デオレート(テルビナフィン)250mg (14錠)

550 円!! 1日1錠、飲んで治す抗真菌薬!真菌が原因の皮膚病の治療に有効で、特に外用薬では治療しにくい手足の爪水虫に効果を発揮します!正しく服用すれば完全な治療が可能!

Deolate (Terbinafine) - 250mg (14 Tablets)

■ 14錠

価格:550 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

テルブタリン(Terbutaline)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。


手の爪の真菌症

1回1錠を1日1回6週間食後に経口服用します。


足の爪の真菌症

1日1錠を1日1回12週間食後に経口服用します。


皮膚感染症
水虫:2-6週間
たむし、体部白癬、皮膚カンジタ症:2-4週間


頭髪、頭皮の感染症
頭部白癬:2-4週間


 

商品詳細

デオレート250mgは、主に皮膚糸状菌が原因で起こる手や足の爪真菌症を治療する内服薬で、通常は外用薬では効果があらわれない場合に使用します。


皮膚糸状菌は、皮膚の角層、爪、髪の毛などを構成しているケラチンというたんぱく質を栄養とし、分解・利用することで繁殖していくカビの一種で、この菌が原因で起こる皮膚感染症のひとつが白癬(はくせん)です。ケラチンの存在する部位であればどこにでも感染する可能性があり、例えば足に感染すれば水虫、体部ではタムシ、股間部の場合はインキンタムシで、頭部に感染すればシラクモなどと呼ばれます。中でも別名・爪水虫とも呼ばれている爪真菌症は、約60-80パーセントがこの白癬が原因で起こり、足の爪の感染は手の爪の感染より10倍多いともいわれています。


爪白癬の症状として、爪が白または黄色く濁る、ボロボロと欠ける、爪が厚くなる、爪の変形などがありますが、いずれも自覚症状がないために気づかなかったり、例え気付いたとしてもそのまま放置される場合がほとんどです。しかしそのまま治療をせずにいると、ほかの人に感染させたり、また場合によっては歩行時に激痛を感じるようになるだけでなく、糖尿病などで抵抗力が弱くなっている場合は合併症を引き起こす可能性もあるため、このような症状が見られた場合は、早めに医師の診断を受けるのがよいとされています。


爪は硬いだけでなく、白癬菌は爪の奥深くに潜んでいるので、市販の塗り薬などでは成分がほとんど浸透しません。また新しい爪に生え替わるまでに手では3-6ヵ月、足では6-10ヵ月と時間がかかるほか、例え一時的に症状が消えても菌自体が爪に潜んでいる場合が多く、再発する可能性が高いことから、爪白癬を完全に治すには長期間にわたる治療が必要となります。


デオレート250mgは内服することで白癬症・爪カンジダ症などを治療する薬です。経口服用により薬効成分が腸管から吸収され、爪や表皮角質層に集積されるために、外用薬では効果があらわれない場合や、難治性の白癬治療に効果的を発揮するのが特長です。


真菌は、その形状を保つために細胞膜に被われており、細胞内の生化学反応系を外部から保護する働きを持っています。また真菌は自分自身の細胞を分裂させることで増殖していきますが、デオレート250mgの有効成分である塩酸テルビナフィンは、真菌細胞膜の合成を阻害して膜機能を障害します。塩酸テルビナフィンの作用により真菌細胞膜の合成が阻害された真菌は、増殖できなくなることでやがて死滅し、症状が改善します。


【効能または効果】

皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記の感染症に効果を発揮しますが、外用抗真菌剤では治療困難な場合に限ります。

1.深在性皮膚真菌症

白癬症肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス

2.表在性皮膚真菌症

白癬: 爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、ケルルス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬

※手・足白癬は角質増殖型の人および趾間型で角化・浸軟の強い人、生毛部白癬は乾癬の部位および範囲より外用抗真菌剤を適用できない人に限ります。

カンジダ症: 爪カンジダ症


 

他の商品との比較

初めてのアリルアミン(非アゾール)系経口抗真菌剤です。


幅広い抗真菌スペクトルを持ち、特に白癬菌に対して強力な殺真菌作用を示します。


爪や皮膚への優れた移行性と貯留性に基づく薬効持続性が認められています。


1日1錠の経口服用で爪真菌症、角質増殖型手・足白癬にも高い治療効果を発揮します。


テルビナフィンを有効成分とした薬剤には錠剤のほか、クリームやスプレー、外用液などがあり、日本ではケルガー(日医工、前田薬品工業)、テビナシール(コーアイセイ、東亜薬品)、テビーナ(岩城製薬)、テルビナフィン(富士フイルムファーマ、富士製薬工業、日本ジェネリック、武田製薬工業、武田テバファーマ、日医工、沢井製薬、東和薬品、フェルゼンファーマ、ニプロ、佐藤製薬、陽進堂、日本薬品工業、日本ケミファ、サンド、第一三共エスファ、第一三共、ニプロESファーマ、ファイザー、マイラン製薬、長生堂、小林化工、MeijiSeikaファルマ、辰巳化学、科研製薬)、テルビー(持田製薬、ダイト、ポーラファルマ)、テルミシール(武田薬品工業、武田テバファーマ、武田テバ薬品、アルフレッサファーマ)、ネドリール(マルホ、高田製薬)、ラミシール(サンファーマ、田辺三菱製薬、サンファーマ)、リプノール(三笠製薬、東菱薬品工業)、塩酸テルビナフィン(MeijiSeikaファルマ、小林化工、マイラン製薬、ファイザー)の名前で発売されています。


海外ではBramazil、Lamasil、Terbifoam、Terbina、Terbinafineなどの名前で発売されています。


 

特別な注意

【警告】

・重篤な肝障害(肝不全、肝炎、胆汁うっ滞、黄だんなど)および汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少があらわれることがあり、死亡に至った例も報告されています。デオレート250mgを服用する場合には、服用前に肝機能検査および血液検査を行ない、服用中は随伴症状に注意し、定期的に肝機能検査および血液検査を行なうなど観察を充分に行なってください。


【禁忌】

・重篤な肝障害のある人: 肝障害が増悪するおそれがあります。

・汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少などの血液障害のある人

・デオレート250mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【慎重服用】

・肝障害のある人: 慢性もしくは活動性などの肝疾患のある人は肝障害が増悪するおそれがあるので、デオレート250mgの服用中は頻回に肝機能検査を行なうなど、観察を充分に行なってください。

・腎障害のある人: 高い血中濃度が持続するおそれがあります。

・高齢者


【重要な基本的注意】

・重篤な肝障害(肝不全、肝炎、胆汁うっ滞、黄だんなど)があらわれることがあり、死亡に至った例も報告されています。重篤な肝障害は主に服用開始後2ヵ月以内にあらわれるので、服用開始後2ヵ月間は月1回の肝機能検査を行なってください。また、その後も定期的に肝機能検査を行なうなど観察を充分に行なってください。

・汎血球減少、無顆粒球症および血小板減少があらわれることがあるので、定期的に血液検査(血球数算定、白血球分画など)を行なうなど観察を充分に行なってください。

・中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンスジョンソン症候群)、急性全身性発疹性膿胞症、紅皮症(剥脱性皮膚炎)があらわれることがあるので、デオレート250mgの使用中は観察を充分に行なってください。

・デオレート250mgの服用は、皮膚真菌症の治療に充分な経験を持つ医師のもとで、デオレート250mgの服用が適切と判断させる場合にのみ服用してください。

・デオレート250mgの服用にあたっては、副作用について充分に理解し、異常が認められた場合には速やかに医師に連絡してください。

・眠気、めまい・ふらつきなどがあらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には注意してください。


【効能または効果に関連する使用上の注意】

・デオレート250mgの服用は、罹患部位、重症度よび感染の範囲により、テルビナフィンの内服が適切と判断される人のみ使用し、外用抗真菌剤で治療可能な人は使用しないでください。


【用法および用量に関連する使用上の注意】

・デオレート250mgの服用中は随伴症状に注意し、定期的に肝機能検査および血液検査(血球数算定、白血球分画など)を行なうなど観察を充分に行なってください。


【その他の注意】

・デオレート250mgを6ヵ月以上の長期にわたり服用する場合には、眼科学的検査を実施するのが望ましいとされています。


【高齢者】

・デオレート250mgは主として肝臓で代謝され、胆汁中および尿中に排泄されますが、高齢者では一般に肝・腎機能が低下していることが多いため高い血中濃度が維持するおそれがあるので、副作用の発現に注意し、状態を観察しながら慎重に服用してください。


【妊婦、産婦、授乳婦など】

・妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

・授乳中の人は服用しないでください。やむを得ず服用する場合は、授乳を中止してください。


【小児など】

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。


 

他の薬との併用

【併用注意】

・シメチジン、フルコナゾール: テルビナフィンの血中濃度が上昇するとの報告があるので、併用する場合には用量に注意してください。

・リファンピシン: テルビナフィンの血中濃度が低下するとの報告があるので、併用する場合には用量に注意してください。

・三環系抗うつ剤(イミプラミン、ノルトリプチリン、アミトリプチリン)、マプロチリン、デキストロメトルファン: これらの薬剤またはその活性代謝物の血中濃度が上昇することがあるので、併用する場合には用量に注意してください。

・黄体・卵胞ホルモン、混合製剤(経口避妊薬など): 月経異常があらわれたとの報告があるので注意してください。

・シクロスポリン: シクロスポリンの血中濃度が低下したとの報告があるので、併用する場合にはシクロスポリンの血中濃度を参考にシクロスポリンの服用量を調節してください。特に移植をした人は拒絶反応の発現に注意してください。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

デオレート250mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用

乾癬様発疹、血清病様反応、発疹、じんましん、そう痒感、紅斑、光線過敏症反応、顔面浮腫、リンパ節腫脹、多形紅斑、関節痛、筋肉痛、γ-GTP上昇、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、LDH上昇、ALP上昇、白血球減少、貧血、すい炎、胃部不快感、腹痛、悪心、下痢、胃部膨満感、食欲不振、口渇、嘔吐、舌炎、錯覚感、不安、抑うつ、感覚鈍麻、めまい、ふらつき、頭痛、眠気、注意力低下、不眠、しびれ、BUN上昇、頻尿、嗅覚異常、聴覚障害、聴力低下、霧視、視力低下、味覚異常、味覚消失、耳鳴、乾癬、血管炎、インフレンザ様疾患、体重減少、トリグリセライド上昇、総コレステロール上昇、疲労、倦怠感、動悸、むくみ、月経異常、脱毛、発熱、CK(CPK)上昇


●極稀に起こる重篤な副作用

重篤な肝障害(肝不全、肝炎、胆汁うっ滞、黄だんなど)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症(TEN)、急性全身性発疹性膿疱症、紅皮症(剥脱性皮膚炎)、横紋筋融解症、ショック、アナフィラキシー様症状、薬剤性過敏症症候群、亜急性皮膚エリテマトーデス


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。