ゾコンTキット (フルコナゾール/チニダゾール) - 150mg/1000mg

440 円!! 膣カンジダ、トリコモナス膣炎、細菌性膣症など複数の感染症を同時に殺菌できる、フルコナゾール錠とチニダゾール錠セット!それぞれ単剤で服用するよりも低用量で済むため副作用も少なく、1回の服用でも良好な効果が期待できます!

Zocon T Kit (Fluconazole/Tinidazole) - 150mg/1000mg (3 Tablets)

■ 2錠/1錠

この商品は必ず女性名義でご注文ください。

(男性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:440 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

フルコナゾール(Fluconazole)

チニダゾール(Tinidazole)

 

同一成分含有商品

フルコナゾール(ダイフルカンジェネリック) 150mg (1カプセル) 320 円
Fluconazole - 150mg (1 Capsule)

フルコナゾール(ダイフルカンジェネリック) 200mg (28カプセル) 7910 円
Fluconazole - 200mg (28 Capsules)

フルコナゾール(ダイフルカンジェネリック) 50mg (28カプセル) 3580 円
Fluconazole - 50mg (28 Capsules)

フォルカン(フルコナゾール)150mg (1錠) 340 円
Forcan (Fluconazole) - 150mg (1 Tablets)

フォルカン(フルコナゾール)200mg (4錠) 1520 円
Forcan (Fluconazole) - 200mg (4 Tablets)

フォルカン(フルコナゾール)50mg (4錠) 710 円
Forcan (Fluconazole) - 50mg (4 Tablets)

ダイフルカン(ジフルカン)・ワン(フルコナゾール)150mg (1カプセル) (1カプセル) 3320 円
Diflucan One (Fluconazole) - 150mg (1 Capsule)

フルカゾール(フルコナゾール)150mg (1カプセル) 2530 円
Flucazole 150 (Fluconazole) - 150mg (1 Capsule)

ファシジン(チニダゾール)500mg (100錠) 4390 円
Fasigyn (Tinidazole) - 500mg (100 Tablets)

チニバ500(チニダゾール)500mg (10錠) 320 円
Tiniba (Tinidazole) - 500mg (10 Tablets)

ゾコン・トランスジェル(フルコナゾール)0.5% (15gチューブ) 490 円
Zocon Transgel 0.5% (Fluconazole) - 0.5% (15gm Tube)

エニダゾール1000(チニダゾール)1000mg (2錠) 120 円
Enidazol 1000 (Tinidazole) - 1gm (2 Tablet)

ゾコンTキット (フルコナゾール/チニダゾール) - 150mg/1000mg (2錠/1錠) 440 円
Zocon T Kit (Fluconazole/Tinidazole) - 150mg/1000mg (3 Tablets)

ゾコン点眼液 (フルコナゾール) 0.3% (5ml) 660 円
Zocon Eye Drop (Fluconazole) - 0.3%w/v (5ml)

オゾール(フルコナゾール)50mg (28カプセル) 1280 円
Ozole (Fluconazole) - 50mg (28 Capsules)

オゾール(フルコナゾール)150mg (1カプセル) 290 円
Ozole (Fluconazole) - 150mg (1 Capsules)

オゾール(フルコナゾール)200mg (28カプセル) 2980 円
Ozole (Fluconazole) - 200mg (28 Capsules)

トリフルカン(フルコナゾール)100mg  (7カプセル) 3500 円
Triflucan (Fluconazole) - 100mg (7 Capsules)

ゾラックス(フルコナゾール)100mg (7カプセル) 2400 円
Zolax (Fluconazole) - 100mg (7 Capsules)

 

製造国

インド

 

製造元

FDC Limited

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

フルコナゾール2錠とチニタゾール1錠を同時に経口服用してください。

 

商品詳細

ゾコンTキットは、真菌性の膣炎、トリコモナス膣炎、細菌性膣症治療に有用なフルコナゾール錠とチニダゾール錠剤がセットになった経口薬です。

膣炎は、さまざまな原因菌によって膣内粘膜が炎症を起こした状態のことで、通常とは違うにおいや色のおりものが出たり、強いかゆみとなって現れることが多い感染症です。複数の症状が複合的に現われたり、症状を繰り返す人もいるため、治療をしないでそのまましておくと、不妊症の原因になったり、妊婦が感染した場合は、流産や早産の可能性が高まるだけでなく、子供に感染するおそれもあるので、早期治療が必要です。

真菌が原因とされる感染症の場合は、「カンジダ」と呼ばれるカビの一種が膣内で過剰に増えることで、膣カンジダが発症します。女性器の強いかゆみ、白いカスのようなおりものが特徴で、ひどい時は股の内側全体にかゆみが拡がることもあるようです。
カンジダは、通常は人間の腸管、皮膚、膣内などに存在していることが多く、一般成人女性の約15%、妊婦の20%以上の膣内にカンジダが存在しているというデータもあり、高温多湿な気候、合成繊維のきつい下着、劣悪な衛生状態や、抗生物質の服用などが原因で、カンジダによる感染症が起こると言われています。

トリコモナス感染症の場合は、トリコモナスと呼ばれる原虫が原因となり、腟トリコモナス症が発症します。多くの場合は女性に症状が見られ、生殖年齢にある女性の約20%が発症すると言われています。感染原因は主に性行為ですが、そのほかには下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性も考えられます。
女性器の痛みやかゆみ、灼熱感、性交・排尿時の不快感に加え、悪臭を伴う淡黄色や乳白色の泡立ったおりものなどが主な症状です。

細菌性膣炎は、膣の自浄作用の低下により、特定の病原性細菌ではない一般の嫌気性菌によって引き起こされます。通常、女性の膣内は細菌や真菌が棲みついており、特にラクトバチルスという乳酸菌は膣内を酸性に保ち、内部を菌から守る働きをしている大切な菌です。しかし、このラクトバチルスが何かしらの原因で少なくなると膣内の細菌バランスが崩れ、正常な細菌と嫌気性菌などの数的な優位性が入れ替わった状態になるために細菌性膣炎に進行することがあります。
白、灰色または黄色を帯びて濁ったおりもの、悪臭(特に魚介類のようなにおい)、かゆみや膣外陰部の痛み、熱感、発赤などの症状が特徴です。しかし、多くの場合は症状に気付かずに日常生活を送っていることが多いようです。

ゾコンTキットの有効成分のひとつであるフルコナゾールは、日本では20年以上にわたって広く医療で使用されている真菌症治療薬です。またもうひとつの成分であるチニダゾールは長年、日本や海外の多くで膣トリコモナスや細菌性膣炎治療に使用されており、原虫、細菌を強力に抑制する作用を持っています。
フルコナゾールはアゾール系薬に属し、膣の微生物群を崩壊させることなく、膣の真菌性感染症を処置するのに有効であり、真菌の細胞膜の主成分であるエルゴステロールの合成を選択的に阻害し、透過性や膜機能の障害を起こすことで菌の増殖を抑制します。そのほか、カンジダ血症、カンジダ肺・気管支炎、カンジダ尿症、カンジダ食道・消化管炎やクリプトコッカスによるクリプトコッカス髄膜炎、肺クリプトコッカス症の治療などにも幅広く使用されています。

一方、チニダゾールは、トリコモナス腟炎の原因となる原虫や、嫌気性菌が原因で起こる細菌性膣炎の細菌に対して効果を現わします。チニダゾールは、細胞のDNAに結合してDNA障害を引き起こすことで、細胞を死に至らしめると考えられています。細かい作用機序はあまり明らかにされていませんが、チニダゾールは細菌性膣炎治療に対して確かな治療効果を期待することができます。また、少ない服用回数で効果が見られ、副作用が比較的少ないことも特長です。
チニダゾールは、ランブル鞭毛虫症(下痢や胃のけいれんを引き起こす腸の感染症)、およびアメーバ症(腸の感染症)の治療にも有効とされています。

研究の結果、膣感染症の治療に対してフルコナゾールとチニダゾールを組み合わせて使用した場合、いずれも単剤で使用するよりも少ない用量で同等以上の効果を発揮するだけでなく、1回の服用ですべての局面において改善がみられたとの報告がされています。このことからも、これら2つの薬剤がセットになったゾコンTキットは、膣感染症に対して非常に有効な薬であると考えることができます。

 

他の商品との比較

・ゾコンTキットは強力な殺菌効果により、1回の服用で膣カンジダ、トリコモナス膣炎、細菌性膣症からの回復が期待できます。
・フルコナゾールは、カンジダ属およびクリプトコッカス属に対し抗真菌活性を示します。
・フルコナゾールは従来のイミダゾール系抗真菌剤よりも強い効果を示します。
・チニダゾールはトリコモナス症以外、細菌性膣症にも効果がある治療薬です。

フルコナゾールとチニダゾールを有効成分としてセットで発売されている薬はそのほかに、海外ではAZOSTAT KIT、 FLUTINI KIT、 FORCAN-TZ KIT、 NUFORCE KIT、 V.G. KITなどがあります。

 

特別な注意

【禁忌】
・妊婦3ヵ月以内の人
・授乳中の人
・アゾール系、ニトロイミダゾール系薬剤に対して過敏症の既往歴のある人
・血液疾患のある人

【慎重服用】
・薬物過敏症の既往歴のある人
・腎障害のある人: 血中濃度が持続するので、服用量を減らすか、服用間隔をあけて使用してください
・肝障害のある人 :肝障害を悪化させることがあります。服用量および服用間隔に十分注意してください。
・心疾患または電解質異常のある人: 心室頻拍(torsades depointesを含む)、QT延長、心室細動、房室ブロック、徐脈などが現われることがあります
・腎臓障害のある人: 急性腎不全悪化のおそれがあります。

【重要な基本的注意】
・適宜、血液検査、腎機能・肝機能検査、血中電解質検査等を行なうことが望ましいとされています。
・アレルギー既往歴、薬物過敏症などについて、充分に医師と相談してください。
・高齢者: 腎機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続するおそれがあるので、使用量、投与間隔に充分注意してください。
・妊婦、産婦、授乳婦: 催奇形性を疑う症例報告があるので、妊婦または妊娠している可能性のある婦人は使用しないでください。また、母乳中に移行することが認められているので、授乳中の婦人は授乳を避けてください。
・小児などの服用: 低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。

 

他の薬との併用

他薬と併用する場合には、必ず医師や薬剤師と事前に相談し、安全性を確かめてから使用してください。

【併用禁忌】
・トリアゾラム(ハルシオンなど): トリアゾラムの代謝遅滞による血中濃度の上昇、作用の増強および作用時間延長の報告があります。
・エルゴタミン(カフェルゴット、ジヒドロエルゴタミン、ジヒデルゴットなど): アゾール系抗真菌剤等のCYP3A4を阻害する薬剤とエルゴタミンとの併用により、エルゴタミンの血中濃度が上昇し、血管れん縮などの副作用を起こすおそれがあります。
・キニジン(硫酸キニジン)、ピモジド(オーラップ): これらの薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。

【併用注意】
・ワルファリン: プロトロンビン時間の延長、出血傾向(挫傷、鼻出血、消化管出血、血尿、下血など)があります。

・以下薬剤の血中濃度が上昇するとの報告があります。
フェニトイン、イブプロフェン/HMG-CoA還元酵素阻害薬・フルバスタチン、アトルバスタチン、シンバスタチンなど/ミダゾラム、エプレレノン/テオフィリン/ジドブジン、リトナビル、サキナビル、オキシコドン、リファブチン、カルバマゼピン、タクロリムス水和物、シクロスポリン、ロサルタン、ジアゼパム ナテグリニド

・以下薬剤の血中濃度上昇のおそれがあります。
カルシウム拮抗薬・ニフェジピンなど、ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍薬・ビンクリスチン/ビンブラスチン、エリスロマイシン、フェンタニル、セレコキシブ

・経口避妊薬: エチニルエストラジオール、レボノルゲストレルの血中濃度上昇の報告があります。
・スルホニル尿素系血糖降下薬(クロルプロパミド、グリベンクラミド、トルブタミドなど): スルホニル尿素系血糖降下薬の血中濃度上昇の報告があります。また、併用により低血糖の報告があります。
・トレチノイン: 中枢神経系の副作用が発現するおそれがあります。
・シクロホスファミド: ビリルビンの上昇、クレアチニンの上昇の報告があります。
・アミトリプチリン、ノルトリプチリン: これらの薬剤の作用が増強するおそれがあります。
・リファンピシン: ゾコンの血中濃度の低下および血中濃度半減期の減少の報告があります。
・三酸化ヒ素: QT 延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)を起こすおそれがあります。

 

誤って大量に服用した場合

直ちに病院に連絡し、医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

 

副作用

●主な副作用
吐き気、下痢、腹痛、発疹、頭痛、浮腫

●重大な副作用
ショック、アナフィラキシー様症状、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死融解症、血液障害、急性腎不全、肝障害、意識障害、けいれん、高カリウム血症、心室頻拍、QT延長、不整脈、間質性肺炎、偽膜性大腸炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-04-26
フルコナゾールの妊婦へのリスクをFDAが調査(【MedPageToday】より) - 400-800mg以上の経口フルコナゾール(高用量と考えられる)を摂取した妊婦は奇形児の出産率が異常に高いという報告があることを、とあるデンマークの研究が最近発見した。現在、FDA(米国食品医薬品局)の警告表示には、妊娠中の膣内イースト菌感染症の.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-09-12
手洗いが有害な胃腸内寄生虫を回避する鍵(デイリーヘラルドより) - ある10代の少女にとって、せっかくの夏休みにそんな1週間を過ごすとは、決して素晴らしいとは言えないものだった。少なくとも嘔吐はしていなかったものの、それ以外のあらゆる不快な胃腸症状に苦しめられたのだ.... 続きを読む

2008-01-13
重度の感染症に対し、一昔前の抗真菌薬は未だに有効(ABCヘルスデイニュースより) - 命を落とす危険性もある真菌症の治療には、新しい抗真菌薬は勿論のこと、安く手に入る一昔前の抗真菌薬も有効であることが、最近行われた研究により判明した。健康な人々にとって真菌症は縁のないものであると思うが、何らかの疾患を患っている人や未熟児にとって.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。