スリムトーン錠 (カラルマ・フィンブリアータ・エキス) 500mg(15錠)

1680 円!! 効果抜群のダイエットサプリ!食前に飲むだけで「食べたい」という欲求をストップするだけでなく、少量の食事でも満腹度がアップ!さらには脂肪燃焼作用によって腰回りをスッキリする効果もあります!従来の10錠から15錠に!

Slimtone (Caralluma Fimbriata Extract) - 500mg (15 Tablets)

■ 15錠

価格:1680 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

カラルマ・フィンブリアータ・エキス(Caralluma Fimbriata Extract)

 

製造国

インド

 

製造元

Tirupati Medicare Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。 
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1回1錠を1日2回、食前30分にたくさんの水と共に経口服用します。

 

商品詳細

スリムトーン錠500mgは、主に食欲を抑える効果を持つサプリメントです。

有効成分のカラルマ・フィンブリアータはサボテンに似た多肉植物の一種で、インドの農村では野菜としてそのまま食される以外に、ピクルスやチャツネなどの保存食としても利用されているごくありふれた植物で、喉の渇きをいやし、空腹や食欲を抑えるだけでなく、スタミナを増進させる働きを持つことから、古くから狩猟の際にも携行されています。
なお、インド保健省から刊行されている公式薬用植物リストにおいて、カラルマ・フィンブリアータは「野菜」および「飢餓時の食物」として正式に紹介されています。

カラルマ属植物は約120種類存在していると言われていますが、そのうちフィンブリアータは特に強力な食欲抑制作用と、脂肪を体内に蓄積させずにすぐエネルギーに変換する作用を持つとされています。
その食欲抑制作用は、カラルマ・フィンブリアータのプレグナン配糖体が視床下部の満腹中枢を抑制するためと考えられており、さらにクエン酸回路における脂肪合成の基本要素酵素であるアセチルCoAおよびマロニルCoAの生成後のクエン酸リアーゼをブロックすることで脂肪合成を抑制し、脂肪燃焼作用を発揮するとされています。

このカラルマ・フィンブリアータのエキスを主成分として作られたダイエット・サプリメントがスリムトーン錠500mgです。
自然と食欲を抑えるだけでなく、体重および脂肪の減少、ウエストおよびヒップサイズの減少などの効果のあることが臨床試験の結果として報告されており、また1日に2回服用するだけなので、ストレスをためることなく大きなダイエット効果が期待できます。さらに副作用がほとんど認められず、出現したとしてもごく軽い程度の胃腸障害などであり、それも数週間のうちに消滅するため、安心して服用できるのが特長です。

カラルマ・フィンブリアータと同じような効果を持つ成分にフーディアがあります。フーディアもカラルマ・フィンブリアータと同じガガイモ科に属し、食欲抑制効果を持つとされ、多くのダイエット用サプリメントに使用されていますが、カラルマ・フィンブリアータの食欲抑制効果と脂肪燃焼効果はフーディアを超えるとされています。

なおカラルマ・フィンブリアータのエキスは、アメリカではGRAS(米国食品医薬品局が認定した食品安全表示)認証も受けています。

 

他の商品との比較

食欲を抑制するだけでなく脂肪を燃焼させる効果もあるとされるため、運動を取り入れることでより大きなダイエット効果が期待できます。

天然植物エキスを原料としているため、副作用の心配がほとんどありません。

類似成分であるフーディアよりも、さらにすぐれた効果を発揮するとされています。

 

特別な注意

スリムトーン錠500mg服用に関する注意は特に報告されていませんが、以下の場合はスリムトーン錠500mgを服用しないでください。
・妊婦または妊娠している可能性のある人
・授乳中の人

 

他の薬との併用

ほかの薬剤とスリムトーン錠500mgを併用する場合の注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのがよいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

スリムトーン錠500mgを服用した場合、極稀に以下の副作用が起こることがあります。

・主な副作用
軽度の胃腸障害、鼓腸、便秘、胃炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む