クラーバクト500(クラリスロマイシン)500mg

800 円!! 呼吸器感染症を始め、ピロリ菌除去やハンセン病治療にも効果のある抗生物質!抗菌作用以外の抗炎症作用や抗バイオフィルム作用などで幅広い疾患に対応!クラリスのジェネリック!

Clarbact 500 (Clarithromycin) - 500mg (4 Tablet)

■ 4錠

価格:800 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

クラリスロマイシン(Clarithromycin)

 

製造国

インド

 

製造元

Not Specific

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安です。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常、成人は1回250mg(半錠)を1日2回、7-14日間服用します。
なお、症状によっては1回500mg(1錠)に増量することも可能とされています。

小児においては、1回7.5mg/kg(1kgにつき7.5mg)を1日2回、5-10日間服用します。

●マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(非定形抗酸菌複合体)感染症

成人は1回500mg(1錠)を1日2回、他の抗生物質と併用します。

小児においては、小児においては、1回7.5mg/kg(1kgにつき7.5mg)を1日2回他の抗生物質と併用することとされていますが、症状に応じて1回の服用量を15mg/kg(1kgにつき15mg)に増量することも可能とされています。
ただし1回の最大使用量が500mgを超えることがないようにしてください。

●ハンセン病

成人は、1日500mg(1錠)を多剤療法の一環として服用します。

●ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の根絶療法

成人は、1回500mg(1錠)を他の抗生物質と、プロトンポンプ阻害薬か、H2ブロッカーのいずれかと共に7-10日間服用します。

・深刻な腎機能障害のある人においては、服用量の調整が必要とされています。

・食事の摂取に関係なく服用できますが、食事と共に服用することによって、胃腸不良の発現率が低くなるとされています。

 

商品詳細

クラーバクト500は、有効成分をクラリススロマイシンとする薬で、主に呼吸器や軟部組織における細菌性感染症治療に用いられているほか、ハンセン病(らい病)や消化性潰瘍の発症に関与しているとされているヘリコバクター.ピロリ(ピロリ菌)の除菌療法にも効果を発揮するとされている抗生物質です。
有効成分のクラリスロマイシンは、放射線菌の一種から単離・精製されたマクロライド系抗生物質のエリスロマイシンを改良して半合成されたニューマクロライドと呼ばれるもので、他のマクロライド系抗生物質と同様に細菌のタンパク質生合成器官である50sリボソームに結合することによって細菌のタンパク質合成を阻害し、細菌の発育や増殖を抑制する静菌作用を発揮します。
さらにエリスロマイシンの弱点であった胃酸に対する安定性が改善されているうえ、エロスロマイシン以上の抗菌作用が認められているほか、抗炎症作用、抗緑膿菌作用、抗バイオフィルム作用等も認められています。

クラリスロマイシンの効用の一つに、ハンセン病に対する効果が挙げられています。
ハンセン病とはかつては「らい病」として知られてきた感染症で、抗酸菌の一種であるらい菌が免疫細胞の一種であるマクロファージや末梢神経細胞内に寄生し、増殖することによって引き起こされます。発症すると外見の変貌を伴ううえ、また感染した時期がはっきりと確定できないことから、顔が崩れて手足がくさり抜け落ちる恐ろしい遺伝病として誤解され、世界的に差別・偏見の対象となっていました。その偏見や差別をなくすために、1996年(平成8年)の『らい予防法の廃止』に基づき、現在では正式名を「ハンセン病」に改名されています。
病原菌であるらい菌の感染力は非常に弱いことが知られており、たとえ空気中にらい菌が存在したとしてもほとんどの人がハンセン病にかかることはまずありません。また、人から人へと感染する可能性も非常に低いとされており、患者からの伝染による感染は、長期間に渡る患者との頻繁かつ密接な接触がある場合のみ認められるとされています。

ハンセン病は感染してから約5年、場合によっては数10年ともされる潜伏期間を経て発症し、発症後も症状がゆっくりと進行します。感染の進行に伴い、まず皮膚に知覚鈍麻を伴う紅斑や脱色素斑や、皮下組織に不揃いのしこりが現れます。さらに末梢神経が障害されることにより触覚、痛覚、そして温感といった感覚が麻痺することから、怪我ややけどを負ってもなかなか気づかれず、治療の遅れによって手や足などを失ってしまうケースも少なくありませんでした。
現代では、早期発見、早期治療によって障害を残すことなく完治するとされていますが、未治療や不十分な治療のまま症状が進行することによって皮膚や顔面、四肢の変形、視覚障害、筋委縮による運動機能の低下といった様々な後遺症が残ってしまうこともあるとされています。

ハンセン病の原因菌であるらい菌は非常に弱い菌であるため、人工培地による培養ができないことから、その治療薬の開発は困難を極めるものでした。
しかしその構造が性質も結核菌に類似したものであることから、結核に効力を持つ抗生物質のであるリファンピシンがらい菌に対しても優れた殺菌作用を持つことが発見され、以降、クラリスロマイシン、オフロキサシン、ミノサイクリンといった他の抗生物質の有効性の明らかになっています。しかし、これらの抗生物質の単剤使用につきものの耐性菌の発生を予防する目的で、現在ではWHOによって推奨されているダブソン、クロファジミンとの多剤併用療法(MDT)の一環として用いられています。

さらに、クラリスロマイシンは現在、胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった消化性潰瘍をはじめとしたさまざまな胃腸障害の原因とされているヘリコリバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除菌にも用いられています。
ヘリコリバクター・ピロリ(ピロリ菌)とは、胃の中に住みついている細菌で1980年代に発見されました。食物の消化や食物と共に胃の中に侵入してきた細菌の殺菌作用を持っている胃酸は、pH1-2と塩酸並みの強い酸性を持つ液体であるため、このような環境下で生息可能な生物はいないだろうと長いこと考えられていました。しかし、オーストラリアの胃炎を起こしている患者の胃粘膜からこのヘリコリバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)が確認された事をきっかけに、その生態についての研究がすすめられ、現在ではこの細菌が何らかのメカニズムによって胃粘膜障害を引き起こすことによって、消化性潰瘍や胃炎、そして胃がんを誘発することが知られるようになっています。特に再発性が高いとされている消化性潰瘍においては、このヘリコリバクター・ピロリ(ピロリ菌)の存在の有無がその再発率に大きく関わっていることが確認されていることから、消化性潰瘍の治療にはヘリコリバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除菌が欠かせないとされています。

ヘリコリバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除菌はプロトンポンプ阻害薬かH2ブロッカーといった胃酸の産生を抑える薬と2種類の抗生物質との併用療法が一般的ですが、クラリスロマイシンはピロリ菌除菌の第一選択抗生物質とされています。

 

他の商品との比較

グラム陽性菌、マイコプラズマ属、クラミジア属に優れた作用を発揮する他、一部のグラム陰性球菌、グラム陰性桿菌にも効果があるなど、広範囲の抗菌スペクトルを有するほか、マクロライド系抗生物質の中では初めてインフルエンザ菌に対する効用が認められています。

また、エイズ(後天性免疫不全症候群)に伴う播種生マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症、消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)におけるヘリコバクター・ピロリ感染症・レジオネラ肺炎への効用も認められています。

原型薬であるエリスロマイシンの胃酸による不安定が改善されているうえ、比較的副作用が少ないとされています。 さらに、抗菌活性においてもエリスロマイシンよりも優れているとされています。

静菌作用に加えて、抗炎症作用や抗バイオフィルム作用等が認められており、びまん汎細気管支炎(DPB)に対して特効的な治療効果があることが認められています。

ペニシリンやセフェム系抗生物質とほぼ同じ抗菌スペクトルを有するため、これらの抗生物質に過敏症である人の治療に用いられています。

クラリスロマイシンを有効成分とするものには、クラリスロマイシン錠[一般感染症・非結核性抗酸菌症](日医工、日本ケミファ、サンド、小林化工、沢井製薬、長生堂、大原薬品工業)、クラリスロマイシン錠小児用(日本薬品、長生堂、二プロファーマ、日本ケミファ、長生堂、塩野義製薬、マイラン、大洋薬品工業、エルメッドエーザイ、日医工、辰巳化学、沢井製薬)、クラリスロマイシン錠[ヘリコバクター・ピロリ感染症](日本ケミファ、二プロファーマ、大原薬品工業、サンド、長生堂、日本薬品、小林化工、大洋薬品、科研製薬、日医工、沢井製薬、大正富山医薬品、、マイラン、エルメッドエーザイ、辰巳化学)、クラリシッド錠[一般感染症・非結核性抗酸菌症](アボットジャパン)、クラリシッド・ドライシロップ(アボットジャパン)、クラリシッド錠小児用(アボットジャパン)、クラリシッド錠[ヘリコバクター・ピロリ感染症](アボットジャパン)、クラリスロマイシンDS10%(Meiji Seika ファルマ、興和テバ、塩野義製薬、大原薬品工業、小林化工、エルメッドエーザイ)、クラリスロマイシン錠(Meiji Seika ファルマ、田辺三菱製薬)、クラリスロマイシン錠小児用(Meiji Seika ファルマ)、ランサップ(武田薬品)、クラリスロマイシン錠[一般感染症](日本薬品、、マイラン、エルメッドエーザイ、辰巳化学、二プロファーマ)、リクモース錠[一般感染症](東和薬品)、クラリスロマイシンドライシロップ10%小児用(マイラン、大洋薬品工業、日医工、沢井製薬)、リクモース錠小児用(東和薬品)、リクモースドライシロップ10%(東和薬品)、クラリス錠(大正富山医薬品)、クラリス錠小児用(大正富山医薬品)、クラロイシン錠小児用(科研製薬)、クラロイシン錠[一般感染症](科研製薬)、クロロイシンドライシロップ10%小児用(科研製薬)、マインベース錠小児用(あすか製薬)、マインベースDS10%小児用(あすか製薬)、マインベース錠[一般感染症](あすか製薬)、マインベース錠[ヘリコバクター・ピロリ感染症](あすか製薬)などがあります。
海外においては、Binoclar、Clacin、Claricin、Clarithromycin Standa、Clarsin、Clindal fascar、Floctil、Klacid、Klerimed、Pharmaniaga Clarithromycin、Synclar、Vick-Clarcidなどといったブランド名で取り扱われています。

 

特別な注意

以下に該当する場合、クラーバクト500の使用は禁忌とされています。
・クラーバクト500の成分、及び他のマクロライド系抗生物質に過敏症の人
・クラリスロマイシンの使用による胆汁うっ滞性黄だんや肝不全がみられた人
・急性ポルフィン症を発症したことのある人
・シサプリド、ピモジド、テルフェナジン、エルゴタミンやジヒドロエルゴタミンを服用しているひと
・腎・肝機能障害のある人でコルヒチンを服用している人
・12歳未満の小児

以下に該当する場合のクラーバクト500の使用は慎重におこなうようにしてください。
・腎・肝機能障害のある人
・心電図によるQT間隔の延長がみられる人

クラーバクト500の服用は、医師に指示された服用量、服用回数、服用期間を厳守するようにしてください。

深刻な腎機能障害のある人においては服用量や服用頻度の調整が必要とされています。

クラリスロマイシンの使用による重症筋無力症の増悪や、筋無力症症候群の発症が報告されています。

広範囲の抗菌スペクトルを持つ抗生物質の使用において、稀に大腸炎(クロストリジウム・ディフィシルに関連した下痢)が引き起こされる可能性があります。抗生物質の使用中や使用後において下痢の症状が継続したり、深刻化した場合、或いは血便や粘液便がみられる場合には、ただちに医師に相談するようにしてください。

抗生物質の使用は、対象菌でない微生物(特に真菌)の増殖を招く場合があります。抗生物質の使用中に他の感染症の症状が認められる場合にはただちに医師に相談するようにしてください。

妊娠中・授乳中の女性における使用は、医師によって使用による利益が危険性を上回ると判断された場合のみ、使用するようにしてください。

他の疾患などで医療機関に罹る場合には、医師にクラーバクト500を使用していることを伝えてください。

処方された用途以外での使用はせず、また他人との共用もお避けください。

子供の手の届かない、乾燥した涼しいところで直射日光から避けて保管してください。

使用期限を超過したもの、及び外装の損傷が認められる場合には使用をお避けください。

 

他の薬との併用

クラリスロマイシンと以下の薬剤との併用は禁忌とされています。
・シサプリド
・ピモジド
・テルフェナジン
・エルゴタミンやジヒドロエルゴタミン

クラリスロマイシンには以下の薬剤の代謝を妨げる作用があります。この作用により、薬剤の血中濃度が高くなり、副作用が引き起こされる可能性が高くなります。
・アルプラゾラム(抗不安薬)
・アプレピタント(制吐薬)
・ブロモクリプチン(パーキンソン病治療薬)
・カベルゴリン
・カルバマセピン(抗統合失調・抗てんかん薬)
・シクロスポリン、シロリムス、タクロリムス(免疫抑制薬)
・シロスタゾール(血小板凝集抑制薬)
・コルヒチン(抗痛風薬)
・ジゴキシン/ディゴキシン(強心薬)
・ジソピラミド、ベラパミル(抗不整脈薬)
・ドロペリドール、クエアチピン(抗統合失調薬)
・エトラビリン、マラビロク(HIV/AIDS治療薬)
・フェソテロジン、トルテロジン(過敏性膀胱治療薬)
・イトラコナゾール(抗真菌薬)
・メチルプレドニゾロン(ステロイド薬)
・ミゾラスチン、トリアゾラム、ゾピクロン(睡眠補助薬)
・ニロチニブ(慢性骨髄白血病治療薬)
・パゾパニブ(抗悪性腫瘍薬)
・フェニトイン(抗てんかん薬)
・レボキセチン(抗うつ薬)
・レバグリニド(糖尿病治療薬)
・リファブチン(抗結核薬)
・シルデナフィル、タダラフィル(勃起不全・肺抗血症治療薬)
・テオフィリン(喘息治療薬)
・バルデナフィル(勃起不全治療薬)

クラリスロマイシンはワーファリン/ワルファリンやその他の抗凝血剤の作用を増強する作用があるため、併用にあたっては血液凝固時間の測定が必要とされています。

また、クラリスロマイシンは脂質異常症(高脂血症)治療薬であるアトルバシタチンやシンバスタチンの血中濃度を上昇させる作用があるため、ミオパシー(筋障害)を発症する危険性を高めるとされています。特にクラリスロマイシンとシンバスタチンとの併用は好ましくないとされています。

クラリスロマイシンにはHIV/AIDs治療薬のシドブジンの腸管からの吸収を妨げる作用があるとされています。そのため、併用される場合には少なくとも2時間の間隔を開けることが必要とされています。

クラリスロマイシンと以下の薬の併用によって、心拍の乱れが誘発される可能性があるとされています。
・抗不整脈薬(アミオダロン、ジソピラミド、キニジン)
・抗マラリア薬(クロロキン、キニーネ、メフロキン、ハロファントリン)
・抗精神薬(クロルプロマジン、チオリダジン、フルフェナジン、ハロペリドール)

経口の甲状腺ワクチン(ビボティフ)は抗生物質との併用によってその効果が減弱させられる可能性があるため、最低でも抗生物質の使用後から3日間が経過してから投与するようにしてください。

HIV治療薬のリトナビルはアジスロマイシンの血中濃度を高める作用があります。併用によって気になる症状が現れた場合は速やかに医師に相談してください。

上記以外にも他薬と併用する場合には、処方薬、市販薬に限らず事前に医師や薬剤師に相談し、併用による安全性を確認してから服用するようにしてください。

 

誤って大量に服用した場合

ただちに医師の処置を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気がついた時点ですぐに服用してください。
ただし、次の服用時間が近い場合は、忘れた分を飛ばして次の服用時間から服用してください。
忘れたからと言って、一度に2回分を服用することはしないでください。

 

副作用

クラーバクト500の副作用には以下に挙げる症状があります。
これらの症状や、他に気になる症状が発現、継続する場合には速やかに医師に相談して下さい。

主な副作用
気分が優れない、軽度の下痢や便秘、及び腹痛、胸やけ、消化不良、口の渇きや痛み、歯の変色、口腔カンジタ、味覚や嗅覚の変化、頭痛、睡眠障害や悪夢、落ち着きのなさ、低血糖、うつ症状や不安、紅潮、光線過敏症、体の痛み、背中の痛み、爪の変色など

極稀に起こる重篤な副作用
体調不良、食欲減退、肝機能障害、聴覚障害、目眩、混乱、幻覚や幻聴、痒み・発疹といった皮膚症状、血便、排尿痛、黒色の尿、喘鳴や呼吸困難、動悸や頻脈、重度の腹痛、黄だん、飲食を困難とする顔、口、咽頭、首の腫れ、胸痛、精神症状、けいれんなど

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-10-30
妊娠中の抗生物質服用はもはや心配なし(【MedicalNewsToday】より) - 最大級の研究の結果、妊娠中のマクロライド系抗生物質の使用は問題がないことを示した。研究の結果によると、マクロライドは胎児の成長には悪影響は与えないとのことだ。アメリカに住む何千人という妊婦は妊娠中に抗生物質.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-02-24
抗癌剤としてのクラリスロマイシン(EurekAlert!より)― 抗生物質の一つが、抗癌剤への適応拡大に適した薬剤の仲間入りをする可能性がある。この新たな研究は、ReDO(癌目的以外の既存薬に抗癌作用を見出し抗癌剤として適用拡大する)プロジェクトによるもので、eキャンサー・.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2008-07-31
ピロリ菌除去、がん治療に向けて(BBCニュースより) - 研究報告によると、胃がん患者の胃の中にひそむピロリ菌を除去することで、がん再発を防ぐことができるという。多くの胃潰瘍の原因であることが判明しているピロリ菌はまた、胃がんとも関係.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。