サステン ジェル (プロゲステロン) 8.0%

470 円!! 不妊に悩む人への画期的な治療薬!妊娠ホルモン「プロゲステロン(黄体ホルモン)」をアプリケーターで膣に直接注入!確実に体内に吸収されるため、妊娠のチャンスが増大!また更年期障害でホルモン補充治療をしている人にも効果的!

Susten Gel (Progesterone) - 8% (1.35g Tube)

■ 1.35gチューブ

この商品は必ず女性名義でご注文ください。

(男性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:470 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

プロゲステロン(Progesterone)

 

製造国

インド

 

製造元

Wyeth

 

使用量

【プロゲステロン欠乏の治療】
月経周期の15日目から25日目までの間、1日おきに1本を朝に使用するのが目安です。

【更年期障害治療で女性ホルモン補充療法をしている場合】
1日おきに1本を、エストロゲン使用期間の最終12日間に使用してください。

 

商品詳細

サステン ジェル8.0%は女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの不足を補う薬です。

プロゲステロンは黄体ホルモンとも言われ、卵巣の黄体(排卵後の卵胞)から分泌され、エストロゲン(卵胞ホルモン)と共に月経周期と妊娠に深くかかわっているホルモンです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は卵巣の卵胞から分泌されるホルモンで、主に卵胞内の卵の成熟と排卵を促し、また受精卵の着床に向けて子宮内膜を厚くする作用があります。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は排卵後に子宮内膜を肥厚化し、栄養を蓄え、受精卵が子宮内膜へ着床しやすい状況を整える作用があります。
プロゲステロンは 妊娠が成立した場合には、エストロゲンの排卵作用を抑制し、妊娠を維持する作用を発揮しますが、妊娠が成立しなかった場合は黄体が自然に委縮することにともない、その分泌量が減少します。
このプロゲステロンの分泌量の減少によって子宮内膜が剥がれ落ち血液と共排出されるのが月経で、一定の周期をもって繰り返されます。

このような作用からエストロゲンと、プロゲステロンは別名「妊娠ホルモン」と呼ばれるほど妊娠には欠かせないホルモンです。
そのためこのどちらか一方が欠乏などの問題でうまく分泌されないと、妊娠の確率がかなり低くなり、不妊症の一因となることが証明されています。

プロゲステロン欠乏の一因として、黄体機能不全が挙げられます。
血中のプロゲステロン値が10ng/ml未満とされる状態で、子宮内膜の厚さが受精卵の着床に不十分であったり、基礎体温の高温期が卵の成熟に不適切な状態を招き、不妊症の原因になるとされています。

サステン ジェル8.0%の作用機序については明らかでない点もありますが、膣内に注入されたプロゲステロンが膣壁から吸収されそのまま子宮に到達し、子宮内のプロゲステロン受容体と結合し、子宮内膜や子宮筋の働きの調節や体温上昇など妊娠に必要な状況を整える作用を発揮すると言われています。
また日本のホルモン治療で広く使用されている錠剤や注射と比べて、効果も高く副作用も少ないと言われており、プロゲステロンをジェルで補う不妊治療は欧米では10年以上にわたって行なわれています。

またサステン ジェル8.0%の主成分であるプロゲステロンは不妊治療以外にも妊娠を維持する作用があるとされ、流産を予防するために着床後も引き続き補充することが推奨されています。
そのほか、女性ホルモン減少に起因する更年期障害の症状を和らげるとして、更年期障害の治療にも使用されることがあります。

 

他の商品との比較

別名「妊娠ホルモン」と呼ばれるプロゲステロンを使用した薬剤には、錠剤、筋肉注射、クリームなどがありますが、膣に直接注入するゲル状のタイプは日本の製薬会社では販売していないようです。
しかし日本以外では、同じ成分および成分量を使用したクリノンやプロチーブが発売されています。

錠剤タイプは代謝分解されやすく効果が薄い、注射は副作用が大きいなどの欠点がありましたが、サステン ジェル8.0%は膣から直接吸収するため、効果が高い割に副作用が注射より少ないという利点があります。
また使用も2日に1回と手軽で、アプリケーターを使用するため自分で簡単に注入できます。

 

特別な注意

以下に当てはまる場合は、絶対にサステン ジェル8.0%を使用しないでください。
・プロゲステロンまたはサステン ジェル8.0%の成分に対してアレルギーの適応または既往歴がある
・原因不明の膣内出血がある
・肝機能障害または肝臓に病気がある
・胸または生殖器に悪性腫瘍がある
・稽留(繋留)流産をしたことがある
・静脈血栓症または血栓塞栓症疾患がある、または既往歴がある
・ポルフィリン症にかかっている
・膣感染症にかかっている
サステン ジェル8.0%以外の膣内挿入製品を使用している

血栓障害(静脈血栓症、脳血管障害、肺塞栓)の早期発現、または血栓障害にかかる疑いがあります。症状が出た場合はただちに使用を中止して、医師の診断を受けてください。

サステン ジェル8.0%を使用する前に、胸、骨盤内器官、パパニコロースミアなどに関連する検査を受けてください。

異常、非機能が原因と思われある膣内出血が起こることがあります。原因不明の出血が起きた場合は、ただちに使用を中止して医師の診断を受けてください。

プロゲストゲンの摂取や影響により、体液滞留やてんかん、片頭痛、ぜんそく、心臓病、腎機能障害などが起きることがありますので、サステン ジェル8.0%を使用中は症状に充分注意してください。

過去にうつ病を患ったことがある場合は、充分に注意して使用してください。万一、重大なうつ病が再発した場合は、ただちに使用を中止してください。

エストロゲンとプロゲスチンの複合剤を服用している場合、ごくまれに耐糖能の減少が起きることがあります。糖尿病を患っている人は、サステン ジェル8.0%を使用する際に充分に注意してください。

黄体欠乏の場合、妊娠した最初の1カ月に使用してください。

母乳にサステン ジェル8.0%の成分が含まれることが立証されていますが、乳児への影響についての安全性は確立されていません。

 

他の薬との併用

ほかの薬との併用による弊害についてはデータがありませんが、処方薬や市販薬などの他薬と併用する際には事前に医師或いは薬剤師に相談し、安全性を確認してから使用するようにしてください。

日本で販売されている類似成分(酢酸メドロキシプロゲステロン)使用の薬剤では、次のように記されています。

錠剤:ホルモン剤(黄体、卵胞、副腎皮質など)と併用する場合、血栓症を起こすことがあるので併用には注意してください。
注射(一部):リファンビシン、血糖降下剤(インスリン製剤、スルフォニル尿素系製剤、ピグアナイド系製剤など)と併用する場合、作用が減弱することがあるので、併用には注意してください。

 

誤って大量に服用した場合

医師に相談してください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐ使用してください。
もし次回使用のタイミングが近い場合は、忘れた分は飛ばして次回分から使用してください。
2回分をまとめて使用することは避けてください。 医師に相談してください。

 

副作用

サステン ジェル8.0%を使用した場合、以下の副作用が起きることがあります。

むくみ、目まい、頭痛、嫌悪・吐き気、胸痛、性器モニリア症、膣分泌物、性器掻痒症、腹痛、会陰部痛、便秘、下痢、嘔吐、抑うつ症、性欲減退、精神症、乳房肥大、性交疼痛、夜間頻尿、食欲増進、疲労、背痛、筋肉痛、精神不安定、睡眠障害など

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-02-27
女性にはプロゲステロン補充のほうがプラス(バイオ・ホルモン・ヘルスより)― プロゲステロンに関する研究が見当たらない、なんてよく言われますが、フランスとアメリカのわりと最近の研究では、女性の「乳がんや脳卒中のリスクを減らす」「認知症を防ぐ助けになる」という現実的なメリットが明.... 続きを読む

2014-06-18
プロゲステロンが脳腫瘍の治療法となる可能性(エモリー大学ニュースより)― プロゲステロンというホルモンが高悪性度の脳腫瘍に対する治療に部分的に寄与する可能性がある。この腫瘍を発症させたマウスにおける高濃度プロゲステロンは、神経膠芽腫(グリオブラストーマ)細胞を死滅し、腫瘍増.... 続きを読む

2014-02-03
早産の予防法を患者ごとに個別化する新規アプローチの発見(サイエンス・コーデックスより) - この新しい研究結果は、早産リスクの高い女性のうち、プロゲステロン注射が効く女性を特定することにより、近い将来、患者ごとに個別化した早産の予防的治療を医師が行えるように導く可能性がある。自然に産生される.... 続きを読む

2014-01-23
健康コラム:プロゲステロンの乳癌防御能(ポスト・インディペンデントより) - ホルモン補充療法を行うべきか検討している女性が抱く最大の不安が乳癌であるというのもうなずける。マスコミや医学界は、リスクに関する包括的な発言や、具体性に欠けるお粗末な説明で、問題を混乱させただけである.... 続きを読む

2014-01-15
女性のほてりへのプロゲステロン使用が心血管系の健康に安全であることを示す研究結果(UBCニュースより) - ブリティッシュ・コロンビア大学のジェリリン・プライア(Jerilynn C.Prior)によれば、「プロゲステロンのリスクは誇張されている」ことが最近の研究結果で明らかにされた。閉経後女性における重度のほてりや寝汗を軽減することが明.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-07-16
更年期の気分変動とうつ病への手助け(バイオ・ホルモン・ヘルスより) ― プロゲステロンは気分を高めてくれることが知られていますが、大半の人に当てはまるビタミンD欠乏もみられる場合、それを解消すれば大きな効果があります。更年期の気分変動は本当につらいものですが、ひどすぎる場合、.... 続きを読む

2012-06-19
プロゲステロンが外傷性脳損傷の患者を救う可能性(リーガル・エグザミナーより) - ある若い女性が歩行者事故に遭い、外傷性脳損傷で肢体不自由となりましたが、事故後の人生で二度目となるチャンスを与えられました。18歳のミシェル・ヴァケーロ(Michelle Vaquero)さんは、道路を横断中、車側の非で宙に舞い上がり.... 続きを読む

2011-02-20
脳損傷に対するプロゲステロン(性ホルモン)の試験(BBCニュースより) -最初の避妊ピルに使用された性ホルモンである天然プロゲステロンが、重度の頭部損傷患者を対象に試験される予定である。研究者らは、3月に第III相試験を開始する予定とし、プロゲステロンが患者の命を救い、脳の損傷を軽減する.... 続きを読む

2010-02-07
植物から女性ホルモンのプロゲステロンが初めて発見された(サイエンスデイリー) - 従来の見識をくつがえす研究結果として、科学者らが植物から女性ホルモンのプロゲステロンを初めて発見したと報告している。これまでは、動物しかプロゲステロンを産生できないと考えられていた。プロゲステロンは卵巣から分泌されるステロイドホルモンであり、子宮に妊娠の準備をさせたり、妊娠を維持する。合成プロゲステロンである.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。