メンタルヘルス - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2007-01-05

ソース(記事原文):BBCニュース

クロルプロマジン

イギリス医師会雑誌(British Medical Journal:BMJ)では、最も優れた医学的大発見を決定するためのコンクールを進めている。

現代の医療専門家らにより、過去166年間の中から複数の発見が支持されている。

ロンドンにあるホマートン病院(Homerton Hospital)の精神療法指導医トレヴァー・ターナー(Trevor Turner)氏は、クロルプロマジンを支持している。

クロルプロマジンは、1950年代~1960年代に使用された最初の抗精神病薬である。

その導入前、重度の精神病患者には、電気けいれん療法(ECT)や臭化物のような鎮静薬など、さまざまな治療が施されていた。

抗ヒスタミン薬の一種であるクロルプロマジンは、1949年にフランス人外科医アンリ・ラボリ(Henri Laborit)氏によって、兵士を対象に麻酔薬として初めて試された。

同氏は、患者が著しく穏やかになることに気づき、その数年後に躁病の男性に投与したところ、薬効が裏付けられた。

さらなる試験が継続され、クロルプロマジンは1954年まで使用された。

それに続いて、抗精神病薬と抗うつ薬が開発された。

ターナー氏は「クロルプロマジンの発見なくしては、モンタギュー・ローマックス氏[収容所の医師であるかのような体験(Experiences if an Asylum Doctor)-1921年]によって目撃された悲惨な拘束、すなわち最後の非常手段の砦が未だ継続されていたかもしれない」と述べた。

当時の看護助手の役割は、動物園の管理人のようなものであった。つまり、何百という「発狂した」患者に、食事を与え、体をごしごし洗い、強制的な治療を行うものであった。

クロルプロマジンが「精神に用いられるペニシリン」のようなものだと思わずにはいられない。患者と介護人の意思疎通を可能にし、人間の機能に関する我々の解釈を変えた。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- レリチル 25 (クロルプロマジン) 25mg (10錠) 350 円

- レリチル 50 (クロルプロマジン) 50mg (10錠) 440 円

- レリチル 100 (クロルプロマジン) 100mg (10錠) 530 円

- ラーガクティル (塩酸クロルプロマジン) 50mg (10アンプル) 4890 円

- ラーガクティル (塩酸クロルプロマジン) 10mg (100錠) 1880 円

- ラーガクティル (塩酸クロルプロマジン) 25mg (100錠) 2890 円

- ラーガクティル (塩酸クロルプロマジン) 100mg (100錠) 6550 円