オメガ・デイリー(オメガ3)1034mg(60カプセル)

15000 円!! 摂取しにくいオメガ3を手軽に補給!脳や細胞、血液などの健康維持に不可欠なDHAとEPAをバランスよく摂取できるサプリメントです!独特のくさみがほとんどない、飲みやすいサイズのカプセルが特徴!

Omega Daily (omega-3)1034mg(60 Capsules)

■ 60カプセル

価格:15000 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

オメガ3(Omega-3 )

 

製造国

オーストラリア

 

製造元

Blackmores

 

使用量

成人

1日1カプセルを食事と共に経口服用、または専門家から指示されたとおりに服用します。


子供(12歳未満)

服用は推奨されていません。


 

商品詳細

オメガ・デイリーは、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などを含む高質な魚油を主成分としたサプリメントです。動脈硬化・脳梗塞・脳卒中の予防・改善、中性脂肪の減少、アレルギー減少、ガンの予防、脳の活性化、視力回復、ホルモンバランスの調節などの効果が期待できます。


脂肪には、体内でつくることができず食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸がありますが、その主なものにオメガ6系とオメガ3系があります。このうち、リノール酸やアラキドン酸などのオメガ6系はコレステロール値の減少、アレルギー症状の緩和、生活習慣病の予防・改善などの効果を持ち、植物油や動物の脂に含まれることから現代の食生活では不足することはほとんどありません。ところが摂取についてはむしろ過剰傾向にある上、このオメガ6系の脂肪酸には免疫反応を激しくするほか、動脈壁にプラークをつくって血栓を形成しやすくする働きもあるため、過剰な摂取は心血管系の病気を増やすだけでなくガン発生のリスクを高めるとも言われており、その摂取量が問題になっています。


一方、くるみ、イワシやサンマ、サバなどの青魚、緑黄色野菜、豆類などに多く含まれているオメガ3系脂肪酸には、血液をサラサラにするエイコサペンタエン酸(EPA)や脳や神経組織の発育や機能維持に欠かせないドコサヘキサエン酸(DHA)などの種類があり、それぞれ善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を減らすなど、主に血液中の脂質濃度を下げるように働きます。
このオメガ3系脂肪酸にはオメガ6系脂肪酸と相反する作用があり、例えば出血が起こるとアラキドン酸由来のエイコサノイド(局所ホルモン)が増えて血液を固めようとするのに対し、血栓ができそうになるとEPA由来のエイコサノイドが作り出されて血液を流れやすい状態にします。また、アラキドン酸由来のエイコサノイドは炎症を増大させる働きがあるのに対してEPA由来のエイコサノイドは炎症を最小限にとどめる効果があります。


このように2つの脂肪酸はいずれも人間にとって必要な物質ではありますが、容易に摂取できるオメガ6に対してオメガ3は普段の食事から摂取することが難しく、オメガ3とオメガ6の理想的なバランスを維持することが難しいのが現状です。近年では厚生労働省でも「日本人の食事摂取基準(2010年版)」においてEPAおよびDHAを1日1000mg以上摂取することを推奨し始めるなど、オメガ3系脂肪酸の重要性が認知されるようになってきました。


この不足しがちなオメガ3系脂肪酸を効率よく摂取するための画期的なサプリメントがオメガ・デイリーです。世界中から集めた高品質の魚油を使用し、1カプセル中にEPA360mg、DHA240mgを含んでいるため、1日に必要なオメガ3系脂肪酸の60%をこの1カプセルでカバーできます。また界面活性剤は使用せず、独特の臭みもほとんどないので、服用しやすいのも特徴です。


また近年では、オメガ3系脂肪酸が気分障害や認知症、うつに対して有効性が示されたということで、精神疾患の分野でも注目され始めています。


 

他の商品との比較

標準的なフィッシュ・オイルの2倍のオメガ3を1カプセル中に含んでいます。


健康維持をサポートします。


魚を食べる機会の少ない人に最適です。


界面活性剤不使用で、ニオイもほとんどありません。


飲みやすいサイズのカプセルです。


良質なフィッシュ・オイルを使用しています。


EPAとDHAは正常な心臓の働きのために、またDHAは正常な脳機能と視覚を維持するために有用です。


 

特別な注意

【禁忌】

・オメガ・デイリーの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【慎重服用】

・心臓に疾患のある人

・心拍に異常のある人

・肝臓に疾患のある人

・降圧剤を服用している人

・ホルモンのバランスの悪い人、ホルモン補充療法を受けている人

・喘息の人

・炎症性大腸疾患の人


【使用に関する注意】
・定められた用量を超えないようにしてください。
・サプリメントを食事の代用として使用しないでください。
・服用中は規則正しい生活とバランスの取れた食生活を心掛けてください。
・小さな子供の手の届かない場所に保管してください。


 

他の薬との併用

【併用注意】

・抗炎症薬(イブプロフェン、アスピリンなど): 出血のリスクが増加します。

・抗凝固薬(ワルファリン、ヘパリンなど): 出血のリスクが増加します。

・イチョウ葉エキス、ニンニク、ノコギリヤシ: 出血のリスクが増加します。

・不溶性食物繊維: DHA、EPAを体外に排出することで吸収量が減ることがあります。

・カフェイン、タンニン: DHA、EPAの吸収を妨げることがあります。

・βカロチン: βカロチンの吸収を妨げることがあります。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

オメガ・デイリー服用による副作用は特に報告されていませんが、服用により異常があらわれた場合はただちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-11-02
オメガ3が強化の高オレイン酸キャノーラ油摂取が心臓血管疾患のリスクを低減(【News-Medical.Net】より) - グラナダ大学の科学者、CIDAF、そしてカナダのリチャードソン・センター機能性食品栄養補助食品研究所は、オメガ3が強化された高オレイン酸キャノーラ油の摂取が血中トリグリセリド濃度を大いに低下させたことを立証した。グラナダ大学.... 続きを読む

2016-09-19
オメガ3、オメガ6脂肪酸が読書能力を向上させる?(Medical News Today】より) - もし子供の読書能力に問題があるなら、家庭教師を雇うよりも、その解決方法として脂肪酸サプリが役立つかもしれない。このような結論を出したスウェーデンのヨーテボリ大学で行なわれた研究が『児童心理学精神医学ジャーナル』で発表.... 続きを読む

2016-09-15
特定の脂肪酸が女性の糖尿病リスクを上昇させるおそれ(【News-Medical.Net】より) - 新しい研究によると、特定の脂肪酸を多量に摂取する女性は、肥満指数(BMI)に関係なく2型糖尿病を発症するリスクが上昇するそうだ。この結果は、9月12日から16日にドイツのミュンヘンで開催された欧州糖尿病学会(EASD)で報告された。この研究の著.... 続きを読む

2016-08-03
オメガ3が心臓発作後の心臓障害と機能を改善(【MedicalNewsToday】より) - 一度でも心臓発作を起こすとその心臓は損傷を受けることがあり、さらにほかの心臓関係の問題を起こすリスクが上昇する。しかし新しい研究によると、毎日オメガ3を摂取することでこのリスクを低減することができるかもしれ.... 続きを読む

2016-06-28
オメガ3脂肪酸の血中濃度が心臓発作の致死的リスクの低減と関係(【News-Medical.Net】より) - 海産物と植物由来のオメガ3脂肪酸の血中濃度は、心臓発作による死のリスクの低下とやや関係があることが、本日『JAMA Internal Medicine』で発表されたスタンフォード大学医学部心臓血管内科のポスドク研究員であるリアナ・C・デルゴッボ博士と、ボストン.... 続きを読む

2016-06-28
妊娠中の高オメガ3食品の摂取は赤ちゃんの体重に影響なし(【News-Medical.Net】より) - ヨーロッパでは、10歳未満の学童の約3人に1人が肥満、もしそうでなくても過体重である。この事実に対する原因に関する調査において、母親の子宮内の胎児プログラムが、この「重大な問題」の潜在的な原因であるとして調査の対象.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。