アレグラ (塩酸フェキソフェナジン) 120mg

450 円!! 抗ヒスタミン作用によってアレルギー反応を抑制!第二世代抗ヒスタミン剤のため副作用が弱く、花粉症などにも有効!

Allegra (Fexofenadine HCL) - 120mg (10 Tablets)

■ 10錠

価格:450 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

塩酸フェキソフェナジン(Fexofenadine Hydrochloride)

 

製造国

インド

 

製造元

Sanofi

 

使用量

【アレルギー性鼻炎の治療のため12歳以上の小児又は成人が服用する場合】
1日1回 1錠を服用します。

【慢性的な蕁麻疹などのアレルギー性皮膚疾患の治療のため12歳以上の小児又は成人が服用する場合】
1日1回 1錠を服用します。

 

商品詳細

アレグラ 120mgはアレルギーをおさえる薬です。アレルギー性の病気に用います。

アレルギーの発症には、ヒスタミンという体内物質が関与しています。
アレグラ 120mgの有効成分である塩酸フェキソフェナジンは、そのヒスタミンの受容体をブロックすることにより、アレルギー症状を抑えます。
塩酸フェキソフェナジンはアレルギーによるクシャミ、鼻水、じんま疹、皮膚のカユミなどに有効です。
また、花粉症の治療に使われることもあります。
アレグラ 120mgはアレルゲンに反応した症状への対症療法となるため、服用によりアレルギーそのものを根治すことはできません。 アレルギー反応を起こすアレルゲンへの接触を避けるなどの日常生活での注意が必要となります。

アレグラ 120mgの有効成分である塩酸フェキソフェナジンのおもな作用はヒスタミンH1受容体拮抗作用といわれる、ヒスタミンがくっつく受容体をブロックする作用です。
そのほか、炎症性サイトカイン産生抑制作用、好酸球遊走抑制作用、ケミカルメディエーター遊離抑制作用などがあります。

アレグラ 120mgは、広く抗アレルギー薬に分類される「ヒスタミンH1拮抗薬」です。
第2世代抗ヒスタミン薬でもあり、中枢神経抑制作用や抗コリン作用が弱く、眠気や口の渇きといった副作用が抑えられています。

アレグラ 120mgは比較的速効性のため、服用後まもなく効果が出てきます(60分以内)。

 

他の商品との比較

日本ではサノフィ・アベンティス社から「アレグラ錠」が販売されています。

また、アレグラ 120mgの有効成分である塩酸フェキソフェナジンと同様の効果のある第二世代抗ヒスタミン薬には、有効成分をロラタジンとする「クラリチン錠」「クラリチンドライシロップ」などが、シェリング・プラウ社や塩野義製薬から販売されています。

 

他にも塩酸セチリジンの有効成分とする「ジルテック錠」、「ジルテックドライシロップ」などがグラクソ・スミスクライン社や第一三共製薬より販売されおり、これらの薬理効力もアレグラ 120mgの有効成分である塩酸フェキソフェナジンと等しいものであると言われています。

 

特別な注意

妊娠している女性に対しアレグラ 120mgの有効成分である塩酸フェキソフェナジンが及ぼす影響に関する研究は未だ為されていません。
医師によって塩酸フェキソフェナジンが胎児に及ぼす影響よりも、アレグラ服用により期待される効能が優先される場合のみ、アレグラ 120mgを服用してください。

なおマウスを使った包括的繁殖毒性に関する研究では、塩酸フェキソフェナジンの催奇性や塩酸フェキソフェナジンの影響によるマウスの生殖能力の低下又は胎児のマウスや新しく生まれたマウスの成長への悪影響などは確認されていません。

同様に、塩酸フェキソフェナジンの母乳栄養を行う母体への影響に関する研究は未だ為されていません。
医師によって塩酸フェキソフェナジンが乳幼児に及ぼす影響よりも、アレグラ 120mg服用により期待される効能が優先される場合のみ、アレグラ 120mgを服用してください。

 

他の薬との併用

抗生物質のエリスロマイシン(エリスロシン)との併用に注意して下さい。
併用することにより、アレグラ 120mgの血中濃度が上昇する可能性があります。

水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウムを含む制酸剤を服用してから15分後にアレグラ 120mgを服用した場合、アレグラの成分が減弱することが確認されています。
これらを同じ日に服用する場合には、服用時間を2時間程ずらして下さい。

 

誤って大量に服用した場合

誤ってアレグラ 120mgを過剰服用してしまった場合は、ただちに医師の処置を受けるようにしてください。
アレグラ 120mgの過剰服用によるめまいや眠気、そして口内乾燥が報告されています。
このような場合、医師に相談し体内の消化吸収されていないアレグラ 120mgを除去する処置を受けること、そして対症療法や支持療法を受ける必要があるとされています。
血液透析では血液中から塩酸フェキソフェナジンを効果的に取り除くことができないと確認されています。

 

服用し忘れた場合

アレグラ 120mgを服用し忘れた場合は、出来るだけ早く1回分を飲んでください。
ただし、次の通常飲む時間が近い場合は1回とばして、次の通常の服用時間に1回分飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
指定された以上の回数、量を服用しないで下さい。

 

副作用

季節性アレルギー性鼻炎や慢性突発性蕁麻疹のプラセボ対照試験(偽薬を用いた比較実験)において、アレグラ120 mgによる治療を受ける患者が訴える副作用とプラセボ(偽薬)による治療を受ける患者が訴える副作用に類似性があることが確認されています。
最も多く報告されたアレグラ 120mgの副作用は以下のようになっています。
頭痛 3%
眠気、目まい、吐き気 1%-3%
その他に報告された副作用に、疲労感、不眠症、神経過敏、睡眠障害、悪夢などが挙げられますが、その発現率は極めて低いとされています。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-09-02
花粉症患者における数多くの薬剤選択肢(デイリー・ヘラルドより) - 質問:今年、初めて季節性アレルギーに罹患しました。アレルギーの季節を乗り越えられるような薬剤を教えてください。回答:花粉症は、くしゃみ、鼻のかゆみ、鼻水、鼻詰まり、赤目、目のかゆみ、流涙、咽頭炎の原因.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2010-05-28
目のアレルギー(BBCフィジカルヘルスより) - 目のアレルギーには、結膜(瞼の裏側から伸び眼球を覆う膜)の不快感から重度の結膜の炎症を伴う角膜瘢痕まで様々な種類がある、とエイドリアン・モリス医師は解説する。目の花粉症 - 季節性アレルギー性結膜炎は目の花粉症で一般人口の.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。