ゴールドオメガ・スリー・プラス

5630 円!! 摂取が難しいオメガ3に、体の酸化を防ぐ抗酸化作用成分をプラス!血液、脳、神経などに作用して、さまざまな改善効果が期待できます!認知症やうつ病に対する有効性の報告も!

Gold Omega 3 Plus (Fish Oil/Krill Oil/Eicosapentaenoic Acid/Docosahexaenoic Acid/Omega-3 Acids/Phospholipids/Astaxanthin/Vitamin E) - 500mg/25mg/168.5mg/111.6mg/50.9mg/10.75mg/12.5mcg/6mg - 60 Capsules

■ 60カプセル

価格:5630 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

魚油(Fish Oil)

クリルオイル(Krill Oil)

エイコサペンタエン酸(EPA)(Eicosapentaenoic Acid)

オメガ3(Omega-3 )

リン脂質(Phospholipids)

アスタキサンチン(Astaxanthin)

ビタミンE(VitaminE)

 

同一成分含有商品

ゴールドオメガ・スリー (60カプセル) 1950 円
Gold Omega 3 (Fish Oil/Eicosapentaenoic Acid/Docosahexaenoic Acid/Omega-3 Acids/Vitamin E) - 1000mg/330mg/220mg/100mg/6.7mg (60 Capsules)

ゴールドオメガ・スリー・プラス (60カプセル) 5630 円
Gold Omega 3 Plus (Fish Oil/Krill Oil/Eicosapentaenoic Acid/Docosahexaenoic Acid/Omega-3 Acids/Phospholipids/Astaxanthin/Vitamin E) - 500mg/25mg/168.5mg/111.6mg/50.9mg/10.75mg/12.5mcg/6mg - 60 Capsules

コアサチン非ステロイド性クリーム(皮膚炎治療用) (30gチューブ) 7850 円
Coresatin Nonsteroidal Cream (Therapy For Dermatitis) - 30g

コアサチン非ステロイド性クリーム(真菌感染症支持療法用) (30gチューブ) 7850 円
Coresatin Nonsteroidal Cream (Supporting Therapy For Common Fungal Infections) - 30g

コアサチン非ステロイド性クリーム(炎症性皮膚疾患治療用)(アラントイン/パンテノール/ビタミンB6/ビタミンEなど) (30gチューブ) 7850 円
Coresatin Nonsteroidal Cream (Therapy For Inflammatory Skin Conditions) - 30g

ヒルスカー・ジェル(ムコ多糖類(ヘパリノイド)/コソウ/アロエベラ/アラントイン/ビタミンE/ビタミンB3)(20g) (20g) 6870 円
Hiruscar Gel (MPS/Allium Cepa/Aloe Vera/Allantoin/Vitamin E/Vitamin B3)20g

オメガ・デイリー(オメガ3)1034mg(60カプセル) (60カプセル) 15000 円
Omega Daily (omega-3)1034mg(60 Capsules)

オメガ・ブレイン(オメガ3)1000mg(60カプセル) (60カプセル) 15000 円
Omega Brain (Omega-3) 1000mg (60 Capsules)

無臭フィッシュオイル1000(魚油)(90カプセル) (90カプセル) 11960 円
Odourless Fish Oil 1000 (Fish oil) (90 Capsules)

ビタミンB12クリーム・プラス(ビタミンB12/ロサケンティフォリアウォーター/ヒアルロン酸/スクワラン/サリチル酸/ビタミンE/ビタミンC/プロビタミンB5)(50mL) (50mL) 8200 円
Vitamin B12 Cream Plus (Vitamin B12 /Rosa Centifolia Flower Water/ Hyaluronic Acid/ Squalane,/Salicylic Acid / Vitamin E /Vitamin C /Provitamin B5) (50ml)

バイオ・イー500IU(ビタミンEサプリメント)(ビタミンE)(30カプセル) (30 カプセル) 5270 円
Bio E 500IU (Vitamin E) (30 Capsules)

キッズ・フルーティー・フィッシュ(子供用オメガ3サプリメント)(オメガ3)525mg(30カプセル) (30 カプセル) 7840 円
Kids Fruity Fishies (omega-3)525mg(30 Capsules)

 

製造国

ドイツ

 

製造元

OLIMP LABORATORIES

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常、成人は1日1カプセルを経口服用します。

規定量を超えて服用しないでください。

 

商品詳細

ゴールドオメガ・スリー・プラスは、オメガ3系脂肪酸の元となる2種類の成分に加え、体の抗酸化作用に有用な成分を原料としたサプリメントで、主に動脈硬化・脳梗塞・脳卒中の予防・改善、中性脂肪の減少、アレルギー減少、ガンの予防、脳の活性化、視力回復、ホルモンバランスの調節などの効果が期待できます。

脂肪には、体内でつくることができず食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸がありますが、その主なものにオメガ6系とオメガ3系があります。このうち、リノール酸やアラキドン酸などのオメガ6系はコレステロール値の減少、アレルギー症状の緩和、生活習慣病の予防・改善などの効果を持ち、植物油や動物の脂に含まれることから現代の食生活では不足することはほとんどありません。一方、くるみ、イワシやサンマ、サバなどの青魚、緑黄色野菜、豆類などに多く含まれているオメガ3系脂肪酸には、血液をサラサラにするエイコサペンタエン酸(EPA)や脳や神経組織の発育や機能維持に欠かせないドコサヘキサエン酸(DHA)などの種類があり、それぞれ善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を減らすなど、主に血液中の脂質濃度を下げるように働きます。また近年ではオメガ3系脂肪酸が気分障害や認知症、うつに対して有効性が示されたということで、精神疾患の分野でも注目され始めています。

これら2つの脂肪酸はいずれも人間にとって必要な物質ではありますが、容易に摂取できるオメガ6に対してオメガ3は普段の食事から摂取することが難しいのが現状です。この不足しがちなオメガ3系脂肪酸を効率よく摂取するための画期的なサプリメントがゴールドオメガ・スリー・プラスです。このサプリメントには、オメガ3内容物の65%に相当する(うちEPA33%、DHA22%)高濃度魚油とクリルオイル(オキアミ油)が含まれ、いずれもオメガ3の元となります。特にクリルオイルは心臓保護薬として近年では革新的な成分で、複合脂質・リン脂質が結合したリン脂質結合型オメガ3脂肪酸を主成分としており、体内の脂質と構造が似ているため吸収性がよく生体利用率が高いのが特長です。
原料となる南極オキアミは、植物プランクトンや藻をエサとする体長が6cmほどの甲殻類(動物性プランクトン)で、たんぱく質と脂質を多く含み、ビタミン類、食物繊維の一種であるキチン類、強力な抗酸化作用を持つアスタキサンチンなどのカロテノイド類など栄養分も豊富に含まれています。そのためクジラやアザラシ、海鳥などの生物のエサともなっており、南極海の生態を支えている重要な生物だとも言われています。さらに魚油よりも安定して酸化しにくく、汚染の少ない南極海で育っていることから安全性の高い成分であるとも言えます。
このリン脂質結合型オメガ3以外にも、ゴールドオメガ・スリー・プラスはビタミンEの1000倍の抗酸化力を持つとされるアスタキサンチンを含み、活性酸素抑制、血管の健康維持、免疫力亢進、ガン抑制、目の病変予防などの効果も期待されています。

なお一般のカプセルは時間の経過と共に酸化するため、しばらく保存しておくとカプセル内から臭いが拡散することがありますが、ゴールドオメガ・スリー・プラスで使用しているカプセルは独自の製法によりこのような現象がほとんど起こりません。さらに飲みやすい大きさと形状も特長です。

 

他の商品との比較

オメガ3を豊富に含む魚油とクリルオイルに加え、抗酸化物質であるアスタキサンチンとビタミンEを配合した健康維持のためのサプリメントです。

オメガ3内容物の65%(うちEPA33%、EPA22% )に相当する魚油を含んでいます。

内容物の劣化を防止し、飲みやすい形状の特殊カプセルを使用しています。

 

特別な注意

ゴールドオメガ・スリー・プラスはサプリメントのため、使用による注意は特に報告されていませんが、使用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

他の薬との併用

特に問題はありませんが、異常を感じた場合は医師の診断を受けてください。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。

 

副作用

ゴールドオメガ・スリー・プラスはサプリメントのため、服用による副作用の発現は特に報告されていません。

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-11-02
オメガ3が強化の高オレイン酸キャノーラ油摂取が心臓血管疾患のリスクを低減(【News-Medical.Net】より) - グラナダ大学の科学者、CIDAF、そしてカナダのリチャードソン・センター機能性食品栄養補助食品研究所は、オメガ3が強化された高オレイン酸キャノーラ油の摂取が血中トリグリセリド濃度を大いに低下させたことを立証した。グラナダ大学.... 続きを読む

2016-09-19
オメガ3、オメガ6脂肪酸が読書能力を向上させる?(Medical News Today】より) - もし子供の読書能力に問題があるなら、家庭教師を雇うよりも、その解決方法として脂肪酸サプリが役立つかもしれない。このような結論を出したスウェーデンのヨーテボリ大学で行なわれた研究が『児童心理学精神医学ジャーナル』で発表.... 続きを読む

2016-09-15
特定の脂肪酸が女性の糖尿病リスクを上昇させるおそれ(【News-Medical.Net】より) - 新しい研究によると、特定の脂肪酸を多量に摂取する女性は、肥満指数(BMI)に関係なく2型糖尿病を発症するリスクが上昇するそうだ。この結果は、9月12日から16日にドイツのミュンヘンで開催された欧州糖尿病学会(EASD)で報告された。この研究の著.... 続きを読む

2016-08-03
オメガ3が心臓発作後の心臓障害と機能を改善(【MedicalNewsToday】より) - 一度でも心臓発作を起こすとその心臓は損傷を受けることがあり、さらにほかの心臓関係の問題を起こすリスクが上昇する。しかし新しい研究によると、毎日オメガ3を摂取することでこのリスクを低減することができるかもしれ.... 続きを読む

2016-06-28
オメガ3脂肪酸の血中濃度が心臓発作の致死的リスクの低減と関係(【News-Medical.Net】より) - 海産物と植物由来のオメガ3脂肪酸の血中濃度は、心臓発作による死のリスクの低下とやや関係があることが、本日『JAMA Internal Medicine』で発表されたスタンフォード大学医学部心臓血管内科のポスドク研究員であるリアナ・C・デルゴッボ博士と、ボストン.... 続きを読む

2016-06-28
妊娠中の高オメガ3食品の摂取は赤ちゃんの体重に影響なし(【News-Medical.Net】より) - ヨーロッパでは、10歳未満の学童の約3人に1人が肥満、もしそうでなくても過体重である。この事実に対する原因に関する調査において、母親の子宮内の胎児プログラムが、この「重大な問題」の潜在的な原因であるとして調査の対象.... 続きを読む

2016-03-01
オメガ3群が肥満女性の乳がんリスクを下げる可能性(【Medical News Today】より) - この研究は非盲検の形式で実行され、標準体重、体重過多、肥満の乳房密度の高い閉経女性266人を無作為化した臨床試験である。結果は「がん予防調査」誌で発表された。ペンシルバニア州ハーシーにあるペンシルバニア大学医学部の内分泌学.... 続きを読む

2015-08-26
オメガ3や身体活動は認識低下に対する効果なし(【MNT】より) - JAMA(米国医療学会)ジャーナル誌で発表された、認知症の進行に与えるライフスタイル介入の影響に関する2つの無作為対象試験が、5800人以上を対象として行なわれた。「認知力に対する目立った恩恵を立証することはできなかったが.... 続きを読む

2015-08-11
オメガ3が精神病を防止するかもしれない(【MedicineNet.com】より) - 遡ること2010年、高リスクの研究で13歳から25歳までの被験者にオメガ3のサプリメントを12週間投与したところ、精神異常の第1エピソードの発現を最大1年間防いだことがオーストラリアの研究者によって報告された。そして今、その後どうなったかを、.... 続きを読む

2015-07-07
オメガ3サプリが高齢者の心臓血管の健康を改善する可能性(【News-Medical.net】より) -%E3%82%AA%E3%83%A1%E3%82%AC3%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%8C%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E3%81%AE%E5%BF%83%E8%87%93%E8%A1%80%E7%AE%A1%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%82%92%E6%94%B9%E5%96%84%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7.html.... 続きを読む

2015-06-01
魚油脂肪酸が高齢者の筋肉量低下を減らす効果があることが研究で明らかに(【FoodBev.com】より) -ワシントン大学薬学部の調査によると、魚油由来のオメガ3多可価不飽和脂肪酸(PUFA)は高齢者の筋肉量を増やし、筋肉の機能を改善する可能性があるようだ。 60-85歳のグループを、ひとつは魚由来のオメガ3脂肪酸を6ヵ月間摂.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-05-04
ビタミンBとオメガ3脂肪酸が脳委縮を防ぐ(【スワンソン・ヘルスブログ】より) -オメガ3脂肪酸およびビタミンBが、高齢者の脳委縮に効果を発揮するかもしれないことが新しい研究でわかった。オメガ3の血漿濃度、ホモシステイン濃度、脳委縮の進展および認知症との間にある関係を示した過去の調査を踏ま.... 続きを読む

2015-03-03
妊婦および授乳婦は、幼児の発育に不可欠なオメガ3の摂取が推奨量に満たないことが研究で示唆(【カナダ科学出版社プレスリリ-ス】より) -APrON(Alberta Pregnancy Outcomes and Nutrition)はアルバータ州革新健康対策により創設されたカルガリーおよびエドモントン在住の2000人以上の女性およびその子供から.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。