アレリド(塩酸セチリジン)10mg

260 円!! 服用後20分で効果が現われ、24時間持続!1日1回の服用で、鼻水、皮膚炎、かゆみなどのつらいアレルギー症状をストップ!近年増加している動物アレルギーの諸症状にも!ジルテックのジェネリック薬!

Alerid (Cetirizine Hydrochloride) - 10mg (10 Tablets)

■ 10錠

価格:260 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

セチリジン(Cetirizine)

 

製造国

インド

 

製造元

3M Health Care Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日1錠を就寝前に経口服用してください。

 

商品詳細

アレリド10mgは、アレルギーが原因で起こる鼻炎や、じんましん、湿疹・皮膚炎、かゆみなどの症状を改善する薬です。
また動物によってもたらされる動物アレルギーの諸症状の改善にも広く使われています。

花粉、ハウスダダスト、かび類、小麦粉など、アレルギーの原因となる抗原(アレルゲン)を鼻や口から吸い込んだときに、鼻の粘膜がこれらの異物を排除しようと過剰に反応して起こる、くしゃみ、鼻水(水性鼻漏)、鼻づまり(鼻閉)などの症状がアレルギー性鼻炎です。
このような症状が一年中現われるのを「通年性アレルギー鼻炎」、また花粉症などのように、ある季節にだけ症状が現われるのを「季節性アレルギー鼻炎」と言います。

鼻炎以外にも、アレルギーが原因で起こる症状に、アレルギー性じんましんがあります。
エビ、カニ、そば、卵など特定の食べ物を食べたときや、風邪薬などの薬の成分が原因となって起こるじんましんで、症状が1ヵ月以上続く慢性じんましんと、それ以内の急性じんましんに分類されます。
そのほか、皮膚に接触した物質に対して体の免疫システムが働くために起こるアレルギー性湿疹・皮膚炎があります。
その原因は金属、ゴム、香料、化粧品、植物などさまざまですが、いずれもかゆみと発疹が現われます。

動物性アレルギーは動物の毛、ふけ、皮脂腺からの分泌物、羽、尿などによって生じるくしゃみ、鼻水、目の痒みや赤み、涙目、顔の腫れ、呼吸困難などを症状とするアレルギー性疾患です。
空前の「ペットブーム」によるペットの飼育総数や室内飼育の増加、「コンパニオンアニマル(伴侶動物)」としてのペットと人間のより密接な共存がその増加の原因とされています。

このようなアレルギー反応が起こると、細胞からヒスタミンという物質が放出されます。
ヒスタミンは強力な血管拡張、血圧降下作用を持つ物質で、受容体と呼ばれる受け皿と結合することでその作用を発揮します。
この受容体にはH1からH4まであり、中でもH1受容体はアレルギー反応に深く関与しており、かゆみ、紅斑、くしゃみ、鼻水などの原因ともなっています。

アレリド10mgは、アレルギーの原因が体内に入ってからすぐに症状が現われる「即時相」と、アレルギー症状が遅れて出現する「遅発相」の両方に作用を発揮する薬です。
即時相に対しては、強いヒスタミンH1受容体拮抗作用が特徴で、吸収がよく、本剤自体が作用を発揮するため作用発現は速く、効果は24時間持続します。

遅発相では、アレルギー性炎症との関係が注目されている好酸球の遊走を抑制し、また、アレルゲン処置による局所への好酸球遊走をも抑制するとされています。
これらの特性により、アレリド10mgはアレルギー疾患の症状を軽減させます。

さらにアレリド10mgの有効成分のセチリジンは、ヒスタミンH1受容体に対して強力な拮抗作用を持つ一方で、アセチルコリン受容体、アドレナリン受容体、セロトニン受容体などへの結合親和性は低く、第1世代の抗ヒスタミン薬の多くで問題になっていた抗コリン作用などに基づく便秘、口渇、めまい、胃部不快感などの副作用が少ない点が特長です。
またセチリジンは、両性イオンとして血中に存在するために血液-脳関門を通過しにくく、ヒスタミンH 2、ドパミン、セロトニンの各受容体に対してほとんど影響しないため、鎮静作用や眠気など中枢神経への影響も少ないとされています。

 

他の商品との比較

ヒスタミンH1受容体に選択的に結合し、ヒスタミンの作用を阻害します。

ロイコトリエンおよびプロスタグランジンD2の遊離性を抑制します。

好酸球の遊走および活性化を抑制します。

ヒスタミンH2、ドパミン、アセチルコリン、セロトニンの各受容体に対する親和性は低く、中枢神経におけるヒスタミンH1受容体の影響が少ないとされています。

従来の抗ヒスタミン薬と異なり、抗コリン作用はほとんどありません。

塩酸セチリジンを有効成分とした薬は、日本ではセチリジン塩酸塩(ザイダスファーマ、高田製薬、沢井製薬、富士フィルムファーマ、陽進堂、寿製薬、三和化学、ニプロジェネファ、ニプロファーマ、杏林製薬、キョーリンメディオ、日本ユニバーサル薬品、シオノケミカル、日東メディック、東亜薬品、興和テバ、大正薬品、日本ジェネリック、長生堂、田辺製薬、ポーラファルマ、シー・エイチ・オー新薬、サンド、共和薬品、岩城製薬、皇漢堂、大洋薬品、田辺三菱製薬、鶴原製薬、東和薬品、マイラン製薬、科研製薬、ダイト、日医工、辰巳化学、旭化成ファーマ、メディサ新薬、ニプロファーマ、シオノケミカル、明治製菓、日新製薬、沢井製薬、マルホ、高田製薬、アリジェン製薬、持田製薬、大原薬品、日本ケミファ、日本薬品、テイコクメディックス)、ジルテック(ユーシーピージャパン、第一三共、グラクソ・スミスクライン)の名前で発売されています。

海外では、Alerlisin、Cetryn、Formistin、Hitrizin、Reactine、Setir、Virlix、Ziptek、Zirtek、Zirlex、Zyrtec、Benadryl、Boots、Cetirizine、Piriteze、Pollenshieldなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、アレリド10mgを絶対に服用しないでください。
・アレリド10mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人

 

【慎重服用】
・腎障害のある人: 高い血中濃度が持続するおそれがあります。

・肝障害のある人: 高い血中濃度が持続するおそれがあります。

・高齢者: 高い血中濃度が持続するおそれがあります。

・てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの既往例のある人: けいれんを発現するおそれがあります。

 

【重要な基本的注意】
・眠気を催すことがあるので、アレリド10mgを服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作には従事しないように充分注意してください。

・アレリド10mgを季節性症状の人が服用する場合は、好発季節を考えて、その直前から服用を開始し、好発季節終了時まで続けることがのぞましいとされています。

・アレリド10mgの使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり服用しないように注意してください。

 

アレリド10mgは主として腎臓から排泄されますが、高齢者では腎機能が低下していることが多く、高い血中濃度が持続するおそれがあるので、低用量から服用を開始するなど慎重に服用し、異常が認められた場合は減量または休薬するなど適切な処置を行なってください。

妊娠中の服用に関する安全性は確立していないので、妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

授乳中の人は、アレリド10mgの服用中は授乳を避けてください。

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。

アレリド10mgは、アレルゲン皮内反応を抑制するため、アレルゲン皮内反応検査を実施する3-5日前から服用を中止するのが望ましいとされています。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とアレリド10mgを併用する場合、注意してください。
・ピルシカイニド塩酸塩水和物: 併用により両剤の血中濃度が上昇し、ピルシカイニド塩酸塩水和物の副作用が発現したとの報告があります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

アレリド10mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
眠気、倦怠感、頭痛、頭重感、ふらふら感、しびれ感、めまい、浮遊感、不眠、ふるえ、抑うつ、激越、攻撃性、口渇、嘔気、食欲不振、胃不快感、下痢、消化不良、腹痛、腹部不快感、胃痛、口唇炎、便秘、口唇乾燥感、嘔吐、味覚異常、口内炎、腹部膨満感、動悸、血圧上昇、不整脈(房室ブロック、期外収縮、頻脈、発作性上室性頻拍、心房細動)、好酸球増多、好中球減少、リンパ球増多、白血球増多、白血球減少、単球増多、血小板増加、血小板減少、発疹、じんましん、むくみ、かぶれ、そう痒感、血管浮腫、多形紅斑、結膜充血、霧視、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、総ビリルビン上昇、Al-P上昇、尿たんぱく、BUN上昇、尿酸、ウロビリノーゲンの異常、頻尿、血尿、排尿困難、耳鳴、月経異常、胸痛、ほてり、息苦しさ、関節痛、手足のこわばり、嗅覚異常、鼻出血、脱毛、せき

極稀に起こる重篤な副作用
ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、血圧低下、じんましん、発赤など)、けいれん、腎機能障害、黄だん、血小板減少

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2010-05-28
目のアレルギー(BBCフィジカルヘルスより) - 目のアレルギーには、結膜(瞼の裏側から伸び眼球を覆う膜)の不快感から重度の結膜の炎症を伴う角膜瘢痕まで様々な種類がある、とエイドリアン・モリス医師は解説する。目の花粉症 - 季節性アレルギー性結膜炎は目の花粉症で一般人口の.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。