高血圧 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2015-03-16

ソース(記事原文):臨床アドバイザー

エナラプリルと葉酸の併用が脳卒中リスク低下に関連

臨床アドバイザー(2015年3月16日) ― エナラプリルと葉酸を併用投与した群では、初回虚血性脳卒中リスクと、心血管死・心筋梗塞・脳卒中からなる複合的心血管イベントのリスクが低下した。

ヘルスデー・ニュース ― エナラプリルと葉酸の併用が高血圧患者における初回脳卒中リスクの低下につながるという研究結果が、アメリカ医師会機関紙(Journal of the American Medical Association:JAMA)に掲載された。

中国北京の北京大学第一医院(Peking University First Hospital)に所属するヨン(Yong Huo)博士らは、脳卒中の77%は初回発症によるものであるため、一次予防が重要となるが、「データの不足や矛盾により、脳卒中の一次予防としての葉酸の有効性について不確実性が残る」と指摘している。

エナラプリルと葉酸の併用が、初回脳卒中の減少において、エナラプリル単剤よりも効果的であるかどうかを検討するため、本研究者らは、脳卒中及び心筋梗塞の病歴のない高血圧成人患者20,702人を対象とするランダム化試験を実施した。被験者をエナラプリルと葉酸を含有する配合剤を投与する群(10,348人)又はエナラプリル錠剤のみ投与する群(10,354人)に無作為に割り付けた。

治療期間中央値4.5年間で、エナラプリル+葉酸投与群で、エナラプリル単剤群と比較して、初回脳卒中リスクの有意な軽減が認められた(2.7% 対 3.4%、ハザード比0.79)。また、エナラプリル+葉酸投与群では、初回虚血性脳卒中リスク(ハザード比0.76)と、心血管死・心筋梗塞・脳卒中からなる複合的心血管イベントリスク(ハザード比0.80)の低下も認められた。出血性脳卒中、心筋梗塞、総死亡の各リスクにおいて有意な群間差はみられなかった。

「この結果は、治療開始前の葉酸値が低い高血圧成人患者における葉酸投与時の有益性と一致している」と本研究者らは結論づけている。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- エンバス (マレイン酸エナラプリル) 10mg (15錠) 340 円

- アポ・フォリック (葉酸) 0.8mg (1000錠) 3130 円

- アポ・フォリック (葉酸) 5mg (500錠) 1890 円

- メネビット/メンエビット  (30錠) 3580 円

- ヨード配合エレビット・マルチ(ビタミン/ミネラル/ヨード) (30錠) 3860 円

- エシックス・エナラプリル(マレイン酸エナラプリル)5mg (100錠) 850 円

- チェラフェラ(セラフェラ)・フォルテ (30カプセル) 2680 円

- エシックス・エナラプリル(マレイン酸エナラプリル)10mg (100錠) 1280 円