ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)300mg(500錠)

4350 円!! 痛風や腎路結石の原因は血液中の尿酸過剰!尿酸の生成を抑制することで血中と尿中の尿酸値を下げ、これらの症状の発生を防止!中等度から重度の人に最適な成分量!ザイロリックのジェネリック薬!

DP-Allopurinol (Allopurinol) - 300mg (500 Tablets)

■ 500錠

価格:4350 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アロプリノール(Allopurinol)

 

同一成分含有商品

錠剤カッター () 540 円
Pill Cutter

レボライザー(吸入器) (1個) 1080 円
Revolizer (For Cipla Rotacaps)

アポ・アロプリノール (アロプリノール)100mg (250錠) 1070 円
Apo-Allopurinol (Allopurinol) - 100mg (250 Tablets)

アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg (100錠) 800 円
Apo-Allopurinol (Allopurinol) - 300mg (100 Tablets)

ザイロリック (アロプリノール)100mg (10錠) 390 円
Zyloric (Allopurinol) - 100mg (10 Tablets)

シムビコート・タービュヘイラー (ブデソニド/ホルモテロールフマル酸塩水和物) 200 /6 (120吸入分) (1スプレー缶) 9940 円
Symbicort Turbohaler (Budesonide/Eformoterol Fumarate Dihydrate) - 200/6 (120 Doses)

ハンディヘイラー () 800 円
HandiHaler

アポ・アロプリノール(アロプリノール)100mg (1000錠) 4280 円
Apo-Allopurinol (Allopurinol) - 100mg (1000 Tablets)

アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg(500錠入り) (500錠) 3770 円
Apo-Allopurinol (Allopurinol) - 300mg (500 Tablets)

アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)100mg(1000錠) (1000錠) 4870 円
Allopurinol-Apotex (Allopurinol) - 100mg (1000 Tablets)

アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4160 円
Allopurinol-Apotex (Allopurinol) -300mg (500 Tablets) 

ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4350 円
DP-Allopurinol (Allopurinol) - 300mg (500 Tablets)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Douglas Pharmaceuticals Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。


通常、症状が軽度の場合は1日100-200mgを、中等度の場合は300-600mgを、重度の場合は700-900mgを2-3回に分けて食後に経口服用します。


 

商品詳細

ディー・ピー・アロプリノール300mgは、原発性痛風や慢性痛風を伴う二次性(続発性)高尿酸血症、尿酸性腎症、続発性尿酸結石、尿酸塩の過剰生産を伴う酵素障害・血液障害、悪性腫瘍・細胞毒性に付随する高尿酸血症、血・尿中に高尿酸値を呈するシュウ酸カルシウム/リン酸エステル腎結石の予防および治療に使用される薬です。


人の細胞は、新陳代謝によって古い細胞から新しい細胞に毎日生まれ変わっていますが、この古い細胞が破壊されるときに生まれる化学物質のひとつにプリン体があります。またプリン体は体内でつくられるだけでなく、ほとんどすべての食品やアルコール飲料にも含まれ、特にレバー、白子、カツオ、干物類やビールは特に多いといわれています。

このプリン体が酵素の働きによって分解されると、その老廃物として尿酸ができ、腎臓から排出されます。尿酸は水分に溶けにくい性質を持っているため血液中に尿酸塩として一定量保たれていますが、体内でつくられる尿酸の量が多すぎたり、排泄量が少なかったりすると体内の尿酸量が増え、高尿酸血症を引き起こします。高尿酸血症は自覚症状がありませんが、この状態を長い間放っておくと血液中に溶けきれなかった尿酸が針状に結晶化して関節や腎臓に蓄積することで、痛風をはじめ、腎障害、腎路結石、高血圧などの血管障害、心臓障害などの原因になります。

高尿酸血症は、体の中で尿酸の産生が増加することによる産生過剰型、腎臓からの排出量減少による排泄低下型に分類され、またさらに尿酸代謝異常が一時的な場合を原発性、そして腎不全、白血病、骨髄腫などの病気や薬剤が原因となって二次的に発症する続発性に分けられ、ほとんどの場合は原発性高尿酸血症です。


痛風は突発的に起こる激烈な関節の痛みで、40-50代の男性が約90%を占めています。主に足の親指の付け根部分に起こり、ほんの少し触れただけでも激痛が走り、立ち上がることはもちろん、歩くことも困難になります。この痛みは4-5日続いた後に自然と軽くなり、2週間もすれば症状はなくなりますが、この段階で治療をしないで放っておくと再び痛みが訪れ、やがてはその周期が短くなり、痛みの引く期間が長くなっていきます。さらに病気が進行すると複数の関節がはれて痛み、その周囲は尿酸が尿酸ナトリウムの結晶となって沈着することで痛風結節と呼ばれるコブができ、関節が変形して機能障害を起こす場合も出てきます。

痛風が慢性化してくると、特に腎臓を中心とする内臓にも障害がみられるようになり、尿酸を主成分とする腎臓結石ができやすくなります。痛風の人では、そうでない人と比べて腎臓結石を起こす確率が3-5倍高いと言われています。


プリン体から尿酸がつくられる過程には、キサンチンオキシダーゼという酵素が関わっています。このキサンチンオキシターゼの働きを阻害し、尿酸の生成を抑制することで血中および尿中の尿酸値を低下させる働きをするのがディー・ピー・アロプリノール300mgの有効成分であるアロプリノールです。尿酸の血漿中濃度が溶解度以下に低下すると痛風結節の溶解が促進され、痛風の急性発作が減少してきます。


ディー・ピー・アロプリノール300mgは、特に痛風性腎症、腎結石などで腎に排泄障害のある人、尿酸排泄剤が無効な人に利用価値が高いとされています。


 

他の商品との比較

キサンチンオキシダーゼ(XO)を特異的に阻害することにより、尿酸産生を世抑制します。


血中および尿中の尿酸値を低下させます。


病型(産生過剰型、排泄低下型および混合型)にかかわらず血清尿酸値を改善します。


長期維持療法症例において、効果が減弱せずに良好に血清尿酸値をコントロールすることが認められています。


アロプリノールを有効成分とした薬剤は、日本では、アノプロリン(アルフレッサファーマ)、アロプリノール(日本ジェネリック、鶴原製薬、富士フイルムファーマ、全星薬品、全星薬品工業、共和薬品工業、コーアイセイ、日本ケミファ、沢井製薬、高田製薬、ニプロESファーマ、鶴原製薬、武田薬品工業、武田テバファーマ、東和薬品、日医工、日新製薬、第一三共エスファ、第一三共、杏林製薬、キョーリンリメディオ、辰巳化学、あゆみ製薬)、ケトブン(コーアイセイ)、サロベール(大日本住友製薬)、ザイロリック(グラクソ・スミスクライン)、ノイファン(ナガセ医薬品、ファイザー、マイラン製薬)、リボール(化研生薬、メディサ新薬)の名前で発売しています。


海外では、Alloprin、Allopurinol、Aloprim、Purinol、Zyloprim、Adenock、Allohexal、Alloril、Aluron、Milurit、Progout、Zyloric、Zyrikなどの名前で発売しています。


 

特別な注意

【禁忌】

・ディー・ピー・アロプリノール300mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人


【慎重服用】

・肝疾患のある人、またはその既往歴のある人: 肝障害が発現または増悪するおそれがあるので、服用する場合は定期的に肝機能検査を実施してください。

・腎機能障害のある人: 高い血中濃度が持続するので、減量などを考慮してください。

・高齢者

・メルカプトプリン(6-MP)またはアザチオプリンを使用中の人

・ペンとスタチンを使用中の人


【重要な基本的注意】

・ディー・ピー・アロプリノール300mgの服用により皮膚症状または過敏症状が発現し、重篤な症状に至ることがあるので、発熱、発疹などが認められた場合には直ちに使用を中止し、適切な処置を行なってください。

・腎機能障害のある人では、ディー・ピー・アロプリノール300mgやその代謝物の排泄が遅延し高い血中濃度が持続するので、使用量の減量や使用間隔の延長を考慮してください。特に腎不全の人で副作用が発現した場合は重篤な転帰をたどることがあり、死亡例も報告されているので、状態を充分に観察しながら使用してください。

・急性痛風発作がおさまるまで、ディー・ピー・アロプリノール300mgの服用を開始しないでください。

・服用初期に尿酸の移動により、痛風発作の一時的な増強をみることがあります。

・ディー・ピー・アロプリノール300mgの服用中に痛風が増悪した場合は、コルヒチン、インドメタシンなどを併用してください。


【その他】

・使用中は摂水量を多くし、1日の尿量を2リットル以上とすることが望ましいとされています。

・外国におっける疫学調査報告で、アロプリノール使用により白内障があらわれたとの報告があります。


【高齢者】

・ディー・ピー・アロプリノール300mgの主代謝物は主として腎から排泄されますが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続するおそれがあるので、用量に留意して慎重に使用してください。


【妊婦、産婦、授乳婦など】

・妊婦または妊娠している可能性のある婦人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用してください。

・授乳中の人は使用しないことが望ましいとされますが、やむを得ず使用する場合は授乳を避けてください。


【小児など】

・小児などに対する安全性は確立していません。


 

他の薬との併用

【併用注意】

・メルカプトプリン(6-MP)、アザチオプリン: 骨髄抑制などの副作用を増強します。これらの薬剤の用量を1-3-1/4に減量してください。

・ビダラビン: ビダラビンの作用を増強し、幻覚、振戦、神経障害などが発現したとの報告があります。副作用の発現に注意してください。

・クマリン系抗凝血剤(ワルファリン、カリウム): クマリン系抗凝血剤の作用を増強するとの報告があります。凝固能の変動に注意し、クマリン系抗凝血剤の使用量の減量あるいは使用間隔の延長を考慮してください。

・クロルプロパミド: クロルプロパミドの作用を増強します。血糖値の変動に注意し、クロルプロパミドの使用量の減量あるいは使用間隔の延長を考慮してください。

・シクロホスファミド: 骨髄抑制が発現したとの報告があります。定期的に血液検査を行ない、白血球減少などの副作用の発現に注意してください。

・シクロスポリン: シクロスポリンの血中濃度が上昇し、腎臓機能が低下したとの報告があります。シクロスポリンの使用量に注意してください。

・フェニトイン: フェニトインの血中濃度が上昇し、嗜眠が発現したとの報告があります。フェニトインの使用量に注意してください。

・キサンチン系薬剤(テオフィリンなど): キサンチン系薬剤(テオフィリンなど)の血中濃度が上昇します。キサンチン系薬剤の使用量に注意してください。

・ジダノシン: 健康成人およびHIVの人において、ジダノシンのCmaxおよびAUCが2倍に上昇したとの報告があります。ジダノシンの使用量に注意してください。なお、ジダノシンの半減期には影響はみられていません。


■以下の薬剤との併用により過敏反応を発現するとの報告があります。状態をよく観察し、発熱を伴う皮疹などの過敏症状が発現した場合には直ちに両剤の使用を中止してください。

・ペントスタチン: 重症の過敏反応(過敏性血管炎)が発現したとの報告があります。

・カプトプリル: 過敏症状(スティーブンス・ジョンソン症候群、関節痛など)が発現したとの報告があります。

・ヒドロクロロチアジド: 重症の過敏反応(悪寒、全身性皮疹など)が発現したとの報告があります。

・アンピシリン: アンピシリンによる発疹の発現が増加するとの報告があります。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。

次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。


 

副作用

ディー・ピー・アロプリノール300mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用

発疹、そう痒、関節痛、貧血、白血球減少、紫斑、好酸球増多、リンパ節症、腎機能異常、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、口内炎、全身倦怠感、脱力感、むくみ、脱毛、CK(CPK)上昇、味覚障害、女性化乳房、末梢神経障害


●極稀に起こる重篤な副作用

皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(TEN)、剥脱性皮膚炎などの重篤な皮膚障害、過敏性血管炎、薬剤性過敏症症候群、ショック、アナフィラキシー、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、劇症肝炎などの重篤な肝機能障害、黄だん、腎不全、腎不全の増悪、間質性腎炎を含む腎障害、間質性肺炎、横紋筋融解症


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-03-31
アロプリノールは高尿酸血症や痛風の死亡リスクをやや低下させる(ドクターズ・ラウンジより) - アナルズ・オブ・ザ・リウマチック・ディジーズ(Annals of the Rheumatic Diseases)電子版に3月24日掲載された研究によると、アロプリノール開始は高尿酸血症患者および痛風患者の死亡リスクの若干の低下と関連している。ボストン大学医.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-13
痛風の診断・治療の最新情報(アイリッシュ・メディカル・タイムズより) - ダブリンにある関節炎・リウマチクリニック(Arthritis and Rheumatology Clinic)のリウマチ専門顧問医師、シャヒーフ・アルラキ博士(Dr Shaheef Alraqi)が、痛風の診断・治療・管理の最新技術や、治療が十分でないと起こりうる結果について、おおまか.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-03-11
アロプリノールが心不全患者の心房細動の発生率を低減(MPRより) - カリフォルニア州サンフランシスコ-アロプリノールが心不全患者の心房細動(AF)の発生率を低減させたことを、米国心臓学会(American College of Cardiology, ACC)第62回学術集会(2013年)で発表された後ろ向きコホート研究が見出した。近年.... 続きを読む

2013-02-28
痛風に関する最新の臨床所見(アイリッシュ・メディカル・タイムズより) - 数少ないリウマチ症状の1つである痛風は、根治可能な病気である。長い待機リストに関連する現行の治療と、一般医による地域治療の重要性について「最新の臨床所見(Clinical Update)」記事の更新版でゲアリー・カリトンが論評する.... 続きを読む

2013-02-28
痛風に関する最新の臨床所見(アイリッシュ・メディカル・タイムズより) - 数少ないリウマチ症状の1つである痛風は、根治可能な病気である。長い待機リストに関連する現行の治療と、一般医による地域治療の重要性について「最新の臨床所見(Clinical Update)」記事の更新版でゲアリー・カリトンが論評する.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-02-08
アロプリノールが腎疾患における心血管系転帰を改善(ニュース・メディカルより) - アロプリノール(キサンチンオキシダーゼ阻害剤)は、高血圧性腎症患者において心血管系合併症と総死亡を予防するのに効果的であるとみられることが、日本の試験による結果で示された。福島県立医科大学医学部の寺脇.... 続きを読む

2012-09-24
アロプリノールによる尿酸値低下と腎結石形成減少(メロディカより) - アロプリノールは体内の尿酸生成量を減少させるものである。尿酸が蓄積すると痛風や腎結石につながる。アロプリノールは、がん治療を受けている人を対象に、痛風または腎結石を治療すること、ならびに尿酸値を低下する.... 続きを読む

2012-01-04
痛風の再発を防ぐ(ctpost.comより) - 最近、私は尋常ではない状況を経験しました。何の前触れもなく、ある朝、足の激しい痛みで目が覚めたのです。今までこのような経験をしたことは一度もありません。週末でしたので、私はウォークインクリニックに行きました.... 続きを読む

2011-11-15
痛風は単なる関節炎の疼痛発作にあらず(イサクア・プレスより) - アメリカ人の830万人以上が痛風に罹患している。滑液中の尿酸が過剰になると、滑液中に針状結晶が形成されて、身体に炎症反応が起き、その結果として急性関節炎の一種である痛風が起こる。尿酸は身体の細胞代謝の老廃物.... 続きを読む

2011-10-05
双極性障害の治療に検討されている利用可能な薬剤(サイキアトリック・タイムスより) - 双極性障害に対し、メチレンブルーに加え数種の利用可能な薬剤が検討されている。テキサス大学(University of Texas)のマーサル・サンチェス氏(Marsal Sanches)とジェイアー・ソアレス氏(Jair Soares)はこれら薬剤のレビューを実施し.... 続きを読む

2011-04-21
痛風発作時に尿酸降下薬を開始すると関節炎が悪化?(くすり屋さんオリジナル記事) - 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」によれば、未治療(尿酸降下薬を未投与)の場合に起きた痛風発作(痛風関節炎)では、尿酸降下薬を新たに開始することで発作が悪化するか.... 続きを読む

2010-11-13
抗痛風薬が大腸腺腫進行の危険性を下げる可能性(サイエンス・デイリーより) -アロプリノール(Allopurinol)は比較的安価な抗痛風薬で、市場に出て20年以上になる。このアロプリノールが大腸腺腫に対して何らかの活性を有する可能性があるという.... 続きを読む

2010-06-10
痛風治療薬は腎臓病患者に有益であるとの解析結果(サイエンスデイリーより) - 痛風の治療によく使用される薬剤が、腎臓病患者の健康を維持するのに有用となる可能性があるという.... 続きを読む

2010-06-08
痛風治療薬が「心疾患である狭心症の痛みを防ぐ」(BBCニュースヘルスより) - アロプリノールは他の狭心症治療薬よりも安価であり、心臓が必要とするエネルギー量を減少させることで.... 続きを読む

2009-12-01
痛風(BBCヘルスより) - 痛風は、一般によくある関節疾患であり、100人に約1人が発症している。男性のほうが、女性よりも2~3倍発症する割合が高い。自らはかなり健康だと思っている人でも.... 続きを読む

2008-11-08
痛風とパーキンソン病:通風の治療ならびに痛風の保護作用が研究で検討される(サイエンスデイリーより) -痛風患者の治療目標は、同患者に特有の高い血清尿酸値を引き下げることにより急性発作を減少させることにある。一方で、高い血清尿酸値は、パーキンソン病(PD)の発症リスクを低下することが示されている。痛風向けに開発された新薬で最近ヨーロッパでの使用が認可されたフェブキソスタットと.... 続きを読む

2003-01-07
喫煙者、魚を食べて心臓病のリスクが軽減(BBCニュースより) - 喫煙によって生じた身体の損傷が、魚を食べることで修復される可能性があるという。アイルランド共和国の研究者らは、魚に含まれるアミノ酸が動脈硬化を抑止し.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。