その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2014-12-04

ソース(記事原文):ユニバーシティ・ヘラルド

アルツハイマー病薬が、むちゃ食い障害に関連した嗜癖行動を減らすことができるかもしれない

ユニバーシティ・ヘラルド(2014年12月4日) ― アルツハイマー病の薬が、むちゃ食い障害患者が衝動を制御するのに役立つかもしれない。

ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine)の研究者らは、神経保護薬であるアルツハイマー病薬のメマンチンが、むちゃ食い障害に関連した嗜癖および衝動的行動を減らす可能性があることを発見した。同研究者らは、脳内の特定の領域であり嗜癖行動を司る側坐核がメマンチンの効果を促進することもわかった。

上級著者ピエトロ・コットン(Pietro Cottone)は声明で「我々はグルタミン酸NMDA受容体を阻害するメマンチンが、ジャンクフードのむちゃ食い障害を阻み、ジャンクフードに関連する合図の力を阻み、むちゃ食い障害に関連する強迫行動特質を阻むことを発見した」と述べた。

むちゃ食い障害はアメリカで蔓延する病気で、1,000万人以上の患者がいる。特徴は、過剰な抑制されていない食料消費の期間に続く不快な膨満感と自己嫌悪の感情である。新しい証拠が、むちゃ食い障害の習慣性の性質を反映した脳内の化学成分の変化が、薬物およびアルコール依存症と似ているかもしれないことを示している。

本研究のため、研究者らは実験モデルを使用し、むちゃ食い障害に関連する脳の領域を特定するためにむちゃ食い障害行動を刺激し、次にその領域に直接メマンチンを適用することによって行動を抑制した。

この研究は、特にメマンチンがすでに他の適応症について承認薬であるため、むちゃ食い障害治療の新たな道が開かれる。

「むちゃ食い障害患者の生活の質は非常に悪く、寿命が短い」と共著者ヴァレンティナ・サビノ(Valentina Sabino)は声明で述べた。「我々の研究で、この障害の基礎神経生物学的メカニズムのより良い理解が提供される」

試験結果はニューロサイコファーマコロジー(Neuopsychopharmacology) オンライン版で詳細に記載されている。

Read more: http://www.universityherald.com/articles/13602/20141204/alzheimers-drug-may-reduce-addictive-behavior-associated-with-binge-eating.htm#ixzz3PBTwXPNv


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- アドメンタ (メマンチン) 5mg  (10錠) 350 円

- アドメンタ (メマンチン) 10mg  (10錠) 680 円

- エビクサ(メマンチン)10mg(トルコ市場向け) (100錠) 16580 円