カフェルゴット (エルゴタミン/カフェイン)

6630 円!! 周期的に頭の片側が痛くなる片頭痛の治療薬!頭痛発作前に服用するから頭痛発作の進行を止めて頭痛を起こさない!

Cafergot (Ergotamine/Caffeine) - 1mg/100mg (100 Tablets)

■ 100錠

価格:6630 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

エルゴタミン(Ergotamin)

カフェイン(Caffein)

 

同一成分含有商品

カフェルゴット (エルゴタミン/カフェイン) (100錠) 6630 円
Cafergot (Ergotamine/Caffeine) - 1mg/100mg (100 Tablets)

グリーンティー・エキス (60カプセル) 1780 円
Green Tea Extract (Green Tea Extract/ Polyphenols/Catechins/Caffeine) - 250mg/249mg/200mg/4mg (60 Capsules)

パナドール錠「生理痛」(パラセタモール(アセトアミノフェン)500mg/カフェイン65mg)  (12錠) 1540 円
Panadol Menstrual (Acetaminophen500mg /Caffeine65mg) - 12 Caplets

パナドール錠「特効」(パラセタモール(アセトアミノフェン)/カフェイン)500mg/65mg  (30錠) 3180 円
Panadol Extra Advance(Paracetamol(Acetaminophen)/Caffeine))-500mg/65mg(30Tablets)

パナドール錠「特効」(パラセタモール(アセトアミノフェン)/カフェイン)500mg/65mg トルコ市場向け(24錠) (24錠) 830 円
Panadol Extra (ParacetamolCaffeine) - 500mg65mg (24 Tablets)(Turkey)

プラントゥア39植物性カフェインシャンプー(ヘアカラー・ストレスによるダメージヘア用)(カフェイン/パンテーノール/茶樹抽出物/水解小麦たんぱく)(250mL) (250mL) 5320 円
Plantur 39 Phyto-Caffeine Shampoo (Caffeine / Panthenol / Camellia Sinensis Extract / Hydrolyzed Wheat Protein) (250mL)

プラントゥア39コンディショナー(細く、傷みやすい髪用)(カフェイン/パンテーノール/茶樹抽出物/水解コムギたんぱく)(150mL) (150mL) 3850 円
Plantur 39 Conditioner (Caffeine / Panthenol / Camellia Sinensis Extract / Hydrolyzed Wheat Protein) (150mL)

プラントゥア39植物性カフェイントニック(パンテノール/カフェイン/PCA亜鉛/大豆種子抽出物)(200mL) (200mL) 6140 円
Plantur 39 Phyto-Caffeine Tonic(Panthenol / Caffeine / Zinc PCA / Glycine Soja Seed Extract)(200mL)

アクティベーター・エフ・エックス(ビターオレンジ/セイヨウシロヤナギ/ガラナ/ヒドロキシクエン酸塩複合体/バイオペリン/クロム酵母/カフェイン)(60カプセル) (60カプセル) 7400 円
Activator FX(Citrus aurantium Fruit (Bitter Orange) / Salix alba Bark (White Willow) / Paullinia cupana Seed (Guarana) / Hydroxycitrate complex / BioPerine (Black Pepper Extract) / Chromium Yeast / Caffeine)(60 Capsules)

ビタミンB12アイクリーム・プラス(ビタミンB12/ロサケンティフォリアウォーター/ヒアルロン酸/スクワラン/カフェイン/アラントイン/シアバター/ビタミンE/ビタミンC/ビタミンB3)(15mL) (15mL) 7800 円
Vitamin B12 Eye Cream PLUS (Vitamin B12 /Rosa Centifolia Flower Water/ Hyaluronic Acid/ Squalane/Caffeine/Allantoin/ Shea butter/ Vitamin E/ Vitamin C/ Vitamin B3) (15mL)

プラントゥア21ニュートリ・カフェインシャンプー(グリセリン/パンテノール/カフェイン/グルコン酸カルシウム/グルコン酸マグネシウム/PCA亜鉛/ナイアシンアミド/ビオチン)(250mL) (250mL) 5320 円
Plantur 21 Nutri-Caffeine Shampoo(Glycerin/ Panthenol/ Caffeine/ Sodium Citrate/ Citric Acid/ Calcium Gluconate/ Magnesium Gluconate/ Zinc PCA/ Niacinamide/ Biotin)(250mL)

プラントゥア21ニュートリ・コンディショナー(カフェイン/アボカドオイル/PCA亜鉛/ナイアシンアミド/オリーブオイル/ビオチン/パルミチン酸アスコルビル/酢酸トコフェロール)(150mL) (150mL) 3850 円
Plantur 21 Nutri Conditioner(Caffeine/ Calcium Gluconate/ Magnesium Gluconate/ Persea Gratissima (Abocado) Oil/ Zinc PCA/ Niacinamide/ Olea Europaea (Olive) Fruit Oil/ Biotin/ Ascorbyl Palmitate/ Tocopheryl Acetate)(150mL)

プラントゥア21ニュートリ・カフェインエリキシル(変性アルコール/グリセリン/パンテノール/カフェイン/PCA亜鉛/ナイアシンアミド/ビオチン)(200mL) (200mL) 6030 円
Plantur 21 Nutri-Caffeine Elixir (Alcohol Denat/ Glycerin/ Panthenol/ Caffeine/ Calcium Gluconate/ Magnesium Gluconate/ Zinc PCA/ Niacinamide/ Biotin) (200mL)

ナイシップ感冒薬(カフェイン/セチリジン/パラセタモール/ニメスリド/フェニレフリン)(10錠) (10錠) 220 円
Nicip Cold & Flu Tablet (Caffeine/ Cetirizine/ Nimesulide/ Paracetamol/ Phenylephrine) (10 Tablets)

ペタルフレッシュピュア・ヘアレスキュー・アルティメットシックニング・シャンプー(ナイアシン/パンテノール/ビオチン/カフェイン)(355mL) (355mL) 3380 円
PETAL FRESH Pure Hair Rescue Ultimate Thickening Shampoo (Niacin/ Panthenol/ Biotin/ Caffeine) (355 mL)

ペタルフレッシュピュア・ヘアレスキュー・シックニング・シャンプー(傷んだ髪用)(ナイアシン/パンテノール/ビオチン/カフェイン)(355mL) (355mL) 3380 円
PETAL FRESH Pure Hair Rescue Thickening Treatment Shampoo for Chemically Treated Hair (Niacin/ Panthenol/ Biotin/ Caffeine) (355 mL)

脱毛予防毛根活性シャンプー(リンゴ幹細胞/カフェイン/オタネニンジン根エキス/加水分解ダイズたんぱく/ビタミンE/ビタミンB5)(500mL) (500mL) 4910 円
Anti-Hair Loss Stimulating Shampoo (Apples stem cells/ Caffeine/ Panax ginseng root/ Hydrolyzed soy protein/ Viamin E/ Vitamine B5) (500mL)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Novartis Limited

 

使用量

カフェルゴットは激しい片頭痛の進行を止める薬です。頭痛発作の前駆症状、前兆症状が現れたらただちに使用するようにしてください。

大人:症状が現れた時点で2錠を服用します。
通常この服用量で効力があるとされていますが、個人によっては服用量を増やす必要がある場合も有ります。
ただし、1日の服用量は以下の量を超えないようにしてください。

【1日、或いは発症時の服用量】最高6錠までとされています。
【1週間の服用量】最高10錠までとされています。

「カフェルゴット」は12歳以下の子供には使用しないで下さい。

 

商品詳細

カフェルゴットは10代から40代によくみられ、日本人の約8%が罹患していると言われる片頭痛の治療薬です。

片頭痛は頭痛の一種で、発作的に頭の片側からこめかみにかけて脈を打つようにズキズキと痛む症状のことを指します。
片頭痛の誘発因子は人によってさまざまなため、現在のところでは特定されてはいません。
しかしながらストレスや、ストレスと密接に関連した肩こりがその誘発因子の一つなのではないかと考えられています。
頭の片側だけが痛むケースがほとんどですが、頭の両側で程度の違う痛みを経験したり、左右に変動する痛みを経験する人もおり、多くの人が発作時に吐き気や嘔吐などの不快感を訴えます。
片頭痛の発作は数時間から数日間持続し、平均して1カ月に1、2回の割合で発現するといわれていますが、ひどい人になると1週間に1,2回の頻度で発作を経験する人もいると言われています。
片頭痛罹患者には突然何の前触れもなく頭痛発作を発症する人もいますが、罹患者のうちの約25%の人は、頭痛発作が起こる前に目の前にチカチカと点滅した光が見えるといった前兆症状、気分や行動の変調や、又は頸筋、肩の張りといった前駆症状を経験します。

このような片頭痛は脳の収縮した血管が拡張する時に、血管付近に存在している痛覚受容器を刺激することによって発症すると、一般的には考えられています。 

カルフェゴットの有効成分であるエルゴタミンは交感神経の末梢を麻痺し、子宮の運動促進、血管収縮、血圧上昇などの作用をもつ麦角アルカロイドの一つです。
エルゴタミンは拡張した頭蓋内の血管に直接働き、拡張した血管を収縮させる作用があり、この作用が血管性頭痛の一つであると考えられている片頭痛(偏頭痛)の発作を停止させると考えられています。
このような血管拡張を阻害する薬理作用で、片頭痛の発作の進行を止めるため、血管が拡張する前、つまり頭痛発作の初期段階である前兆症状、前駆症状の時点で服用されるとその薬理作用を発揮します。
ただし、頭痛発現後にはその効力はほとんどありません。

カルフェゴットに含まれているカフェインには、片頭痛による直接の薬理作用はありませんが、エルゴタミンの腸での吸収を促進する働きがあります。

片頭痛の原因としてはこの血管拡張説他にも遺伝によるものとする説があります。
その他にも、女性のほうが男性の4倍もの罹患率があることから、女性ホルモンであるエストロゲンによるとされる説も存在しますが、現時点でははっきりとしたことは解明されておらず、研究が進められています。

 

他の商品との比較

カフェルゴットのようなエルゴタミンとカフェインを有効成分とする片頭痛の治療薬としてはクリアミンA錠、及びクリアミンS錠(日医工、日本ガレン)があります。海外ではポリゴットPoligot;(Plipharm)、Ergotamine Tartrate and Caffeine Tablets(Mikart)などがあげられます。

その他の片頭痛の代表的な治療薬としては、予防薬としてのβ受容体遮断薬でプロプラノールを有効成分とするインデラル錠(大日本住友製薬)、サワタールLAカプセル(沢井製薬)があります。進行を止める薬としては「カフェルゴット」の有効成分であるエルゴタミンのような麦角誘導体であるジヒドロエルゴタミンを有効成分としたジヒデルゴッド錠(ノバルティスファーマ)が知られており、鎮痛剤としては非ステロイド系抗炎症作用を持つアスピリンを有効成分とするバファリン(ライオン)などがしばしば用いられています。

 

特別な注意

カフェルゴットの有効成分であるエルゴタミンとカフェイン、及びそのほかの成分に過敏症の方はカフェルゴットのご使用をお避けください。
同様に、デセリル(Deseril)、ジヒテルゴット(Dihydergot)、エルゴドリル(Ergodryl)、エルゴメトリン(Ergometrine)、クリプトン(Kripton)、パーロデル(Perlodel)、シントメトリン(Syntometrine)などの麦角アルカロイドに対して過敏症の方においても、「カフェルゴット」の使用は禁忌とされています。
過敏症の症状として以下の症状があげられます。
・息切れ、喘鳴、呼吸困難
・顔、唇、舌などの腫れ
・発疹、そう痒、じんましん

薬品、食品、保存料、染料などに過敏症の方はカフェルゴットを使用する前に医師に相談してください。

エルゴタミンなどの麦角誘導体は子宮の収縮を促すために早産や、過強陣痛を引き起こす可能性があります。 
そのため妊娠中の方におけるカフェルゴット」のご使用はお避け下さい。

エルゴタミンは母乳中に排出され、乳幼児における嘔吐、下痢、心拍が弱くなる、血圧の変動などの症状をきたすことが報告されています。
従って、授乳中の方には「カフェルゴットのご使用をお避け下さい。

胸膜肺線維症、及び後腹膜線維症が、麦角アルカロイドを長期に渡って使用した患者に発現したことが報告されています。
また、麦角アルカロイドの長期使用は心臓弁膜線維症を引き起こす場合があります。

断続性のカフェルゴットの使用による血管収縮はめったに報告されていませんが、麦角中毒の発現を避けるために、カフェルゴットの服用量が超過しないように注意する必要があります。
麦化中毒は末梢血管虚血の症状が血管平滑筋の収縮による血管収縮によって発現するものです。
頭痛、断続的な跛行、筋肉痛、しびれ、指先足先が冷たくなるなどの症状が慢性的な中毒症によって生じ、悪化すると壊疽に進展する場合もあります。

カフェルゴットの多量摂取によって、感覚鈍麻、指先足先のしびれや刺痛などの感覚異常、下肢の倦怠感、筋肉痛などの末梢血管の異常が現れた場合、カフェルゴットの使用を中断し、医師の診察を受ける必要があります。

軽度から中等度の肝機能障害、特に胆汁うっ帯性の患者においてはカフェルゴット服用後の経過を注意深く観察する必要があります。

エルゴタミンには血管収縮作用があるため、冠動脈疾患の既歴のない患者においても心筋虚血や、極稀に心筋梗塞が引き起こされる可能性があります。
カフェルゴットの使用において胸の痛みを感じる場合には、服用を中断する必要があります。

片頭痛の予防としてエルゴタミンを定期的に使用すると、依存性を高める危険性があります。
従ってカフェルゴットを片頭痛予防薬として使用することはしないで下さい。
また、カフェインの定期的な服用は、服用中断によって頭痛、疲労、鼻水、筋肉痛などの症状を発症させる場合があります。

カフェルゴットの長期間の継続した使用による頭痛が報告されています。
カフェルゴットの長期に渡る使用を中断した場合、稀なケースとして、禁断作用による頭痛を招くこともあります。

子供への使用におけるカフェルゴットの安全性は確立されていません。

カフェルゴットは目眩を引き起こす場合があります。
カフェルゴット服用後の車の運転や機械の操作には注意が必要です。

 

他の薬との併用

カフェルゴットとマクロライド系抗生物質、プロテナーゼ阻害薬といったCYP3A4阻害作用を持つ薬剤との併用は、脳虚血や四肢の虚血につながる血管収縮を引き起こすと報告されています。
そのため以下のカフェルゴットと以下の薬剤との併用は禁忌とされています。
・トリアゾール系抗真菌薬のイトコナゾール、フルコナゾール、
・イミダゾール系抗真菌薬のケトコナゾール、クロトリマゾール、
・マクロライド系抗生物質のエリスロマイシン、クラリスロマイシン、
・エイズ治療のプロテナーゼ阻害薬であるリトナビル、ネルフィナビル、インジナビル、サキナビル
・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)のフルオキセチン、フルボキサミン
・抗うつ剤のネファドゾン
・グレープフルーツジュース

カフェルゴットと、血管収縮薬剤の併用は相加作用によって血管収縮作用の増強が懸念されるためお避け下さい。

交感神経作動薬とカフェルゴットの併用は、血圧を急激に増強させる可能性がありますのでお避け下さい。

プロペラノールのようなβ受容体遮断薬とカフェルゴットの併用はエピネフリンの血管拡張遮断作用によって、エルゴタミン-カフェインの血管収縮作用を増強してしまう恐れがあります。

禁煙、ニコチンパッチ、及びガムになどによるニコチンの摂取は血管収縮を誘導する可能性があり、麦角治療による虚血症の発症の一因ととらえられています。

カルフェゴットとスマトリプタン、ナラトリプタン、ゾルミトリプタンなど5-H1受容体刺激作用を持つ他の麦角アルカイド薬剤との併用は、相加作用によりエルゴタミンの血管収縮作用を増強するため、適切ではありません。

カフェルゴットと他の薬を併用する場合には事前に医師、又は薬剤師と相談してから服用するようにしてください。

 

誤って大量に服用した場合

カルフェゴットを過剰摂取してしまった場合は、ただちに医師の診断を受けて下さい。
過剰摂取によって嘔吐、下痢、口渇、心拍数の増加、心拍が弱くなる、肌が冷たくなる、そう痒、指先やつま先のしびれや刺痛、目眩、眠気、混乱、呼吸困難、てんかんの発作などの症状が現れる場合があります。

 

服用し忘れた場合

カフェルゴットは必要な時のみに服用されるため、服用し忘れるということはありません。

カフェルゴットを1日に6錠、1週間に10錠以上服用することは避けてください。
また、前兆症状、前駆症状が現れた時に2錠、1週間に5錠以上の坐薬を使用することは避けてください。

 

副作用

カフェルゴットの使用における副作用として以下のものが挙げられます。

吐き気(気分が悪い)
腹痛、
下痢、
目眩
頭重
心拍数の増加、心拍数の減少、或いは不整脈
坐薬使用後の腸の過敏症状や出血
血圧上昇
筋肉痛
腕や足の痛みやだるさ

軽度から中度の症状です。これらの症状が現れ、気にかかる場合には医師に相談して下さい。

次のような症状が現れた場合、カフェルゴットの使用をただちに中断し、緊急に医師の診察を受けてください。

皮膚の発疹、そう痒、じんましん、顔、唇、舌などの腫れ、及び喘鳴、呼吸困難のような過敏性症状

しびれ、手足が冷たくなる、刺痛、指先やつま先が青白くなる、筋肉痛や筋収縮、及び下肢の倦怠感や胸の痛みなど、過剰な血管の収縮を引き起こす麦角中毒の症状

腹部内層の肥厚によって尿管の閉塞を引き起こす、後腹膜線維症の可能性がある排尿困難、排尿痛に関連した背中の下部や脇の痛み

肺細胞の瘢根や肥厚による胸膜肺線維症の可能性がある息切れ、乾いた咳、胸部やろっ骨周辺の痛み

心筋への血流、及び酸素不足によって引き起こされている可能性のある胸の痛みや稀に見られる心臓発作

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-07-07
睡眠時頭痛にリチウム、カフェインが有効(【Internal Medicine News Digital Network】より) -ワシントン-遡及調査によると、リチウムは睡眠時頭痛を持つ患者の治療に最適な選択である。米国頭痛学会の年次総会においてクレーブランド・クリニックのノーマン・タリクによる横断的研究の結果が発表された。.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。