アーモトラズ (アナストロゾール) 1mg

2320 円!! アロマターゼ酵素の働きを阻害し、がん細胞の増殖を促進するエストロゲンの生成を抑制!再発率予防効果が高く、副作用が少ない閉経後乳がん治療薬!アリミデックスのジェネリック薬!

Armotraz (Anastrozole) - 1mg (10 Tablets)

■ 10錠

この商品は必ず女性名義でご注文ください。

(男性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:2320 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アナストロゾール(Anastrozole)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日1錠を経口服用します。
進行性乳がんの場合は、腫瘍進行まで服用し続けてください。

 

商品詳細

アーモトラズ1mgは、主に閉経後のエストロゲン受容体陽性、およびエストロゲン受容体不明乳がんに優れた効力を発揮する薬で、がん細胞の増殖を抑制する薬です。

乳がんは乳房組織に発生するがんで、年齢とともに増加する傾向があり、日本人の場合25-30人に1人が発症すると言われています。
主な要因として、妊娠・出産歴がない、母乳を与えない、初経年齢が低い、閉経年齢が高い、飲酒や喫煙などの生活習慣などが挙げられますが、性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が関係している場合もあります。

女性は性ホルモンとして、エストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)を男性より多く持っていますが、中でもエストロゲンはエストロゲン受容体(ER)と呼ばれる物質と結合することによって、乳腺や腺房の発達を直接的に支配し、育児のための乳汁をつくる機能を整えるなど、女性を女性らしく保つ役割を持っています。
しかし 閉経後は卵巣機能が衰えてエストロゲンがつくられなくなるため、その代わりに副腎で作られる男性ホルモンであるアンドロゲンが、脂肪などにあるアロマターゼという酵素によってエストロゲンに変換されるようになります。

エストロゲンが急速に減ると、分泌量が減る一方のエストロゲンを少しでも多く受け止めようと、乳管上皮細胞でエストロゲン受容体が増えます。
この受容体と結びついたエストロゲンにより発生、進行する乳がんのことを、エストロゲン受容体陽性(ホルモン受容体陽性)乳がんと呼びます。

エストロゲン受容体陽性乳がんはホルモンに依存して増殖する特徴があるため、エストロゲンの分泌や働きを妨げることでその進行を著しく遅らせることができるとされています。
そこでアロマターゼの働きを阻害し、エストロゲンに変換できないよう働かける役目を持つ薬が、アロマターゼ阻害剤であるアーモトラズ1mgです。

アーモトラズ1mgの有効成分であるアナストロゾールは、アンドロゲンがアロマターゼと結合する部位に結合し、アンドロゲンがアロマタ-ゼと結合することを不可能にします。
このことによって、アンドロゲンからエストロゲンへの変換が阻害され、結果として受容体へ結合するエストロゲンの産生が抑制されることからがん細胞の増殖が阻害されます。

アーモトラズ1mgのように直接がん細胞へ作用せず、がんの増殖を促進するホルモンの作用を妨げてがんの進行を抑える治療法をホルモン療法と言います。
海外で行なわれた臨床試験の報告によると、アナストロゾールはアロマターゼ活性の約96%を阻害したとの結果が出ています。

なお最近の研究報告によると、閉経後ホルモン感受性陽性乳がんの人では、従来の乳がん治療薬の主流であるタモキシフェンを2-3年服用した後に、アナストロゾールを含むアロマターゼ阻害剤に切り替えた場合、奏効率および副作用において有意に優れているという結果が出ています。

 

他の商品との比較

強力かつ選択的なアロマターゼ阻害作用を持っています。

ホルモンレセプター陽性の病性進行までの期間を延長します。

乳がん再発リスクを低下させます。

ホルモンレセプター陽性において、対側乳がん発生リスクを低下させます。

従来の乳がん治療の主流であったタモキシフェンよりも閉経後乳がんの再発や死亡リスクを有意に抑えるという報告があります。

アナストロゾールを有効成分とした薬は、日本ではアリミデックス(アストラゼネカ)、また海外ではAnabrez、Anastrole、Arimidexなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、アーモトラズ1mgを絶対に服用しないでください。
・妊婦または妊娠している可能性のある人
・授乳婦
・アーモトラズ1mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人

【慎重服用】
・重度の肝・腎障害のある人: アーモトラズ1mgの重度の肝・腎障害の人における安全性は確立していません。

【重要な基本的注意】
・アーモトラズ1mgの特性ならびに使用経験がないことを考慮して閉経前の人の使用は避けてください。
・アーモトラズ1mgは内分泌療法剤であり、がんに対する薬物療法について充分な知識・経験を持つ医師のもとで、アーモトラズ1mgによる治療が適切と判断される人についてのみ使用してください。
・アーモトラズ1mgの服用によって、骨粗鬆症、骨折が起こりやすくなるので、骨密度などの骨状態を定期的に観察することが望ましいとされています。

一般に高齢者では生理機能が低下しており、副作用が現れやすいので慎重に服用してください。

妊娠中の服用に関する安全性は確立していません。

授乳中の人の服用に関する安全性は確立していません。

アナストロゾールとの関連性は明確ではありませんが、臨床試験において無力症や傾眠などが報告されているので、自動車の運転や機械の操作には注意してください。

アナストロゾールとの関連性は明確ではありませんが、臨床試験において血栓塞栓症が報告されています。

 

他の薬との併用

更年期障害の治療としてホルモン補充療法を受けている場合、その作用がアナストロゾールと相反するものであるため、治療を同時進行することはしないでください。

タモキシフェンはアナストロゾールの作用を減弱させる可能性があります。

ブセレリン、ゴセレリン、リュープロレリン、トリプルレリンといったゴセレリン(ホルモン抑制剤)と併用した場合の安全性は確立されていません。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

アーモトラズ1mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
ほてり、頭痛、倦怠感、無力症、疲労、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、γ-GTP上昇、ビリルビン上昇、嘔気、食欲不振、嘔吐、下痢、傾眠、手根管症候群、脱毛、発疹、皮膚血管炎、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病、関節痛、硬直、骨折、関節炎、骨粗鬆症、骨痛、弾発指、性器出血、膣乾燥、白血球減少、好中球減少、高コレステロール血症

●極稀に起こる重篤な副作用
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、アナフィラキシー様症状、血管浮腫、じんましん、肝機能障害、黄だん

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-06-06
初期乳がんにおける再発予防にはタモキシフェンよりもアナストロゾールが有効(【Cancerconnect.com】より) - 非浸潤性乳管がん(DCIS)として知られる一般的な乳がんには、タモキシフェンよりもアリミデックス(アナストロゾール)の方がよりよい再発予防効果をもたらす可能性があるようだ。この結果は2015年米国臨床腫瘍学会の年次総会.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-12-12
SABCS:薬が高リスク女性の乳癌リスクを低減(ドクターズ・ラウンジより) - サンアントニオ(San Antonio)において12月10日~14日、年次サンアントニオ乳癌シンポジウム(San Antonio Breast Cancer Symposium)が開催されたが、そこで発表された調査によると、アナストロゾールは乳癌を発症するリスクが高い閉経後の女性におい.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-10-10
乳癌は発病前に阻止しましょう!(英テレグラフ紙より)) - 乳癌発症の家系的リスクが高い女性に対し、極めて有望な結果を伴う予防薬が投与されている。 続きを読む

2011-09-01
ご一緒に乳癌を過去のものにしませんか?(サイエンスネットワークより) - 国際乳癌介入試験(International Breast Cancer Intervention Study:IBIS-II)を実施する研究者らは、乳癌を予防するのに極めて有用となりうる試験への参加を女性に呼びかけて.... 続きを読む

2010-12-09
エキセメスタンは、ホルモン受容体陽性早期乳がんに対する、もう一つの第一選択補助療法であるかもしれない(サイエンスデイリーより) - エキセメスタンはエストロゲン産生を妨害するアロマターゼ阻害薬である。このエキセメスタンがホルモン受容体陽性早期乳がん手術後の閉経後女性に、もう一つの選択肢を与えてくれるかも.... 続きを読む

2008-09-02
乳癌治療薬は認知低下と関係あらず:研究より(ABCヘルスデイニュースより) - 以前の研究結果に反して抗癌剤アナストロゾールは認知能力に損傷を与えないことが判明した。アナストロゾールはタモキシフェンよりも閉経後の女性の乳癌再発を防ぐのに優れていると証明された。しかし、断面調査によるとアナトロゾールなどの内分泌治療法は、より低下した言語記憶力や認知処理に関係.... 続きを読む

2004-12-04
乳癌治療の進歩(BBCニュースより) - 高齢の早期乳癌女性には、現在のゴールドスタンダードとは別の薬剤を処方すべきであると専門家らは述べている。Lancet誌に掲載された5年データでは、閉経後女性の癌転移と再発を予防するには、アナストロゾールの方がタモキシフェンよりも優れていることが示されている。こうした女性患者には直ちにアナストロゾールを処方すべきであり.... 続きを読む

1999-09-16
乳がん治療薬は大いに期待できる(BBCニュースより) - 進行乳がんに罹った閉経後女性にとって恩恵となるかもしれない。ある医薬品が臨床試験で極めて有望な結果を出しているのだ。この薬はアナストロゾールといい、アリミデックスという商品名でゼネカ社(Zeneca)が販売しているが、現在の治療薬タモキシフェンの優位に疑問を投げかけることになるかもしれないと一部の科学者は考え... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。