タダポックス(タダラフィル/ダポキセチン)20mg/60mg

1280 円!! 【次回入荷未定】
成分・含有量が同じである新商品をこちらで販売しています。

タダラフィルが勃起を促し、ダポキセチンが早漏を防止!男の自信が取り戻せる2種類の成分を配合した究極の薬!性交前に服用するだけで、最大36時間効果が持続!
注意1:10シート(100錠)以上をEMS発送でご注文の場合、10シートはEMS発送、それ以上は普通郵便(国際書留郵便/荷物追跡可)での別送とさせて頂きます。ご了承ください。(追加の送料等は必要ありません)
注意2:EMS発送の場合、商品名と数量が外箱に記載されます。

Tadapox (Tadalafil/Dapoxetine) - 20mg/60mg (10 Tablets)

■ 10錠

この商品は必ず男性名義でご注文ください。

(女性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:1280 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

タダラフィル(Tadalafil)

ダポキセチン(Dapoxetine)

 

同一成分含有商品

シアリス(タダラフィル) 20mg (4錠) 9650 円
Cialis (Tadalafil) - 20mg (4 Tablets)

タダシップ(タダラフィル) 20mg (4錠) 680 円
Tadacip (Tadalafil) - 20mg (4 Tablets)

シアリス(タダラフィル) 10mg (4錠) 11680 円
Cialis (Tadalafil) - 10mg (4 Tablets)

タダラフィルソフト (10粒) 880 円
Tadalafil - 20mg (10 Soft Tablets)

アプカリス オーラル ゼリー 20mg (1袋) 450 円
Apcalis Oral Jelly (Tadalafil) - 20mg (5gm sachet)

タダリス - SX (タダラフィル) 20 mg (4錠) 390 円
Tadalis SX (Tadalafil) - 20mg (4 Tablets)

スーパーピーフォース(ダボキセチン/シルデナフィル) (4錠) 1100 円
Super P-Force (Sildenafil/Dapoxetine) - 100mg/ 60mg (4 Tablets)

プリリジー(ダポキセチン/ダポクセティン)60mg (6錠) 21600 円
Priligy (Dapoxetine) - 60 mg (6 Tabs)

プリリジー(ダポキセチン/ダポクセティン)30mg (6錠) 17320 円
Priligy (Dapoxetine) - 30 mg (6 Tabs)

ポゼット60 (ダポキセチン) 60mg (10錠) 1760 円
Poxet 60 (Dapoxetine) - 60mg (10 Tablets)

パルモプレス (タダラフィル) 20mg (10錠) 1280 円
Pulmopres (Tadalafil) - 20mg (10 Tablets)

タダグラソフト・チュアブル錠 (タダラフィル) 20mg  (10錠) 780 円
Tadagra Soft (Tadalafil) - 20mg (10 Tablets)

シルディグラ・スーパーパワー (シルデナフィル/ダボキセチン) 100mg/60mg  (4錠) 1300 円
Sildigra Superpower (Sildenafil/Dapoxetine) - 100mg/60mg (4 Tablets)

タダソフト・チュアブル錠(タダラフィル)20mg (10錠) 780 円
Tadasoft (Tadalafil) - 20mg (10 Chewable Tablets)

シアリス(タダラフィル)5mg (28錠) 23450 円
Cialis (Tadalafil) - 5mg (28 Tablets)

タダポックス(タダラフィル/ダポキセチン)20mg/60mg (10錠) 1280 円
Tadapox (Tadalafil/Dapoxetine) - 20mg/60mg (10 Tablets)

スーパー・タダライズ(タダラフィル/ダポキセチン)20mg/60mg  (10錠) 1190 円
Super Tadarise (Tadalafil/Dapoxetine) - 20mg/60mg (10 Tablets)

スーパー・アバナ(アバナフィル/ダポキセチン)100mg/60mg (4錠) 2290 円
Super-Avana (Avanafil/Dapoxetine) - 100mg/60mg (4 Tablets)

シアリス(タダラフィル)20mg(トルコ市場向け) (4錠) 12280 円
Cialis (Tadalafil) - 20mg (4 Tablets)(Turkey)

プリリジー(ダポキセチン)30mg(3錠入) (3錠) 4950 円
Priligy 30mg (Dapoxetine Hydrochloride) - 30mg (3 Tablets)

プリリジー(ダポキセチン)60mg(3錠入) (3錠) 6650 円
Priligy 60mg (Dapoxetine Hydrochloride) - 60mg (3 Tablets)

スーパー・カマグラ(クエン酸シルデナフィル/塩酸ダポキセチン)100mg/60mg  (4錠) 2490 円
Super Kamagra (Sildenafil Citrate/Dapoxetine HCL) - 100mg/60mg (4 Tablets)

タドリス(タダラフィル)20mg (4錠) 3980 円
Tadlis (Tadalafil) - 20mg (4 Eff. Tablets)

ポゼット30(ダポキセチン)30mg (10錠) 980 円
Poxet 30 (Dapoxetine) - 30mg (10 Tablets)

タダライズ・プロ20(タダラフィル)20mg (10錠) 420 円
Tadarise-Pro-20 (Tadalafil) - 20mg (10 Tablets)

タダライズ・プロ40(タダラフィル)40mg (10錠) 560 円
Tadarise-Pro-40 (Tadalafil) - 40mg (10 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

RSM Enterprises

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、性交の30-40分前に1錠を経口服用します。
食前・食後は問いませんが、1日に1錠以上は服用しないでください。

 

商品詳細

タダポックスは、勃起不全の治療成分であるタダラフィルと、早漏防止のために開発されたダポキセチンを配合した男性専用薬です。

勃起は、直接刺激や性的な視覚、聴覚、嗅覚、空想などの刺激が原因となってさまざまな神経系が複雑に関与し、陰茎内部にある細かい糸のような血管が集まってできたスポンジ状の組織である海綿体に血液が溜まり、硬くなった状態です。ところが、何らかの問題により、勃起に時間がかかる、途中で萎えるなどの症状がみられ、満足な性交ができなくなった状態を勃起不全(ED)と呼びます。勃起不全(ED)は、勃起機能障害、勃起障害とも言われる男性の性機能障害(SD)のひとつですが、「完全に勃起ができない状態」ではありません。
加齢による勃起の衰え以外にも、勃起不全は、ストレスやコンプレックス、過去のトラウマなど精神的、心理的要因のほか、糖尿病、高血圧症、高脂血症、喫煙、飲酒などの生活習慣や生活習慣病などによる陰茎海綿体の動脈の不完全拡張や、血管に損傷や問題が起こることで、血液の流れ込みが不足するのが原因です。さらに、抗うつ薬、降圧薬、利尿剤など中枢神経、末梢神経、循環器系に作用する薬の服用や、脳出血、パーキンソン病などの神経系障害、また手術や事故などが原因となることもあります。

タダポックスの有効成分のひとつであるタダラフィルは、血管を拡張させて血流量を増やすことで陰茎組織への血流を増加させ、勃起不全を改善します。陰茎海綿体には、勃起を阻害するホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)酵素が存在していますが、タダラフィルはこの酵素の働きを選択的に阻害し、陰茎の動脈および海綿体にある平滑筋内の環状グアノシン一リン酸を増加させることで血管を拡げます。

勃起不全を改善するだけでなく、タダポックスは男性の代表的な性的悩みのひとつでもある早漏に対しても効果を発揮します。
早漏は、性交の際にパートナーの女性が性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことを指しますが、現在では射精に至るまでの時間が短い状態のことを指すのが一般的になっています。 しかし早漏と判断するための明確な基準は特になく、また短時間ではあってもパートナーに満足を与えられている場合は早漏とは言わないとされています。

早漏に関する詳しいメカニズムはわかっておらず、かつては陰茎の皮膚過敏によるものとされていましたが、最近ではストレスなどによる不安や精神的要因が原因であるという考え方が主流になってきているようです。
勃起は、陰茎の海綿体平滑筋の弛緩と血管の拡張による血流の増加といった副交感神経作用、射精は射精中枢からの指示で起こる交感神経の緊張による前立腺や精嚢の収縮によって引き起こされ、この2つの神経がうまく切り替わることでバランスを保っています。 そのため、ストレスなどの要因により副交感神経が有意に機能しなくなると勃起する機能が衰え、また交感神経との切り替えがうまくいかなくなることで射精のタイミングが異常に早くなることが早漏の原因のひとつではないかと考えられるようになってきています。

タダポックスのもうひとつの有効成分であるダポキセチンは、本来はうつ症状の改善に使用される選択的セロトニン取り込み阻害剤(SSRIs)です。脳内の興奮を鎮めるセロトニンの濃度を高めることで、性的に敏感になり過ぎている脳を鎮め、交感神経から射精中枢へと興奮が伝わるのが抑制されることから、射精までの時間を3-4倍延長する効果があると言われています。

このようにタダポックスは、1錠服用するだけで勃起不全および早漏の悩みを同時に解決できる画期的な薬です。

 

他の商品との比較

勃起不全の治療成分であるタダラフィルと、早漏防止効果を持つタボキセチンを配合した画期的な薬です。

●タダラフィルとして
新しい構造式を持つ勃起不全治療剤です。

国内での試験において、「挿入の成功」は72.1%、「性交の成功」は51.4%でした。

有効性が36時間認められています。

服用は食事の影響を受けません。

タダラフィルを有効成分とする薬は、日本ではシアリスおよびアドルシカ(いずれも日本新薬、日本イーライリリー)の名前で発売されています。

●タボキセチンとして
ダポキセチンは特異な薬物動態プロファイルを持っているために短時間(約1時間)で最高血清中濃度に達した後、速やかに排泄されます。

タボキセチンは塗り薬ではなく錠剤タイプのため、性器への刺激はなく、またパートナーが影響されることはありません。

ダポキセチンは、バイ・・ラなどのED(勃起障害)治療薬との併用も可能とされています。

SSRIsは服用管理が難しいため、服用および急な服用中止には専門家の注意と指導が必要とされています。またタボキセチンの副作用には勃起障害も報告されています。

ダポキセチンを主成分とする薬は日本では販売されていませんが、海外ではPriligyなどの名前で販売されています。

 

特別な注意

以下の場合、タダポックスを絶対に使用しないでください。
●タダラフィルとして
・タダラフィルに対し過敏症の既往歴のある人
・硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)を服用中の人
・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる人
・不安定狭心症のある人、または性交中に狭心症を発現したことのある人
・コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)またはコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のある人
・心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある人
・脳梗塞、脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある人
・重度の肝障害のある人
・網膜色素変性症の人: 網膜色素変性症の人にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められています。

●タボキセチンとして
・タボキセチンに対し過敏症の既往歴のある人
・女性

【警告】
●タダラフィルとして
・タダラフィルと硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、タダポックス服用の前に、硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤を使用していないことを充分に確認し、タダポックスの服用中および服用後においても硝酸剤または一酸化窒素(NO)供与剤を使用することのないよう充分注意してください。
・死亡例を含む心筋梗塞などの重篤な心血管系などの有害事象が報告されているので、タダラフィルの使用前に心血管系障害の有無などを充分に確認してください。

【慎重服用】
●タダラフィルとして
・陰茎の構造上欠陥(屈曲、陰茎の線維化、ぺイロニー病など)のある人: 性行為が困難であり痛みを伴う可能性があります。
・持続性勃起症の素因となりうる疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人
・PDE5阻害剤またはほかの勃起不全治療剤を使用中の人: これらの薬剤との併用使用の経験がありません。
・出血性疾患または消化性潰瘍のある人:管内試験でニトロプルシドナトリウム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認められています。出血性疾患または消化性潰瘍のある人に対する安全性は確立していません。
・高齢者(65歳以上): 一般に生理機能が低下しているため、慎重に服用してください。
・α遮断剤を使用中の人
・チトクロームP450 3A4(CYP3A4) を強く阻害する薬剤を服用中の人: タダラフィルの血漿中濃度が上昇することが認められているので、低用量(5mg)から開始し、服用間隔を充分にあけるなど慎重に服用してください。なお、服用量は10mgを超えないでください。

【重要な基本的注意】
●タダラフィルとして
・服用に際しては、勃起不全および基礎疾患の診断のため、既往歴の調査や諸検査を行ない、客観的な診断に基づき治療が必要とされるヒトに限定してください。
・性行為は心臓へのリスクを伴うため、また重度勃起不全の人においては心血管系イベントの危険因子を有する割合が高いと考えられるため、勃起不全に治療を開始する前に心血管系の状態に注意を払ってください。
・コントロールが充分でない高血圧の人は、タダラフィルの血管拡張作用により血圧下降を生じる可能性があるので注意してください。
・4時間以上の勃起の延長または持続勃起(6時間以上持続する痛みを伴う勃起)が外国にてごくまれに報告されています。持続簿記に対する処置を速やかに行なわないと、陰茎組織の損傷または勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合、直ちに医師の診断を受けるように指導してください。
・タダラフィルは催淫剤または性欲増進剤ではありません。
・臨床試験において、めまいや視覚障害が認められているので、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には注意してください。

●タボキセチンとして
タボキセチンを服用する場合、以下について充分注意してください。
・一般: タボキセチンは早漏の治療薬です。早漏以外の人に対する安全、効果については確立していません。
・麻薬: ケタミン、メチレンジオキシンエタンフェタミン(MDMA)、リセルグ酸ジュイエチルアミド(LSD)などセロトニン作動活性を高める薬は、タボキセチンと併用した場合、不整脈、異常高熱、セロトニン症候群などの重篤な反応を起こすことがあります。
・エタノール: アルコールに起因する神経認知効果の増悪、および失神などの神経心臓性の有害事象を高めます。
・失神: ごくまれに吐き気、めまい、立ちくらみ、発汗などを前触れとして、失神を起こすことが報告されています。 1日最大服用量を超えて服用した場合に、特に高い確率でこれらの症状が起こるようです。
・起立性低血圧: 起立性低血圧を起こしたとの報告があるため、過去に立ちくらみの症状を起こしたことがある人はタボキセチンを服用する前に医師または薬剤師に相談してください。
・CYP3A4阻害剤: エリスロマイシン、クラリスロマイシン、フルコナゾール、アンプレナビル、ホスアンプレナビル、アプレピタント、ベラパミル、ジルチアゼムなどのCYP3A4阻害剤を服用している人は、タボキセチンの服用量(1日30mg)を厳守してください。
・強力なCYP2D6阻害剤: 強力なCYP2D6阻害剤を服用中の人またはCYP2 D6の不全代謝者がタボキセチンを服用した場合、障害レベルを高める可能性があります。
・自殺/自殺念慮: 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIs)を服用する大うつ病性障害の子どもや青年期の人、および精神障害を持つ人で、自殺および自殺念慮の傾向が高くなるとの報告があります。 しかし抗うつ剤を使用する24歳以上の人に対する短期試験においては顕著な差はありませんでした。 また早漏治療目的でタボキセチンを服用している人においては、このような傾向は認められていません。
・そう病: そう病、軽そう病、双極性障害の既往歴のある人はタボキセチンを服用しないでください。 またタボキセチン服用によりこのような症状が現われた場合はただちに服用を中止してください。
・発作: SSRIsが発作閾値を下げるため、発作が進行している人や不安定なてんかんを有する人はタボキセチンを服用しないでください。
・18歳未満の人: 子どもを含む18歳未満の人は服用しないでください。
・出血: SSRIsとの併用で以上出血をしたとの報告があります。タボキセチンと併用して血小板機能に影響する薬剤(非定型抗精神病薬、フェノチアジン、三環系抗うつ薬、アセチルサリチル酸、非ステロイド性抗炎症薬など)や抗凝血剤(ワルファリンなど)、または出血や凝固障害の既往歴のある人は充分に注意してください。
・腎機能障害: 重篤な腎機能障害のある人は、タボキセチンを服用しない方がいいとされています。軽度・中等度の腎機能障害のある人でタボキセチンを服用する場合は充分に注意してください。
・離脱症状: 慢性抑うつ障害治療でSSRIsを慢性的に服用している人が、突然服用を中止した場合、不快感、興奮、めまい、知覚障害(電気ショック感などの異常感覚)、不安、精神錯乱、頭痛、昏睡状態、情緒不安定、不眠症、軽そう病を引き起こすとの報告がありますが、タボキセチンの突然服用中止に関する試験では、このような症状はほとんど認められていません。

【その他の注意】
●タダラフィルとして
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてタダラフィルを含むPDE5阻害剤服用中に、まれに視力低下や視力喪失の原因となりうる非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現が報告されています。これらの多くはNAIONの危険因子(年齢50歳以上)、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙など)を有していました。
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてタダラフィルを含むPDE5阻害剤服用後に、まれにけいれん発作の発現が報告されています。
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてタダラフィルを含むPDE5阻害剤服用後に、まれに急激な聴力低下または突発性難聴が報告されています。これらの人では、耳鳴りやめまいを伴うことがあります。
・タダラフィルには性行為感染症を防ぐ効果はありません。
・アルコール飲用時にタダラフィルを服用した外国の臨床薬理試験において、アルコール血中濃度、タダラフィルの血漿中濃度のいずれも相互に影響を受けませんでしたが、アルコールを高用量(0.7g/kg)引用した人において、めまいや起立性低血圧が報告されています。
・1日25mg/kgの用量でタダラフィルをイヌに3-12ヵ月連日投与した毒性試験において、精巣重量の低下、精細管上皮の変性、精巣上体の精子数の減少が認められたとの報告があります。ヒトにおける精子形成能に対する影響を検討した外国臨床試験の一部では、平均精子濃度の減少が認められましたが、精子運動率、精子形態および生殖ホルモン値はいずれの試験においても変化が認められませんでした。

女性に対する適応はありません。

小児などに対する適応ありません。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とタダポックスは絶対に併用しないでください。
●タダラフィルとして
・硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど): 併用により降圧作用を増強するとの報告があります。

●タボキセチンとして
・モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI): モノアミン酸化酵素阻害薬と選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)との併用で、異常高熱、硬直、間代性筋けいれん、心拍数の急激な変動・精神不安定・精神錯乱や昏睡を含む極度の興奮など精神状態の変化を伴う自律神経不安定が報告されています。
これらの症状は、セロトニン再取り込み阻害薬の服用を中止し、その後にモノアミン酸化酵素阻害薬の服用を開始した人にもみられます。
タボキセチンとモノアミン酸化酵素阻害薬は絶対に併用せず、またモノアミン酸化酵素阻害薬を中止してタボキセチンを服用する場合は14日以上の間隔をあけてください。
タボキセチンの服用を中止してモノアミン酸化酵素阻害薬に切り替える場合は7日以上の間隔をあけてください。
・チオリダジン: チオリダジンは単剤服用で心室性不整脈と関わりのあるQT値を延長させますが、タボキセチンはチオリダジンの代謝を阻害してCYP2D6アイソザイムの発現を妨げ、チオリダジンの値を上昇させる結果としてQT値の間隔を延ばします。
タボキセチンとチオリダジンは絶対に併用せず、またチオリダジンを中止してタダポックスを服用する場合は14日以上の間隔をあけてください。
またタボキセチンの服用を中止してチオリダジンに切り替える場合は14日以上の間隔をあけてください。
・セロトニン作動効果のある薬/ハーブ製品: モノアミン酸化酵素阻害薬、L-トリプトファン、トラマドール、リネゾリド、セロトニン再取り込み阻害薬、セロトニンおよびノルエピネフリン再取り込み阻害薬、リチウム、セントジョーンズワート食品などと併用すると、セロトニンに関する問題を引き起こすことがあります。
タボキセチンとこれらの薬/ハーブ製品は絶対に併用せず、またこれらの薬/ハーブ製品を中止してタボキセチンを服用する場合は14日以上の間隔をあけてください。
またタボキセチンの服用を中止してこれらの薬/ハーブ製品に切り替える場合は7日以上の間隔をあけてください。
・中枢神経系有効薬剤: 早漏の人に対するこれらの薬剤の併用についての安全性は確立していません。

以下の薬剤とタダポックスを併用する場合、注意してください。
●タダラフィルとして
・CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、グレープフルーツジュースなど): 強いCYP3A4阻害剤を有するケトコナゾールとの併用により、タダラフィルのAUCおよびCmaxが312%および22%増加するとの報告があります。
・HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビルなど): リトナビルとの併用によりタダラフィルのAUCが124%増加するとの報告があります。
・CYP3A4誘導剤(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタールなど): リファンピシンとの併用により、タダラフィルのAUCおよびCmaxがそれぞれ88%および46%低下するとの報告があります。
・α遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシンなど): ドキサゾシンとの併用により、立位収縮期血圧および拡張期血圧は最大それぞれ9.81mmHgおよび5.33mmHg下降するとの報告があります。またα遮断剤との併用で失神などの症状を伴う血圧低下を来たしたとの報告があります。
・降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタンなど): アンジオテンシンII受容体拮抗剤(単剤または多剤)との併用により、自由行動下収縮血圧および拡張期血圧は最大それぞれ8mmHg および4mmHg下降するとの報告があります。
・カルペリチド: 併用により降圧作用が増強するおそれがあります。

●タボキセチンとして
・チオリダジン
・トリプタン
・トラマドール
・リチウム
・セントジョーンズワート
・血液希薄剤(ワルファリンなど)
・非ステロイド系抗炎症剤 (イブプロフェン、アスピリンなど)
・真菌感染症用薬(ケトコナゾール、サキナビル、ネルフィナビル、アタザナビルなど)
・高血圧・胸痛(狭心症)治療薬
・抗炎症抗生物質

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

必要とされる時にのみ服用し、1日に1回以上の服用はしないでください。

 

副作用

タダポックスを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
・タダラフィルとして
潮紅、動悸、ほてり、血管拡張、心拍数増加、胸痛、狭心症、頻脈、高血圧、低血圧、心筋梗塞、心臓突然死、失神、起立性低血圧、霧視、眼の充血、眼の異常感、耳鳴、視覚障害、眼痛、涙流増加、眼刺激、結膜充血、視野欠損、結膜炎、乾性角結膜炎、眼瞼腫脹、色覚変化、回転性眩暈、網膜静脈閉塞、非動脈炎性前部虚血性視神経症、網膜動脈閉塞、消化不良、上腹部痛、悪心、胃食道逆流性疾患、下痢、口内乾燥、胃炎、嘔吐、腹痛、胃(胸部)不快感、便秘、腹部膨満、軟便、胃刺激症状、嚥下障害、食道炎、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、ALT上昇、腎機能障害、尿酸値上昇、背部痛、筋痛、四肢痛、関節痛、筋けいれん(筋収縮)、筋骨格痛、筋骨格硬直、頚部痛、臀部痛、頭痛、めまい、睡眠障害、錯覚感、傾眠、不安、脳卒中、感覚鈍麻、片頭痛、排尿困難、勃起増強、意図しない勃起、持続勃起症、勃起の延長、鼻閉、鼻炎、副鼻腔うっ血、呼吸困難、喀血、鼻出血、咽頭炎、紅斑、多汗、爪囲炎、そう痒症、疲労、無力症、疼痛、体重増加、倦怠感、熱感、末梢性浮腫、粘膜浮腫、口渇

・タボキセチンとして
吐き気、頭痛、めまい、血圧上昇、ふるえ、ヒリヒリ(チクチク)感、無感覚、霧視、耳鳴、鼻閉、下痢、腹痛、口渇、嘔吐、腸内ガス、便秘、むくみ、多汗、疲労感、傾眠、注意力散漫、イライラ感、勃起障害、不眠、不安、神経質、性欲減退、落ち込み、無関心、異常夢

●極稀に起こる重篤な副作用
・タダラフィルとして
過敏症(発疹、じんましん、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎、スティーブンス・ジョンソン症候群)

・タボキセチンとして
発疹、そう痒、じんましん、動悸、喘鳴、呼吸困難、顔・唇、舌や体のむくみ

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-06-24
バイアグラと高い皮膚がんリスクとの関連性(【Medical News Today】より) -研究者たちがスウェーデン人男性2万人の健康記録を分析した結果、関連性は見つかったものの、シルデナフィル(バイアグラ)およびほかの同等クラスの勃起不全薬(ED薬)は皮膚がんの原因になりえない“だろう”と.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-06-14
初の早漏症治療薬(インクワイアラーより)― 早漏(早発射精)は、最も発生頻度の高い男性性機能不全であり、心理的要因と身体的要因が重なり合って生じるもので、その中心的役割を果たすのがセロトニンという物質である。セロトニンとは、脳および神経系におい.... 続きを読む

2014-05-30
DMDの男の子に希望を持たせるタダラフィル(リバティ・ボイスより)― タダラフィルは肺血管を拡張したり勃起不全(ED)を改善するための薬で、シアリスやアドシルカという名でも知られています。でもデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)に苦しむ人たちにとってタダラフィルはEDの治療.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-15
前立腺肥大の男性10人中8人が勃起不全も併発(ユアヘルス・アジアワンより) - 勃起機能を改善させる薬剤が、前立腺肥大に関連する下部尿路症状の治療にも処方可能となった。具体的な適応症状には、頻尿や尿意切迫、尿勢減弱、残尿感、排尿後尿滴下などが挙げられる。タダラフィル(イーライリリ.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-10-14
完全勃起障害におけるタダラフィルの有効性と安全性(メディカル・エキスプレスより) - 完全勃起障害の男性において、タダラフィルを1日1回2.5mg投与すると性交の成功率が32.4%となり、5mg投与で46.4%になることが、性医学誌(Journal of Sexual Medicine)10月4日号オンライン版に掲載された研究で示された。Votubiaによる治療 ― エベロリムス.... 続きを読む

2011-10-29
ED(勃起不全)を治療する7つの方法(ニューズワイズより) - 経口薬だけでなく、ED(勃起不全)の治療法は他にもいくつかあります。そうした治療法をこの記事でぜひ知ってください。 続きを読む

2010-10-01
性機能障害 ― 男性は特に一時的な解決薬を受け入れやすい(コモン・グラウンドより) ― 過去10年間、男性用の性的能力向上処方薬は驚異的な成功を見てきました。そして今、ギアが変わり、製薬会社は女性向けの新薬のマーケティングにすっかり当惑しているようです。すでに「ピンクバイアグラ」と呼ばれる女性の.... 続きを読む

2008-08-19
ED治療薬により下部尿路症状が軽減(ABCニュース・ヘルスより) - 勃起不全治療薬タダラフィル(シアリス)の1日1回投与は、前立腺腫大の徴候が認められる男性の下部尿路症状を軽減するのに有用であることが、新しい研究で示された。50歳以上の男性の50%超が下部尿路症状を有し、頻尿および尿意切迫、腹圧排尿、残尿、尿勢減弱など.... 続きを読む

2008-05-12
バイアグラ、筋ジストロフィー治療に効果あり(ザ・テレグラフより) - 非常に深刻な変性疾患である筋ジストロフィーによって生じる心筋の損傷が、バイアグラによって.... 続きを読む

2006-09-07
期待の早漏治療薬(BBCニュースより) - 世界初の早漏治療薬の安全性と効果は確認されたとの報告 ランセット誌は、アメリカ合衆国で2,600人の男性を対象に行われた研究にて、ダポキセチンという名の医薬品に性交時間を3倍から4倍に延ばす効果があることが認められたと報じた。 ミネソタ大学研究員は、当該医薬品の服用により性交時間が従来の... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。