がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-09-23

ソース(記事原文):メディカル・エクスプレス

イブプロフェンがなぜ癌増殖を食い止めるかもしれないか

メディカル・エクスプレス(2013年9月23日) ― 本学の薬学&薬理学部の科学者らによる最新の研究は、なぜ抗炎症薬であるイブプロフェンが特定の癌の増殖を食い止める可能性があるのかを示している。

イブプロフェンはNSAIDとして知られている薬物群の1つで、パラセタモールやアスピリンと並んで最も一般的に服用される非処方薬の一つであり、長期的に服用すると、前立腺癌、一部の大腸癌、その他のいくつかの癌を防ぐことができることを示す証拠がある。

多くの薬剤とは異なり、イブプロフェンはR-とS-として知られる2つの異なる形態で存在しうる。R体は非アクティブであり、S体のみが抗炎症特性を有する。しかし、人体はキラル反転として知られるプロセスを通じてR-イブプロフェンをS-イブプロフェンに変換することができる。科学者らは、これは癌との戦いに波及効果があるかもしれないと考えている。

これは、キラル反転を行う酵素であるα-メチルアシルアセチルCoAラセマーゼ(AMACR)が前立腺癌、一部の結腸癌、その他のいくつかの癌のレベルを増加させているからである。この最新の研究は、薬物の体内の処理は実際には酵素の正常な活性を減少させ、それが次に癌増殖を食い止めるという仮説を立てている。

この最新の論文に関わった学術チームには、マシュー・ロイド(Matthew Lloyd)博士、ティム・ウッドマン(Tim Woodman)博士、アンドリュー・トンプソン(Andrew Thompson)博士、マイク・スレッギル(Mike Threadgill)教授が含まれている。調査結果についてコメントして、ロイド博士は言った「ヒトのイブプロフェンのキラル反転の挙動は、少なくとも1970年代から知られている。しかし、今回初めて様々なステップを実行する特定のタンパク質が同定された」

「この研究は、シクロオキシゲナーゼ(COX)酵素を標的とすることで癌と戦う活性イブプロフェンを生成する最終的な酵素に焦点を当てている。この研究は、イブプロフェンがAMACRを標的とすることで癌とどのように戦うのかを我々が理解する一助ともなるだろう」

ロイド博士は付け加えた「この研究にはチームの学生メンバーが貢献してくれた。非常に喜ばしいことである」


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ブルフェン 400 (イブプロフェン)400mg (15錠) 110 円

- ブルフェン徐放剤(イブプロフェン)800mg (30錠) 1380 円

- ニューロフェン(ヌロフェン)風邪&インフルエンザ薬(イブプロフェン/塩酸プソイドエフェドリン)200mg/30mg (24錠) 1960 円