グライコ6(グリコール酸)6%

960 円!! 塗るだけで簡単ピーリング!肌の生まれ変わりのサイクルを助けるグリコール酸の働きで、シミ、しわなどを改善!さらにエラスチンやコラーゲンが増えるためにハリがよみがえる効果も!美しい肌づくりの強い味方!

Glyco 6 Cream (Glycolic Acid) - 6% (30gm Tube)

■ 30gチューブ

価格:960 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

グリコール酸 (Glycolic Acid)

 

製造国

インド

 

製造元

MICRO

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

使用開始の1週間は1日1回、その後は1日2回使用してください。

 

商品詳細

グライコ6は、ピーリング作用で肌の余分な古い角質を除去し、ターンオーバーを促進する作用で、主に乾性肌、魚鱗癬・イボ・角化症などあらゆる角質化障害、ニキビや色素過剰の併用治療、紫外線・生理的・ホルモンなどによる肌の老化(しわ、くすみ、肌あれ、ハリ不足)の治療に使用されます。

肌をつくっている表皮の細胞は、表皮のいちばん下にある基底層で生まれた後、形や性質を変えながら少しずつ上に押し上げられ、角質層にたどり着きます。ここで細胞は角質細胞となり、最終的にはがれ落ちて行きます。肌の細胞はこのように、古い細胞は死んではがれ落ち、そしてまた新しい細胞が生まれるという新陳代謝を繰り返していますが、この過程をターンオーバーと言い、健康な皮膚の場合では28日間とされています。しかし実際は、眼の周囲、頬など、肌の場所により皮膚層の数が異なるため、ターンオーバーの日数もさまざまです。
このターンオーバーが順調に繰り返されていれば、肌はいつでもきれいな状態を保つことができますが、加齢やストレス、タバコ、睡眠不足、偏った食生活などの条件により徐々にターンオーバーの周期が35日、40日と遅くなっていきます。すると角質層が厚くなり、肌が乾燥するためにシワ、しみ、くすみなどができやすくなると言われています。

この古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常に戻すことでシワ、ニキビなどを改善する効果を発揮するのがグライコ6です。
有効成分のグリコール酸は、サトウキビやパイナップル、まだ熟していないブドウの実などに含まれている有機酸です。リンゴ酸やクエン酸などのフルーツの仲間であり、なおかつ人間の体にも存在している成分でもあります。
織物産業では染料やなめし剤、食品産業では香料や防腐剤として使用されていますが、皮膚に使用した場合、速やかに皮膚に浸透して表皮の上層と反応し、死んだ皮膚細胞の脂質の結合力を弱める作用を発揮するために新しい皮膚細胞が露わになります。
この作用により、皮膚科ではピーリング、また家庭用のスキンケア用品にも利用され、シワやニキビ、色素過剰など、皮膚の改善にも使用されています。

さらにグリコール酸は、人間の体にも存在する物質であるためにアレルギー発現のリスクが少ないうえに、潤いやハリを与えるコラーゲン、シワやたるみの予防に効果のあるエラスチンなどの細胞を増加する働きもあると言われているため、グライコ6を使用することで安心してシワ、しみ、過剰な色素などを取り除き、若々しく、みずみずしい肌に生まれ変わる効果が期待できます。

 

他の商品との比較

グライコ6は単剤でも、ほかの薬剤との併用も可能です。

あらゆるタイプの肌に適応します。

グリコール酸によるピーリングは、アレルギーのリスクが低いとされています。

分子量が小さいため、肌に速やかに浸透します。

 

特別な注意

以下の場合、グライコ6を絶対に使用しないでください。
・グライコ6の成分に対し過敏症の既往歴のある人

【使用上の注意】
・グライコ6は外用薬です。内服しないでください。
・眼に入らないように注意してください。万一、目に入った場合は、直ちに水で洗い流してください。
・使用開始当初は刺激感やびまん性発赤がみられることがありますが、これは成分が効いている証拠で、数日で消失します。

 

他の薬との併用

ほかの薬剤とグライコ6の併用による注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときに使用してください。

 

副作用

グライコ6使用による副作用の発現は特に報告されていません。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-04-10
肝斑に効果がある3剤コンボクリーム(MPRより)― ジャーナル・オブ・コスメティック・ダーマトロジー(Journal of Cosmetic Dermatology)オンライン版で4月6日に発表された研究によると、4%ヒドロキノン、10%グリコール酸、0.01%ヒアルロン酸を含有するクリーム処方が肝斑の治療に非常に効果.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-06-18
剃刀で除毛する前のアドバイス(ワンダーウーマン・インディアトゥデイより) - まず最初に、剃刀で除毛しても、毛のきめが粗くなったり毛質が悪化したりすることはありません。毛がより濃くなるのはホルモンの変化によるものです。肌が乾燥している(または非情に敏感な)状態で、毛質がより太くなった.... 続きを読む

2011-11-10
夏が終わってからの肌と髪のお手入れ(ABCモンタナより) - 秋に入ると、肌や髪が日焼けしていた状態から、日焼けによるダメージを受けた状態になることに気づく。ロサンゼルスの皮膚科医レベッカ・フィッツジェラルド(Rebecca Fitzgerald)博士は「9月に来院する患者は、褐色の斑点や、毛細血管の損傷.... 続きを読む

2011-10-28
肌色のむらと点在する色素沈着の改善(Nola.comより) - 生まれたときから日焼け止めをたっぷり塗っていた賢い人間の一人でない限り、日光への過去の露出は皮膚に悪影響を及ぼしています。特に加齢とともに、紫外線のダメージや遺伝によって頑固なしみや肌色のむらができ、肌に対する不満.... 続きを読む

2011-09-27
はげしい夏の余韻を癒す(エグザミナーより) - 夏は過ぎ去っていったが、海辺の太陽を満喫したあとの余波は、わたしたちの肌にくっきりその跡を付けている。容赦なく降り注ぐ太陽光線にされされ、ブヨや蚊に刺されたあとが残り、塩素の入ったプールの水や海水で泳ぎ.... 続きを読む

2011-09-23
皮膚のトラブルに賢い解決策(ガルフニュースより) - 特定の美肌に関するトラブルは突発的に何度となく現れるものだが、解決することは可能である。皮膚科医リリアン・カーン(Lillian Khan)医師が、一般的なトラブルへの対処法を伝授する.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。