クエタペル(フマル酸クエチアピン)200mg

3950 円!! セロクエルのジェネリック!統合失調症や双極性障害に有効とされる抗精神薬!精神状態に影響を与える脳内の物質をブロックして精神状態を安定させます!少量で効果を発揮するため、副作用も少なく安心!

Quetapel (Quetiapine Fumarate) - 200mg (90 Tablets)

■ 90錠

価格:3950 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

クエチアピン(Quetiapine)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Mylan

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安です。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な用法・用量を使用するようにしてください。

通常は1回25mgを1日2回服用することから始めます。

使用開始から2日後か3日後には、1回の服用量を50mgまで増量し、1日2-3回に分けて服用することができます。
4日目には1日の服用量を300mg-400mgまで増量し、1日2-3回に分けて服用することができます。
服用量の増量/減量は必要であれば、25-50mgずつ行ない、調整された量を1日2回服用するようにします。
ただし、服用量の変更は最低でも2日間の間隔を取りながら行なってください。

統合失調症に有効とされている1日の服用量は1日150-750mgとされていますが、1日300mgの服用によって効力が最大限発揮されるとの報告もあります。
1日の最大服用量は800mgを超えないようにしてください。

 

商品詳細

クエタペル200mgは、有効成分・クエチアンピンがメジャートランキライザーに分類される精神安定剤であり、非定型抗精神病薬と呼ばれる薬剤の一つで、日本では統合性失調症の精神治療薬として承認されています。

統合失調症は、妄想や幻覚など様々な症状を示す精神疾患の一つで、従来の生活能力が失われてしまう病気です。古くは古代ギリシャ時代から似たような病気が存在したと言われていますが現在においてもその病因は不明のままで、一説として神経伝達物質の一つであるドーパミン過剰によるとの仮説など様々な説が提唱されています。

症状は、思考・知覚・自我意識・意志・欲望・感情等、様々な精神機能障害が見られ、大きくは陽性症状・陰性症状・その他と分類されていますが、各分類によって更に様々な症状があります。

また統合性失調症は、生涯発病率が120人中1人と非常にまれな病気ですが、発症は思春期から青年期が多く小児期や老年期に発症がみられる場合もあります。

クエタペル200mgの有効成分・クエチアンピンは、精神の高揚の抑制や気分の落ち込みを改善する作用があり、日本では主に統合性失調症の精神治療薬として用いられますが鬱病や神経症、PTSD、睡眠障害、アルコール依存症などその他の精神疾患に対しても幅広く処方される事があります。
また、アメリカでは統合失調症に加え急性躁病、双極性障害への治療薬として米国食品医薬品局(FDA)から承認を受けています。

 

他の商品との比較

統合失調症の薬物療法では、主にドーパミンD2受容体拮抗作用を持つ抗精神病薬が陽性症状を中心とした症状の軽減に有効であるとされています。

日本では約20数種類の抗精神病薬が承認されていますが、中でも最近では、副作用が少なく陰性症状にも高い有効性を持つ事が特徴の非定型抗精神病薬と呼ばれる新しい薬剤が治療の主流になりつつあり、クエルタペル200mgの有効成分・クエチアピンも、この否定型抗精神病薬に属します。

クエチアピンを有効成分とした薬剤としてははセロクエル(アステラス製薬)、クエチアピン(ファイザー、富士フィルムファーマ、高田製薬、小林化工、第一三共エスファ、沢井製薬、三和化学研究所、サンド、あすか製薬、テバ製薬、Meiji Seika ファルマ、田辺三菱製薬、日医工、日新製薬、エルメッドエーザイ、東和薬品、日本ジェネリック、共和薬品、二プロ)などが販売されています。

海外ではSeroquel、SeroquelXRなどの名前で販売されています。

 

特別な注意

以下項目に該当する方はクエタペル200mgを使用しないで下さい。
・クエタペル200mgの有効成分にアレルギーがある方
・昏睡状態にある方
・バルビツール酸誘導体などの中枢神経抑制剤を投与している方
・エピネフリンを使用している方
・糖尿病の方。または既病歴がある方

以下項目に該当する方、または既病歴がある方はクエタペル200mgの使用を医師と相談して下さい。
・肝機能障害
・心臓疾患、血管の病気(脳血管等)、低血圧
・てんかん
・自殺思慮、自傷行為
・(血縁に)糖尿病、血糖病、肥満など、糖尿病になりえる体質の方がいる場合
・妊娠・授乳中・妊娠している可能性がある方
・乳児・小児
・高齢者

その他
・例え同じ症状であっても、他者へ与えないで下さい。
・クエタペル200mgを使用している間、血圧の低下により眩暈やふらつき等の症状を感じる方がいます。車等の運転や精密な機械作業の扱いに十分注意して下さい。

 

他の薬との併用

以下の薬剤を使用している場合クエタペル200mgを使用しないで下さい。
・エピネフリン(ボスミン)

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

クエルタペル200mgを使用した場合、以下の副作用が現れることがあります。

●主な副作用
吐気、嘔吐、食欲不振、腹痛、意識障害、喉の渇き、下痢、尿の回数が多くなる、尿の色に変化がある(濃い黄色、褐色、赤褐色等)、筋肉のこわばり、脱力感、手足の痺れ、発熱、喉の痛み、倦怠感、黄疸(皮膚や白眼が黄色くなる)、お腹が張る、便秘、無意識のうち口をモグモグする、舌の回転や出し入れ、唇が震える

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-08-18
抗精神病薬の服用で出生異常のリスクは上昇しない(【Medical News Today】より) - 130万人の女性を対象としたマサチューセッツ州ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の新調査によると、妊娠中の抗精神病薬の服用は、全体的な出生異常や特に心奇形のリスクを顕著に上昇させないことを示唆している.... 続きを読む

2016-08-17
抗精神病薬は胎児に対してほとんど危険なし(【HealthDay News】より) - 妊娠初期の抗精神病薬の服用は、出生異常のリスクを有意に上昇させないことが、新しい研究でわかった。「一般に、妊娠中はいかなる薬の使用を(可能であれば)避けるべきです」と説明するのは、研究の共著者であるボストンの 続きを読む

2016-05-12
双極性障害治療にリチウムは新薬よりも効果的(【HealthDay News】より) - リチウムを服用している患者は、バルプロエート(Depacon、Depakote)、オランザピン(Zyprexa)、クエチアピン(Seroquel)など、ほかの双極性障害の治療薬と比較して自傷行為および不慮の外傷の率が低いと、ロンドンにあるユニバーシティ・カレッジ.... 続きを読む

2016-05-11
リチウムなどの薬剤を使用している双極性障害患者の自傷行為、不慮の外傷(【ScienceDaily】より) - 自傷行為は双極性障害(BPD)における疾患および損傷の主な原因であり、またBPDの不慮の外傷のリスクについては研究中である。リチウムは自殺行為を減少させる可能性があるという新たな証拠があり、また抗けいれん薬の使用は.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-05-06
境界性パーソナリティ障害にセロクエルXRが有用(メドページ・トゥデイより)― 境界性パーソナリティ障害の患者に対し長時間作用型の抗精神病薬クエチアピンフマル酸塩(セロクエルXR)を使用するプラセボ比較試験を実施したところ、有意な改善が見られたという。研究者がここニューヨークで発表.... 続きを読む

2014-02-14
「うつ病」と「線維筋痛症の痛み」にクエチアピン(アバウト.comより) - 大うつ病性障害(MDD)に線維筋痛症を併発している人に、クエチアピンXR(徐放性)が有効なことを新しい研究が示唆しています。クエチアピンの商品名は「セロクエル」「セロクエルXR」です。研究者らが8週間の二重盲.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-09-14
強迫性障害を理解する(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - スティーブン・マクウィリアムス(Stephen McWilliams)博士は、強迫性障害の複雑な症状に注目し、治療できる方法はないか検討している。強迫神経症を患う小説家メルヴィン・ユドール(Melvin Udall)氏は.... 続きを読む

2006-07-26
双極性障害を抱えながら精一杯生きる(BBCニュースより) - 政府顧問は、双極性障害に対する治療および診断のための新ガイドラインを発行した。この疾患は、旧病名を躁鬱病といい、重度の精神健康障害のことであり、高揚状態の躁病から深い抑うつ状態への変動を特徴とする.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。