アロー・フルオキセチン分散錠(塩酸フルオキセチン)20mg

1460 円!! 約70%のうつ病改善率!効き目が速く、依存性が少ないのが特長!発売とともに大センセーションを巻き起こした伝説的な抗うつ剤・プロザックのジェネリック薬!

Arrow-Fluoxetine Dispersible (Fluoxtine Hydrochloride) - 20mg (30 Tablets)

■ 30錠

価格:1460 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

塩酸フルオキセチン/塩酸フロキセチン(Fluoxetine Hydrochloride)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Actavis

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

●うつ病
通常、成人は1日1錠を経口服用します。

●神経性過食症
通常、成人は1日3錠を経口服用します。

●強迫性障害
通常、成人は1日1-3錠を経口服用します。

●月経前不快気分障害
通常、成人は月経周期の間中1日1錠を経口服用します。
なお最大服用期間は6ヵ月までとします。

アロー・フルオキセチン分散錠20mgは食事の影響を受けないので、食前・食後のいずれの服用でも問題ありませんが、毎日同じ時間に服用するようにしてください。

 

商品詳細

アロー・フルオキセチン分散錠20mgは、うつ病をはじめ、神経性大食症(過食症)、強迫性障害、月経前不快気分障害の症状を改善する薬です。

うつ症状は、気分の落ち込み、意欲低下、不安などの精神的な症状や、睡眠障害、全身倦怠感、疲労感といった身体的症状が現われることによって、日常生活に影響を与える状態のことです。こういった症状は、短い人で数週間、長い人になると数ヵ月以上も続くとされており、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質のバランスがくずれることで起こると言われています。

セロトニンは、行動に対しては抑制的に、また気分に対しては向上させる方向に働くとされており、ドーパミンやノルアドレナリンなどのほかの神経伝達物質をコントロールすることによって神経安定作用を示す物質です。またノルアドレナリンは、神経を興奮させる働きを持ち、意欲、不安、恐怖などと深い関係を持つ一方で、気分を明るくする作用も持っているとされています。脳内のセロトニンが減少し、その働きが悪くなると不安、落ち込み、焦燥感といった気分障害が引き起こされ、さらにノルアドレナリンの減少は気分や行動力の減退につながることから、これらの神経伝達物質の減少や機能の低下がうつ病を引き起こすのではないか、というのが有力な説です。

これらの神経伝達物質はニューロン(神経細胞)から放出され、受容体と呼ばれる細胞膜上に存在しているタンパク質と結合することによって初めて作用します。しかし受容体と結合しなかった物質はトランスポーターと呼ばれる部分から再利用のために神経細胞内に取り込まれ(吸収されて)てしまい、その後はその神経伝達能力を終焉させられてしまうため、結果として脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が減少します。

神経伝達物質が再取り込みされるのを阻害し、脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を上昇させることで、うつ症状をやわらげる効果を持つのが、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)であるアロー・フルオキセチン分散錠20mgです。有効成分の塩酸フルオキセチンは、このセロトニンとノルアドレナリンを取り込むトランスポーターに特異的に結合し、その働きを阻害します。この働きにより前シナプスより放出されたセロトニンとノルアドレナリンの濃度を上昇させ、その作用を増長、増強することによってうつ病の症状を改善する作用を発揮すると考えられています。

そのほかにもフルオックス20mgは、ストレスや心理的空白などが原因となって、大量の飲食の後に、無理に嘔吐したり、下剤や薬剤などで強制的に食べたものを排泄する、といった行為を繰り返す摂食障害である神経性大食症(過食症)や、月経の1週間ほど前から、生活の質を極端に下げるほど気分が悪化する月経前不快気分障害(PMDD)、さらに自分でコントロールできない不快な考え(強迫観念)が頭に浮かび、それを払しょくしようとして行なうさまざまな行為(強迫行為)から成る一連の精神障害である強迫性障害の症状を改善するためにも使用されます。

 

他の商品との比較

塩酸フルオキセチンの脳内での働きは、ゆるやかで、時間をかけて効果が現れるため、依存症になりにくいとされています。

一般の抗うつ剤の効果出現には、平均して2週間から1ヵ月ほどかかりますが、塩酸フルオキセチンは服用後1-2週間で効き目が現われるとされています。

抗うつ剤は、その化学式により三環系、四環系などに分類されていますが、塩酸フルオキセチンはそのいずれにも属さない、独自の化学構造式を持っています。

塩酸フルオキセチンを有効成分とした薬は日本では未承認ですが、海外では、Adofen、Animex-On、Deprex、Eufor、Fluctin、Fuoxeren、Fluval、Fontex、Foxetin、Portal、Prozac、Pulvules、Reneuron、Sarafemなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、アロー・フルオキセチン分散錠20mgを絶対に服用しないでください。
・アロー・フルオキセチン分散錠20mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人
・MAOI’s(モノアミン酸化酵素阻害薬)を服用している人: MAOIとの併用またはMAOI服用中止後14日以内のアロー・フルオキセチン分散錠20mgの服用は絶対に避けてください。またアロー・フルオキセチン分散錠20mgの中止後少なくとも5週間はMAOI治療を行なわないでください。深刻な、または致死的なセロトニン症候群が報告されています。

アロー・フルオキセチン分散錠20mgを含む抗うつ剤の服用または早期治療終了後に、24歳未満の人で自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があります。服用については危険と利益を考慮してください。

主なうつ病エピソードは双極性障害と考えられていますが、一般的に抗うつ剤単剤による治療は、双極性障害のリスクのある人においては混合エピソード/そうエピソードを増加させる可能性があるとされています。

塩酸フルオキセチンの服用で、重篤で、皮膚、腎臓、肝臓、肺を含む発疹、アナフィラキシー様イベント、全身性進行性イベントの発生が報告されています。このような症状が現われた場合は、ただちに服用を中止してください。

発作の既往歴のある人は、充分に注意して服用してください。

特に高齢者、利尿薬治療をした人などにおいて、低ナトリウム血症が報告されています。

フルオキセチン治療をした糖尿病の人において低血糖が発症し、服用中止後に高血糖が進行したとの報告があります。フルオキセチンによる治療中または中止後は、インスリンや低血糖薬の量を調節してください。

SSRI'sによる斑状出血や紫斑などの皮膚異常出血や出血症状がごくまれに報告されています。出血障害の既往歴のある人やSSRI’sを服用している人で、特に経口抗凝血薬や血小板機能に影響をおよぼす薬(クロザピン、フェノチアジン、ほとんどの三環系抗うつ薬、アスピリン、NSAID’sなど)を服用している人では、出血のリスクが増加します。

妊娠中または妊娠している可能性のある人は、治療の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

乳汁中にアロー・フルオキセチン分散錠20mgの成分が移行することが確認されているため、授乳中の人が服用する場合は事前に医師に相談してください。

アロー・フルオキセチン分散錠20mgを服用中は、自動車の運転など危険を伴う機械操作に従事しないようにしてください。

フルオキセチンは血漿たんぱくにしっかり結合するため、同じくたんぱく質にしっかり結合する別の薬を服用している人がアロー・フルオキセチン分散錠20mgを服用する場合は、その薬のたんぱく質濃度が変化することがあります。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とアロー・フルオキセチン分散錠20mgを併用する場合、注意してください。
・シトクロームP450IID6アイソザイム代謝薬: アロー・フルオキセチン分散錠20mgがシトクロームP450IID6アイソザイム代謝を阻害する可能性があります。
・CNS(中枢神経系)活性薬: フェニトイン、カルバマゼピン、ハロペリドール、クロザピン、ジアゼパム、アルプラゾラム、リチウム、イミプラミン、デシプラミンなどの血中濃度や、毒性臨床症状の変化が認められています。またセロトニン作動活性薬(SNRIs、SSRIs、トリプタン、トラマドールなど)との併用は、セロトニン症候群を起こすおそれがあります。
・止血を阻害する薬: 出血性疾患の既往歴を持つ人で、血小板作用に影響をおよぼす経口抗凝固薬やSSIRs(クロザピン、フェノチアジン、ほとんどの三環系抗うつ薬、アスピリン、NSAID’sなど)。 
・ワルファリン: 出血増加など、抗凝血作用を変化させます。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

アロー・フルオキセチン分散錠20mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
疲労感、過敏反応、悪寒、異常感、日光過敏症、血清病、アナフィラキシー様反応、血管炎、セロトニン症候群、軽度の頭痛、動悸、血管拡張、低血圧、起立性低血圧、下痢、吐き気、食欲不振、消化不良、胃腸障害、口渇、嘔吐、嚥下障害、食道痛、斑状出血、体重減少、筋肉の単収縮、不安感、めまい、頭痛、不眠症、神経質、眠気、ふるえ、異常夢、歯ぎしり、頬舌症候群、離人症、運動障害、そう反応、間代性筋けいれん、発作、精神運動亢進、あくび、そう痒、発疹、発汗、じんましん、脱毛症、視覚異常、味覚倒錯、散瞳、勃起異常、婦人科的出血、インポテンス、頻尿、無オルガスム症、胸痛、性機能障害、排尿障害、持続勃起症、悪性高体温症、スティーブンス・ジョーンズ症候群、多形性紅斑、血管性浮腫、肝機能異常、肝障害亢進、肝不全、特異肝炎、抗利尿ホルモンの異常分泌、好酸球増多、血小板減少性紫斑病、出血症状(婦人科的出血、胃腸出血、皮膚または粘液性出血)、注視けいれん、遅発性ジスキネジー、表皮剥離症、クリトリス肥大、女性化乳房

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-01-28
子供のSSRIS使用:思った以上に高いリスク?(【MedPage Today'】より) - 抗うつ薬は自殺企図や自殺念慮と関係しており、特に子供や青年に多い。またその害はとてつもなく過小評価されていることが、以前に行なわれた規制薬物の無作為試験のメタ分析によりわかった。このメタ分析は製薬会社のウエブサイト.... 続きを読む

2015-08-11
妊娠中の抗うつ剤服用における有益性と危険性(【HealthDay News】より) - 精神障害を持つ女性が一般的に処方される抗うつ剤を妊娠中に服用すると、出産合併症がわずかながら減ることが新しい研究で示唆された。 しかしながら、これらの女性から生まれた新生児は呼吸問題などの問題のリスクがより高.... 続きを読む

2015-07-09
一部のSSRI抗うつ剤に出生異常リスクを上昇させる可能性(【BMJプレスリリース】より) - SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として知られている一部の抗うつ剤の妊娠初期における服用は、出生異常リスク上昇と関係しているとの結果が今週のBMJで発表された。 もしこれらに因果関係がある場合、出生異常に.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-07-09
フルオキセチンと行動療法の併用で小児うつ再発が減少(ドクターズ・ラウンジより)― うつ病障害の若者において、フルオキセチンと再発予防的認知行動療法の併用が、再発リスクを削減する。この研究結果は、精神医学雑誌アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー(American Journal of Psychiatry)6月17日号オンライン版に掲.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-02
抗うつ薬が脳卒中の回復に役立つ可能性(アルバーニポータルより) - 抗うつ薬の単回投与が、脳卒中を克服した生存者における体の動きを改善するのに有用となる。フランス(トゥールーズ市)の研究者らは、脳卒中を発症した患者8人を対象に、抗うつ薬フルオキセチンが運動機能に及ぼす.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-01-07
プロザックが新たな脳細胞の生成に関与している可能性(PsychCentral.comより) - 新しい研究は、通例プロザック(Prozac)、サラフェム(Sarafem)、フォンテックス(Fontex)と呼ばれている抗うつ剤のフルオキセチンが、成体脳における新たな神経細胞生成に関連していると報告している。研究者らは、子孫神経細胞が成人の大脳.... 続きを読む

2012-06-15
若者における中毒による併存症を見極める(精神医学ニュースより) - 青少年における薬物乱用の研究により、治療に関する貴重な洞察(特に併存症の果たす役割)が得られている。思春期の若者における薬物使用が増えている一方、関連疾患を治療する既存の心理社会的介入にはわずかな有効性しか.... 続きを読む

2011-12-26
完璧な組合せ:抗うつ剤と話し合い療法を一緒に行うと効果的な理由を科学が解明し始めた(フォーブスより) - 抗うつ剤は長年、抑うつ症や不安神経症などの気分障害の治療に使われてきており、頼りになる治療薬としてますます信頼を高めている。だが、抗うつ剤がどのように作用するのか、もっと正確に言えば作用する理由を.... 続きを読む

2011-12-22
恐れ知らずの若さ:プロザックが脳を若返らせることで不安を消失させる(サイエンティフィック・アメリカンより) - 抗うつ薬は、脳の可塑性を増大させることによって成体マウスにおける恐れを軽減させることが新たな研究で示されている。実験用成体マウスが特定の刺激(音や閃光)と、電気ショックの痛みを結びつけることを一旦学ぶと.... 続きを読む

2011-12-05
フルオキセチン投与により成人の自閉症スペクトラム障害の反復習性が改善(ヘルスデーニュースより) - 自閉症スペクトラム障害の成人患者にフルオキセチンで治療を行うと、反復習性に有意な改善が認められることが、アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー(医学誌)12月2日号オンライン版に掲載された研究で示された.... 続きを読む

2011-12-05
最新の抗うつ剤の有効性はほぼ同じであるが、副作用や即効性は薬によって異なると研究が見出す(WebMD医療ニュースより) - 新たな分析によると、最新の抗うつ剤はすべて、有効性はほぼ同じだが、誰にとっても作用が同じという訳ではない。「製薬業界の主張に反し、有効性だけを基準にし、ある薬より別の薬を選択した方が良いということを.... 続きを読む

2011-12-02
プロザックが成人期自閉症の症状を緩和する可能性(ウェブMDより) - 抗うつ薬プロザックが自閉症スペクトラム障害の特徴的症状(反復的な強迫行動)の治療に有用であるように思われる。新たに発表された研究は、自閉症の成人患者を対象に実施されたもので、プロザック(フルオキセチン)を投与した患者.... 続きを読む

2011-10-28
孤立状態からの脱却:季節性感情障害の治療(アトランティック紙より) - 人口の6~10%は冬の間に季節性うつ病を患います。でも、この病気を終わらせる方法はあります。北半球ではどんどん日が短くなり、寒くなっています。そして、中にはどんどん憂鬱な気分になっていく人たちもいます。季節性感情障害(SAD)とは.... 続きを読む

2011-10-27
不眠症の治療が小児期および思春期の抑うつ状態の治療を促進(ファミリープラクティスニュースより) - 抑うつ状態の治療を受ける前に明確な不眠症を報告していた小児および思春期患児(13歳~19歳)の約過半数が、フルオキセチン治療開始から最初の数週間で、睡眠および抑うつ状態の両方に有意な改善を認めたことが.... 続きを読む

2011-10-23
過食症(ザ・スター・オンラインより) - 過剰に食べた後にさまざまな方法で食べたものを排出しようとしているなら、過食症を患っています。神経性過食症は摂食障害です。この障害は食べ物を大量に食べ(むちゃ食い)、その後で本人が嘔吐を促したり、下剤を使用.... 続きを読む

2011-09-14
強迫性障害を理解する(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - スティーブン・マクウィリアムス(Stephen McWilliams)博士は、強迫性障害の複雑な症状に注目し、治療できる方法はないか検討している。強迫神経症を患う小説家メルヴィン・ユドール(Melvin Udall)氏は.... 続きを読む

2011-01-10
プロザック(Prozac)による治療は脳卒中からの回復を促進する(BBCニュースより) - ある研究によると、患者が脳卒中の発作を起こした後、速やかにプロザック(Prozac)を投与すると麻痺からの回復に役立つかも.... 続きを読む

2011-01-01
家庭でできる物忘れ治療法(ArticlesBase.comより) - 車をどこに駐車したのか忘れるような、時々起こる物忘れは、アルツハイマー病の初期症状の徴候ではない。しかし、どの程度のもの忘れであれば、悪化したアルツハイマー病に進展するリスクが大きいことが示されるのかについて、医師らは依然として確信が持てきれずにいる。問題となるのは、たまに鍵をどこへ置いたのか覚えてないことではなく.... 続きを読む

2010-02-25
プロザック(Prozac)とセレクサ(Celexa)が抗炎症作用を示す(サイエンス・デイリーより) - フルオキセチン(プロザックⓇ)とシタロプラム(セレクサⓇ)を用いたマウスに対する治療ではコラーゲン誘発性関節炎(CIA)の進行を有意に抑制することが、新しい研究で明らかに.... 続きを読む

2006-12-11
精神展開薬:強迫性障害治療の希望の星(BBCニュースより) - ジャーミー(仮名)が最後にバスケットボールに触れてから、もう何年も経っていた。彼は、強迫性障害を患っているため、汚れや細菌が体に付くのを恐れていた。足の裏に触れる靴底以外、地面に体が触れるのを嫌っていたのである。しかし、強迫性障害患者に対するプシロシビン(マジックマッシュルームに含まれる幻覚誘発物質)の効果を測るために行われた小規模の臨床試験に参加中、ジャーミーは裸足で床の上に立ち、運動がしたい、ボールで遊びたいと.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。