オゾール(フルコナゾール)200mg

2980 円!! 主にカンジダ症、クリプトコッカス症に対して優れた臨床効果!1日1回の服用で効き目が現われる深在性真菌症治療剤!女性の感度がアップする作用あり、との声も!ジフルカンのジェネリック薬!

Ozole (Fluconazole) - 200mg (28 Capsules)

■ 28カプセル

価格:2980 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

フルコナゾール(Fluconazole)

 

同一成分含有商品

フルコナゾール(ダイフルカンジェネリック) 150mg (1カプセル) 320 円
Fluconazole - 150mg (1 Capsule)

フルコナゾール(ダイフルカンジェネリック) 200mg (28カプセル) 7910 円
Fluconazole - 200mg (28 Capsules)

フルコナゾール(ダイフルカンジェネリック) 50mg (28カプセル) 3580 円
Fluconazole - 50mg (28 Capsules)

フォルカン(フルコナゾール)150mg (1錠) 340 円
Forcan (Fluconazole) - 150mg (1 Tablets)

フォルカン(フルコナゾール)200mg (4錠) 1520 円
Forcan (Fluconazole) - 200mg (4 Tablets)

フォルカン(フルコナゾール)50mg (4錠) 710 円
Forcan (Fluconazole) - 50mg (4 Tablets)

ダイフルカン(ジフルカン)・ワン(フルコナゾール)150mg (1カプセル) (1カプセル) 3320 円
Diflucan One (Fluconazole) - 150mg (1 Capsule)

フルカゾール(フルコナゾール)150mg (1カプセル) 2530 円
Flucazole 150 (Fluconazole) - 150mg (1 Capsule)

ゾコン・トランスジェル(フルコナゾール)0.5% (15gチューブ) 490 円
Zocon Transgel 0.5% (Fluconazole) - 0.5% (15gm Tube)

ゾコンTキット (フルコナゾール/チニダゾール) - 150mg/1000mg (2錠/1錠) 440 円
Zocon T Kit (Fluconazole/Tinidazole) - 150mg/1000mg (3 Tablets)

ゾコン点眼液 (フルコナゾール) 0.3% (5ml) 660 円
Zocon Eye Drop (Fluconazole) - 0.3%w/v (5ml)

オゾール(フルコナゾール)50mg (28カプセル) 1280 円
Ozole (Fluconazole) - 50mg (28 Capsules)

オゾール(フルコナゾール)150mg (1カプセル) 290 円
Ozole (Fluconazole) - 150mg (1 Capsules)

オゾール(フルコナゾール)200mg (28カプセル) 2980 円
Ozole (Fluconazole) - 200mg (28 Capsules)

トリフルカン(フルコナゾール)100mg  (7カプセル) 3500 円
Triflucan (Fluconazole) - 100mg (7 Capsules)

ゾラックス(フルコナゾール)100mg (7カプセル) 2400 円
Zolax (Fluconazole) - 100mg (7 Capsules)

 

製造国

オーストラリア

 

製造元

Ranbaxy

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

【成人】
・クリプトコッカス髄膜炎
初回服用量として400mg、その後は1回200-400mgを1日1回、6-8週間経口服用します。症状により服用期間を延長することがありますが、1日の最大服用量は800mgまでとします。

・クリプトコッカス髄膜炎の再発抑制
1回200mgを1日1回、医師の指示があるまで経口服用します。

・コクシジオイデス症
1回200-400mgを1日1回、11-24ヵ月経口服用します。症状により服用期間の延長や、服用量を1回800mgまで増量することがあります。

・カンジダによる内部真菌感染
初回服用量として800mg、その後は1回400mgを1日1回、医師の指示があるまで経口服用します。

・口やのどの内膜、義歯性口内炎による粘膜感染
初回服用量として200-400mg、その後は1回100-200mgを1日1回、医師の指示があるまで経口服用します。

・口腔カンジダ
症状が出現した場所により、1回50-400mgを、医師の指示があるまで7-30日間経口服用します。

・口やのどの内膜の感染による粘膜感染の抑制
1回100-200mgを1日1回経口、または1回200mgを1日3回、医師の指示があるまで経口服用します。

・生殖器カンジダ
150mgを1回服用してください。

・膣カンジダの再発予防
3日ごとに1回150mg、合計3回(第1、4、7日目)服用後、週1回服用を6ヵ月間継続します。

・皮膚および爪の真菌感染症
感染の場所により、1日1回50mg、1週間1回150mg、1週間1回300-400mgを1-4週間(水虫の場合は最大6週間、爪の場合は感染した爪が生え替わるまで)のいずれかを適用します。

・カンジダ感染予防(免疫機能が弱く、正しく機能しない場合)
感染のリスクにある間、1回200-400mgを1日1回経口服用します。

【小児】
・カンジダによる口腔またはのど粘膜の感染
通常、初回のみ6mg/kg、その後は3mg/kgを1日1回経口服用しますが、服用量および服用期間は感染場所により異なります。

・クリプトコッカス髄膜炎、カンジダによる内部真菌感染
6-12mg/kgを1日1回経口服用します。

・カンジダ感染予防(免疫機能が弱く、正しく機能しない場合)
3-12mg/kgを1日1回経口服用します。

11歳以下の場合の最大服用量は、1日400mgとします。

【新生児】
・生後3-4週間
小児と同じ用量を2日ごとに服用しますが、最大服用量は48時間ごとに12mg/kgとします。

・生後2週間未満
小児と同じ用量を3日ごとに服用しますが、最大服用量は72時間ごとに12mg/kgとします。

 

商品詳細

オゾール200mgは、主に以下の治療および予防に使用される抗真菌薬です。

【適用】
・クリプトコッカス髄膜炎: 脳内の真菌感染
・コクシジオイデス症: 気管支肺系の疾病
・口腔粘膜: 口腔内、のどの感染および義歯性口内炎
・生殖器カンジダ: 女性器または男性器の感染
・皮膚感染: 水虫、たむし、いんきん、爪乾癬など

キノコ、酵母など、カビの仲間を総称して真菌と呼びます。胞子を撒き散らして繁殖するものが多く、真菌症はこの胞子を吸い込んだり体の表面に付着することで感染するため、真菌感染症は気管支や肺、皮膚から始まることが多いようです。
クリプトコッカスもそのひとつで、主にハトなどの糞で汚染された土壌や植物などに存在し、これを吸い込むことで感染します。このクリプトコッカスが血液から脳脊髄液に運ばれて発症するのがクリプトコッカス髄膜炎です。
多くの場合は倦怠感、疲労感、食欲不振などに続き、激しい頭痛、突然の発熱、嘔吐、記憶障害、昏睡などの主症状が現われます。致死率は12%と言われ、進行すると腎膜炎から脳炎に移行して、重篤な神経障害引き起こすこともあり、場合によっては難聴、まひ、てんかん、精神運動の発達遅滞などの後遺症が残ることもあります。

そのほか、カンジダのように口中、消化管、膣などに普通に生息している真菌もあります。クリプトコッカスもカンジダも、普段は人体に対して害を与えませんが、風邪、疲労、ストレスなど体力の低下をはじめ、ステロイドや抗生物質の使用のほか、エイズなどが原因となって抵抗力が落ちたり、女性では生理前などで黄体ホルモンの影響によって膣内が酸性になるなどホルモンバランスが崩れると発症し、感染症を引き起こすことが多いとされています。

真菌は高等植物や原生生物と同じように真核細胞でできており、エルゴステロールを主成分とした植物性の細胞膜に被われています。この細胞膜は外部の浸透圧から核を守る働きを持ち、真菌にとっては重要な役割を果たしていますが、細胞が細胞分裂によって増殖する際に、この細胞膜の合成を阻害するだけでなく、細胞膜の変化を起こして透過性、そのほかの真菌細胞膜の膜機能を障害することで活動を抑えるのが、オゾール200mgの有効成分であるフルコナゾールです。

「フルコナゾールは真菌性の感染症を防ぐ目的で開発されたが、副産物として、女性機能の改善・不感症治療の効果がある」と、一部の個人輸入業者ではフルコナゾールを「女性のためのバイ・ ・ラ」として宣伝・販売していることもありますが、現在のところ販売元であるファイザーは、その効果を否定しています。

 

他の商品との比較

トリアゾール系の深在性真菌症治療剤です。

生体内では代謝を受けにくく、活性を有する未変化体として存在し、主に尿中に排泄されます。

血漿たんぱく結合率が低く、また血中半減期が長いとされています。

髄液をはじめとする体液、組織への移行が良好です。

カンジダ症およびクリプトコッカス症に対して、優れた臨床効果を示します。

耐性を獲得しにくいとされています。

フルコナゾールを有効成分とした薬剤にはカプセルのほか、注射液などがあり、日本ではフルコナゾール(沢井製薬、東和薬品、日本ジェネリック、共和薬品、マイラン製薬、協和発酵キリン、日医工、日医工ファーマ、富士製薬)、フルカジール(日本ジェネリック、長生堂)、ジフルカン(ファイザー)、ニコアゾリン(イセイ)、ビスカルツ(扶桑薬品、旭化成ファーマ)、フラノス(大正富山医薬品、富山化学)、フルカード(大洋薬品)、フルゾナール(サンド)、フルタンゾール(ニプロファーマ、日本ケミファ)、プロジフ(ファイザー)、ミコシスト(塩野義製薬、高田製薬)の名前で発売されています。

海外では、Biocanol、Biozolene、Diflucan、Elazor、Flucazol、Flucostat、Flukezol、Flunizol、Flusol、Pritenzol、Triflucanなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、オゾール200mgを絶対に服用しないでください。
・次の薬剤を使用中の人: トリアゾラム、エルゴタミン、ジヒドロエルゴタミン、キニジン、ピモジド
・オゾール200mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・妊婦または妊娠している可能性のある人

【慎重服用】
・薬物過敏症の既往歴のある人
・腎障害のある人: 血中濃度が持続するので、服用量を減ずるか、服用期間をあけて使用してください。
・肝障害のある人: 肝障害を悪化させることがあります。
・心疾患または電解質異常のある人: 心室頻拍(Torsades de pointesを含む)、QT延長、心室細動、房室ブロック、徐脈などが現われることがあります。

【重要な基本的注意】
・腎障害のある人が服用する場合、服用前にクレアチニン・クリアランス試験を行ない、服用量および服用間隔に充分注意してください。
・オゾール200mgの服用に際しては適宜、血液検査、腎機能・肝機能検査、血中電解質検査などを行なうことが望ましいとされています。
・オゾール200mgの服用に際しては、アレルギー既往歴、薬物過敏症などについて充分な問診を受けてください。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・造血幹細胞移植の人における深在性真菌症の予防:
1.好中球減少症が予想される数日前から服用を開始するのが望ましいとされています。
2.好中球数が1000/mm3を超えてから7日間服用することが望ましいとされています。

オゾール200mgは主として腎臓から排泄されますが、高齢者では腎機能が低下していりうことが多いため高い血中濃度が持続するおそれがあるので、用量ならびに服用間隔に留意するなど慎重に服用してください。

催奇形性を疑う症例報告があるため、妊婦または妊娠している可能性のある人は服用しないでください。

母乳中に移行することが認められているので、授乳中の人はオゾール200mgの服用中は授乳を避けてください。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とオゾール200mgを、絶対に併用しないでください。
・トリアゾラム(ハルシオンなど): トリアゾラムの代謝遅滞による血中濃度の上昇、作用の増強および作用時間延長の報告があります。
・エルゴタミン(カフェルゴットなど)、ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴットなど): アゾール系抗真菌剤などのCYP3A4を阻害する薬剤とエルゴタミンとの併用により、エルゴタミンの血中濃度が上昇し、血管れん縮などの副作用を起こすおそれがあります。
・キニジン(硫酸キニジン)、ピモジド(オーラップ): これらの薬剤の血中濃度が上昇することにより、QT延長、Torsades de pointesを発現するおそれがあります。

以下の薬剤とオゾール200mgを併用する場合、注意してください。
・ワルファリン: プロトロンビン時間の延長および出血傾向(挫傷、鼻出血、消化管出血、血尿、下血など)の報告があります。
・フェニトリン、イブプロフェン: これらの薬剤の血中濃度上昇の報告があります。
・セレコキシブ: セレコキシブの血中濃度が上昇することがあります。オゾール200mgを使用中にはセレコキシブの服用を低用量から開始してください。
・ロサルタン: ロサルタンの血中濃度上昇、および活性代謝物であるカルボン酸体の血中濃度減少の報告があります。
・HMG-CoA還元酵素阻害薬(フルバスタチン)、アトルバスタチン、シンバスタチンなど: これらの薬剤の血中濃度が上昇することがあります。
・カルバマゼピン: カルバマゼピンの血中濃度が上昇し、悪心・嘔吐、めまい、複視などが発現したとの報告があります。
・ミダゾラム、エプレレノン: これらの薬剤の血中濃度上昇の報告があります。
・カルシウム拮抗薬(ニフェジピンなど)、ビンカアルカロイド系、抗悪性腫瘍薬(ビンクリスチン、ビンブラスチン)、エリスロマイシン: これらの薬剤の血中濃度上昇のおそれがあります。
・タクロリムス水和物、シクロスポリン: これらの薬剤の血中濃度上昇の報告があります。また併用により腎障害の報告があります。
・リファブチン: リファブチンの血中濃度・時間曲線下面積(AUC)上昇の報告があり、リファブチンの作用が増強するおそれがあります。
・リトナビル、サキナビル、オキシコドン: これらの薬剤の血中濃度・時間曲線下面積(AUC)上昇の報告があります。
・フェンタニル: フェンタニルの血中濃度上昇のおそれがあります。
・テオフィリン: テオフィリンの血中濃度上昇の報告があります。
・経口避妊薬: エチニルエストラジオール、レボノルゲストレルの血中濃度上昇の報告があります。
・スルホニル尿素系血糖降下薬(クロルプロパミド、グリベンクラミド、トルブタミドなど): スルホニル尿素系血糖降下薬の血中濃度上昇の報告があります。また併用により低血糖の報告があります。
・ナテグリニド: ナテグリニドの血中濃度・時間曲線下面積(AUC)上昇および血中濃度半減期の延長の報告があります。
・トレチノイン: 中枢神経系の副作用が発現するおそれがあります。
・ジアゼパム: ジアゼパムの血中濃度・時間曲線下面積(AUC)上昇および血中濃度半減期の延長の報告があります。
・シクロホスファミド: ビリルビンの上昇、クレアチニンの上昇の報告があります。
・アミトリプチリン、ノルトリプチリン: これらの薬剤の作用が増強するおそれがあります。
・ジドブジン: ジドブジンの血中濃度上昇の報告があります。
・リファンピシン: オゾール200mgの血中濃度の低下および半減期の減少の報告があります。
・三酸化ヒ素: QT延長、心室頻拍(Torsades de pointesを含む)を起こすおそれがあります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

オゾール200mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、LDH上昇、ビリルビン上昇、黄だん、発疹、剥脱性皮膚炎、吐き気、しゃっくり、食欲不振、下痢、腹部不快感、腹痛、口渇、嘔吐、消化不良、鼓腸放屁、頭痛、手足のこわばり、めまい、傾眠、ふるえ、BUN上昇、クレアチニン上昇、乏尿、低カリウム血症、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、高血糖、好酸球増多好中球減少、むくみ、発熱、倦怠感、熱感、脱毛、味覚倒錯

●極稀に起こる重篤な副作用
ショック、アナフィラキシー様症状、中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、血液障害、急性腎不全、肝障害、意識障害、けいれん、高カリウム血症、心室頻拍、QT延長、不整脈、間質性肺炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-04-26
フルコナゾールの妊婦へのリスクをFDAが調査(【MedPageToday】より) - 400-800mg以上の経口フルコナゾール(高用量と考えられる)を摂取した妊婦は奇形児の出産率が異常に高いという報告があることを、とあるデンマークの研究が最近発見した。現在、FDA(米国食品医薬品局)の警告表示には、妊娠中の膣内イースト菌感染症の.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2008-01-13
重度の感染症に対し、一昔前の抗真菌薬は未だに有効(ABCヘルスデイニュースより) - 命を落とす危険性もある真菌症の治療には、新しい抗真菌薬は勿論のこと、安く手に入る一昔前の抗真菌薬も有効であることが、最近行われた研究により判明した。健康な人々にとって真菌症は縁のないものであると思うが、何らかの疾患を患っている人や未熟児にとって.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。