エクサイラー真菌治療ブラシ(乳酸エチル/酢酸)(7mL)

19290 円!! 爪を損なわずに爪真菌を退治!独自の技術で奥深くまで成分が素早く浸透し、組織を正常化することで真菌を退治します!一度に広範囲で塗布ができる便利なブラシタイプ!

Excilor Fungal Nail Solution(Ethyl Lactate/Acetic Acid)(7mL)

■ 7mL

価格:19290 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

酢酸(Acetic Acid)

乳酸エチル(Ethyl Lactate)

 

製造国

ベルギー

 

製造元

Chesapeake

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。


通常、1日朝と晩に使用します。


使用前に爪を清潔にし、ペディキュアなどは完全に落とします。

エクサイラー真菌治療ブラシを爪全体および爪の裏側に塗布します。


最低でも3ヵ月以上使用し、また爪が完全に元通りになるまで継続して使用することが推奨されています。


靴下や靴を履く前に、液剤を完全に乾かしてください。


塗布後、ペディキュアを使用しても問題ありませんが、次回の治療の前には落としてください。


新しい爪が伸びてきたら、すぐに爪切りで切ってください。


 

商品詳細

エクサイラー真菌治療ブラシは、爪水虫の症状を改善する「非」医薬品です。ブラシタイプなので塗りやすく、また独自の技術で有効成分が爪の内部に素早く浸透します。


皮膚糸状菌は、皮膚の角層、爪、髪の毛などを構成しているケラチンというたんぱく質を栄養として繁殖していくカビの一種で、この菌が原因で起こる皮膚感染症のひとつが白癬(はくせん)です。ケラチンの存在する部位であればどこにでも感染する可能性があり、例えば足に感染すれば水虫、体部ではタムシ、股間部の場合はインキンタムシで、頭部に感染すればシラクモなどと呼ばれます。別名・爪水虫とも呼ばれている爪真菌症(爪白癬)は、約60-80%がこの白癬が原因で起こり、中でも足の爪の感染は手の爪の感染より10倍多いとも言われています。


爪が白または黄色く濁る、ボロボロと欠ける、爪が厚くなる、爪の変形などを主な症状としますが、いずれも自覚症状がないために気づかなかったり、例え気付いたとしてもそのまま放置される場合がほとんどです。しかしそのまま治療をせずにいると、ほかの人に感染させたり、歩行時に激痛を感じるようになるだけでなく、糖尿病などで抵抗力が弱くなっている場合は合併症を引き起こす可能性もあります。


爪は硬い上に、白癬菌は爪の奥深くに潜んでいるため、市販の塗り薬などでは成分がほとんど浸透しません。また新しい爪に生え替わるまでに手では3-6ヵ月、足では6-10ヵ月と時間がかかるほか、例え一時的に症状が消えても、菌自体は爪に潜んで再発する可能性が高いことから、爪白癬を完全に治すには長期間にわたる治療が必要となります。


この爪水虫の治療に効果を発揮するのが、エクサイラー真菌治療ブラシです。乳酸エチルや酢酸など、医薬成分を含まない有効成分が爪の脂質を強化するだけでなく、ケラチンの合成に必要なコラーゲンの生成を促進する働きを持つビオチンを高めます。この働きにより、爪の内部pHを変化させて真菌の成長や爪の損傷を抑え、真菌感染に対して強い膜を与えることで爪の再構築を助け、真菌感染に対する抵抗力を高めます。


また爪水虫の場合、爪の中に白癬菌が潜んでいるため、爪内部への浸透力も必要となります。このエクサイラー真菌治療ブラシは、独自の「TransActive penetration technology」技術により、高い浸透効果を実現可能にし、またその有効性は、臨床試験により証明されています。


 

他の商品との比較

使いやすく、簡単に爪真菌の治療ができます。


爪全体の治療に適した設計です。


損傷した爪の表面全体を保護します。


爪を削り取りません。


 

特別な注意

【使用上の注意】

・エクサイラー真菌治療ブラシは外用です。

・目や粘膜に付着しないようにしてください。万一、付着した場合はたっぷりの水で充分に洗い流してください。

・アレルギー反応がみられた場合はただちに使用を中止し、医師の診断を受けてください。

・直射日光の当たらない場所で、室温で保管してください。

・使用後はキャップをしっかりとしめてください。

・治療後1ヵ月しても、新しく伸びてきた爪に改善がみられない場合は医師に相談してください。


 

他の薬との併用

ほかの薬剤とエクサイラー真菌治療ブラシとの併用に関する注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

過剰に塗布した分は拭き取るか、洗い流してください。その後、異常が生じた場合はただ知に使用を中止し、医師の診察を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときに使用してください。

 

副作用

エクサイラー真菌治療ブラシの使用による副作用は特に報告されていませんが、使用により異常が生じた場合はただちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。