オーダバン足・靴用パウダー(塩化アルミニウム/マクロピペルエクセルスム葉エキス)(50g)

16100 円!! 足や靴の中のイヤなムレとニオイを最大で6ヵ月間解消するパウダー!靴の中にパウダーを入れるだけで、汗を細菌の繁殖をしっかり抑えます!これさえあれば靴を脱ぐのももうこわくない!

ODABAN Foot and Shoe Powder(aluminium chloride /Macropiper Excelsum Leaf Extract)(50g)

■ 50g

価格:16100 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

塩化アルミニウム6水和物(Aluminium chloride Hexahydrate)

マクロピペルエクセルスム葉エキス(Macropiper Excelsum Leaf Extract)

 

製造国

イギリス

 

製造元

MDM Healthcare

 

使用量

付属のスプーン1杯分のパウダーを両方の靴の中にまんべんなく振りかけ、そのまま靴を履きます。


連続して7日間、またはパウダーを使い切るまで使用することで、最大6ヵ月消臭効果を発揮します。


普段あまり履かない靴の場合は、靴を履くごとにパウダーを使用してください。

 

商品詳細

オーダバン足・靴用パウダーは、靴の中に振りかけるだけで、足と靴の両方のムレやニオイを最大で6ヵ月間無臭化するパウダーです。


病的に大量の汗をかく多汗症は、全身性多汗症と、手のひら、足の裏、わきの下などの部分的に症状が出る局所性多汗症に大きく分けることができます。中でも特に足の裏だけに汗をかく状態を足裏多汗症と言い、その原因は不安やストレスなど精神的なものから、ホルモンバランス、甲状腺といった病気までさまざまです。

この足の裏から出る汗は、皮膚にあるエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の管のうちエクリン汗腺から出ますが、その99%は水分であるため、本来はサラサラして無臭かつ透明です。ところが足の裏の表面の皮膚から剥がれ落ちる垢などが白癬菌やバクテリアによって分解されると、異臭を放つようになります。特に湿度90%以上、温度が30℃以上になると言われる靴の中は、これらの菌の繁殖に絶好の環境となっています。


これらの汗やニオイの対策には、靴の中敷きの利用、通気性のいい靴や靴下を履く、靴下をこまめに履きかえるなどがありますが、いずれも一時的な対処であったり、思ったような効果が出ないこともあります。これらの汗やニオイを、手軽な方法で元から防ぐことができる画期的な商品が「オーダバン足・靴用パウダー」です。付属のスプーン1杯分のパウダーを両方の靴の中にまんべんなく振りかけ、そのまま靴を履くだけで、最大で6ヵ月効果が持続します。


パウダーに含まれる有効成分の塩化アルミニウムは、防臭あるいは医療用の防汗剤としても利用されている成分で、塩化アルミニウムのアルミニウムイオンが汗の中に含まれる主にたんぱく質成分と結びつき、それが固まることで汗の出口である導管部に栓を形成して制汗作用を示します。足が汗をかかなくなることで靴の中のムレがなくなり、結果的にニオイの元となる菌の繁殖を抑えるだけでなく、ニュージーランドのマオリ族の間で薬草として知られるマクロピペルエクセルスム葉(Kawa-Kawa)から抽出したエキスなどの天然成分や、ウンデシレン酸亜鉛が残りの菌を退治することで、長期的に足と靴の中の細菌を抑え、イヤなニオイを防ぎます。

 

他の商品との比較

靴の中にパウダーをそのまま振りかけるだけで、足の汗や靴の中のニオイを最大で6ヵ月抑えます。


手間いらずで、気軽に防汗・防臭対策ができます。


有効成分の塩化アルミニウムがたんぱく質と合体して汗管に栓を形成し、汗を食い止めます。

 

特別な注意

【使用上の注意】

・オーダバン足・靴用パウダーの成分に対し過敏症の既往歴のある人

・使用開始のうちは一時的に刺激が起こることがあります。通常は減量や時間の経過とともに収まりますが、刺激が続くようであれば、ただちに使用を中止し、医師の診察を受けてください。

・妊娠中や授乳中でも使用することができます。

 

他の薬との併用

特に問題ありません。

 

誤って大量に服用した場合

特に問題ありませんが、気になる場合は洗い流すか、濡れたタオルなどで拭き取ってください。

 

服用し忘れた場合

特に問題ありません。

 

副作用

特に報告されていませんが、一度に大量に使用すると肌にかゆみや湿疹などが生じることがあります。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む