デイロング・エクストリームSPF50+ローション

9260 円!! 超敏感肌でも使用可能!さらっとした使い心地で肌にすんなりなじむ新しいタイプの日焼け止め!使い心地は軽くても、紫外線、赤外線から皮膚をしっかり保護します!

Daylong Extreme SPF 50+ Lotion (100mL)

■ 100mlチューブ

価格:9260 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

サリチル酸エチルヘキシル(オクチル)(Ethylhexyl Salicylate)

メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール(Methylene bis-Benzotriazolyl Tetramethylbutylphenol )

ブチルメソキシディベンゾイルメタン(Butyl Methoxydibenzoylmethane )

 

製造国

スイス

 

製造元

Galderma-Spring

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

日光に当たる約20分前に適量を皮膚に塗り、浸透させます。
効果を維持するために、水や汗で流れた場合にはその都度塗り直してください。
塗布量が少ない場合には効果が半減することがあります。

 

商品詳細

デイロング・エクストリームSPF50+ローション100mlは、紫外線や赤外線から強力なブロック効果で皮膚を護る日焼け止めです。さらっとした塗り心地で、あらゆる皮膚タイプの人でも安心して使えます。

地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光が紫外線(UV)です。赤外線が熱的な作用をおよぼすことが多いのに対して、紫外線は殺菌消毒、ビタミンD合成など、主に化学的な作用を特徴としているほか、血行や新陳代謝の促進、皮膚抵抗力の促進などの働きもします。
紫外線はA、B、Cの3種類に分けられ、このうち地球に到達しているのはUV-AおよびUV-Bです。UV-Aは皮膚に色素を沈着させて黒くするサンタンを引き起こします。紫外線の中では波長が長いために肌の奥深くまで到達し、コラーゲンを変性させてシワの原因になるなど、時間をかけてさまざまな影響を肌に与えます。また雲やガラスを通り抜けやすい性質を持つため、曇りの日や室内でもその影響を受けることがあります。
一方UV-Bは、波長が短いために地上に到達する量はごく少量ですが、エネルギーが強いために皮膚表面の細胞を傷つけ、炎症を起こすなど、肌が赤くなる日焼けであるサンバーンの主な原因となります。

日焼け以外にも、紫外線を浴び過ぎることによって健康に影響を与えることがわかっています。例えば口周囲の単純ヘルペスの再発、日光に当たることでさまざまな症状があらわれる光線過敏症、良性・悪性腫瘍などのほか、UV-Bは皮膚の細胞のDNAを傷つけて遺伝情報に異変を生じさせるために皮膚がんを引き起こすと考えられています。さらに紫外線角膜炎、翼状片、白内障など、眼にも影響を与えることがあります。

かつては日焼けした肌は健康的なイメージがあり、また体内で合成されないビタミンDを作る目的で紫外線に当たることが一般的でしたが、近年ではこれらのメリット以上にデメリットが問題になってきているため、過剰な紫外線照射を避ける傾向があるようです。紫外線対策には、日なたを避ける、日傘・帽子の使用、肌の露出を避ける、サングラスの着用などがありますが、そのうちのひとつが日焼け止めの使用です。
デイロング・エクストリームSPF50+ローション100mlは、リボソームサンスクリーンというタイプの日焼け止めです。リボソームと呼ばれる微小なカプセルの中に含まれた成分が、効率よく皮膚に浸透していくことで強力や日焼け止め効果を発揮します。またベトつかずに、さらりとした付け心地は、今までの日焼け止めの概念を大きく覆すだけでなく、さらにアレルギーテスト済みであるため、超敏感肌や肌にアレルギーのある人でも安心して利用できるのも特長です。

なお一般に日焼け止めは、UV-Bを遮断する効果の指標としてSPF、またUV-Aに対する遮断指標としてはPAで示されています。SPFは目視による確認であるためその基準は国によって異なりますが、数値が大きくなるほど効果が高く、アメリカにおいては表示上の上限が30+となっています。またPAについては、PPD(持続型即時黒化)が基準となり、PPD値が2以上4未満でPA+(効果がある)、4以上8未満でPA++(かなり効果がある)、8以上でPA+++(非常に効果がある)に分類されています。

 

他の商品との比較

紫外線(UVA、UVB)、赤外線から皮膚を強力に保護します。

皮膚になじみやすく、すばやく吸収され、ベタつきません。

アロエベラ、ビタミンEを配合し、心地よい使用感。

強力防水、低刺激性、毛穴を詰まらせません。

アレルギーテスト済み。

 

特別な注意

以下の場合、デイロング・エクストリームSPF50+ローション100mlを絶対に使用しないでください。
・デイロング・エクストリームSPF50+ローション100mlの成分に対し過敏症の既往歴のある人

【使用上の注意】
・デイロング・エクストリームSPF50+ローション100mlは外用薬です。
・皮膚に損傷、炎症などがある場合は使用しないでください。
・口や目の周囲には使用しないでください。万一付着した場合は、ただちに水で洗い流し、医師の診断を受けてください。
・布などに付着すると脱色することがあります。
・妊娠中の人に対する安全性は確立していません。
・授乳中の人に対する安全性は確立していません。
・小児に対する安全性は確立していません。

 

他の薬との併用

ほかの薬剤との併用に関する注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

過剰に塗布した分は拭き取るか、水で洗い流してください。
その後、皮膚に異常を感じた場合は医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気づいたときにすぐに使用してください。

 

副作用

デイロング・エクストリームSPF50+ローション100mlを使用した場合の副作用は特に報告されていませんが、使用により異変を感じた場合はただちに医師の診断を受けてください。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。