チロ・スリー(リオチロニンナトリウム)25mcg

5280 円!! 不足した甲状腺ホルモンを補充する働きを持つ甲状腺機能低下症の治療薬!効き目は短いですが即効性あり!その基礎代謝を亢進する作用のため、体重減少目的で使用する人も!

Thyro3 (Liothyronine Sodium) - 25mcg (30 Tablets)

■ 30錠

価格:5280 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

リオチロニンナトリウム(Liothyronine Sodium)

 

製造国

インド

 

製造元

Alpha Pharmaceuticals Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常、成人の初回量は1日5-25mcgとし、1-2週間間隔で少しずつ増量します。
維持量は1日25-75mcgとします。

年齢、症状により適宜増減します。

 

商品詳細

チロ・スリー25mcgは、主に粘液水腫、クレチン症、甲状腺機能低下症(原発性および下垂体性)、慢性甲状腺炎、甲状腺腫の治療に使用する薬です。

甲状腺は首の前方、喉仏のすぐ下にある臓器で、体の新陳代謝を盛んにするホルモンを産生します。このホルモンは甲状腺ホルモンと呼ばれ、主に海藻などに含まれるヨード(ヨウ素)を材料として合成されており、脳の活性化、体温の調節、心臓や胃腸の活性化、新陳代謝の促進などにかかわっています。何らかの原因でこの甲状腺ホルモンの分泌が低下し、活動性が低下した状態が甲状腺機能低下症です。

甲状腺機能低下症になると全身の代謝の低下に伴い、体のさまざまな機能も低下していきます。例えば精神機能が低下した場合には眠気、記憶力や計算力の低下、抑うつ、無気力などが生じるほか、消化管運動の低下による便秘、心機能の低下による脈の遅れがみられます。さらに皮膚の乾燥、脱毛、むくみ、声のかすれ、体重増加、疲労感、寒気などが起こることもありますが、いずれも症状も診断の決め手とならないため、診断が確定するまで長期間見過ごされることが多いようです。

甲状腺機能低下症の原因には、産後やヨードの過剰摂取などにより発症し、治療が不要な一過性のものから、異所性甲状腺機能低下症などの先天的なもの、慢性甲状腺炎により起こる原発性甲状腺機能低下症、また甲状腺を刺激する甲状腺刺激ホルモンが充分に下垂体から分泌されないことで起こる中枢性甲状腺機能低下症、さらに甲状腺の病気の治療による永続性のものまで多種にわたります。このうち主に原発性甲状腺機能低下症および中枢性甲状腺機能低下症に対し、不足した甲状腺ホルモンを補充することで症状を改善する薬がチロ・スリー25mcgです。

甲状腺から分泌されるホルモンには、1分子に3つのヨードを持つトリヨードサイロニン(T3)と、4つのヨードを持つサイロキシン(T4)の2種類があります。このうちT3は80%が末梢組織で脱ヨード化によるT4からT3への変換で合成され、分子量が小さいために細胞透過性が強く、T4の4-5倍の生物活性があります。肝臓・腎臓・筋肉といった主要臓器に働きかけ、熱産生を高めたり交感神経の感受性を維持するなどその代謝レベルを維持する主要なホルモンで、生活習慣(食事・睡眠・運動)を整えることで代謝機能が上がりやすくなります。またもう一方のT4は、TRH(甲状腺刺激ホルモン)に作用して甲状腺のみで産生されており、体全体の細胞の新陳代謝を高める働きを持っています。
チロ・スリー25mcgの有効成分であるリオチロニンナトリウムは、このうちT4の10倍以上の生理活性を持つとされるT3に属しています。血中半減期が約1日と短いために頻回に服用する必要があり、服用により血清T3濃度が一過性に上昇するため、主に一過性甲状腺機能低下症や中等度以上の甲状腺低下症の治療に使用されます。このほかにも粘液水腫の治療で急を要する場合や、甲状腺の検査で使用されることがあります。

なお甲状腺ホルモンは生体の基礎代謝を亢進して脂肪燃焼効果が期待できることから、適用外としてリオチロニンナトリウムを体重減少の目的で使用している人もいます。

 

他の商品との比較

甲状腺ホルモンの作用部位で働くリオチロニンの製剤です。

一般的に半減期が短いことから、主に急性効果を期待する特殊な場合に使用されます。

基礎代謝を亢進する働きを持っています。

リオチロニンナトリウムを有効成分とする薬剤は、日本でチロナミン(武田薬品)の名前で発売されています。

海外ではCytomel、Triostat、Tetroxinなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、チロ・スリー25mcgを絶対に服用しないでください。
・新鮮な心筋梗塞のある人: 基礎代謝の亢進により心負荷が増大し、病態が悪化することがあります。

【慎重服用】
・狭心症、陳旧性心筋梗塞、動脈硬化症、高血圧症などの重篤な心・血管系の障害のある人: 基礎代謝の亢進による心負荷により、病態が悪化するおそれがあるので、服用する必要がある場合には少量から開始し、通常より長時間かけて増量し、維持量は最少必要量とします。
・副腎皮質機能不全、脳下垂体機能不全のある人: 副腎クリーゼを誘発し、ショックなどを起こすことがあるので、副腎皮質機能不全の改善(副腎皮質ホルモンの補充)を充分にはかってから服用してください。
・糖尿病の人: 血糖管理状況が変わることがあるので、観察を充分に行ない、慎重に服用してください。
・高齢者

【重要な基本的注意】
・甲状腺機能低下症および粘液水腫の人は、少量から服用を開始し、観察を充分に行ない、漸次増量して維持量をすることが望ましいとされています。なおチロ・スリー25mcgはほかの甲状腺ホルモン製剤より効果の発現が早く持続が短いので、その点を考慮して服用してください。

【高齢者の服用】
・チロ・スリー25mcgを服用すると基礎代謝の亢進による心負荷により狭心症などをきたすおそれがあります。また一般に高齢者では生理機能が低下しているため、高齢者が服用する場合は少量から開始し、通常より長時間かけて増量し、維持量は最少必要量としてください。

【妊婦、産婦、授乳婦の服用】
・妊娠中の服用に関する安全性は確立していないため、妊婦または妊娠している可能性のある人は治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とチロ・スリー25mcgを併用する場合、注意してください。
・クマリン系抗凝血剤(ワルファリン、カリウムなど): クマリン系抗凝血剤の作用を増強するおそれがあるので、プロトロンビン時間などを測定しながらクマリン系抗凝血剤の用量を調節するなど慎重に使用してください。
・交感神経刺激剤(アドレナリン、ノルアドレナリン、エフェドリン・メチルエフェドリン含有製剤): これらの作用を増強し、冠動脈疾患のある人が併用すると肝不全のリスクが増大するおそれがあるので慎重に使用してださい。
・強心配糖体製剤: 甲状腺機能亢進状態では血清ジゴキシン濃度が低下し、甲状腺機能低下状態では上昇するとの報告があるため、甲状腺機能亢進状態では通常より多量の、甲状腺機能低下状態では通常より少量の強心配糖体製剤の使用を必要とすることがあります。併用する場合には強心配糖体製剤の血中濃度をモニターするなど慎重に使用してください。
・血糖降下剤: 血糖降下剤を使用している人がチロ・スリー25mcgを服用すると、血糖管理状況が変わるおそれがあるので、血糖値や状態を充分に観察しながら両剤の用量を調節するなど慎重に使用してください。
・コレスチラミン、コレスチミド、鉄剤、アルミニウム含有制酸剤、炭酸カルシウム、炭酸ランタン水和物、セベラマー塩酸塩: 同時服用によりリオチロニンナトリウムの吸収が遅延または減少するおそれがあるので、併用する場合には服用間隔をできる限りあけるなど慎重に使用してください。
・フェニトイン製剤: フェニトインはリオチロニンナトリウムの血中濃度を低下させるおそれがあるので、使用する場合にはチロ・スリー25mcgを増量するなど慎重に使用してください。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

副作用

チロ・スリー25mcgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
発疹、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、心悸亢進、脈拍増加、不整脈、ふるえ、不眠、頭痛、めまい、発汗、神経過敏、興奮、不安感、躁うつなどの神経症状、食欲不振、嘔吐、下痢、筋肉痛、月経障害、体重減少、脱力感、皮膚の潮紅

●極稀に起こる重篤な副作用
ショック、狭心症、うっ血性心不全、肝機能障害、黄だん、副腎クリーゼ

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-07-13
転移性肺がんの一次治療にFDAが標的療法を承認(【FDA】より) -イレッサ(ゲフィチニブ)はキナーゼ阻害剤で、特定のEGFR遺伝子によるがん細胞の増殖を促進する働きを持つたんぱく質を遮断する。この薬は、NSCLC(エクソン19の欠質またはエクソン21 L858R遺伝子突然変異置換).... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。