ガーリック・オイル(ガーリックオイル)1mg(250カプセル)

5710 円!! 健康に有益なニンニクのエキスをギュっと濃縮!疲労回復、免疫力増強、滋養強壮のほか、気管支炎や風邪やインフルエンザの症状改善にも有用です!ニオイもなく、摂取しやすいカプセルタイプ!

Garlic Oil (Garlic oil) 1mg (250 capsules)

■ 250カプセル

価格:5710 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ガーリックオイル(Garlic oil)

 

製造国

オーストラリア

 

製造元

Blackmores

 

使用量

成人

1回カプセルを1日3回食事と共に経口服用します。


 

商品詳細

ガーリック・オイルは、1カプセル中に3gのニンニクに相当するオイルを凝縮したサプリメントで、疲労回復や免疫力増強、殺菌、風邪の改善など、幅広い適応が特徴です。


ニンニクは古くから疲労回復、スタミナ源、強壮薬などの目的で食されているほか、慢性気管支炎、呼吸器のカタル症状、風邪やインフルエンザの症状の改善のために使用されている植物で、ヨーロッパの医療現場では抗アテローム性動脈硬化薬、抗血栓薬として、またWHO(世界保健機関)では高脂血症とアテローム性動脈硬化の血管変性の予防にも使用されています。


このニンニクの作用に重要な役割を果たしているのが、硫黄化合物であるアリインです。アリインは無色無臭の結晶で、これを切ったり、つぶしたりして空気中の酸素に触れると、アリイナーゼという酵素の働きによりアリシンに変化し、ニンニク特有の香りを発するようになります。アリシンには強力な殺菌、抗菌作用があり、 赤痢菌やチフス菌、コレラ菌、寄生虫駆除などに有用なほか、保存料としての効果もあります。また、血栓の予防、中性脂肪の低下、コレステロールの吸収の抑制や低下、血管を拡張することによる血行の改善、高血圧や動脈硬化の予防にも効果が期待できるとされています。


またこのアリインは、ビタミンB1と結合するとアリチアミンという脂溶性の物質に変化します。ビタミンB1は、糖質からエネルギーをつくるためには必要不可欠で、疲労回復に役立つ物質ですが、本来は水溶性のため体外にすぐに排出されてしまいます。ところが、アリチアミンとして合成した後は水溶性から脂溶質へと性質が変わるため、体内に長く留まることができ、また腸管からの吸収がきわめてよくなることから、血中のB1濃度の上昇が顕著かつ長時間続きます。これにより、疲労回復、滋養強壮効果などが得られます。さらにアリチアミンは、アドレナリンや、ノルアドレナリンの生産性を高めるホルモンの分泌を促進させる効果もあります。


このように、ニンニクは健康にとって有益ではありますが、生の状態ではニオイが強く、またそのまま摂取するとその殺菌作用が胃腸内の善玉菌まで殺してしまうため、胃痛や腹痛、便秘、下痢などの胃腸障害を起こすだけでなく、多量に摂取すると溶血作用が強くなり貧血やめまいなどの原因にもなります。さらにアリシンがジアリルジスルフィドに変化することで、アレルギーを引き起こすこともあります。そのため、ニンニクの1日の摂取量は生の状態で1片(約2-6g)、加工した状態では3片が適量とされています。


ニンニクから抽出したオイルを1カプセルに閉じ込め、摂取しづらいニンニクを手軽に摂れるようにしたサプリメントがガーリック・オイルです。ニンニク特有のニオイはほとんどなく、また1カプセル内にはニンニク3gに相当するエキスが入っているため、1日3回の服用で9g相当のニンニクを摂取することができるので、毎日の健康維持に最適です。


 

他の商品との比較

服用しやすいカプセルタイプ。


気管支性のせきを一時的に緩和します。


咽喉や鼻の粘膜の炎症の緩和を補助します。


疲労回復、滋養強壮など日頃の健康管理にも有用です。


 

特別な注意

【使用上の注意】

・出血を促進するおそれがあるため、手術前などの服用は避けてください。

・12歳未満の子供の服用は推奨されていません。

・妊婦、授乳婦の服用に対する安全性は確立していません。

・定められた服用量を超えて摂取しないでください。


 

他の薬との併用

【併用注意】

・ワルファリンなどの抗凝血薬: 出血のリスクを高めるおそれがあります。

・アスピリン: 出血のリスクを高めるおそれがあります。

・抗ウイルス薬: 抗ウイルス薬の働きを減弱させるおそれがあります。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

ガーリック・オイルの服用に関する副作用の報告はありませんが、ごくまれに以下の副作用が起こることがあります。


胸やけ、吐き気、下痢、腹痛、胃痛、肌あれ、鼻血、めまい、便秘


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。