テストジェル(テストステロン)16.2mg/g(88g)

15720 円!! テストステロン不足による性腺機能低下症の治療薬!皮膚に塗るだけで、体内に男性ホルモンを補充します!パッチタイプよりも皮膚反応を起こしにくく、また肝臓への負担が少ないジェルタイプ!

Testogel (Testosterone) - 16.2mg/g (88g)

■ 88g

この商品は必ず男性名義でご注文ください。

(女性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:15720 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

テストステロン(Testosterone)

 

製造国

ドイツ

 

製造元

Dr.Kade/Basin Pharma

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。

実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。


※テストジェルは成人男性専用薬です。

通常、傷などがない乾いた腹部、肩部、上腕部などの部位に薄く塗布します。

肌に擦り込まないでください。また炎症を起こすことがあるので生殖器には使用しないでください。

3-5分放置した後、洋服を着てください。

使用後は手を洗ってください。


初めて使用する場合

・キャップを取り外します。

・噴出口のストッパーを取り外します。

・ポンプを3回押します。この際に出たジェルは使用せず、安全に破棄してください。

・以降、これで正常に使用できます。

・ポンプ1プッシュで1.25グラムのジェルが出て来ます。


 

商品詳細

テストジェルは、臨床徴候や生化学的検査および臨床症状によりテストステロン欠乏症と診断された男性の性腺機能低下症に対するテストステロンの補充療法に使用する外用薬です。成人男性専用のため、女性や子供は使用できません。


テストステロンは主に男性の睾丸でつくられる男性ホルモンのひとつです。筋肉の増大、骨格の発達、男性器の成長など男性らしい肉体や精子の生成などに関与し、特に男性の第二次性徴には欠かすことができません。成人以降も筋肉や骨の形成、造血機能、性機能、脂質代謝など全身のさまざまな生理的な活性を促す働きを担うほか、攻撃性などのアクティビティを高める作用があることも知られています。ちなみに女性においても男性の20分の1ほどの量が卵巣から分泌されており、陰毛の発毛のほか性機能、骨密度、筋肉量、認知機能および気分のために不可欠であるとされています。


男性は女性の閉経のようにホルモンが急激に減少することはありませんが、一般に30歳ごろから徐々にテストステロンが減少し始めるほか、先天性要因または加齢、疾患、外傷、薬物などの後天性の因子が原因となって減少することがあります。これにより生殖腺の機能が低下した状態を性腺機能低下症と呼びます。発症する時期が小児期か成人期で症状が異なり、前者の場合は二次性徴がない、不完全な成長による低身長などがみられます。また後者における男性の場合では、性に対する関心の低下、インポテンス、除脂肪体重の低下、骨密度の低下、気分および活力レベルの低下などの生理学的変化が起こり、さらに高齢男性においては性機能不全、性欲低下、筋肉量低下、骨密度低下、抑うつ気分、および認知機能の低下につながる可能性があるといわれ、男性更年期障害(LOH)を引き起こすこともあると考えられています。


男性の性腺機能低下症の治療はタイプにより異なりますが、主な治療方法のひとつに男性ホルモン補充療法があります。経口剤、注射剤、皮膚吸収剤があり、テストジェルはこのうち身体に塗布することで皮膚からテストステロンを吸収するジェルタイプの皮膚吸収剤に属します。生理的な血中濃度をより一貫して維持する効果が期待できるほか、パッチタイプと比較して皮膚反応を引き起こしにくいのが特徴です。


テストジェルのような経皮吸収タイプは、塗布後に血管から血液中に入って身体を巡り、各部へ作用した後に肝臓で分解されます。従って飲み薬より経皮吸収の方が少ない量で済むだけでなく、経口剤、注射剤と比較して肝臓の負担も少ないと考えられているほか、毎日少しずつ塗ることで高過ぎない程度の血中濃度で性ホルモンの補充ができます。効果のインパクトは弱いものの、塗る量や頻度を調節する自由度があり、幅広い症状や用途に対応できるメリットがある上、高い安全性が期待されています


 

他の商品との比較

塗布後に成分が血管から血液に入り全身に巡るため、比較的少量で効果が出現すると考えられています。


男性ホルモンの日内変動を考慮したテストステロンの補充が期待できます。


パッチタイプと比較して皮膚反応を起こしにくいといわれています。


テストステロンを有効成分とした薬剤は、ジェル以外にパッチ、錠剤、筋肉注射などがあり、日本ではエナルモンデポー(あすか製薬、武田薬品工業)、ダイホルモン・デポー(持田製薬)、テスチノンデポー(持田製薬)、テストロンデポー(富士製薬)、プリモジアン・デポー(富士製薬)の名前で発売されています。


海外では、Androderm、Androgel、Axiron、Fortesta、Malogen Aqueous、Natesto、Striant、Testim、Testosterone、Testopel、Intrinsa、Livensa、Vogelxo、Andronate、Andropatch、Andropository、Andryl、Bio-T-Gel、Nebido、Sustanon、Synandrol、Testamone、Testaqua、Testoderm、Testolin、Testpatch、Testopel、Testrin、Testro、Tosterelle、Tostrex、Viromoneなどの名前で発売されています。


 

特別な注意

【禁忌】

・テストジェルの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・前立腺がん、乳がんの疑いのある人

・女性: 男性化作用が起こることがあります。


【慎重使用】
・心臓、肝臓、腎臓に重篤な機能不全のある人は、テストジェルでの治療の際にうっ血性心不全を伴う/伴わないむくみを特徴とする重篤な合併症が起こるおそれがあります。この場合はただちに治療を注意し、利尿薬による治療を行なってください。

・虚血性心疾患の人は、テストジェルを注意して使用してください。

・高血圧の人は、テストジェルを注意して使用してください。テストステロンが血圧を上昇させるおそれがあります。

・てんかん、片頭痛を悪化させるおそれがあるので、テストジェルを注意して使用してください。

・テストステロンエステルで治療中の性腺機能低下症の人に関する研究で、睡眠時無呼吸のリスクが上昇するとの結果があります。特に肥満、慢性呼吸病の人でその傾向が高いようです。

・補充療法後に平常テストステロン血漿濃度を達成したアンドロゲン治療の人において、インスリン感性の改善が起こるおそれがあります。


【使用上の注意】

・性腺機能低下症(高・低ゴナドトロピン性)が認められた場合のみ使用し、ほかに疾患や症状がある場合は治療開始前に除去しておいてください。

・臨床的特徴(第二次性徴退行、身体構成の変化、無力症、性欲減退、勃起障害など)によるテストステロン機能不全を明らかに呈し、2つの独立した血液テストステロン値により確認された場合に、使用してください。・テストステロンによる治療を開始する前に、前立腺がんの存在リスクを排除するためみの精密検査を受けてください。

・テストステロン治療中は、推奨される方法(直腸指診と血清PSA鑑定)に従って前立腺および胸部を注意深く観察してください。また定期的な観察を少なくとも年1回、特に高齢者やリスクの高い人(臨床的または家族的要因)においては2回受けてください。

・アンドロゲンは潜伏性の前立腺がんや良性前立腺過形成を促進するおそれがあります。

・高カルシウム血症(およびそれに関連した高カルシウム尿症)のリスクを持つガン患者は、骨に転移するおそれがあるためテストジェルを注意して使用してください。これらの人においては、血清カルシウム濃度の定期的な観察が推奨されています。

・アンドロゲンの過剰摂取により、臨床症状(易刺激性、神経質、体重増加、勃起持続時間の延長、頻回な勃起)がみられることがあるので、その場合は用量の調整を行なってください

・テストステロン補充療法を長期間受けた場合、血液中の赤血球数が異常増加することがあるため、定期的に血液検査を受けてください。

・てんかんや片頭痛がある場合、使用により症状が悪化することがあるため、注意して使用してください。

・糖尿病の持病があり、インスリンで血糖値をコントロールしている人では、テストステロンによる治療がインスリンや抗糖尿病薬治療の効果に影響をおよぼし、薬の量を調節する必要が出てくることがあります。

・使用部位に重篤な反応があらわれた場合は治療方針の変更を検討し、場合によりテストジェルによる治療を中止してください。

・予防措置を取らない場合、人の皮膚と皮膚の緊密な接触によりテストステロンが移ることがあります。繰り返し接触した場合、その結果として血中テストステロン値が上昇し、副作用(顔面および体毛の成長、声の低音化、生理不順など)がみられることもあります(不慮の男性化)。

・塗布後は手を石鹸でよく洗ってください。

・ジェルが乾燥したら、その部分を覆うような洋服を着用してください。

・テストステロン治療を受けていない人と接触することが予想される場合は、事前にシャワーを浴びてください。

・万一、予防措置をとっていない塗布部分が接触した場合は、水と石鹸でよく洗ってください。

・性行為を行なう場合、相手の安全のために塗布した部分はTシャツなどでカバーするか、行為前にシャワーを浴びてください。

・妊婦は塗布部に触れないようにしてください。またパートナーが妊娠した場合は、より一層の注意を払ってください。

・子供に接触する場合は、Tシャツなどで塗布部をカバーしてください。


【妊婦、授乳婦など】

・妊婦および授乳中の人に対する安全性は確立していません。万一、塗布部に接触した場合はただちに水と石鹸で洗い流してください。


【小児など】

・子供の使用に対する安全性は確立していません。


 

他の薬との併用

【併用注意】

・インスリン: 併用によりインスリン感性や血糖コントロールが起こるおそれがあります。また糖尿病の人では、アンドロゲンの代謝効果が減少するおそれがあります。

・経口抗凝血薬: 併用により、抗凝血効果の変化がみられるおそれがあります。併用する場合は、特にアンドロゲン治療の開始および終了時において、INR(国際標準化比)とプロトロンビン時間を頻繁に観察することが推奨されています。

・コルチコステロイド(副腎皮質ステロイド): ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)またはコルチコステロイドとの併用により体液うっ滞が起こるおそれがあります。特に心臓、腎臓、肝臓に疾患がある人は注意してください。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診察を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

副作用

テストジェルを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用

頭痛、肌荒れ、痒み、赤み、炎症、体毛が濃くなる(口の周りなど)、脱毛、ニキビ、偏頭痛、不眠、声が低くなる、胸痛、体重増加、気分変調、異常夢、発疹、赤血球数増加


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-08-11
テストステロン治療が高齢者の心臓血管リスクを減らすかもしれない(【MNT】より) - テストステロン補充療法を受けているテストステロン値の低い男性は、心臓発作、脳卒中そして全死因死亡のリスクも減少することが研究によりわかった。 『ヨーロッパ心臓ジャーナル』で発表されたその研究は、復員軍人援.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-07-02
テストステロン治療は心発作リスクを増加せず:研究報告(サイエンス・デイリーより)― 米国の高齢男性におけるテストステロン処方率は過去10年で3倍に増えている。最近の研究でテストステロン使用と心発作・脳卒中リスク増加が関連付けられ、患者やその家族に懸念が広まっている。高齢男性25,000人以上を対.... 続きを読む

2014-03-17
男性へのテストステロン注射で糖尿病を予防できる?(メディカル・エキスプレスより) - シドニー大学(University of Sydney)の研究者たちが、いままでにない試験に参加してくれる男性を探しています。その試験とは、男性にテストステロンを定期的に注射することで2型糖尿病を予防できるか評価するというものです。.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-09-23
性腺機能低下症の肥満男性に対する長期のテストステロンは有益(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 第33回国際泌尿器科学会総会(33rd Congress of the Societe Internationale d'Urologie)で発表された研究結果によると、性腺機能低下症の肥満男性が長期にわたりテストステロン注射を受けたところ、体重およびウエスト周囲径が徐々に減少したという。この効 .... 続きを読む

2013-06-19
テストステロンがインスリン感受性を惹起(メドページ・トゥデイより) - ホルモン不足の2型糖尿病男性患者にテストステロンを投与すると、インスリン感受性を改善させられることが、研究者らによって報告された。無作為化対照試験において、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症を伴う2型糖.... 続きを読む

2013-06-18
テストステロンが女性の頭の切れを維持(メドページ・トゥデイより) - 閉経後女性を対象とした無作為化試験で、テストステロンゲルの連日塗布による認知機能改善の可能性が示唆された。オーストラリア・メルボルンにあるモナシュ大学(Monash University)のスーザン・デイビスMBBS, PhD(Susan Davis, MBBS, PhD)による.... 続きを読む

2013-06-17
テストステロンは閉経後の女性における言語学習及び記憶を向上させる(e!サイエンス・ニュースより) - 新たな調査で、テストステロンジェルで治療を受けた閉経後の女性は、プラセボで偽治療を受けた女性と比較して、言語学習及び記憶が向上したことが明らかになった。調査結果は月曜日、サンフランシスコで行われた第95.... 続きを読む

2013-06-17
テストステロン低値の男性における疼痛の改善にテストステロン療法が有用となる可能性(サイエンス・コーデックスより) - オピオイド(麻薬性)鎮痛剤によってテストステロンが減少した男性において、テストステロン治療が痛覚認知の抑制と関連することが、新たな研究で明らかにされた。この結果はサンフランシスコで開催された内分泌学会.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-07-08
腹部の脂肪と戦うテストステロン(デイリーRxより) ― 長期作用型のテストステロンサプリメントによるメタボリックシンドローム治療。メタボリックシンドロームとは、腹部のホルモン感受性領域を中心とした肥満に関連している可能性のある一群の症状を指す。高血圧、高レベルの脂肪.... 続きを読む

2012-06-17
アラブ首長国連邦- 糖尿病男性患者のもう1つの治療選択肢(MENAFN医学誌より) - 糖尿病男性患者は病態コントロールをより効果的に行う一助となるテストステロン補充療法という代替療法に直ちに期待することができる。ただし、この治療は血液検査でテストステロン値が低いと診断された患者にしか処方.... 続きを読む

2011-11-10
高テストステロンで筋肉量の維持が可能(モダンメディシンより) - 高テストステロンは年配の男性、特に体重が減少している人の除脂肪体重の減少を抑制すると、最近の多施設研究の結果が示している。これらの男性には、高テストステロン値と体力低下緩和との関連も見られた。 続きを読む

2011-11-04
男性更年期の治療方法(FoxNews.comより) - 低テストステロン値の男性を治療すべきかどうかの見方は、ここ数年大きな議論になっている。この議論はテストステロン治療のリスクと利益に関連するもので、データからは加齢に伴う男性の血清総テストステロン値の低下が.... 続きを読む

2011-11-04
心臓病が低テストステロンに関連(サードエイジより) - 低テストステロン値の男性は心臓病のリスクが高い可能性のあることが、新たな研究で示された。3,600人を超える高齢男性から得た5年間にわたるデータを研究者らが解析したところ、低テストステロン値の男性は.... 続きを読む

2010-05-05
男性の肥満と低テストステロン値が関連、研究で明らかに(サイエンスデイリーより) - 肥満は心臓病と糖尿病に関連する病状として知られるが、他の健康問題とも関連があることが最近明らかになった。低テストステロン値、つまり男性にのみ見られる症状である。糖尿病専門誌『ダイアビーテス・ケア』に先だってインターネットで公表されたニューヨーク州立大学バッファロー校の内分泌学者らの研究結果で、男性性機能低下(HIM)研究の研究対象で肥満患者の40%が通常の数値よりも低いテストステロン値を記録.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。