アンタビュース (ジスルフィラム) 200mg

9470 円!! 服用するだけで、ごく少量のアルコールでさえも受け付けない体にします!精神的・身体的に完全にアルコールに頼っている生活(アルコール依存症/慢性アルコール中毒)からの脱却を本気で考えている人に!

Antabuse (Disulfiram) - 200mg (100 Tablets)

■ 100錠

価格:9470 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ジスルフィラム(Disulfiram)

 

製造国

ニュージーランド・オーストラリア市場向け

 

製造元

--------------------- (---------------------)

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

【初期服用計画】
第一段階として、1日1回最大服用量500mgとして1-2週間経口服用します。
通常、朝に服用しますが、鎮静作用が現われた場合は服用を中止、あるいは減量、一時中止します。

【維持療法】
平均維持服用量は1日250mg(125-500mg)としますが、500mgを超えないでください。

 

商品詳細

アンタビュース200mgは、慢性アルコール中毒(アルコール依存症)に対する抗酒療法の薬です。

アルコール依存症は、従来は「慢性アルコール中毒」という言葉が一般的でしたが、中毒という言葉は本来の意味からかけ離れており、また偏見がつきまとうとの観念から、今では「アルコール依存症」という言葉が広く使われています。
WHO(世界保健機関)の定義では「アルコールを繰り返し摂取した後に出現する一連の行動、認知、生理学的な現象として、有害な結果をもたらすにもかかわらず、アルコールの摂取を強く望み、制御が困難となり、摂取に固執し、どのような行動や義務よりもアルコール摂取が優先されるといった典型的な現象が現われる。こうした現象は次第に耐性を増し、時に禁断症状を呈することがある」疾患で、社会的・職業的機能に障害が生じ、また意識障害、幻覚、脳の委縮といった脳神経系への障害や、肝臓、胃、すい臓、膏血圧などさまざまな身体的障害が現われることもあります。
統計では日本国内におけるアルコール依存症患者は82万人とも430万人とも推定されています。

日本の厚生労働省ではアルコール依存症を「大量飲酒者」と同等、とみなしているようです。
大量飲酒者は、統計的にほぼ毎日純アルコール量で150ml(日本酒約5合半、ビール大瓶約6本、ウイスキーダブル約6杯)以上摂取する人のこと指しますが、実際はすべてのアルコール依存症が大量飲酒者に当てはまるとは限らないため、アルコール依存症と断定するのは難しいとされています。

アルコール依存症になる主な危険因子として、遺伝的な素質(体質)と飲酒環境があります。
依存症の原因の50%は遺伝によると言われ、またアルコール依存症の親を持つ人はそうでない人と比べて依存症になる確率が4倍高いとされていますが、これには体内におけるアセトアルデヒド濃度とALDH(アルデヒドデヒドロゲナーゼ)酵素が関係していると考えられています。
アセトアルデヒドは肝臓でアルコールを分解する過程で発生する物質で、大変強い毒性を持っており、顔面紅潮、動悸、吐き気、頭痛などを引き起こすことから二日酔いの原因であると考えられています。
このアセトアルデヒドを分解して酢酸に変えるのがALDH酵素です。ALDH酵素によって分解されたアルコールは、最終的に水と二酸化炭素に分解されて体外に排出されます。
俗に言う「お酒の強い人」は、このALDH酵素の活性が強い人のことで、アルコール依存者の大半がこれに当てはまります。
また環境的な要因として、飲酒を始めた年齢が早い、親が未成年の子供の飲酒を容認する、などといった要素があります。
アルコールには耐性があるために飲み続けるうちに体が慣れ、量を増やしていかないと効果が現われなくなってきます。
つまり、早いうちからアルコールを摂取しているとアルコールの許容摂取量が増える可能性が高くなることになります。
さらにアルコールには依存性があります。
精神的にうれしいこと、辛いことなどがあると、何かにつけてアルコールを摂取する傾向が現われてきます。そのため希薄な家族関係、家庭不和、ストレスなどの精神的要因もアルコール依存症につながることが多いのです。

アルコール依存症の治療は、まず自分自身が現実を認識して禁酒するに限りますが、そのアルコールの依存的作用から難しいのが実情です。
従って、治療には「飲めない体質」にする抗酒剤、またはお酒を飲む気を起こさせなくする渇望抑制剤を用いるのが一般的です。

アンタビュース200mgは、服用することでお酒を飲めない人と同じ生体反応を起こさせる抗酒剤です。有効成分のジスルフィラムには肝臓中のALDH酵素を阻害する働きがあるため、アンタビュース200mg服用後にわずか少量でもアルコールを摂取すると体内のアセトアルデヒド濃度が上がり、5-10分で顔が紅潮し、熱感、頭痛、悪心、嘔吐などの症状が出てきます。
アンタビュース200mgには飲酒に対する渇望を抑制する働きがないためアルコール依存症の根本的原因は解決できませんが、精神療法との併用により効果を発揮します。

 

他の商品との比較

アンタビュース200mgの有効成分であるジスルフィラムと似た作用をする成分にシアナミドがありますが、ジスルフィラムの作用時間は6-14日間と長く、またシアナミドよりも抗酒作用が強いですが、シアナミドの方が速効性に優れているとされています。

デンマークでは、精神療法とジスルフィラムの併用で50-60%の人が完全あるいは相当程度まで社会性を取り戻せたとの統計もあり、さらにジスルフィラムを服用した治療完了後も、1年以上禁酒を継続している人が6%、ほかにもほとんどの人において飲酒量の激減、減少が見られているとの報告がされています。

ジスルフィラムは、日本では既に1950年代から抗酒剤として導入されており、現在は粉末剤としてノックビン(田辺三菱製薬)の名前で販売されています。
また海外では、Abstensil、Abstinil、Abstinyl、Accel Tet、Akrochem Tetd、Alcophobin、Alk-Aubs、Ancazide Et、Antabus、Antadix、Antaenyl、Antaethan、Antaethyl、Antaetil、Antalcol、Antetan、Antethyl、Antetil、Anteyl、Anthethyl、Anti-Ethyl、Antianethan、Anticol、Antietanol、Antietil、Antikol、Antivitium、Aversan、Averzan、Bonibal、Contralin、Contrapot、Cronetal、Dicupral、Disetil、Disulfan、Disulfram、Ekagom Dtet、Ekagom Teds、Ekaland Tetd、Ephorran、Epenal、Esperal、Etabus、Ethyl Thiram、Ethyl Thiudad、Ethyl Thiurad、Ethyl Tuads、Ethyl Tuads Rodform、Ethyl Tuex、Ethyldithiourame、Ehyldithiurame、Ehyl Tuex、Exhoran、Exhorran、Gababentin、Hoca、Krotenal、Nocbin、Nocceler Tet、Noxal、Perkacit Tetd、Perkait Tetd、Refusal、Ro-Sulfiram、Sanceler てt、Soxinol Tet、Stopaethyl、Stopethyl、Stopety、Stopetyl、Super Rodiatox、TTS、Tenurid、Tenutex、Tetidis、Tetradin、Tetraetil、Teturam、Teturamin、Thiocid、Thiophos、Thioscabin、Thireranide、Tillram、Tiuramなどの名前で販売されています。

 

特別な注意

【重要な基本的注意】
・服用前に、アルコールの体内残留の有無の確認してください。

・アンタビュース200mgの服用中は、医師の指示によらないアルコール摂取はしないでください。

・アンタビュース200mgの服用中は、アルコールを含む食品(奈良漬など)の摂取や、アルコールを含む化粧品(アフターシェーブローションなど)の使用を避けてください。

・アンタビュース200mgの服用中開始後1週間は飲酒試験を行なわないでください。

・アンタビュース200mgの服用中は、定期的に肝機能検査を受けてください。

・アンタビュース200mgの服用中は、眠気、注意力、集中力、反射運動能力などの低下が起こることがあるので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事しないように注意してください。

以下の場合、アンタビュース200mgを慎重に服用してください。
・肝障害のある人: 肝障害が悪化するおそれがあります。

・腎障害のある人: 腎排泄の抑制により副作用が強く現われることがあります。

・てんかんなどのけいれん性疾患またはこれらの既往歴のある人: けいれんを誘発することがあります。
・脳器質障害のある人: 脳障害が悪化するおそれがあります。

・糖尿病の人: 動物実験でジスルフィラム-アルコール反応により血糖降下作用が見られるとの報告があります。
・甲状腺機能低下症の人: 動物実験で甲状腺機能低下作用が報告されています。
・アンタビュース200mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人

・ジギタリスを服用している人: ジスルフィラム-アルコール反応時に血中カリウム値の低下が報告されています。

以下の場合、アンタビュース200mgを絶対に服用しないでください。
・重篤な心障害のある人: 原疾患が悪化するおそれがあります。

・重篤な肝・腎障害のある人: 原疾患が悪化するおそれがあります。

・重篤な呼吸器疾患のある人: 原疾患が悪化するおそれがあります。

・妊婦または妊娠している可能性のある人: 安全性が確立していません。

一般に生理機能が低下しているため、高齢者は減量するなど注意してください。

ジスルフィラムによる治療中、原因不明の突然死が報告されています。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とアンタビュース200mgを、絶対に併用しないでください。
・アルコールを含む医薬品(エリキシル剤、薬用酒など)、アルコールを含む食品(奈良漬など)、アルコールを含む化粧品(アフターシェーブローションなど): 急性アルコール中毒症状(顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、めまい、呼吸困難、視力低下)が現われます。

以下の薬剤とアンタビュース200mgを併用する場合、充分に注意してください。
・テオフィリン、フェニトイン、エトトイン、バルビツール酸系化合物、抗凝血剤(ワルファリンなど)、ジギタリス製剤(ジゴキシンなど): これらの医薬品の作用を増強することがあります。

・イソニアジド、メトロニダゾール: 精神症状が現われることがあります。

・リトナビル: 急性アルコール中毒症状(顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、めまい、呼吸困難、視力低下)が現われます。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

アンタビュースを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

・主な副作用
抑うつ、情緒不安定、幻覚、錯乱、せん妄、頭痛、めまい、耳鳴、眠気、睡眠障害、発疹、手根管症候群、多発性神経炎(長期服用の場合)、末梢神経炎(長期服用の場合)、視神経炎(長期服用の場合)、食欲不振、下痢、腹痛、腹部緊張感、便秘、倦怠感、陰萎、熱感、関節炎など

・極稀に起こる重篤な副作用
見当識障害、記憶障害、錯乱、肝機能障害、黄だん など

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-11-17
アルコール依存症の治療薬がHIVにも効果があるかもしれない(【Medical News Today】より) - オーストラリアにあるメルボルン大学の研究者による新しい研究結果によると、ジスルフィラムと呼ばれるアルコール依存症の治療薬が、私たちをHIV治癒に近付けてくれる可能性があるかもしれない。研究の主導者であるメルボルンの.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-04-08
アルコール依存症治療薬がマウスの中皮腫を縮小(キャンサー・マンスリーより) - アルコール依存症の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)に認可された薬剤が、悪性胸膜中皮腫(従来の治療法に反応しないことの多い浸潤性肺癌)を抑制する可能性があるとみられる。ジスルフィラム(商品名アンタビュー.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-04-02
ジスルフィラム:従来の依存症治療薬の新たな裏付け(EurekAlert!より) - 50年以上前に、アルコール依存症の治療目的で承認された初の薬がジスルフィラムであった。この薬はアルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドを阻害することによって、少なくとも部分的には役に立つ。体内のアセト.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-10-24
成人の脳腫瘍で最もよく見られるタイプの治療に抗酒薬が役立つ可能性(英国がん研究所より) - ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・キャンサーに今日(水曜)掲載された研究によると、60年以上の間アルコール依存症患者の治療に使用されている薬が、神経膠芽腫の治療に役立つかもしれない。神経膠芽腫は、成人の.... 続きを読む

2011-10-24
乳癌のメカニズム理解を目指す研究(ウェールズ・オンラインより) - ウェールズでは毎年約600人の女性が乳癌で死亡しています。乳癌防止月間のこの機会に、癌研究ウェールズ(Cancer Research Wales)がどのように乳癌に必須の研究に資金提供しているかを、リー・キャンベル(Lee Campbell)が説明します。癌研究.... 続きを読む

2009-11-10
リーシュマニア症:顧みられない寄生虫感染症の治療薬を見つけるための新しい戦略(サイエンスデイリーより) - 独自に開発した全く新しい方法を使い、ピッツバーグ大学創薬チームとウォルター=リード陸軍研究所の研究者らは共同で、リーシュマニア症に対する治療効果が期待できる化合物を発見した。リーシュマニア症は寄生虫感染症で、世界で最も見過ごされてきた疾患の一つだと広く考えられている。今回の発見は本日付けでオンライン科学雑誌「PLoS Neglected Tropical Diseases」に掲載される。これらの治療薬候補はリーシュマニア寄生虫の生活環の特定の段階においてこの寄生虫の成長を阻害.... 続きを読む

2009-02-27
ホルモン薬でいつも素面(しらふ)?(ABCヘルスデイニュースより) - 普段は不妊治療や月経異常の治療に用いられている薬にアルコール依存症治療効果がある可能性がある、と新しい研究報告にある。カリフォルニア大学の研究者は、アルコール依存症のあるラットにカベルゴリン(Dostinex)を注射したところ、そのラットのアルコール摂取量が減り、嗜癖行動に改善がみられ、アルコール依存症再発の可能性も低くなる.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。