ジョイント・フォーミュラ(関節サプリメント)(グルコサミン750mg/コンドロイチン225mg/マンガン1mg/ホウ素1mg)(60カプセル)

15320 円!! 関節痛や加齢による軟骨の減少を予防するサプリメント!骨のクッションである軟骨に不可欠な成分を補給することで健やかな関節機能を維持します!予防のために早めの服用開始がおすすめ!

Joint Formula with Glucosamine & Chondroitin (Glucosamine sulfate750mg / Chondroitin sulfate225mg / Manganese1mg / Boron1mg) (60 Cupsules)

■ 60カプセル

価格:15320 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

硫酸グルコサミン(Glucosamine Sulphate)

硫酸コンドロイチン(Chondroitin Sulfate)

マンガン(Manganese)

ホウ素(Boron)

 

製造国

オーストラリア

 

製造元

Blackmores

 

使用量

成人

1回1カプセルを1日2回食事と共に経口服用、または専門家から指示されたとおりに服用します。


子供(12歳未満)

専門家から指示されたとおりに服用します。


 

商品詳細

ジョイント・フォーミュラ(関節サプリメント)は、軟骨の正常な機能に不可欠な成分を配合し、主に膝関節の痛みの減少や軟骨減少防止を目的としたサプリメントです。


骨と骨の繋がった部分を関節と言います。動きを必要としない不動性結合と、膝、ひじ、肩、腰など動きが必要な可動性結合に分けられますが、一般に関節を指す場合は可動性結合による関節のことを言います。座る、立つ、歩くなどの動作はこの関節を動かすことで行ない、また長年にわたって繰り返し使用する部位でもあるため、人間の体にはこの部分を安定させたり、摩擦や衝撃から受けるダメージを軽減するためのさまざまな機能が備わっています。そのひとつが軟骨です。


軟骨はプロテオグリカンと呼ばれる成分からできており、この成分をつくりだす原料がグルコサミンです。軟骨そのものの強化のほか、すり減った軟骨の修復や再生の促進、関節痛の緩和、炎症の抑制などにも効果的であるとされています。

ところがこれらの成分は加齢とともに減少傾向にあり、中でもグルコサミンは50代では20パーセントにまで減るとされ、それと同時に軟骨の水分が不足して弾力性が失われることで軟骨同士の摩擦が増え、すり減っていきます。さらに体内での軟骨の生成量が減るだけでなく、場合によっては正常に機能しなくなるなどの質的変化が起こることもあり、これが引き金となって関節痛などを引き起こします。


この軟骨に弾力を与える重要な成分にコンドロイチンがあります。コンドロイチンはすぐれた保水性や保湿性を備え、皮膚や軟骨、骨、角膜などに存在して組織の柔軟性を保つ働きをするムコ多糖の一種です。軟骨内では、主成分であるプロテオグリカンの中に存在し、軟骨に水分とともに栄養を運び入れ、老廃物を排出するよう働いています。そのほか、軟骨の破壊抑制、関節痛の予防・緩和などに加え、カルシウムの代謝をサポートして骨の成長を支えることから、関節を滑らかに動かすために欠かせない存在になっています。しかしコンドロイチンもグルコサミン同様に加齢と共に減少し、その結果、軟骨の弾力性が失われ、軟骨同士の摩擦が増えるために、これもまた関節痛などを引き起こす原因になります。


グルコサミンはコンドロイチンを含むプロテオグリカンの原料であり、この両方を一緒に摂取するとそれぞれの成分が増えて相乗効果が期待できます。しかし、いずれも食品に含まれる量が少ない上に、体内での吸収率も高くないため、普段の食事だけで充分な量を取り入れるのは簡単ではありません。そこで、グルコサミンとコンドロイチンを同時に効率よく摂取するためのサプリメントが、ジョイント・フォーミュラです。


ジョイント・フォーミュラは、1日に2回服用することで、1日に必要とされるグルコサミンとコンドロイチンの両方を摂取できるだけでなく、それぞれの相乗効果により、炎症を改善して関節痛の緩和を促し、また関節に違和感や不安を感じる人に対する予防効果も期待できるため、ジョイント・フォーミュラは関節が気になる高齢者などにとって最適なサプリメントといえます。


 

他の商品との比較

軟骨再生の成分として働きます。


健康な関節を維持し、摩擦による軟骨の減少を減らします。


関節にスムーズな動きと栄養を与えます。


強力なグルコサミンにコンドロイチンを加えました。


 

特別な注意

【禁忌】

・ジョイント・フォーミュラの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【慎重服用】

・グルコサミンは甲殻類由来のため、甲殻類にアレルギーのある人の使用は推奨されていません。

・糖尿病、糖尿病の可能性のある人

・高血圧の人

・高脂血症の人

・妊婦、授乳婦

・ワルファリンなどの抗凝血剤を服用している人

・喘息のある人

・乳製品や乳糖に対して不耐性のある人


【使用上の注意】

・1日摂取量中に約196mgのナトリウムを含んでいます。

・軽い胃腸障害が起こることがあります。

・定められた用量を超えないようにしてください。
・サプリメントを食事の代用として使用しないでください。
・服用中は規則正しい生活とバランスの取れた食生活を心掛けてください。
・小さな子供の手の届かない場所に保管してください。


 

他の薬との併用

ジョイント・フォーミュラとほかの薬剤との併用に関する注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときに使用してください。

 

副作用

ジョイント・フォーミュラ服用による副作用は特に報告されていませんが、ごくまれに以下の副作用が起こることがあります。


胃痛、胸やけ、便秘、下痢、まぶたの腫れ、末梢神経障害、自律神経障害


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。