心臓・血液の病気 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-04-06

ソース(記事原文):ロサンジェルス・タイムズ

キーホルダーに入ったアスピリンが命を救うかも

ロサンジェルス・タイムズ(2013年4月6日)― アスピリンの入った小さな赤いキーホルダーをキーチェーンにつないでおけば、心臓発作のときに使用することができます。

もしも心臓発作に襲われたら、小さな赤いキーホルダーが生死を分けるかもしれません。アットハート(At Heart)というプラスチック製キーホルダーの中には、アスピリン325 mgがPTP包装のまま2錠入っています。このアットハートはキーチェーンにつないだり、そのままポケットに入れても構いません。

米国心臓協会(American Heart Assn.)は、心臓発作の症状が現れたときは911に電話して、それからアスピリンをかみ砕くように勧告しています。すぐにアスピリンが見つからないと、結果に差が出るかもしれません。アットハートはおよそ5ドルで、アマゾンなどネット上で購入できます。

心臓発作の兆候としてよくみられるのが胸の中心の不快感で、数分以上続いたり、症状が現れたり消えたりします。また腕・背中・首・顎・胃の痛みや不快感、冷や汗、息切れも起こることがあります。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg (30カプセル) 3240 円

- アレノ (アスピリン/ジピリダモール) 25mg/200mg (10カプセル) 620 円