その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2014-04-16

ソース(記事原文):ニュース・プレックス

オレンジ郡(米国)で昔ながらの薬剤を新たに救急救命薬剤として使用

ニュース・プレックス(2014年4月16日) ― クリス・シュテーバー(Chris Stover)著

この救急救命薬剤は、米国や世界中で数十年間も用いられているが、今回、オレンジ郡で新たな使用法が発見された。

オレンジ郡の消防・救急医療部門の副責任者トム・ジョイス(Tom Joyce)氏は「これまで使用されてきたのとは異なる方法でこれから用いられる」と述べている。「新薬ではない。『老い木は曲がらぬ』と言うが、それを覆すものである」

この薬剤名はトラネキサム酸(TXA)という。基本的に、血液が凝固するのを速める。

ジョイス氏は「一般の人にも分かるように言えば、『人間というパンクしたタイヤを直す』というようなものである」としている。つまり「漏れの修復であり、漏出血液の治療に役立つ」

自動車事故のような外傷の現場で非常に有用となる。

同氏は「疾患やその病状(重症度)が出血に起因するものであると考えるのが妥当であれば、直ちに本剤を投与する」と述べている。

オレンジ郡は、初めてトラネキサム酸を使用する地区の1つであり、本剤は普及し始めたところである。

ジョイス氏は「ごく近いうちに、この地域の他の医療機関や病院にも使用拡大されることが見込まれる」としている。

2010年に世界で多数の研究が実施されると、今まで主に手術前に使用されていた本剤に、新しい使用法が発見された。救急の第一出動者が、微量のトラネキサム酸を10分間にわたり静脈内投与すると、救命につながるという結果が得られている。

ジョイス氏は「我々は非常にわずかな情報で極めて重要な決断を素早く下す」としている。「極めて迅速に決断し、投与する。最高のタイミングを逃すと、最悪の事態を招きかねないが、投与しても患者に害を与えることはない」

本薬に副作用はなく、必要のなかった人に投与した場合でも有害ではない。また、今のところ、トラネキサム酸は比較的安価である。

ジョイス氏によると「それなりのステーキ2人分の価格……約100ドル(約1万円)で本剤が手に入る」という。

オレンジ郡の全ての救急車が本剤を常備している。救急隊員は未だ使用するような機会に遭遇していないが、本剤は最低でも7人中1人の命を救えることが明らかにされている。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- シクロカプロン(トランシーノジェネリック)500mg (100錠) 5740 円

- トラピック500(トランシーノジェネリック)500mg (10錠) 980 円

- トランサミン(トラネキサム酸)500mg (50錠) 3450 円