ゾルミストスプレー式点鼻薬 (ゾルミトリプタン) 5mg

1920 円!! 痛みが起こったら即座に鼻から吸入!スプレー式だから成分が効果的に吸収され、耐えられない片頭痛の痛みを素早く和らげます!

Zolmist Nasal Spray (Zolmitriptan) - 5mg (0.7mL)

■ 0.7mlボトル

価格:1920 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ゾルミトリプタン(Zolmitriptan)

 

製造国

インド

 

製造元

3M Pharmaceuticals

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、片頭痛症状が現われた際、できるだけ早急に1回1プッシュを左右どちらか片方の鼻腔内に噴射します。
再び頭痛症状が出た場合、1回目から2時間以上空けて使用してください。
1日(24時間)の最大使用量は10mgとします。

※片頭痛の予防薬としての効果はありません。

 

商品詳細

ゾミストスプレー式点鼻薬5mgは片頭痛の症状を緩和する薬です。
鼻から吸収する噴霧式のため効果の発現が速く、適切なタイミングで使用した場合15分程度で症状の改善効果が現われるとされています。

頭痛は、多くの人が経験する頻度の高い自覚症状のひとつで、成人の約40%が何らかの頭痛症状を持っていると言われています。
このうち「原因不明の慢性頭痛で発作性に発症し、片側性、拍動性で中等-強度の頭痛が4-72 時間持続し日常生活に支障をきたす」(国際頭痛学会分類定義より)症状が片頭痛で、この症状を持つ人の割合は8%という報告があります。

片頭痛は全て片側の頭痛と思われがちですが、66%においては片側であり、33%は両側です。
なかでも片頭痛は、以前の分類では古典型片頭痛(前触れの後に起こる脈打つような頭痛)と普通型片頭痛(前触れなしに突発する頭痛)に分けられていましたが、現在の国際頭痛学会の分類では「前兆を伴う」ものと「前兆を伴わない」ものとに分類されています。
この前兆は、キラキラ光る点(閃輝暗点)の視野への出現、半身のしびれ、脱力感などが挙げられます。
しかし双方とも頭痛発作時の症状に違いはありません。

片頭痛が起こる仕組みはまだはっきりと解明されていませんが、片頭痛発生時に脳血流の変化が認められているため、神経伝達物質であるセロトニン(5-HT)と三叉神経が関わっているのではないかと考えられています。
何らかの原因によりセロトニンが血漿中に過剰に放出されると血管が収縮し、その後急激に代謝されることで血管が拡張し、拍動性頭痛(ズキズキと脈打つ頭痛)が起こります。
また血管透過性の亢進、血漿たんぱく成分の漏出による発痛物質などの産生により頭痛が増強され、さらに血管壁の浮腫において炎症が生じることで持続性頭痛が現われるとされる「血管説」があります。

しかし片頭痛の原因として、現在もっとも有力視されているのが「三叉神経血管説」です。
血小板からセロトニンが放出されて脳血管の収縮が起こり、この収縮期に脳血流が低下して閃輝暗点などさまざまな前兆症状が出現します。
これに引き続き起こるセロトニンの枯渇状態により脳血管が拡張し、この際に脳の大きな血管や、脳を覆う硬膜などの血管周囲に分布している三叉神経が刺激されることで神経原性炎症が起き、痛みを感じるという説です。
この痛みを起こすのは、刺激により三叉神経の末端から放出されるCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)で、血小板や肥満細胞を活性化して炎症物質を血管周囲に放出することで起こります。

セロトニン(5-HT)は受容体(レセプター)と呼ばれる物質と結合することで作用しますが、このうち脳血管の収縮に関係している受容体は5-HT1および5-HT2で、脳血管内には5-HT1受容体がより多く存在しています。
さらに最近の研究で、この5-HT1のうち5-HT1Bおよび5-HT1Dという受容体が脳血管の収縮に関与していることがわかり、また三叉神経末端にも5-HT1D受容体が存在して、セロトニンと結合することでCGRPなど血管作動性ペプチド放出が抑制されることが明らかになりました。

ゾミストスプレー式点鼻薬5mgの有効成分であるゾルミトリプタンは、不足したセロトニンを補うことで血管拡張および炎症性物質の放出を抑制することを目的として開発されたトリプタン製剤の一種です。
この中でもゾルミトリプタンは、頭蓋内に対する収縮作用、血管作動性神経ペプチド遊離および血漿たんぱく漏出に対する抑制作用、中枢神経活動に対する抑制作用を持ち、さらに脂溶性で血液脳関門を通過しやすく速効性があるため、頭痛抑制に対して優れた効果を発揮します。

 

他の商品との比較

片頭痛を持つ659人に対して実施した、エルゴタミン製剤の片頭痛治療薬であるカフェルゴットとの比較試験において、カフェルゴットの2時間後、4時間後の鎮痛効果がそれぞれ45.1%、47.1%であったのに対し、ゾルミトリプタン(錠剤)は68.4%、75.3%と断然高く、また2-24時間後に片頭痛再発による追加服用もわずかに36.8%でした。
さらにゾルミトリプタンを服用した感想として、49.1%の人が「優れている」「良い」と評価しています。

片頭痛を持つ659人に対して実施した、エルゴタミン製剤の片頭痛治療薬であるカフェルゴットとの比較試験において、カフェルゴットの2時間後、4時間後の鎮痛効果がそれぞれ45.1%、47.1%であったのに対し、ゾルミトリプタン(錠剤)は68.4%、75.3%と断然高く、また2-24時間後に片頭痛再発による追加服用もわずかに36.8%でした。
さらにゾルミトリプタンを服用した感想として、49.1%の人が「優れている」「良い」と評価しています。

ゾルミトリプタン(錠剤)の経口服用において、月経関連片頭痛に対しての治療が認められ、また服用30分後にその効果が現われることが確認されています。

副作用は比較的軽度-中等程度で、重篤な副作用は報告されていません。
またほとんどの副作用は、ゾミストスプレー式点鼻薬5mgの使用を停止することで改善します。

片頭痛を有する12-17歳の青年を対象にした無作為化クロスオーバー試験の結果、ゾルミトリプタンの鼻腔スプレーは青少年の片頭痛に対しても有効と分かりました。

さらにゾルミストスプレーは点鼻薬のため、頭痛時に吐き気や嘔吐をともない経口による薬剤使用ができない方においても使用ができるのが利点です。

ゾルミトリプタンが属するトリプタン系の薬は、前兆期以前に服用しても効果はなく、頭痛になってから服用することで効果を示します。
特に軽度の時期(頭痛のなり始め、片頭痛の発作が来たと確信したとき)に服用すると高い効果が得られます。
片頭痛がひどくなってからではアロディニア(中枢神経感作/感覚過敏)という症状があらわれ、トリプタンの効果が出にくくなります。
しかしゾルミトリプタンはこの弱点を極力解消しているとされています。

日本ではゾルミトリプタンを有効成分とするスプレー式点鼻薬は承認されていませんが、錠剤としてゾーミッグ(アストラゼネカ)が販売されています。
また海外では、Asco Top、Zomig、Zomigonなどの名前で販売されています。

 

特別な注意

以下の場合、ゾミストスプレー式点鼻薬5mg絶対に使用しないでください。
・ゾミストスプレー式点鼻薬5mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人

・心筋梗塞の既往歴のある人、虚血性心疾患またはその症状・徴候のある人、異型狭心症(冠動脈けい縮)のある人: 不整脈、狭心症、心筋梗塞を含む重篤な虚血性心疾患様症状が現われることがあります。

・脳血管障害や一過性脳虚血性発作の既往のある人: 脳血管障害や一過性脳虚血性発作が現われることがあります。

・末梢血管障害を有する人: 症状を悪化させる可能性があります。

・コントロールされていない高血圧症の人: 一過性の血圧上昇を引き起こすことがあります。

・エルゴタミン、エルゴタミン誘導体含有製剤、あるいはほかの5HT1B/1D受容体作動薬を服用中の人

・モノアミン酸化酵素阻害剤(MAO阻害剤)を服用中、あるいは服用中止2週間以内の人

以下の場合、ゾミストスプレー式点鼻薬5mgを慎重に使用してください。

・虚血性心疾患の可能性のある人(例えば虚血性心疾患を疑わせる重篤な不整脈のある人、閉経後の女性、40歳以上の男性、冠動脈疾患の危険因子を有する人): 不整脈、狭心症、心筋梗塞を含む重篤な虚血性様症状が現われるおそれがあります。

・ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群(WPW症候群)またはほかの心臓副伝導路と関連した不整脈のある人

・中等度または重度肝機能障害の人: 血中濃度が上昇するおそれがあります。特に重度肝機能障害の人では、1日の総服用量を5mg以内とするなど慎重に服用してください。

・脳血管障害の可能性のある人: 脳血管障害が現われるおそれがあります。

・てんかんあるいはけいれんを起こしやすい器質的脳疾患のある人: 類薬(スマトリプタン)でてんかん様発作が発現したとの報告があります。

・コントロールされている高血圧症の人: 類薬(スマトリプタン)で一過性の血圧上昇や末梢血管抵抗の上昇が少数の人にみられたとの報告があります。

【重要な基本的注意】
・ゾミストスプレー式点鼻薬5mg使用後、胸痛、胸部圧迫感などの一過性の症状(強度で咽喉頭部におよぶ場合があります)が現われることがあります。このような症状が虚血性心疾患によると思われる場合には、以後の使用を中止し、虚血性心疾患の有無を調べるための適切な検査を行なってください。

・心血管系の疾患が認められない人においても、重篤な心疾患が極めてまれに発生することがあります。

・片頭痛あるいはゾミストスプレー式点鼻薬5mgの使用により眠気を催すことがあるため、ゾミストスプレー式点鼻薬5mg使用中は自動車の運転など危険伴う機械操作に従事しないよう充分に注意してください。

【効能・効果に関連する使用上の注意】
・ゾミストスプレー式点鼻薬5mgは、国際頭痛学会による片頭痛診断基準により、「前兆のない片頭痛」あるいは「前兆のある片頭痛」と診断が確定された場合にのみ使用してください。
特に次のような人は、クモ膜下出血などの脳血管障害やほかの原因による頭痛の可能性があるので、ゾミストスプレー式点鼻薬5mgを使用する前に問診、診察、検査を充分に行ない、頭痛の原因を確認してから服用してください。
1.今までに片頭痛と診断が確定したことのない人

2.片頭痛と診断されたことはあっても、片頭痛に通常みられる症状や経過とは異なった頭痛および随伴症状のある人

・家族性片まひ性片頭痛、孤発性片まひ片頭痛、脳底型片頭痛あるいは眼筋まひ性片頭痛の人は服用しないでください。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・ゾミストスプレー式点鼻薬5mgは、片頭痛の頭痛発現時に限り使用し、予防目的には使用しないでください。

・ゾミストスプレー式点鼻薬5mg使用によりまったく効果が認められない場合は、その発作に対して追加使用はせず、頭痛の原因を確認してください。

高齢者に対する安全性は確立していません。

妊娠中の使用に関する安全性は確立していないため、妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用してください。

安全性が確立していないため、授乳中の人でゾミストスプレー式点鼻薬5mgを使用する場合は授乳を避けてください。

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とゾミストスプレー式点鼻薬5mgを、絶対に併用しないでください。
・エルゴタミン(酒石酸エルゴタミン・無水カフェイン、酒石酸エルゴタミン・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン)、エルゴタミン誘導体含有製剤(メシル酸ジヒドロエルゴタミン、マレイン酸エルゴメトリン、マレイン酸メチルエルゴメトリン): 血圧上昇または血管けい縮が増強されるおそれがあります。
ゾミストスプレー式点鼻薬5mg使用後にエルゴタミン誘導含有製剤を服用する場合、もしくはその逆の場合は、それぞれ24時間以内に服用しないでください。

・5-HT1B/1D受容体作動薬(コハク酸スマトリプタン、臭化水素酸エレトリプタン、安息香酸リザトリプタン): 血圧上昇または血管けい縮が増強されるおそれがあります。ゾミストスプレー式点鼻薬5mg使用後に5-HT1B/1D受容体作動薬を服用する場合、もしくはその逆の場合は、それぞれ24時間以内に服用しないでください。

・MAO阻害剤: ゾミストスプレー式点鼻薬5mgおよび活性代謝物の消失半減期が延長し、血中濃度-時間曲線下面積(AUC)が増加するおそれがあるため、MAO阻害剤を服用中あるいは服用中止2週間以内の人はゾミストスプレー式点鼻薬5mgを使用しないでください。

以下の薬剤とゾミストスプレー式点鼻薬5mgを併用する場合、充分に注意してください。
・CYP1A2阻害剤(シメチジン、マイレン酸フルボキサミン、キノロン系抗菌剤など): ゾミストスプレー式点鼻薬5mgおよび活性代謝物の消失半減期が延長し、血中濃度-時間曲線下面積(AUC)が増加するので、ゾミストスプレー式点鼻薬5mgの1日の総使用量を5mg以内とするなど慎重に使用してください。

・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(マレイン酸フルボキサミン、塩酸パロキセチン水和物など)、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(塩酸ミルナシプラン): セロトニン症候群(不安、焦燥、興奮、頻脈、発熱、反射亢進、協調運動障害、下痢など)が現われることがあります。

これらの薬剤以外における併用においても、処方薬、市販薬に関わらず医師或いは薬剤師に相談し、安全性を確認してから使用するようにしてください。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

ゾミストスプレー式点鼻薬5mgは、片頭痛症状が現われたときにできるだけ早急に使用しますが、前回の点鼻から2時間以上空けてください。
また1日の最大使用量が10mgを超えないようにしてください。

 

副作用

ゾミストスプレー式点鼻薬5mgを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。
以下の症状や、他に気になる症状が発現し継続する場合には、ただちに医師に相談するようにしてください。

・主な副作用
味覚異常、感覚障害・異常、めまい、頭痛、知覚過敏、錯覚感、眠気、温感覚、動悸、鼻出血、鼻腔不快感、腹痛、口渇、吐き気、嘔吐、筋力低下、筋肉痛、無力症、喉・首・四肢・胸の重苦しさ・圧迫感・痛み・苦痛、一時的な全身血圧上昇、多尿症、頻尿、過敏性反応、血管性浮腫、じんましん、冠けい縮性狭心症、出血性下痢、消化管梗塞・壊死、虚血性大腸炎、すい臓梗塞、尿意切迫

・稀に起こる重篤な副作用
アナフィラキシーショック、アナフィラキシー様症状、不整脈・狭心症・心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状、頻脈(ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群における)、てんかん様発作

 

国際頭痛学会 頭痛診療ガイドライン

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2006-09-25
片頭痛治療薬は群発頭痛にも効果があることが判明(サイエンスデイリーより) - JAMA/アーカイブ・ジャーナルの1つであるアーカイブ・オブ・ニューロロジー(神経学に関する雑誌)2006年11月号に掲載される予定であり、本日、同雑誌のオンライン版に掲載された論文によれば、片頭痛治療に使用されるゾルミトリプタン点鼻薬は辛い群発頭痛の治療にも安全で有効な可能性がある。この論文の背景情報によると、群発頭痛は耐え難い痛みの発作を特徴とし.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。