin B2 8.5 mg/ Vitamin B1 7.5 mg/ Biotin 50 mcg/ Vitamin B5 20 mg/ Folic acid 200 mcg/ Potassium 75 mg) (60 Tablets)

ビタミンB・プラス・ビタミンC(ビタミンB1 7.5 mg/ビタミンB2 8.5 mg/ビタミンB6 10 mg/ビタミンB3 60 mg/ビタミンC 300 mg/ビタミンB5 20 mcg/重酒石酸コリン 10 mg/葉酸 200 mcg/ビタミンB12 10 mcg)(60錠) (60錠) 5980 円
B+C (Vitamin B1 7.5 mg/ Vitamin B2 8.5 mg / Vitamin B6 10 mg/ Vitamin B3 60 mg/ Vitamin C 300 mg/ Vitamin B5 20 mcg/ Choline bitartrate 10 mg/ Folic acid 200 mcg/ Vitamin B12 10 mcg) (60 Tablets)

マルチ・ビー(マルチビタミンB)(ビタミンB2 8.5 mg/ビタミンB12 10 mcg/ビタミンB1 7.5 mg/ビタミンB6 10 mg/ビタミンB3 60 mg/ビオチン 50 mcg/ビタミンB5 20 mg/重酒石酸水素コリン/葉酸 200 mcg/イノシトール 50 mg)(30錠) (30錠) 3250 円
Multi B (Vitamin B2 8.5 mg/ Vitamin B12 10 mcg/ Vitamin B1 7.5 mg/ Vitamin B6 10 mg/ Vitamin B3 60 mg/ Biotin 50 mcg/ Vitamin B5 20 mg/ Choline bitartrate 50 mg/ Folic Acid 200 mcg/ Inositol 50 mg) (30 Tablets)

マルチ・ビー(マルチビタミンB)(ビタミンB2 8.5 mg/ビタミンB12 10 mcg/ビタミンB1 7.5 mg/ビタミンB6 10 mg/ビタミンB3 60 mg/ビオチン 50 mcg/ビタミンB5 20 mg/重酒石酸水素コリン/葉酸 200 mcg/イノシトール 50 mg)(60錠) (60錠) 5890 円
Multi B (Vitamin B2 8.5 mg/ Vitamin B12 10 mcg/ Vitamin B1 7.5 mg/ Vitamin B6 10 mg/ Vitamin B3 60 mg/ Biotin 50 mcg/ Vitamin B5 20 mg/ Choline bitartrate 50 mg/ Folic Acid 200 mcg/ Inositol 50 mg) (60 Tablets)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

--------------------- (---------------------)

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

・葉酸による欠乏巨赤芽球性貧血
大人: 初期服用量として1日10-20mgを14日間または造血反応がみられるまで経口服用します。1日の維持量は2.5-10mgです。
子ども: 症状に応じて1日5-15mgを経口服用します。

・葉酸欠乏症の予防
1日1錠またはサラセミアメジャーや鎌状赤血球貧血などの慢性貧血の場合は食事療法や溶血率に応じて1週1錠を経口服用します。

・妊娠前の女性(神経管欠乏症の予防として)
1日5mgを、妊娠前(受胎の4週間前)から妊娠3ヵ月まで経口服用します。

 

商品詳細

アポ・フォリック5mgは、葉酸欠乏を主原因とする巨赤芽球性貧血および、腎臓透析、栄養不良状態での妊娠・授乳、先天性ヘモグロビン産生障害のひとつであるサラセミアメジャーや、遺伝性の貧血病である鎌状赤血球貧血などの慢性溶血状態による葉酸欠乏症の予防のための薬です。

葉酸は、水溶性ビタミンB群の仲間でホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれており、たんぱく質や細胞をつくるときに必要なDNA(デオキシリボ核酸)などの核酸を合成する働きをしています。また生体内では各種酵素反応の補酵素としてプリン、ピリミジンの生合成、アミノ酸代謝などに関与しており、さらに生体の組織細胞の発育および機能を正常に保ち、特にビタミンB12と共に赤血球の正常な形成にかかわっています。

細胞の分裂、増殖にはDNAの合成が不可欠ですが、この合成には葉酸とビタミンB12が重要な働きをしています。
しかし何らかの原因によりこのどちらかが欠乏して細胞分裂がうまく行なわれなくなると、たんぱく質の合成をするRNA(リボ核酸)やたんぱく質のみが正常に働き続けるために赤血球の前段階である赤芽球が成熟せずに少しずつ巨大化していきます。
その結果、赤血球に変わることなしに骨髄内で崩壊する無効造血状態となり、末梢血中に出てくる正常赤血球の数が減少するために貧血が起こります。
この状態を巨赤芽球性貧血と呼びます。かつては高度の貧血状態を示した場合、神経障害を伴って死亡するケースがあったために悪性貧血と言われていましたが、現在ではその原因が葉酸とビタミンB12の欠乏にあることが解明されたため、これらを補うことで改善されることがわかっています。
巨赤芽球性貧血は少しずつ進行していくため、初期のうちでは自覚症状を感じない場合がありますが、動悸、息切れ、疲労感、倦怠感、頭痛、顔面蒼白といった貧血症状のほかにも、舌の表面がつるつるになる舌乳頭委縮、味覚低下、食欲不振、若白髪、下肢のしびれ感、筋力低下などの症状が現われます。

体内に蓄積できる葉酸はごくわずかで、肝臓では3-6ヵ月分の供給分しか溜められず、さらに1日の葉酸使用量は摂取量よりも多いと言われています。葉酸は水溶性であり、熱にも弱いため調理によりそのほとんどが破壊され、食べ物からの摂取が難しいビタミンのひとつでもあります。
また大量のアルコールは葉酸の吸収・代謝を阻害し、抗けいれん剤、潰瘍性大腸炎の治療薬、抗生物質なども葉酸の摂取を妨げる働きをします。
このように葉酸の体内量不足が続くと葉酸欠乏症を招きます。
葉酸欠乏症の主な症状は貧血ですが、それ以外にも疲労感、めまい、呼吸困難、さらに下痢をはじめとする胃腸障害、舌のしびれ、味覚異常などの舌・口の粘膜障害などがみられます。
さらに葉酸の不足状態が継続すると、動脈硬化を招き、最終的には脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすことがあります。

近年では、妊娠前から1日0.4mg以上の葉酸を補給することで、胎児の神経管欠損症リスクを約70%下げることが報告されています。
さらに多量にビタミンB6と葉酸を摂ることによって、女性の心臓発作の危険が半減するという研究報告や、妊娠する1年前から葉酸のサプリメントを摂取すると、飲まない人に比べて、早産リスクを50-70%低減できることが発表されています。

 

他の商品との比較

スウェーデンで行なわれた試験によると、1日0.35mgの葉酸を摂取したグループは、1日0.2mg未満摂取のグループよりもすい臓がんの発生が明らかに少ないとの報告があります。

イタリアで行なわれた試験によると、咽頭部がんの人が葉酸を1回5mg、1日3回摂取したところ、半年後には25%の人に前がん症状の消失が見られ、44%Rの人においては、がんの約50%がなくなっていたとの結果が出たと、全米がん学会の専門誌で発表されています。

日本において、葉酸とビタミンB12との併用で、肺がんの前がん状態の気管支上皮の異形性を正常な状態に戻す効果が確認されました。

ハーバード大学で行なわれた研究の結果、葉酸とビタミンB12の併用で、心臓病の発生リスクを31%抑えられると報告されています。

葉酸を有効成分とする薬は、日本ではフォリアミン(日本製薬)として、また海外ではAcifolic、Cytofol、Dosfolat B Activ、Folacid、Folacin、Folbal、Folcidin、Foldine、Folettes、Foliamin、Folicet、Folipac、Folsan、Folsaure、Folsav、Folvite、Folvron、Incafolic、Millafolなどの名前で販売されています。

 

特別な注意

以下の場合、アポ・フォリック5mgを絶対に服用しないでください。
・アポ・フォリック5mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人

・シアノコバラミン(ビタミンB12)欠乏から生じる巨赤芽球性貧血のある人: ビタミンB12欠乏の神経学的異常は軽減されず、また不可逆的であるため効果はありません。

・葉酸依存による腫瘍のある人

以下の場合、アポ・フォリック5mgの服用には充分注意してください。
・アポ・フォリック5mgを悪性貧血の人が服用すると、血液状態は改善しますが、神経症状には効果がありません。
悪性貧血の人が服用する場合はビタミンB12製剤と併用してください。
また診断の確立していない悪性貧血の人の場合、血液状態の改善により悪性貧血を隠ぺいし、診断および治療に影響を与えることがあります。

ジフェニルヒダントインと葉酸を併用する場合、発作の抑制ができなくなる可能性があるので注意してください。

葉酸は、メトトレキサートなどのジヒドロ葉酸還元酵素阻害(ようさん かんげん こうそ そがい)剤による葉酸欠乏症を改善できません。その場合はフォリン酸を使用してください。

血液中のビタミンB12濃度を低下させることがあるため、葉酸をマルチビタミンと混合しないでください。

葉酸は胎盤を通過しますが、治療的服用量の範囲においては、妊婦が服用しても問題がないとされています。

母乳中に成分が移行しますが、1日に必要とされる通常服用量の範囲においては授乳中の服用は問題がないとされています。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とアポ・フォリック5mgを併用する場合、充分に注意してください。
・制酸薬(アルミニウム、マグネシウム、抗生物質を成分として含む)、コレスチラミン、スルホンアミド(スルファサラジンを含む)、亜鉛サプリメント: 相互に作用し合うことがあります。

・葉酸代謝拮抗剤(5-フルオロウラシル、メトトレキサート、トリメトプリム、ピリメタミン、スルホンアミドなど): 葉酸が減少します。

・鎮痛剤、抗けいれん剤(特にヒダントイン、カルバマゼピン)、オエストロゲン、経口避妊薬: 葉酸の必要量が増加します。

・アルコール: 慢性アルコール依存症の人では、葉酸の吸収が低下します。

 

誤って大量に服用した場合

葉酸の摂り過ぎによる明らかな健康障害は特に報告されていません。
しかし、過剰な葉酸摂取によりビタミンB12欠乏症が発見しにくくなると言われています。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。

 

副作用

アポ・フォリック5mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
紅斑、そう痒感、全身倦怠、食欲不振、悪心、むくみ、体重減少など

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-10-12
一般遺伝子多型を持つ高齢者で、葉酸の過剰摂取が末梢神経障害のリスクを上昇させる可能性(【News-Medical.Net】より) - 葉酸(ビタミンB9)の過剰摂取は、一般遺伝子変異を持つ高齢者の神経損傷障害リスクの上昇と関係している。人種や民族の背景による違いはあるが、アメリカ人の6人に1人が、ビタミンB12 輸送たんぱく質をコードする遺伝子であるTCN2の中に.... 続きを読む

2016-08-30
葉酸が先天性心臓欠陥に効く可能性(Medical News Today】より) - 葉酸が強化された食品が、カナダにおいて特定種類の先天性心臓欠陥率を減少させたという新しい研究結果が、米国心臓協会ジャーナル誌で発表された。葉酸は、新しい細胞を生成する際に体が使用するビタミンBのひとつで、健康.... 続きを読む

2016-06-17
妊娠中の葉酸不足は小児肥満症と関連(【MedPageToday】より) - この研究の結果、母親の葉酸と子供体重の間にはL字型関係があることがわかり、葉酸濃度の低い母親から生まれた下位4分の1の子供は、残りの4分の3と比較してリスクの上昇がみられた、と語るのはバルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の.... 続きを読む

2016-05-11
妊娠中の葉酸の過剰摂取は自閉症のリスク上昇と関連(【HealthDay News】より) - ところが、母体に過剰量の葉酸(ビタミンB9)およびビタミンB12が存在すると、胎児が自閉症スペクトラム障害を発症するリスクが増えるかもしれないことを、新しい研究が示唆している。「私たちの目前にある新しい研究の課題は、適量の把握.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-04-10
イマチニブがEphB Ablシグナル経路を阻害するとともに、結腸直腸癌を抑制(結腸がんニュースより)― スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)とシンガポールの南洋理工大学(Nanyang Technological University)の研究者らは、白血病に用いるイマチニブ(チロシンキナーゼ阻害剤)で、腸腫瘍の発現を抑制できることを明らかにした。研究表題は「Na EphB Abl.... 続きを読む

2015-03-18
ビタミンB群の一種である葉酸が高血圧患者の脳卒中リスクを低下(ハーバード・ヘルスレターより)― プロゲステロンに関する研究が見当たらない、なんてよく言われますが、フランスとアメリカのわりと最近の研究では、女性の「乳がんや脳卒中のリスクを減らす」「認知症を防ぐ助けになる」という現実的なメリットが明.... 続きを読む

2015-03-16
エナラプリルと葉酸の併用が脳卒中リスク低下に関連(臨床アドバイザーより)― エナラプリルと葉酸の併用が高血圧患者における初回脳卒中リスクの低下につながるという研究結果が、アメリカ医師会機関紙(Journal of the American Medical Association:JAMA)に掲載された。中国北京の北京大学第一医院(Peking University First Hospital)に所属するヨン(Yong Huo)博士らは.... 続きを読む

2014-11-26
受胎前の葉酸が胎内発育遅延リスクを低下(メッドスケープより)― BJOG(産科婦人科学会雑誌(Obstetrics and Gynecology)11月26日号オンライン版に掲載された集団データベースの研究と系統的レビューによれば、受胎前に葉酸を補給することにより出生時の胎内発育遅延リスクが有意に減少する。RCOG臨床品質部門の副.... 続きを読む

2014-04-02
葉酸が神経管の先天性欠損を予防(ラスクルーセス・サンニュースより) - アシュレー・グレイリー(Ashley Graley)が、もし葉酸の重要性を知っていたとしたら、おそらく随分前から服用し始めていたにちがいない。彼女曰く、「毎日1錠の小丸薬を服用することで、これまで味わってきた心痛(手術など)を.... 続きを読む

2014-02-17
二分脊椎の予防目的として政府が食品メーカーにパンへの葉酸添加を推進(トップニュースより) - 政府は、乳児が二分脊椎で生まれることのないよう予防する目的で、パンに葉酸を添加するよう食品メーカーに義務付けたい考えである。23年間にわたるこの問題への長い討論の末、保健相は二分脊椎への予防策を決定した.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-10-20
葉酸欠乏症は玄孫の健康に影響を及ぼす可能性がある(ヴァーチャルメディカルセンターより) - 葉酸欠乏症は、子に二分脊椎、心臓欠陥、胎盤異常など深刻な健康問題を引き起こす可能性がある。本日発表された研究で、葉酸の代謝に必要な遺伝子の変異が、次の世代の子に影響を及ぼすだけでなく、次の数世代の健康.... 続きを読む

2013-10-02
葉酸欠乏の影響は何世代も後にまで及ぶ(ニュー・サイエンティストより) - 親が食事から葉酸を十分に摂取できているかどうかで、その子どもだけでなく後の世代の健康が左右されるかもしれません。これはマウスを使った研究で、葉酸欠乏が引き金となり子や孫マウスに異常が起きたという結果か.... 続きを読む

2013-09-02
人生を変えるビタミン:葉酸(onislamより) - いずれは人の親になりたいと思っている人なら、誰だってかわいらしく健康な赤ちゃんを夢見るものです。でも、残念ながらその夢が叶わないこともあります。オースティン(Austin)はとても健康な男の子でした。最初の頃は.... 続きを読む

2013-07-27
葉酸(ビタミンBの一種)が加齢に伴う視力低下リスクを低減(ニュースFIXより) - 新たな研究によれば、女性の加齢黄斑変性リスクを低減させるには、複数のビタミンサプリメントの服用が役立つという。これは加齢に伴う視力の衰えを予防するのに役立つシンプルな方法であることを確証しうるものである。.... 続きを読む

2013-06-15
パーキンソン病に関連する葉酸欠乏症(ニュースFIXより) - 葉酸不足の食餌を与えたマウスはパーキンソン病を発症しやすいことが、新たな研究で示された。パーキンソン病では化学物質ドーパミンを産生する神経細胞が死滅するため、患者に運動障害や、振戦・硬直・こわばり感な.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-03-11
妊婦の葉酸の摂取が子供の自閉症のリスクを低減すると、ノルウェーの研究が発表(クリーブランドより) - 妊娠前と妊娠中に葉酸のサプリメントを摂取した母親は、後に子供が自閉症と診断される可能性が低減した。これはノルウェーの小児数十万人を研究したもので、アメリカ医師会機関紙(Journal of the American Medical Association)で2月中旬に発表された.... 続きを読む

2013-03-05
歯科衛生の観点における葉酸の重要性(ワールデンタルより) - 今年の全国葉酸啓発週間(National Folic Acid Awareness week)は1月6日~12日に開催され、葉酸の日常的摂取の重要性について広く伝えられたが、これは一般的な成人病および出生時欠損症を予防することを目的としている。葉酸とは、ビタミンB9.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-02-15
母親の葉酸使用が「乳児の自閉症性障害になるリスクを低下する」(FIGOより) - ノルウェーの小児85,000人を対象とした新たな研究により、母親の葉酸使用は、乳児の自閉症性障害を持って生まれるリスクを減少させることが明らかとなった。本研究は、ノルウェー衛生研究所(Norwegian Institute of Public Health)が実施し、アメリカ.... 続きを読む

2013-01-04
葉酸は先天性異常の実証された予防法のうちの1つであり、新たな支援団体がこれに取り組む(PRニュースワイヤーより) - 先天性異常に対する最良予防法の1つは、ビタミンB(葉酸)含有の複合ビタミン剤を毎日服用することであり、これが健康な乳児を産む重要なステップとなる一方、このことは女性の約3分の1にしか知られていない。新生.... 続きを読む

2010-06-30
葉酸により頭部損傷と脊髄損傷の治癒が促される仕組みを解明(サイエンスデイリーより) - 葉酸(葉酸塩またはビタミンB9とも呼ばれる)を十分に摂取しない女性から生まれた乳児は.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。