エゼラ・プラス・クリーム(トリペプチド/シムテックス-AS/異性化糖)(50g)

8140 円!! 肌が本来持っている保護作用を強化!適度な潤いを与えるだけでなく、かゆみも防ぐダブルの効果で、引っ掻きによる細菌など感染から子供をしっかりと守ります!ステロイドを含まないので安心!

Ezerra Plus Cream(Tripeptide / Simutex-AS / Saccharide Isomerate)(50g)

■ 50g

価格:8140 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

トリペプチド(Tripeptide)

シムテックス-AS(Simutex-AS)

異性化糖(Saccharide Isomerate)

 

製造国

マレーシア

 

製造元

HOE Pharmaceuticals

 

使用量

患部を清潔にし、かゆみや引っ掻き傷のある部分に1日2-3回塗布します。

指で、軽く拡げるように塗ってください。


感染の徴候(黄色味のかかった液体が出ている場合など)がみられる場合は、使用せずに医師の診察を受けてください。


 

商品詳細

エゼラ・プラス・クリームは、子供の肌に潤いを与えるだけでなく、肌が本来持つ保護作用を強化することで、かゆみや不快感を取り除きます。エゼラ・エクストラ・ジェントル・クレンザーやエゼラ・ローションと一緒に使用することで、より高い効果を発揮します。


皮膚は皮下組織、真皮、表皮の3層から成り立っており、真皮層で生成された皮膚が徐々に表面に押し上げられ、皮膚の外側部分である表皮となります。角質層と呼ばれる表皮のいちばん外側の部分は、爪や毛髪と同じたんぱく質の一種であるケラチンでできた20ミクロンほどの薄い層で、外の刺激から皮膚を守るだけでなく、角質間の水分を保持する天然の保湿成分を含んでいます。


一般に、生後3ヵ月くらいまでは皮脂の分泌が活発ですが、成長するにつれてその量は低下していきます。しかし子供の皮膚は、潤いを保つ天然保湿因子やバリア機能を保持する細胞間脂質がまだ少なく、空気の乾燥などにより角質が乾いてはがれやすいだけでなく、皮脂の分泌の低下により、皮膚の表面が乾燥した状態になります。さらに、ここに皮膚の新陳代謝機能や外界の刺激などが加わると乾燥が進み、かゆみや赤み、湿疹などができやすくなるため、刺激に弱い敏感肌になることがあります。


そこで、皮膚が持つ本来の防御作用を強化すると同時に潤いを与える3つの有効成分の働きにより、このような肌のトラブルを防ぐためにつくられたのがエゼラ・プラス・クリームです。有効成分のひとつであるトリペプチドは3個のアミノ酸で構成された物質で、肌の表皮の90パーセント以上を占めるケラチノサイト(角化細胞)の分化・促進を働き掛けることで細胞にエネルギーを与え、ターンオーバーを促す働きがあります。表皮細胞が活発になることでバリア機能を高め、皮膚の炎症や、細菌に対する微生物の防御システムを強化します。


さらに、サイトカインなどの炎症物質の発生を抑制し、かゆみ、炎症、発赤といった症状を引き起こすヒスタミンの放出を抑えるシムテックス-ASや、肌のたんぱく質であるケラチンと結合することで保湿を強化するユニークな成分の異性化糖が、皮膚が持つ天然の保湿因子と同じような潤いを肌に与え、乾燥によるかゆみなどを防ぎます。


なお、エゼラにはボディ・クレンザーのほかにボディ・クリームとボディ・ローションがあり、これらをトータルで使用することで皮膚を常に潤った状態に保ち、皮膚の保護作用の強化が期待できます。


 

他の商品との比較

子供の肌を、乾燥や炎症などから守ります。


肌が持つ本来のバリア機能を強化します。


敏感肌の人でも安心して使用できる成分からつくられています。


 

特別な注意

【禁忌】

・エゼラ・プラス・クリームの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【使用上の注意】

・お肌に異常を感じた場合は直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

・洗顔の際は強くこすらず、やさしく包み込むように行なってください。

・30℃以下の場所で保管してください。


 

他の薬との併用

エゼラ・プラス・クリームとほかの薬剤との併用に関する注意は特に報告されていませんが、併用後に異常があらわれた場合は直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

 

誤って大量に服用した場合

問題ありません。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

エゼラ・プラス・クリームの使用による副作用は特に報告されていませんが、異常があらわれた場合は直ちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。