エクスタン(エキセメスタン)25mg

6490 円!! 女性ホルモンの産出を抑え、閉経後乳がんの再発を抑制!タモキシフェンでは効果が現われなくなった人に!またタモキシフェンから切り替えることで、さらに優れた再発抑制効果を発揮!
注意:こちらの商品は細胞障害性(細胞毒性)薬を有する薬であるため、香港のヘルスデパートメントによって発送時に特別な表記をすることが義務付けられております。

XTANE (Exemestane) - 25mg (30 Tablets)

■ 30錠

この商品は必ず女性名義でご注文ください。

(男性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:6490 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

エキセメスタン(Exemestane)

 

製造国

インド

 

製造元

Natco

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常、初期および進行性乳がんの人は、1日1回1錠を食後に服用してください。

リファンピシンやフェニトインなどのCYP3A4誘因物質作用を持つ薬をエクスタン25mgと一緒に処方された場合、1日1回50mgを食後に服用するのがよいとされています。

 

商品詳細

エクスタン25mgは閉経後乳がんに対して、1日1回の服用で優れた抗腫瘍効果を現わす薬です。

日本における乳がんの患者数は、かつては欧米諸外国に比べて少ない傾向にありましたが、近年の生活様式や食生活の欧米化に伴い乳がんにかかる日本人は急増し、1995年以降には女性におけるがんの第1位となっています。一般に高齢になるほどがんの発生率が高くなるのに反して、日本人女性の乳がんの場合はエストロゲンレベルが下がる閉経年齢あたりで一度減少し、閉経後に再び少しずつ発生率が上がりはじめる傾向があるようです。

女性におけるがんの発症に深く関わっていると考えられているのが、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンです。本来は、体に丸みを帯びさせる、肌にはりをもたらすなど、女性を女性らしくさせる働きをし、閉経前は卵巣でつくられますが、閉経により卵巣の周期的機能が終了すると、今度は副腎から分泌される男性ホルモン(アンドロゲン)にアロマターゼという酵素が作用してエストロゲンをつくり出します。これに加え、肥満、遺伝、閉経前の飲酒や喫煙といった生活習慣などが関連することで、閉経後においても引き続き乳がんになる可能性は絶えることがありません。そのため、閉経後乳がんに対してはこのアロマターゼの働きを阻止してエストロゲン産出を抑えるのが有効と考えられ、そのための薬がアロマターゼ阻害薬であり、エクスタン25mgです。

エクスタン25mgはこのほかにも、乳がんの手術後に再発生を防ぐための術後補助療法にも使用されています。従来の術後補助療法では、タモキシフェンという薬が使用されるのが主流でした。このタモキシフェンはがん細胞のエストロゲン受容体に結合し、エストロゲンが持っている増殖刺激を遮断することでその働きを抑制する薬で、欧米では乳がんの術後補助療法として5年間のタモキシフェンの服用が推奨されています。しかしタモキシフェンは長期間服用することで子宮がんや血栓症のリスクが高まる可能性があり、また5年間服用と10年間服用を比較してもがんの再発抑制率に対して大きな差が現われないという問題がありました。
ところがエクスタン25mgを含むアロマターゼ阻害薬を術後補助療法として使用した場合、子宮がんなどの副作用の報告はなく、さらにタモキシフェンでは効果が現われなくなった人に対しても、奏功率、生存率、進行までの期間のいずれの項目において良好な結果を示すことが認められています。

術後補助療法は高い効果が期待できる一方で、薬剤に対する耐性発現の問題があります。これは薬を服用し続けることによって体が慣れてしまうために、薬の効果が現われにくくなることを言います。実際、タモキシフェンを使用した術後補助療法の場合、服用後2-3年目あたりで耐性を得やすいとされているため、がん細胞の再発の可能性が増えてきます。
ところが最近の実験で、がん細胞が耐性を持つ前にアロマターゼ阻害薬の服用に切り替えるスイッチ療法を採用することで、がん細胞の再発率が有意に減ったとの結果が出ました。エクスタン25mgは、このスイッチ療法においても優れた効果を発揮する薬でもあります。

 

他の商品との比較

非可逆的なアロマターゼ阻害剤です。

抗エストロゲン剤耐性の閉経後進行・再発乳がんの人に対し、経口服用で優れた抗腫瘍効果を示したとの報告があります。

黄体ホルモン製剤との比較試験において、長期NCを含む有効期間、病勢進行までの期間、治療変更までの期間、生存期間に有意な延長が認められました。

閉経後乳がんの人を対象とした術後補助療法において、無病生存率および全生存率を改善しました。

閉経後転移性乳がんの人を対象とした第一次ホルモン療法において、有効性、忍容性が確認されています。

エキセメスタンを有効成分とした薬剤は、日本ではアロマシン(ファイザー)、エキセメスタン(日本化薬、テバ製薬、マイラン製薬)の名前で発売されています。

海外では、Aromasin、Exemestance、Exemastane、Exemestaneなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、エクスタン25mgを絶対に服用しないでください。
・妊婦または妊娠している可能性のある人: 安全性が確立していません。
・授乳中の人: 安全性が確立していません。
・エクスタン25mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人

【慎重服用】
・重度の肝障害のある人: エクスタン25mgの肝障害の人における長期安全性は確立していません。
・重度の腎障害のある人: エクスタン25mgの腎障害の人における長期安全性は確立していません。

【重要な基本的注意】
・エクスタン25mgはホルモン療法剤であり、がんに対する薬物療法について充分な知識・経験を持つ医師のもとで、エクスタン25mgによる治療が適切と判断される人のみ使用してください。
・エクスタン25mgは末梢アロマターゼを阻害することにより治療効果を発揮するものであり、活発な卵巣機能を有する閉経前の人ではアロマターゼを阻害する効果は不充分であると予想されます。また閉経前の人では使用経験がないことを考慮して、閉経前の人は使用しないでください。
・エクスタン25mgの服用によって、骨粗鬆症、骨折が起こりやすくなるため、骨密度などの骨状態を定期的に観察することが望ましいとされています。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とエクスタン25mgを併用する場合、充分に注意してください。
・エストロゲン含有製剤: エクスタン25mgの効果を減弱させる可能性があります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

エクスタン25mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
多汗、めまい、しびれ(感)、頭痛、知覚障害、ふらつき(感)、不眠(症)、抑うつ、不安、手根管症候群、傾眠、悪心、食欲不振、腹痛、嘔吐、腸管閉塞、のどの通過障害肝、胃もたれ感、心窩部痛(心窩部の疼痛)、下痢、肝機能異常、Al-P上昇、発疹、脱毛(症)、爪の変化、高血圧、動悸、低血圧、鼻出血、かぜ症候群、肺炎、膀胱炎、尿検査異常、不正(子宮)出血、帯下、ほてり、疲労、疼痛、体重減少、倦怠(感)、体臭、むくみ、関節痛、味覚異常、味覚障害、筋骨格痛、骨折、骨粗しょう症

●極稀に起こる重篤な副作用
肝炎、肝機能障害、黄だん

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-07-21
ER陽性乳がんに対するエキセメスタンの長期ネオアジュバント療法で結果が改善(ヒーリオより)― 多施設共同第II相試験の結果によると、ER強陽性の閉経後乳がん女性にエキセメスタンのネオアジュバント療法を6カ月行ったところ、治療の3カ月時点よりも終了時のほうが結果は優れていたという。ネオアジュバントと.... 続きを読む

2014-06-04
エキセメスタンは乳癌の再発を防ぐことができる(FIGOより)― 米国臨床腫瘍学会(ASCO:American Society of Clinical Oncology)の年次総会で発表された新しい研究によると、エキセメスタンは閉経前女性の乳癌の再発予防に有効である可能性がある。現在、抗エストロゲン薬は閉経した女性にのみ処方されている.... 続きを読む

2014-01-03
乳がん治療薬エキセメスタンには紫外線の悪影響からあらゆる細胞を守る能力も(ヘルス&ビューティー・ニュースより) - ステロイド系のエキセメスタンは通常、乳がんがエストロゲンで成長するタイプの場合に使われる薬です。この薬はエストロゲン生成を妨げるだけでなく、紫外線や炎症の悪影響からあらゆる細胞を守ることが分かりました.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-09-03
エベロリムスがER陽性乳がんにおいて大きな勝利を果たす(腫瘍学レポートより) - エベロリムスとエキセメスタンを併用すると、ホルモン耐性でエストロゲン受容体陽性の進行乳がんの女性において非常に劇的にその病気が抑制されているので、このような患者の治療法の変革が期待されている。第III相BOLERO-2試験.... 続きを読む

2011-12-15
エベロリムスとエキセメスタンの併用が乳癌に有効(ドラッグ・ディスカバリー&ディベロップメントより) - エベロリムスとエキセメスタンの併用が、乳癌の治療として有望であることが明らかにされた。「閉経後のホルモン受容体陽性転移性乳癌患者において、エキセメスタン投与にエベロリムスを追加すると、癌を抑制できる期間が.... 続きを読む

2011-10-20
エキセメスタンによる高リスク女性の乳癌発症が減少(セントルイス・アメリカンより) - バッファロー大学(University at Buffalo)の研究者らが実施した国際的二重盲検無作為化第III相臨床試験の結果により、エキセメスタンが乳癌の高リスク閉経後女性において、リスクを有意に減少させることが示された。この試験結果は.... 続きを読む

2011-10-13
乳がん患者は薬を変更すると生存率が改善(サイエンティスト・ライブより) - ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー(Journal of Clinical Oncology)で本日発表されたインターグループ・エキセメスタン試験(IES: Intergroup Exemestane Study)の.... 続きを読む

2011-10-10
乳癌は発病前に阻止しましょう!(英テレグラフ紙より)) - 乳癌発症の家系的リスクが高い女性に対し、極めて有望な結果を伴う予防薬が投与されている。 続きを読む

2011-10-09
ピンクリボンを考える:乳癌治療を変える研究(デイリーインターレイクより) - 10月はピンクリボン月間と呼ばれています。地元の乳腺外科医メリッサ・フルバット博士(Dr. Melissa Hulvat)は、カリスペル地域医療センター(Kalispell Regional Medical Center)のバス乳腺センター(Bass Breast Center)で、革新的研究に関する情報の更新を始めました。また、それに伴い自身の診療業務.... 続きを読む

2010-12-09
エキセメスタンは、ホルモン受容体陽性早期乳がんに対する、もう一つの第一選択補助療法であるかもしれない(サイエンスデイリーより) - エキセメスタンはエストロゲン産生を妨害するアロマターゼ阻害薬である。このエキセメスタンがホルモン受容体陽性早期乳がん手術後の閉経後女性に、もう一つの選択肢を与えてくれるかも.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。