ウォン・トー・イック薬用マッサージオイル(メントール・クリスタル/カンファー・パウダー/ウィンターグリーン油)(50mL)

3580 円!! 血のめぐりをよくし、優れた鎮痛効果を発揮するマッサージオイル!1回数滴の使用でウソのように痛みが和らぎます!いざという時のために、常備しておくと何かと便利!

Wong To Yick Wook Lock Ointment (Menthol Crystal/Camphor Powder/Wintergreen Oil) (50mL)

■ 50mL

価格:3580 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

メントール・クリスタル(Menthol Crystal)

カンファー・パウダー(Camphor Powder)

ウィンターグリーン油(Wintergreen Oil)

 

製造国

香港

 

製造元

黃道益活絡油有限公司 (Wong To Yick Wood Lock Ointment )

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。


1. 患部にウォン・トー・イック薬用マッサージオイルを2-3滴垂らします。

2. 弱から強程度の力を入れ、親指で円を描くように15-20分マッサージします。過剰に力を入れないようにしてください。

3. 痛みが緩和するまで、1日3-5回繰り返します。


 

商品詳細

ウォン・トー・イック薬用マッサージオイルは、血のめぐりをよくすることで筋肉痛、関節痛、捻挫、頭痛などの痛みのほか、虫刺されや鼻づまりなども緩和する薬用マッサージオイルです。


細胞は、血液が運ぶ酸素や栄養により代謝をしているため、何らかの原因で血液の流れが悪くなると充分な栄養が届かず、正しい活動や代謝ができなくなって内臓や筋肉の機能不全が起こることがあります。また、血流が悪化して酸素不足や老廃物が蓄積すると、痛みを起こす発痛物質であるブラジキニンが発生し、それが脳に運ばれることでも肩こりや腰痛などの痛みを感じるようになります。


悪くなった血行を改善する方法には、食事や運動、生活習慣の改善などのほか、薬剤が使用されることもありますが、ウォン・トー・イック薬用マッサージオイルもそのひとつで、カンファー、メントール、ウィンターグリーン油など生薬を有効成分とした薬用マッサージオイルです。


ウォン・トー・イック薬用マッサージオイルの有効成分であるカンファーは、古くから防虫剤としても使用されている樟脳(クスノキ)から抽出されたオイルで、鎮静・リラックス効果のほか、呼吸器系・循環器系への刺激作用があり、鼻づまりや咳、気管支炎などの呼吸器系の不調緩和に効果が期待できます。さらに、血行促進作用や抗炎症作用、鎮痛作用があり、疲労回復やリウマチ、神経痛、関節炎、肩こり、腰痛、頭痛、便秘・下痢などの緩和にも幅広く利用されています。

また、もうひとつの有効成分であるメントールにはこれらと同様の作用のほかに、風邪やインフルエンザなどの感染症に対する抗菌・殺菌・抗ウイルス作用、風邪や花粉症による鼻づまりの解消にも役立つほか、精神的な緊張やイライラの緩和、心身をリラックスさせる鎮静効果、抑うつや無気力を改善する精神安定化作用、さらに眠気を覚ます覚醒作用など、神経系にも効果をもたらします。


これらの成分に加え、筋肉痛や神経痛などさまざまな痛みの緩和に対してすぐれた効果を発揮するウィンターグリーンから抽出した油を配合しています。ウィンターグリーンはツツジ科の常緑低木で、サリチル酸メチルという成分を90%以上含んでいますが、この成分は非常に強力な抗炎症や解熱鎮痛などのアスピリン様作用を持っており、湿布薬や鎮痛剤にも使用されています。またツンとするような刺激の強い香りは、心や脳を刺激し、気分転換やリフレッシュにも適しています。


ウォン・トー・イック薬用マッサージオイルは、使用により血行を改善することで、一時的な筋肉痛や関節痛などをはじめ、長期にわたる痛みに対してもすぐれた緩和効果を発揮します。


 

他の商品との比較

天然の成分を使用したマッサージオイルです。


各種痛みの緩和のほか、香りによるリラックス効果も期待できます。


優れた抗炎症・解熱鎮痛効果を持つウィンターグリーン油を配合しています。


 

特別な注意

【禁忌】

・ウォン・トー・イック薬用マッサージオイルの成分に対し、過敏症の既往歴のある人


【慎重使用】

・敏感肌の人


【使用上の注意】

・ウォン・トー・イック薬用マッサージオイルは外用薬です。

・目に入らないようにご注意ください。

・状況が悪化、または1週間以上症状が改善・消失しない場合、数日後に症状がぶり返す場合はウォン・トー・イック薬用マッサージオイルの使用を中止し、医師に診察を受けてください。

・傷口や皮膚が損傷している部分、炎症のある箇所には塗布しないでください。

・使用した部分を包帯などで密封しないでください。

・2歳以下の子供の使用については、医師に相談してください。

・使用により以下のような症状が起こった場合はただちに使用を中止し、医師の診察を受けてください:

1) 症状が悪化した場合

2) 7日経過しても改善が見られない場合

3) 2-3日内に再発した場合

4) 吐き気、嘔吐、皮膚の炎症、発疹などがみられた場合

・妊娠している人や授乳中の人に対する安全性は確立していません。


 

他の薬との併用

ウォン・トー・イック薬用マッサージオイルとほかの薬剤との併用に関する注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

過剰に塗布した分はティシュなどで拭き取るか、水などで洗い流してください。

 

服用し忘れた場合

特に問題ありません。

 

副作用

ウォン・トー・イック薬用マッサージオイル使用による副作用は特に報告されていませんが、使用により異常を感じた場合はただちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。