サイトタム/シトタム (クエン酸タモキシフェン) 20mg

170 円!! エストロゲン受容体陽性、及びエストロゲン受容体不明乳がんの治療薬!エストロゲン(女性ホルモン)の活動を抑制することによってがんの増殖を抑制する抗エストロゲン剤!ノルバデックスのジェネリック!

Cytotam (Tamoxifen Citrate) - 20mg (10 Tablets)

■ 10錠

価格:170 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

クエン酸タモキシフェン(Tamoxifen Citrate)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまで目安です。
実際に使用する場合には専門医の指示に従い、適切な使用量を使用するようにしてください。。

通常、成人は1日1回1錠を経口服用してください。
症状により適宜増減しますが、1日最高量は40mgまでとします。

 

商品詳細

サイトタム/シトタム20mgは、エストロゲン受容体陽性、及び受容体不明の乳がんの治療に使われる抗エストロゲン薬です。

乳がんとは女性においては母乳(乳汁)を分泌する器官である乳管や小葉に発生するがんで、日本人女性の30人に1人がかかっているとも言われています。
ほかのがんと比較して治癒しやすいがんではありますが、それでも約3割が再発・転移し、年間約1万人が乳がんが原因で死亡しているとの統計もあります。
また乳がんは女性特有の病気ではなく、男性においても発症することがあります。

乳がんのうち女性ホルモンのエストロゲンがエストロゲン受容体と結合することによってがんの増殖を促進するものはエストロゲン受容体陽性乳がんといい、乳がん患者の約60-70%を占めると言われています。

エストロゲンとは、女性の二次性徴に大きくかかわっているホルモンで通常「女性ホルモン」と呼ばれています。
女性らしい丸みを帯びた体系をつくり、肌にハリとつやを与えるなどの女性的な身体的特徴を発達させ、また卵胞を成熟させ、子宮頚管粘膜の分泌、子宮内膜の増殖など排卵の準備もするため、別名「卵胞ホルモン」とも呼ばれています。
実際、このエストロゲンと乳癌の関連性はまだはっきりとはわかっていませんが、エストロゲンはカテコールエストロゲンの酸化代謝を通じてがん腫瘍の発生に関与し、また乳房の上皮細胞の増殖を引き起こし、腫瘍細胞の増殖を促進するとの研究報告があります。

エストロゲン受容体陽性乳がんのようにホルモンの影響を受けて増殖する乳がんの治療に用いられるのがサイトタム/シトタム20mgのようなホルモン療法剤を用いた治療法です。
サイトタム/シトタム20mgの有効成分であるクエン酸タモキシフェンは抗エストロゲン剤で、エストロゲンに競合してエストロゲン受容体に結合し、エストロゲンが受容体に結合することを阻害することによってがん細胞の分裂や増殖を抑制する作用があります。

この薬は乳がん治療、特に手術後の再発転移を防ぐためのアジュバント療法(術後療法)に有効とされ、1963年に開発されて以来、広く使用されています。実際、クエン酸タモキシフェンの効果により、乳がんの発生が45%、また乳がんによる死亡者が5-10%減少したとの報告もあります。

 

他の商品との比較

クエン酸タモキシフェンは、フルオキシメステロン(男性ホルモン補充薬)やスチルベストロール(合成女性ホルモン)などのホルモン作用をほとんど示さず、またがん化学療法剤にみられるような細胞毒作用による骨髄障害、脱毛などの重篤な副作用が少ないとされているとされています。

また同効薬のメピチオスタンとの文献比較において、有効率には大差はありませんでしたが、副作用に関してはクエン酸タモキシフェンの方が明らかに少ないことが明らかになっています。

また、近年の研究で乳がん発症の予防にも効果があるという研究報告がなされています。
治療同様に、予防には5年から10年程度の長期服用が望ましいと言われています。

サイトタム/シトタム20mgと同一成分の商品には、タスオミン(バイエル薬品)、アドパン (沢井製薬)、フェノルルン (明治製菓)、エマルック(日医工)、ノルバデックス(アストラゼネカ)などがあります。

 

特別な注意

【重要な基本注意】
子宮がん、脳卒中、肺血栓を引き起こすことがあります。
特に乳がんの発症を予防する用途での使用においては、その有益性と危険性について必ず専門医と相談してから使用するようにしてください。

【基本注意】
サイトタム/シトタム20mgの成分に対して過敏症の既往歴がある場合は、絶対に服用しないでください。

外国において、自然流産、先天性欠損、胎児死亡が報告されており、また動物実験で妊娠および分娩への影響ならびに胎仔への移行が認められているため、妊娠中・妊娠の可能性がある場合の服用は避けてください。

生理に影響を与えますが、避妊薬ではありません。避妊はホルモン薬以外の方法を実行してください。

授乳中の服用に関する安全性は確立していないため、授乳中の人が服用することは避け、やむを得ず服用する場合には授乳を中止してください。

低体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。

喫煙、高血圧、抗血栓のためのワファリン(ワーファリン)治療を受けている場合などは、事前に医師に相談してください。

サイトタム/シトタム20mgの服用中、または治療終了後に以下の症状が出た場合は、速やかに医師に相談してください。
膣からの異常な出血、生理不順、血液混入・茶色・赤茶色などおりものの変化、骨盤(へそ下あたりの胃部周辺)の痛みや圧迫感、足のむくみ、圧痛、胸の痛み、息切れ、喀血、突発性虚脱感、ヒリヒリ感、チクチク感、うずき、顔・腕・足のしびれ(特に体の側面)、突然の意識混濁、言語障害、理解力障害、突発性視覚障害(片目または両目)、突発性歩行困難、めまい、平衡感覚障害、協調障害、突発性の激しい頭痛

サイトタム/シトタム20mgの服用中は、子宮がんの早期発見のため、婦人科系検診を受けてください。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とサイトタム/シトタム20mgを併用する場合、充分に注意してください。

クマリン系抗凝血剤(ワルファリン/ワーファリンなど): 抗凝血作用が増強することがあります。

リトナビル: サイトタム/シトタム20mgのAUCが上昇することが予測されます。

リファンピシン: サイトタム/シトタム20mgの血中濃度が低下したとの報告があります。ただし、相互作用に起因する効果の減弱および副作用の報告はありません。

選択的セロトニン再取り込み阻害剤(パロキセチンなど): サイトタム/シトタム20mgの作用が減弱するおそれがあります。ただし、相互作用に起因する効果の減弱および副作用の報告はありません。

 

誤って大量に服用した場合

医師または薬剤師に相談してください。

 

服用し忘れた場合

服用し忘れた場合は1回飛ばして、定められた量を次回に服用してください。
忘れた分をまとめて服用することは、絶対におやめください。

 

副作用

サイトタム/シトタム20mgの服用で以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
肝機能異常、脂肪肝、無月経、月経異常、性器出血、膣内分泌、卵巣嚢腫、卵巣嚢胞、陰部そう痒、悪心・嘔吐、食欲不振、下痢、腹痛、頭痛、めまい、不眠、抑うつ状態、発疹、発汗、脱毛、ほてり・潮紅、体重増加、むくみ、骨痛、腫瘍部の疼痛・発赤、倦怠感、頻尿、高トリグリセライド血症、下肢けいれん など

極稀に起こる重篤な副作用
白血球減少、貧血、血小板減少、視力異常、視覚障害(角膜の変化、白内障、網膜症、網膜委縮、視神経症、視神経炎、視神経委縮など)、血栓塞栓症、静脈炎、重篤な肝障害(胆汁うっ滞、肝炎など)、高カルシウム血症、子宮筋腫、子宮内ポリープ、子宮内膜増殖症、子宮内膜症、間質性肺炎、アナフィラキシー様症状、血管浮腫、皮膚粘膜眼症候群(スティーブン・ジョンソン症候群)、水疱性類天疱瘡、すい炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-09-16
乳がん治療薬の子宮内膜の副作用をおそれる女性を、研究が安心させられるかもしれない(【News-Medical.Net】より) - ロヨラ・メディシンの研究員たちによる研究が、乳がん治療薬のタモキシフェンが子宮がんのリスクを増加させるかもしれないことを危惧している患者を安心させる助けになるかもしれない。 この多機関研究は『ネイチャー・ジャーナル.... 続きを読む

2016-06-14
メラトニンを充填したNLCsがタモキシフェンの効果を増強(【News-Medical.Net】より) - メラトニンが充填された小さな脂質の気泡がタモキシフェンをさらに効果的にする。睡眠ホルモンであるメラトニンで満たされた小さい気泡は、乳がんの治療をより効果的するため抗ガン剤の服用量が少なくて済み、重篤な副作用.... 続きを読む

2015-10-14
一般的な乳がん治療薬がMRSAの攻撃を助ける可能性(【MNT】より) - 抗生物質に対する耐性は世界中で問題になっている。我々がさらにこの問題に取り組まない限り、「ポスト抗生物質時代」に向かうことを世界保健機関が昨年警告している。そして今、一般的に乳がん治療に使用されている薬.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-04-13
乳癌は男性でも女性ほど多くはないが発症例あり(モリスヘラルド・ニュースより)― セネカとマルセイユの間に住むハンク・エングルハウプト(Hank Englehaupt)さんは、まさか自分が医師から乳癌と診断されるとは思ってもいなかった。2002年、告知された。現在71歳になり、乳癌に対する化学療法による足の神経障害を患.... 続きを読む

2015-04-13
乳癌は男性でも女性ほど多くはないが発症例あり(モリスヘラルド・ニュースより)― セネカとマルセイユの間に住むハンク・エングルハウプト(Hank Englehaupt)さんは、まさか自分が医師から乳癌と診断されるとは思ってもいなかった。2002年、告知された。現在71歳になり、乳癌に対する化学療法による足の神経障害を患.... 続きを読む

2015-02-25
乳癌の予防にタモキシフェン:IBIS-I乳癌予防試験の長期にわたる延長追跡調査(メッドスケープより)― IBIS-I試験は、1992~2001年に乳癌の発症リスクが高いとみられた35~70歳の閉経前・閉経後女性を登録し、タモキシフェン又はプラセボのいずれかに無作為に割り付け、5年間投与したランダム化比較試験である。本試験では7,000人.... 続きを読む

2014-12-04
骨髄増殖性腫瘍の発生を女性ホルモンが防ぐ(サイエンス・コーデックスより)― 血液疾患の中には治癒を期待できる治療法が現在もないものがあり、今回の発見はその治療法として応用できる可能性がある。この研究はCNICのサイモン・メンデス‐フェレール博士(Dr. Simon Mendez-Ferrer)がリーダーを務め、バーゼル大.... 続きを読む

2014-10-06
癌の再発予防に有用な薬剤(WBALTVより)― 乳癌を克服した患者の多くが、自らの経験談として、癌の再発を予防するために、医師と患者が薬剤投与などの長期的戦略計画に取り組むことで、生存し得る場合が多いと話す。マーシー医療センター(Mercy Medical Center)の腫瘍医である.... 続きを読む

2014-08-20
香港のエボラ治療薬候補の中には乳がん治療薬(スタンダード紙より)― 衛生防護センター(Centre for Health Protection)の19日夜の発表によると、香港ではエボラ出血熱の患者の治療に乳がん治療薬を使用するかもしれない。保健当局がアメリカの製薬会社から未承認薬ZMapp(ジーマップ)を入手できないためだと.... 続きを読む

2014-08-08
予防薬として認可する時が来たタモキシフェン(ザ・テレグラフより)― 実績があるだけではなく薬価が低い(7ペンス/日)のがタモキシフェンです。35歳以上で、その家族歴から乳がん発症リスクが17%を超える女性は48万8千人に上ると推定されており、医師は彼女たちにタモキシフェンまた.... 続きを読む

2014-07-15
乳癌治療薬をゲルとして使用すると副作用が少ない可能性がある(ヘラルド・スコットランドより)― 研究者らは、何千人もの女性が乳癌の治療に役立てるため使用している錠剤をゲル製剤で使用すると、副作用が低減する可能性があることを見出した。タモキシフェンは、ソルタモックス(Saltamox)と呼ばれる無糖液としても入.... 続きを読む

2014-06-13
抗マラリア薬HCQの併用でタモキシフェン耐性乳がんの感受性が回復(メディカル・エキスプレスより)― 進行性閉経後ER陽性乳がんの女性の一部には、タモキシフェンにHCQを追加する治療が新しい選択肢となるかもしれない。ジョージタウン大学ロンバルディ総合がんセンター(Georgetown Lombardi Comprehensive Cancer Center)の研究者らが『クリニカル・キャン.... 続きを読む

2014-02-11
真菌症に効く乳癌治療薬(ワールド・ファーマ・ニュースより) - タモキシフェンは、乳癌の治療薬として現在使用されているが、免疫不全患者における致死的な脳感染症の原因となる真菌類も死滅させる。こうした疾患は、結核患者よりもHIV/エイズ患者でより多くの死者を出しており、今.... 続きを読む

2013-12-16
抗がん剤が認知力を増強(ヴァンダービルト大学ニュースより) - 乳癌治療および予防に使用される薬として一般に知られているタモキシフェンが、閉経後の女性の認知能力を向上させることを、ヴァンダービルト(Vanderbilt)大学の研究者らが発見した。精神医学教授ポール・ニューハウス(Paul .... 続きを読む

2013-12-16
抗がん剤が認知力を増強(ヴァンダービルト大学ニュースより) - 乳癌治療および予防に使用される薬として一般に知られているタモキシフェンが、閉経後の女性の認知能力を向上させることを、ヴァンダービルト(Vanderbilt)大学の研究者らが発見した。精神医学教授ポール・ニューハウス(Paul .... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-10-01
5年以上のタモキシフェン服用はすべてのER陽性乳がん女性に有益なことを研究で確認(メディカル・エキスプレスより) - タモキシフェンを推奨の5年に加えてさらに5年間服用することは、リンパ腺への転移がない乳がん(リンパ節転移陰性乳がん)だけでなく、手術時にリンパ節転移が判明した乳がんの女性にも有益であるという。欧州がん.... 続きを読む

2013-09-04
乳がんの薬が400人以上の女性の命を救うことを研究が示す(ザ・ガーディアンより) - タモキシフェンは毎年13,000人の女性に処方される - しかし、深刻な副作用ため多くの患者がコースを終えることがない。研究によると、時に深刻な副作用はあるものの、この最もよく使われる乳がんの薬のフルコースを受ければ.... 続きを読む

2013-06-02
タモキシフェンは10年使用したほうが乳がん再発を減らせる(ロイターより) - 英国の研究によると、乳がんの治療を終えた女性がタモキシフェンを服用する場合、推奨されている5年ではなく10年服用したほうが再発の可能性は低くなるという。この研究は大規模な国際試験の一角をなすものであり、.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-03-20
タモキシフェン服用期間を5年以上にするとさらに効果が高まる可能性(トゥルサ・ワールドより) - 読者からコモロフ先生に質問:私は数年前にER陽性乳癌と診断されました。主治医からは、癌の再発を防ぐためタモキシフェンを5年間服用するように言われています。最近、タモキシフェンはもっと長い期間服用したほう.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-01-22
乳癌の高リスク女性に対する予防薬としてのタモキシフェン(About.comより) - 英国では、主力医薬品であるタモキシフェンが、乳癌に対する予防薬として投与されるようになる可能性がある。今回、エストロゲン阻害薬の処方対象となる患者は、乳癌発症の強い家族歴を持つ人で、リスクが高いか、やや.... 続きを読む

2013-01-17
タモキシフェンが筋ジストロフィーに有望なことが動物試験で明らかに(ドクターズ・ラウンジより) - アメリカン・ジャーナル・オブ・パソロジー(American Journal of Pathology)の1月15日付オンライン版に掲載された研究によると、乳癌治療薬タモキシフェンは、デュシェンヌ型筋ジストロフィーモデルマウスの筋力および筋機能を改善する.... 続きを読む

2012-12-05
乳癌の再発を防ぐにはタモキシフェン使用期間を『倍に延長すべき』(BBCニュースより) - 10年間のタモキシフェン治療は、現在推奨されている5年間の治療よりも多くの女性の乳癌再発を防ぐ可能性があると、研究者らは述べている。オックスフォード大学(University of Oxford)の科学者らによれば、治療期間を10年にすると.... 続きを読む

2012-10-09
乳癌は早期発見が生き延びるための絶好のチャンス(miNBCニュースより) - 2006年12月28日 ― それは、アニタ・ボーム(Anita Baum)さんの人生を永遠に変えた日でした。「人が、人生というのは目の前をあっという間に過ぎていくものだと言うとき、目の前で過ぎていくのが過去の人生ではないことを誰だって.... 続きを読む

2011-12-09
肥満により乳癌の転帰が悪化(cbs42.comより) - アラバマ州バーミングハム(アイヴァンホー・ニュースワイヤー)発 -- 肥満が原因で生じるいろいろな健康問題とは別に、1つの新たな問題が現れた。最近の研究によれば、肥満は早期乳癌における全体的な転帰悪化と関連している.... 続きを読む

2011-11-14
乳がんに対するタモキシフェン耐性の秘密とそれを克服する方法が識別された(バイオスコラー・ドットコムより) - カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の科学者らは、乳がんに対するタモキシフェン耐性の分子基盤を発見し、それを克服する可能性のある方法を見出した。この30年間、何千人もの乳がん患者の女性がタモキシフェン.... 続きを読む

2011-10-13
乳がん患者は薬を変更すると生存率が改善(サイエンティスト・ライブより) - ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー(Journal of Clinical Oncology)で本日発表されたインターグループ・エキセメスタン試験(IES: Intergroup Exemestane Study)の.... 続きを読む

2011-10-09
ピンクリボンを考える:乳癌治療を変える研究(デイリーインターレイクより) - 10月はピンクリボン月間と呼ばれています。地元の乳腺外科医メリッサ・フルバット博士(Dr. Melissa Hulvat)は、カリスペル地域医療センター(Kalispell Regional Medical Center)のバス乳腺センター(Bass Breast Center)で、革新的研究に関する情報の更新を始めました。また、それに伴い自身の診療業務.... 続きを読む

2011-10-05
双極性障害の治療に検討されている利用可能な薬剤(サイキアトリック・タイムスより) - 双極性障害に対し、メチレンブルーに加え数種の利用可能な薬剤が検討されている。テキサス大学(University of Texas)のマーサル・サンチェス氏(Marsal Sanches)とジェイアー・ソアレス氏(Jair Soares)はこれら薬剤のレビューを実施し.... 続きを読む

2011-03-27
乳がん予防薬を「処方すべき」(BBCニュースより) - がん専門家国際委員会によれば、乳がん発症リスクが高い女性に予防的薬剤を投与すべきであるという。同委員会は、タモキシフェンなどの薬剤により乳がん発症の確率を低下させることができると報告しており、.... 続きを読む

2010-12-09
エキセメスタンは、ホルモン受容体陽性早期乳がんに対する、もう一つの第一選択補助療法であるかもしれない(サイエンスデイリーより) - エキセメスタンはエストロゲン産生を妨害するアロマターゼ阻害薬である。このエキセメスタンがホルモン受容体陽性早期乳がん手術後の閉経後女性に、もう一つの選択肢を与えてくれるかも.... 続きを読む

2008-09-02
乳癌治療薬は認知低下と関係あらず:研究より(ABCヘルスデイニュースより) - 以前の研究結果に反して抗癌剤アナストロゾールは認知能力に損傷を与えないことが判明した。アナストロゾールはタモキシフェンよりも閉経後の女性の乳癌再発を防ぐのに優れていると証明された。しかし、断面調査によるとアナトロゾールなどの内分泌治療法は、より低下した言語記憶力や認知処理に関係.... 続きを読む

2007-02-21
薬剤により「長期的ながんリスクが低下」(BBCニュースより) - 女性がタモキシフェン投与を止めてから後も、同剤による長期的な乳がんリスクの低下が認められることが.... 続きを読む

2004-12-04
乳癌治療の進歩(BBCニュースより) - 高齢の早期乳癌女性には、現在のゴールドスタンダードとは別の薬剤を処方すべきであると専門家らは述べている。Lancet誌に掲載された5年データでは、閉経後女性の癌転移と再発を予防するには、アナストロゾールの方がタモキシフェンよりも優れていることが示されている。こうした女性患者には直ちにアナストロゾールを処方すべきであり.... 続きを読む

1999-09-16
乳がん治療薬は大いに期待できる(BBCニュースより) - 進行乳がんに罹った閉経後女性にとって恩恵となるかもしれない。ある医薬品が臨床試験で極めて有望な結果を出しているのだ。この薬はアナストロゾールといい、アリミデックスという商品名でゼネカ社(Zeneca)が販売しているが、現在の治療薬タモキシフェンの優位に疑問を投げかけることになるかもしれないと一部の科学者は考え... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。