ティー・エム・ピー(トリメトプリム)300mg

2960 円!! 主に尿路感染症の治療や予防に使用される抗生物質!遺伝子の生成に不可欠な物質である葉酸の合成を阻害!細胞分裂による細菌の増殖を抑制することで抗菌効果を発揮します!

TMP (Trimethoprim) - 300mg (50 Tablets)

■ 50錠

価格:2960 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

トリメトプリム(Trimethoprim)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Mylan

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1回300mgを1日1回、就寝時に食べ物と一緒に経口服用します。
子どもは、年齢に応じて1日40-150mgを単回服用します。

一般的な治療期間は3-5日で、また高用量の単回服用は単純尿道感染の治療に有効です。

成人の尿道感染予防には1日100mgを、また12歳未満の子どもは1日25-50mgを単回服用します。

 

商品詳細

ティー・エム・ピー300mgは、主に尿路感染症の予防や治療に使用される抗生物質の一種です。

尿路感染症は、尿の通り道である腎臓、ぼうこう、尿管、尿道などの尿路に細菌が感染し、炎症を起こした状態です。炎症が起こる場所により上部尿路感染および下部尿路感染に分けられ、上部尿路感染は腎盂(じんう)腎炎などの感染、下部尿路感染は、ぼうこう炎、尿道炎、前立腺炎などが含まれます。
感染や炎症の主な原因として、男性では陰茎の先端部、女性では外陰部にある尿道の開口部などの尿の出口からの細菌やウイルス、真菌の逆行が挙げられますが、そのほかにも尿管結石や糖尿病などにより、細菌が血流から腎臓に入ることで発症する場合もあります。
女性の場合、男性と比較して尿道が圧倒的に短いため、細菌による感染が男性の約50倍という統計があり、また加齢により前立腺肥大を患う人が増えることから、高齢者では男性の割合も増えていきます。

感染や炎症は、細菌が増殖することで進行しますが、この増殖は細胞分裂により行なわれます。
細胞分裂は、細胞が自分とまったく同じコピーを次々と作り出していくことで、1つの細胞が2つまたはそれ以上に分かれる現象です。そのコピーの原本となるのがDNA(遺伝子)ですが、この細胞の分裂、成長、DNAの形成や修正の作用に深く関わり、細菌増殖の過程に欠かせない重要な物質のひとつが葉酸です。
葉酸は核酸の成分であるプリン核やチミンの合成に不可欠な酵素の補酵素として働いているため、葉酸が不足すると細胞分裂や成長をはじめ、正確なDNAをつくり出すことができなくなります。 またDNAは、活性酵素などの影響で同じ遺伝情報を持つ細胞の生成を妨げられることがあり、間違った遺伝情報が伝わってしまうことがあります。その場合、酵素がその間違った部分に作用し、正しく修正するように働きかけますが、この酵素に大きな影響を与えるのも葉酸です。

この葉酸の合成を阻害し、抗菌効果を発揮するのがティー・エム・ピー300mgの有効成分であるトリメトプリムです。トリメトプリムは、ジヒドロ葉酸からテトラヒドラ葉酸への還元過程を抑制して葉酸の活性化を阻害することで細胞の葉酸合成を阻害します。

葉酸は細菌に代謝に必要不可欠であり、ほとんどの細菌は葉酸を自分自身で合成することができますが、外部環境から取り込むことはできません。そのため、トリメトプリムにより葉酸の合成を阻害された細菌は、それ以上は増殖することができず、やがて死滅します。

 

他の商品との比較

菌の増殖に必要なDNA合成に必要な葉酸の活性化を阻害し、抗菌作用を示します。

主に尿路感染症の予防や治療に使用されます。

病原微生物の変異による耐性獲得が多いため、トリメトプリム単体では厚生労働省に認可されておらず、ST合剤としてのみ発売されています。

海外ではAbaprim、Alprim、Apo-Sulfatrim、Bactin、Bactramin、Co-Trimoxazole、Cotrim、Idotrim、Instalac、Methoprim、Monoprim、Monotrimin、Oraprim、Priloprim、Primosept、Primosol、Proloprim、Septra、Sulfamethoprim、Sulfatrim、Sulmeprim、Syraprim、Tiempe、Emp-Ratiophram、Trimanyl、Trimethioprim、Trimethopriom、Trimetoprim、Trimexazole、Trimogal、Trimopan、Trimpex、Trimrim、Uretrim、Wellcoprimなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、ティー・エム・ピー300mgを絶対に服用しないでください。
・ティー・エム・ピー300mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・重篤な肝不全のある人
・重篤な腎不全のある人
・巨赤芽球性貧血およびほかの造血機能障害のある人
・未成年および4ヵ月未満の幼児

【慎重服用】
・葉酸欠乏症の人
・腎臓に問題のある人
・肝臓に問題のある人
・血液疾患のある人
・妊娠中または妊娠する予定のある人
・授乳中または授乳を希望している人

 

他の薬との併用

以下の薬剤とティー・エム・ピー300mgを併用する場合、注意してください。
・マラリア予防薬: ピリメタミンなど
・抗血圧凝固剤: ワルファリンなど
・関節炎、一部がんの治療薬: メトトレキサートなど
・てんかん(けいれん、発作)抑制薬: フェニトインなど
・心不全、不整脈の治療薬: ジゴキシンなど
・不整脈の修正、心拍の過活動調整薬: プロカインアミドなど
・パーキンソン病治療薬: アマンタジンなど
・抗生物質: リファンピシンなど
・臓器移植拒否反応予防、免疫システム問題治療薬: シクロスポリンなど 

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

ティー・エム・ピー300mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
胃のむかつき、吐き気、嘔吐、口渇、発疹、頭痛・口や下のむくみ・体重減少、黄だんを伴う疲労感、発熱、悪寒、咽頭痛

●極稀に起こる重篤な副作用
多形性紅斑、スティーブンス・ジョンソン症候群、表皮剥離症、無菌性髄膜炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-04-10
認知機能と血糖コントロールの改善におけるシタグリプチンの二重の役割(糖尿病・イン・コントロールより)― 認知症の中で最も発症頻度の高いのがアルツハイマー病である。症状はゆっくり増悪し、経時的に悪化し、やがて一般的な日常生活活動に支障をきたすようになる。アルツハイマー病の治療法は分かっていないが、シタグリ.... 続きを読む

2014-03-19
トリメトプリム抗生物質は連鎖球菌に対して予想以上に効果的(メディカル・エキスプレスより) - 発展途上国では、連鎖球菌感染症を治療するための安価で忍容性の高い抗生物質は入手困難なことが多い。ドイツのHZIに所属する研究者らは、トリメトプリムが治療選択肢となり得ることを突き止めた。長年信じられてきた.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-11-01
一般的なほとんどの感染症に従来の抗生物質が依然として有効(ペディアトリック・スーパーサイトより) - 米国小児科学会2011年全国会議・展示会(American Academy of Pediatrics 2011 National Conference and Exhibition)での発表者の1人によると、全ての有効な抗生物質から.... 続きを読む

2011-09-29
命取りとなるウィルスを死滅させよう:リステリア症治療(インターナショナル・ビジネス・タイムス紙より) - 先日、マスクメロンに付着していたリステリア菌に感染した72人のうち16人が死亡したと報じられた。リステリアは潜伏期間が長いため、非常に危険なウィルスである。しかし、予防措置を取れば、症状は3日から1週間.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。