その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2012-09-24

ソース(記事原文):メロディカ

アロプリノールによる尿酸値低下と腎結石形成減少

メロディカ(2012年9月24日)― アロプリノールとは? アロプリノールは体内の尿酸生成量を減少させるものである。尿酸が蓄積すると痛風や腎結石につながる。

アロプリノールは、がん治療を受けている人を対象に、痛風または腎結石を治療すること、ならびに尿酸値を低下することを目的として用いられる。同剤は医薬品説明書に記載されていない目的で使用されることもある。

アロプリノールに関する重要な情報

アロプリノールに対する重篤なアレルギー反応を起こしたことがある人は、アロプリノールを使用しないこと。発疹の徴候があれば、どんなに軽度であっても、直ちに服用を中止し、医師に連絡すること。1回の服用ごとにコップ1杯の水を飲むこと。腎結石の形成リスクを低下させるため、毎日コップ8~10杯の水分を摂ること。ただし、そうしないよう担当医から指示されている場合は例外とする。アロプリノールを服用することで身体が感染症を撃退できるよう手助けする血液細胞が減少してしまう。これにより傷から出血しやすくなったり、病気(感染症)の人の近くにいると感染しやすくなったりする。血液検査を頻繁に受けることが必要となりうる。定期的に医師の診察を受けること。飲酒は病状を悪化させるので避けること。アロプリノール(商品名zyloprim[ザイロプリム])100mgを服用することにより、思考力が低下したり、反応が鈍くなったりすることがある。運転したり、細心の注意を要することをしたりする場合は、気をつけること。

アロプリノールを投与する前に

アロプリノールを間違いなく安全に服用するため、以下(1つ以上)で自分に当てはまるものがあれば、担当医に報告すること。

・腎臓病

・肝臓病

・糖尿病

・うっ血性心不全

・高血圧

・化学療法を受けている場合

米国食品医薬品局(FDA)妊娠分類C:アロプリノール300mgが胎児に有害となるかどうかは分かっていない。妊娠中である場合や、同剤服用中に妊婦となる予定がある場合は、医師に報告すること。アロプリノールは母乳に入り込むので、授乳中の乳児に有害となる可能性がある。授乳期間中の場合、医師に報告することなく同剤を服用しないこと。

アロプリノールの服用方法とは?

医師の処方通りにアロプリノールを服用する。推奨用量よりも多くなっても少なくなってもいけない。また、推奨期間よりも長く服用しないこと。医薬品添付文書の指示に従うようにする。最良の結果が得られるように、医師が用量を時折変更することがある。1回の服用ごとにコップ1杯の水を飲むこと。腎結石の形成リスクを低下させるため、毎日コップ8~10杯の水分を摂ること。ただし、そうしないよう担当医から指示されている場合は例外とする。アロプリノール(商品名ザイロプリム)300mgを服用し始めると(初回)、痛風発作がより高頻度に生じる可能性がある。アロプリノールと併用投与する痛風治療薬を別途医師に勧められるかもしれない。指示通りに服用し続け、治療開始から2~3ヵ月経っても症状が改善しない場合は、医師に報告すること。アロプリノール(ザイロプリム)200mgを服用することで、身体が感染症を撃退できるよう手助けする血液細胞が減少してしまう。これにより傷から出血しやすくなったり、病気(感染症)の人の近くにいると感染しやすくなったりする。血液検査を頻繁に受けることが必要となりうる。定期的に医師の診察を受けること。アロプリノールは湿気や熱から遠ざけ、室温で保管すること。

アロプリノール服用中に避けるべきこととは?

病気(感染症)の人の近くに行かないこと。感染症の徴候を認めた場合には、直ちに医師に報告すること。

アロプリノールを服用することにより、思考力が低下したり、反応が鈍くなったりすることがある。運転したり、細心の注意を要することをしたりする場合は、気をつけること。飲酒は病状を悪化させるので避ける。疾患の治療に役立つ特別な食事療法を医師から勧められることがある。日常的な食事療法と投薬をきちんと守ること。

アロプリノール投与量に関する情報

痛風に対する一般的アロプリノール成人量:
初回量: アロプリノール100mgを1日1回経口投与する。維持量: 1日1回200mg~300mg(軽度痛風)経口投与、もしくは1日あたり400mg~600mg(中等度~重度の結節性痛風)を分割投与する。

化学療法に起因する高尿酸血症に対する一般的アロプリノール成人量:
初回量:1)非経口的(注射など): 200~400mg/m2/日から、最大600mg/日までとする。2)経口的:600mg~800mg/日を1~3日間服用するとともに、1日あたり2リットル以上の水分を摂る。
維持量: 高尿酸血症の発症リスクが低くなるまで200mg~300mg/日を経口投与する。

シュウ酸カルシウム結石と高尿酸尿症の併発に対する一般的アロプリノール成人量:
初回量:1日1回200mg~300mgを経口投与。維持量:300mg/日以下。

うっ血性心不全に対する一般的な成人量:
超酸化物フリーラジカルの形成を阻止し、内皮機能を改善するための研究(対象者11人:(NYHA[ニューヨーク心臓病学会]クラスII~III慢性心不全)では:1日あたり300mgを1ヵ月間にわたり経口投与する。

心臓胸部手術に対する一般的アロプリノール成人量:
複数の研究では:冠動脈バイパス術の1日前に600mgを経口投与し、手術日に別途600mgを経口投与する。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- 錠剤カッター () 540 円

- レボライザー(吸入器) (1個) 1080 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)100mg (250錠) 1070 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg (100錠) 800 円

- ザイロリック (アロプリノール)100mg (10錠) 390 円

- シムビコート・タービュヘイラー (ブデソニド/ホルモテロールフマル酸塩水和物) 200 /6 (120吸入分) (1スプレー缶) 9940 円

- ハンディヘイラー () 800 円

- アポ・アロプリノール(アロプリノール)100mg (1000錠) 4280 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg(500錠入り) (500錠) 3770 円

- アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)100mg(1000錠) (1000錠) 4870 円

- アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4160 円

- ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4350 円

- ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)100mg(500錠) (500錠) 2980 円