ガバピン300(ガバペンチン)(15カプセル)

510 円!! 既存薬との併用で、部分発作を有意に改善!新しい作用機序を持ち、重篤な副作用がほとんどない抗てんかん薬!ニューロンチンのジェネリック!

Gabapin-300 (Gabapentin)(15 Capsule)

■ 15カプセル

価格:510 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ガバペンチン(Gabapentin)

 

製造国

インド

 

製造元

Intas Pharmaceuticals Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。


■<成人、13歳以上の小児

通常、初日1日量600mg、2日目1日量1200mgをそれぞれ3回に分けて経口服用します。

3日目以降は維持量として1日量1200-1800mgを3回に分けて経口服用します。

症状により適宜増減しますが、1日最高服用量は2400mgまでとします。


■3-12 歳の幼児および小児

通常、初日1日量10mg/kg、2日目1日量20mg/kgをそれぞれ3回に分割経口服用します。

3日目以降は維持量として、3-4歳の幼児には1日量40mg/kg、5-12歳の幼児および小児には1日量25-35mg/kgを3回に分割経口服用します。

症状により適宜増減しますが、1日最高服用量は50mg/kgまでとします。

なお、いずれの時期における服用量についても、成人および13歳以上の小児での服用量と超えないこととします。


 

商品詳細

ガバピン300は、ほかの抗てんかん薬で充分な効果が認められない人の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法に使用されています。


てんかんは、さまざまな要因で起こる脳の慢性的障害で、大脳ニューロンの過剰発射の結果で起こる発作です。成人においては部分発作が高い割合を占めており、てんかん患者の約30%は単剤治療で発作をコントロールすることができないため多剤併用療法が使われていると言われています。多剤併用療法において重要視されていることは、「作用機序の異なる治療薬の併用」「類似の副作用を起こさない治療薬の併用」「重大な薬物相互作用を引き起こさない薬の併用」です。


従来の抗てんかん薬にはフェニトイン、カルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウムなどがありますが、これらはいずれも神経細胞膜やシナプス機能に直接作用し、神経細胞の過剰興奮を抑える薬剤です。しかし実際問題として、従来の薬剤ではてんかんの発作をコントロールできない例が増えてきており、全体の3割程度を占めるようになってきているとの報告があります。また中には副作用の関係でこれらの薬を継続して服用することができない人もいるため、既存の薬とは異なるアプローチの抗てんかん薬が求められるようになりました。


ガバピン300の有効成分であるガバペンチンは、新しいタイプの抗てんかん剤でγ -アミノ酪酸の誘導体です。γ-アミノ酪酸はGABAとも呼ばれる天然に存在するアミノ酸の一種で、主に抑制性の神経伝達物質として機能しており、自律神経などからの過剰刺激を抑え、不安状態や興奮を和らげる精神安定作用があります。また脳内の含量の低下や働きが阻害されることにより、けいれんが誘発されます。


そのほかガバペンチンには、既存の抗てんかん剤の作用部位であるγ-アミノ酪酸(GABA)やベンゾジアゼピン受容体に対する活性がない、電位依存性ナトリウムチャンネルに結合しない、電位依存性カルシウムチャンネルに抑制的に作用する、などの特徴を持っています。さらに体内ではほとんど代謝されずに未変化体として尿中に排出され、薬物代謝酵素を誘導・阻害しないためほかの薬剤との相互作用が起こりにくく、併用もしやすいという長所があります。また既存の抗てんかん剤と比べて重篤な副作用がほとんどなく、服用量を増やしても副作用の発現率が上昇しないとされています。


現在、ガバペンチンは世界91ヵ国で抗てんかん剤として広く使用されており、アメリカなどでは帯状疱疹後疼痛の治療剤としても適応されています。


 

他の商品との比較

既存の抗てんかん薬とは異なる新しい作用機序を持つ抗てんかん薬です。


既存の抗てんかん薬で充分な効果が認められていない部分発作を有する人において、成人と同様に小児(3-15歳)においても併用による発作抑制効果が認められました。


薬物動態のプロファイルや併用薬の血中濃度に影響を及ぼさないことから、ほかの抗てんかん薬との相互作用を起こしにくいと考えられています。


ガバペンチンを有効成分とした薬剤は、日本ではガバペン(ファイザー)、レグナイト(アステラス製薬)の名前で発売されています。


海外では、Aclonium、Neurontin、Novo-Gabapentinなどの名前で発売されています。


 

特別な注意

【禁忌】

・ガバピン300の成分にたいして過敏症の既往歴のある人。


【慎重服用】

・腎機能障害のある人

・高齢者


【重要な基本的注意】

・連用中における服用量の急激な減量あるいは服用中止により、てんかん発作の増悪またはてんかん重積状態が現われることがあります。服用を中止する場合は、最低1週間かけて徐々に減量するなど慎重に行なってください。

・ガバピン300の服用により、体重が増加することがあります。肥満に注意し、肥満の徴候があらわれた場合は、食事療法、運動療法などの適切な処置を行なってください。特に服用量の増加、あるいは長期服用に伴い体重増加が認められることがあるため、定期的に体重測定を実施してください。。

・眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがあるので、ガバピン300を服用中は自動車の運転など、危険を伴う機械の操作には従事しないよう注意してください。

・ガバピン300の服用により、弱視、視覚異常、霧視、複視などの眼障害が生じる可能性があるので、診察時に、眼障害について問診を行なうなど注意し、異常が認められた場合には適切な処置を行なってください。


【用法・用量に関連する使用上の注意】

・ガバピン300は、ほかの抗てんかん薬と併用してください。

・服用初期に眠気、ふらつきなどの症状があらわれることがあるので、症状の出現に注意しながら服用量を調節してください。

・1日3回服用の場合、各服用時間は12時間を超えないものとします。

・ガバピン300の服用を中止する場合は、最低1週間かけて徐々に減量してください。症状が悪化するおそれがあります。

・腎機能障害がある人のガバピン300の服用

 腎機能障害のある人がガバピン300を服用する場合は、下表に示すクレアチニンクリアランス値を参考としてガバピン300の服用量および服用間隔を調節してください。なお、ここで示している用法・用量は成人でのシミレーション結果に基づくものであるため、腎機能低下の人を対照とした国内外試験成績も踏まえて、慎重に観察しながら用法・用量を調節してください。

クレアチニンクリアラン(mL/min)

≧60

30-59

15-29

5-14

1日服用量

(mg/日)

600-2400

400-1000

200-500

100-200

服用量

初日

1回200mg

1日3回

1回200mg

1日2回

1回200mg

1日1回

1回200mg

1日1回

維持量

1回400mg

1日3回

1回300mg

1日2回

1回300mg

1日1回

1回300mg

2日1回

(クレアチニンクリアランスが5mL/minに近い人では、1日200mgを2日に1回を考慮してください)

1回600mg

1日3回

1回400mg

1日2回

1回400mg

1日1回

最高服用量

1回800mg

1日3回

1回500mg

1日2回

1回500mg

1日1回

1回200mg

1日1回

(クレアチンクリアランスが5mL/minに近い人は1回300mg2日に1回を考慮してください)

・血液透析を受けている人のガバピン300の服用

 血液透析を受けている人がガバピン300を服用する際、クリアチニンクリアランスが5mL/min以上の場合には、上記の服用量に加え、血液透析を実施した後にガバピン300を200mg追加服用してください。また、クレアチニンクリアランスが5mL/min未満の場合には、初日に200mgを単回服用した後、血液透析を実施した後にガバピン300を1回200、300または400mgを追加服用します(それぞれクレアチニンクリアランスが60mL/min以上の人における1回400、600または800mg1日3回服用に相当)。なお、ここで示している用法・用量は、48時間ごとに4時間血液透析した場合の成人でのシミュレーション結果に基づくものであるので、腎機能低下者を対象とした国内外試験成績も踏まえて、慎重に観察しながら用法・用量を調節してください。

・腎機能障害のある小児および透析を受けている小児に対するガバピン300の有効性および安全性は確立していません。


【その他の注意】

・海外で実施されたガバペンチンを含む抗てんかん薬における、てんかん、精神疾患などを対象としたプラセボ対照臨床試験の検討結果において、自殺念慮および自殺企図の発現のリスクが、抗てんかん薬の服用群でプラセボ群と比較して約2倍高く、抗てんかん薬の服用群では、プラセボ群と比べ1000人あたり1.9人多いと計算されました。また、てんかん患者のサブグループでは、プラセボ群と比べ1000人あたり2.4人多いと計算されています。

・外国において、ガバペンチン服用例に原因不明の突然死が報告されています。突然死の頻度は、てんかん患者における推定値の範囲内でした。

・臨床試験において、ガバペンチンの依存性の可能性は評価されていません。


【高齢者】

・高齢者では腎機能が低下していることが多いため、クレアチニンクリアランス値を参考に服用量、服用間隔を調節するなど慎重に服用してください。


【妊婦、産婦、授乳婦など】

・妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

・授乳中の人は、ガバピン300の服用中は授乳を避けてください。


【小児など】

・低出生体重児、新生児、乳児または3歳未満の幼児に対する安全性は確立していません。


 

他の薬との併用

【併用注意】

・制酸剤(水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム): 同時に服用することにより、ガバピン300の最高血漿中濃度が17%および血漿中濃度-時間曲線下面積(AUC)が20%低下したとの報告があります。制酸剤服用後少なくとも2時間以降にガバピン300を服用することが望ましいとされています。

・オピオイド系鎮痛剤(モルヒネ): 傾眠、鎮静、呼吸抑制の中枢神経抑制症状に注意してください。必要に応じてガバピン300またオピオイド系鎮痛剤の用量を原料してください。

モルヒネとの併用により、ガバペンチンのCmaxが24%、AUCが44%それぞれ増加したとの報告があります。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。

次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。

2回分を1回に使用することは絶対におやめください。


 

副作用

ガバピン300を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用

眠気、浮動性めまい、頭痛、けいれん、てんかん増悪、失調、会話障害、感覚減退、記憶障害、ふるえ、体位性めまい、易刺激性、錯乱状態、神経過敏、不眠、不安、運動障害、幻覚、ミオクローヌス、複視、眼振、眼の異常感、霧視、弱視、視覚異常、脱毛、発疹、湿疹、じんましん、かゆみ、多形紅斑、悪心、嘔吐、上腹部痛、食欲減退、食欲不振、便秘、消化不良、下痢、よだれ過多、白血球数減少、白血球数増加、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、好中球数減少、好塩基球数増加、単球数増加、好酸球数増加、血小板数減少、尿失禁、尿たんぱく増加、勃起機能不全、AST(GOT)増加、ALT(GPT)増加、A1-P増加、γ-GTP増加、倦怠感、CK(CPK)増加、サイロキシン減少、抗核因子陽性、関節痛、胸痛、発熱、無力症、顔面浮腫、回転性めまい、呼吸困難、背部痛、体重増加、鼻炎、動悸、耳鳴、異常歩行、LDH増加、尿酸減少、血糖増加、血糖減少、血管浮腫、むくみ、すい炎


●極稀に起こる重篤な副作用

急性腎不全、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、肝炎、肝機能障害、黄だん、横紋筋融解症、アナフィラキシー


 

この商品に関係するニュース・記事

2016-08-03
オピオイド系薬使用者の5人に1人もまたてんかん薬を誤用している可能性(【HealthDay News】より) - オピオイド系薬の使用者が、てんかん薬であり神経痛治療薬であるガバペンチンを乱用・誤用しているかもしれないことが研究でわかった。研究者たちは、オピオイド系鎮痛薬を処方された323人の患者の試験結果を調査した。この患者たちは.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-01-03
ガバペンチンとは具体的にどのような薬剤なのか?(ライブサイエンスより) - ガバペンチン(別名ニューロンチン)は、鎮痛作用のある抗けいれん薬であり、カプセル剤、錠剤、経口液として販売されている。用途は幅広く、てんかん患者における特定タイプのてんかん発作の抑制や、ヘルペス後神経.... 続きを読む

2013-11-11
研究:抗てんかん薬でアルコール依存症を治療(CBSサクラメントより) - スクリプス研究所(Scripps Research Institute)の科学者らが行った新しい研究によると、普段はてんかんや神経因性疼痛の治療に使われている薬を、アルコール依存症の治療にも安全に使用できるという。「ガバペンチンは医師にとって新し.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-01-22
重いつわりに対する治療候補の模索(バッファロー大学ニュースより) - ケイト・ミドルトン(Kate Middleton)も悩まされた妊娠悪阻(つわり)は 体力を消耗させる稀な症状であるが、こうした症状のある妊婦は、抗けいれん薬ガバペンチンにより著しい効果を得られることが、トーマス・グッツーゾ(Thomas Guttuso Jr.)博士.... 続きを読む

2012-12-08
抗けいれん薬が妊娠悪阻に苦しむ女性の妊娠継続に役立つ(イグザミナーより) - 12月7日に発表されたバッファロー大学(University of Buffalo)のプレスリリースによると、妊娠中に1部の女性が経験する、重度で難治性の吐き気および嘔吐を抑える薬であるガバペンチン(gabapentin)の効力の予備調査を実施した同大学神経学.... 続きを読む

2012-10-10
非ホルモン剤のガバペンチンがホットフラッシュを減らすと報告された(Emaxヘルスより) - ホットフラッシュは極めて不快な閉経期症状です。ホルモン補充療法(HRT)によってこの症状を和らげることができますが、さまざまな理由から、多くの女性はHRTを利用しない選択をします。各種の非ホルモン剤も利用可能.... 続きを読む

2012-09-08
慢性疼痛に対する抗うつ薬および抗てんかん薬の補助療法(JAAPAより) - ネバダ州ラスベガス-テネシー州メンフィスにあるセント・ジュード小児研究病院(St. Jude Children's Research Hospital)のデボラA.ワード(Deborah A. Ward)PharmD, BCOP, BCPSは、ペインウィーク2012(PAINWeek 2012)で、疼痛管理のさまざまな補助療法に関するシンポジウムの.... 続きを読む

2012-09-08
中枢神経系の慢性痛:難題であり承認薬は数少ない(JAAPAより) - 2012年疼痛学会(PAINWeek)の慢性痛と中枢神経障害に関するシンポジウムで、オールバニー(ニューヨーク)医療センターの総合疼痛センター責任者で神経内科学教授チャールズ・アーノルド(Charles E. Arnoff)博士は、中枢神経系病変の治療薬として.... 続きを読む

2011-10-21
ガバペンチン投与により閉経後のホットフラシュと睡眠障害が改善(ファミリープラクティス・ニュースより) - 徐放性ガバペンチン1日あたり1,200mgまたは1,800mgを閉経後女性に投与したところ、プラセボと比較し、いずれの用量でもホットフラシュ(ほてり)の回数と重症度が有意に低下し、睡眠障害が有意に改善された。クリーブランド州の.... 続きを読む

2011-10-19
発生頻度の高い振戦疾患に関する新ガイドラインの発表(USニューズ・アンド・ワールド・リポート誌より) - 米国神経学会の治療ガイドライン改訂版によれば、プリミドン(商品名Mysoline)という抗痙攣薬と、プロプラノロール(インデラル)という高血圧薬は、本態性振戦患者における身体の揺れを治療するのに最も有効な薬剤である。 続きを読む

2009-08-01
反射性交感神経性ジストロフィー(BBCヘルスより) - まれに見られる、苦痛を伴う神経系の機能不全。反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)とは?反射性交感神経性ジストロフィー (以下RSDと呼ぶ)は、神経系の機能不全を含んでおり、それが痛み(たいてい随所に不断の激痛)や関連した感覚器官の異常を引き起こす。さらには、患部の血流や発汗の異常、筋肉の動き.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。