ダンドロップ・ローション(ケトコナゾール/ジンクピリチオン)2%w/v / 1%w/v (75mL)

2380 円!! 2種類の抗菌剤の働きで、脂性フケの原因となる脂漏性皮膚炎を治療!1週間に2回使用するだけで、フケの悩みを解決します!どんな場所にも塗りやすいローションタイプ!

Dandrop Lotion (Ketoconazole/Zinc Pyrithinone) - 2%w/v / 1%w/v (75mL)

■ 75mlボトル

価格:2380 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ケトコナゾール(Ketoconazole)

ジンクピリチオン(Zinc Pyrithione)

 

同一成分含有商品

白肌キープセット(SPA 30PA++) 3000 円
UV cut set 30PA

ニズラル(ニゾラール) 200mg (10錠) 1840 円
Nizral (Ketoconazole) - 200mg (10 Tablets)

ニゾラール(ケトコナゾール) 200mg (30錠) 8300 円
Nizoral (Ketoconazole) - 200mg (30 Tablets)

ニゾラールクリーム(ケトコナゾール)- 2% (15gチューブ) 1970 円
Nizoral Cream (Ketoconazole) - 2% (15g Tube)

ニズラル(ニゾラール) シャンプー - 2% (50mlボトル) 1160 円
Nizral Shampoo (Ketoconazole) - 2% (50mL Bottle)

ニゾラール(ケトコナゾール)  シャンプー - 1% (100mlボトル) 1780 円
Nizoral Shampoo (Ketoconazole) - 1% (100mL Bottle)

ニゾラール(ケトコナゾール) シャンプー - 1% (200mlボトル) 2240 円
Nizoral Shampoo (Ketoconazole) - 1% (200mL Bottle)

ニゾラール(ケトコナゾール)  シャンプー - 2% (100mlボトル) 2460 円
Nizoral Shampoo (Ketoconazole) - 2% (100mL Bottle)

セビゾールシャンプー - 2% (200mlボトル) 4400 円
Sebizole Shampoo (Ketoconazole) - 2% (200mL Bottle)

セビゾールシャンプー - 1% (200mlボトル) 3690 円
Sebizole Shampoo (Ketoconazole) - 1% (200mL Bottle)

ニゾラールクリーム (ケトコナゾール) 2% (30gチューブ) 3920 円
Nizoral Cream (Ketoconazole) - 2% (30g)

セビゾールシャンプー (ケトコナゾール) 2% (100mL) (100mlボトル) 3200 円
Sebizole Shampoo (Ketoconazole) - 2% (100mL Bottle)

ダンドロップ・ローション(ケトコナゾール/ジンクピリチオン)2%/1% (60ml) (60ml) 1700 円
Dandrop Lotion (Ketoconazole/Zinc Pyrithione) - 2% / 1% (60ml)

ケト噴霧パウダー(ケトコナゾール)2% (50g) 1250 円
Keto Dusting Powder (Ketoconazole) - 2% (50gm)

ダンドロップ・ローション(ケトコナゾール/ジンクピリチオン)2%/1% (50ml) (50ml ) 1590 円
Dandrop Lotion (Ketoconazole/Zinc Pyrithinone) - 2%w/v / 1%w/v (50ml)

サンクロマSPF30PA++ローション (75mlチューブ) 2890 円
Sunkroma SPF 30 PA++ Lotion (Bisoctrizole (Tinosorb M)/Octyl Methoxy Cinnamate/Liquorice Extract/Vitamin E Acetate/Zinc Oxide) - 75mL

ダンドロップ・ローション(ケトコナゾール/ジンクピリチオン)2%w/v / 1%w/v (75mL) (75mlボトル) 2380 円
Dandrop Lotion (Ketoconazole/Zinc Pyrithinone) - 2%w/v / 1%w/v (75mL)

アルコレーン(ケトコナゾール)2% (60mlボトル) 1930 円
Arcolane (Ketoconazole) - 2% (60mL)

 

製造国

インド

 

製造元

Alkem Laboratolies

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

使用前に容器をよく振ります。

1.髪と頭皮を濡らし、ローションを適量たらして充分に泡立てます。
2.1分間マッサージし、ぬるま湯で洗い流します。
3.再び1の手順を繰り返し、今度は3分間マッサージします。
4.ぬるま湯で洗い流し、乾燥させます。
5.この過程を1週間2回、4週間続けた後、維持療法としてさらに1週間続けます。

 

商品詳細

ダンドロップ・ローションは、頭皮の真菌感染症の治療薬で、主に脂漏性皮膚炎によるフケに対して効果を発揮します。

頭皮を含む正常な皮膚は、28日サイクルの新陳代謝によって常に生まれ変わっており、この新陳代謝によってはがれ落ちた頭皮の古い角質がフケです。角質細胞の剥離は毎日起こっていますが、細胞が非常に小さいために目には見えず、また健康なフケは常在菌が食べているとも言われています。
フケには乾性と脂性の2種類があり、乾性のフケは、主に過剰な洗髪や洗浄力の強いシャンプーの使用などによる頭皮の乾燥が原因で出るパラパラとしたフケで、一般に軽症であることが多いようです。
一方、ベタベタと頭皮についた脂性のフケは、頭皮の皮脂分泌が盛んな人に多く見られますが、その約60%は脂漏性皮膚炎が原因であるという統計があります。

脂漏性皮膚炎は、頭や顔、胸、背中など皮脂腺が発達して皮脂の多い部分に発症する皮膚炎です。頭皮では脂っぽいフケ、顔では鼻の周囲などに脂っぽい薄いかさぶたのようなものを伴う紅斑の出現などが主な特徴で、男性ホルモンであるアンドロゲンの作用による皮脂の過剰分泌、ビタミンB2やB6の欠乏、ストレスなどが脂漏性皮膚炎の原因であると考えられていますが、最近では真菌の一種であるマラセチアが大きく関係していることが明らかになってきています。

マラセチアは酵母とも呼ばれる11種類の菌種を持つ真菌の仲間で、皮膚に存在している常在菌です。皮膚状態が健康である場合は問題となることはほとんどありませんが、何らかの原因により皮膚の抵抗力が落ちると異常繁殖して皮膚炎を悪化させます。マラセチアは皮脂腺から分泌される皮脂を栄養として増殖しており、その際にマラセチアが分泌する酵素リパーゼにより皮脂が脂肪酸に分解され、これが頭皮を刺激して新陳代謝を速めるために脂性フケが発生すると考えられています。

これらの菌を除菌し、脂漏性皮膚炎を治療することで脂性フケを抑えるローションがダンドロップ・ローションです。ローションタイプなので、従来のクリーム剤では塗布が難しかった部分にも手軽に塗ることができます。
ダンドロップ・ローションの有効成分のひとつであるケトコナゾールは、細胞の膜ステロールの合成を阻害し、真菌細胞膜の機能不全を引き起こすことで細胞分裂を阻害し、増殖を抑えて抗真菌作用を発揮しますが、同時に炎症を誘発するロイコトリエンの産生を阻害する作用も持っているため、この両面から脂漏性皮膚炎の改善効果を示します。さらに11種類存在するすべてのマラセチアはケトコナゾールに対して耐性を持っていないので、全菌種に対して抗真菌作用を発揮します。

またもうひとつの有効成分であるジンクピリチオンは、低用量で抗菌力、抗カビ力に優れていることから、フケ止め、かゆみ止めとしてシャンプー、ヘアローション、ヘアトニックなどに使用されている成分です。その反面で、頭皮に残ると刺激反応により炎症を起こしやすくなると言われており、使い過ぎやすすぎ不足などにより逆効果となることもあるので、使用方法をしっかり守ることが大切です。

 

他の商品との比較

2種類の抗菌剤の働きで、脂漏性皮膚炎の原因とされるマラセチアの繁殖を抑制し、その結果として脂性フケの発生を防ぎます。 マラセチアはケトコナゾールに耐性を持っていないため、確実にマラセチアの活動を抑えることができます。 ローションタイプなので、従来のクリーム剤では塗布が難しかった部分にも手軽に塗布することができます。 ケトコナゾールは、抗菌作用のほか、男性型脱毛症の治療にも有力であるとされています。

 

特別な注意

・ダンドロップ・ローションは外用薬です。
・頭皮に傷、炎症、やけどなどがある場合は使用しないでください。
・目、鼻、口、耳には使用しないでください。
・ダンドロップ・ローションの使用前後は、手をよく洗ってください。
・途中で症状が改善しても、医師から定められた治療期間を完了させてください。途中で治療を中止した場合は、再発することがあります。
・妊娠中、授乳中の人に対する注意は特に報告されていませんが、使用する場合は事前に医師または薬剤師に相談してください。

 

他の薬との併用

ダンドロップ・ローションとほかの薬剤との併用による注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

副作用

ダンドロップ・ローションを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
灼熱感、チクチク感、赤み、乾燥

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-09-18
ケトコナゾールが急性尿閉の管理に役割を担う可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 良性の前立腺閉塞に起因する急性尿閉(AUR)患者において、TWOC(カテーテル抜去後に自然排尿がスムーズにできるかの試験期間)成功を向上させるには、タムスロシンとケトコナゾールの併用投与が安全な治療法となることが、.... 続きを読む

2013-06-13
一般薬がより大きな治療につながる可能性がある(ジョプリン・インディペンデントより) - ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins)の研究者らは、一般的に使用される2つの治療薬が、他のもっと重篤な疾患の治療に有益であるかもしれないということを見出し、驚いている。これらの研究者らは、足の爪の真菌を治療する.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-10-19
厄介な6つの皮膚疾患の解決策(Peace FMオンラインより) - 「厚化粧で隠す」、「ローションを塗る」、「痒み」、「引っ掻き傷」などの言葉に馴染みがありますか? お肌のトラブルは20代で終わりを迎えることはありません。蛇のように脱皮して出直せたらと願っている方々の.... 続きを読む

2010-06-01
薄片の多い頭皮(BBCヘルスより) - 頭皮の薄片で最もよくみられるのはフケであるが、フケとは別の薄片が存在する。フケの原因は何なのでしょうか?毎日、頭皮から古い角質が剥がれおちています。古い角質が通常よりも多いと.... 続きを読む

2010-05-21
ヒトの異なる身体部位における白癬に対する治療(ArticlesBase.comより) - 白癬感染症が生じた身体各部位には、それぞれ病名があり、8種類に分類されるが、これを以下に列挙する。 1.足白癬(足) - トリコフィトン属(白癬菌属)に起因する足にみられる白癬。足裏、足指、足爪のような足のほかの部位には、斑点状または.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。