デプザック-20(塩酸フルオキセチン)20mg

390 円!! 軽度から中度のうつ病、強迫性障害、過食症、パニック障害、月経前不快気分障害といった幅広い症状に適応の抗うつ剤!気分を安定させると言われているセロトニンの作用を補助して、気分を明るく、前向きにする効果を発揮!プロザックのジェネリック!

Depzac-20 (Fluoxetine) - 20mg (10 Capsules)

■ 10カプセル

価格:390 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

塩酸フルオキセチン/塩酸フロキセチン(Fluoxetine Hydrochloride)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

●うつ病
成人:
1日1回朝20mgの服用から開始し、数週間経過を見て、効果の見られない場合には少量ずつ1日80mgまで増量できます。

8歳以上の小児:
1日1回10mgの服用から開始し、1週間後に20mgまで増量します。ただし低体重児における増量は数週間の経過を見て、効果の見られない場合に行ってください。

●強迫性障害
成人:
1日1回朝20mgの服用から開始し、数週間経過を見て、効果の見られない場合は少量ずつ増量することができます。
1日60mgまでが望ましいとされていますが、80mgまで増量することができます。

●神経性過食症
1日1回朝に60mgを服用してください。

●パニック障害
1日1回朝10mgの服用から開始し、1週間後に20mgに増量します。数週間経過を見て、効果の見られない場合は60mgまで増量することができます。

・食前・食後のいずれでも服用できます。
・増量後の服用は、朝1回または朝昼2回に分けて服用することができます。

 

商品詳細

デプザック-20は、有効成分・塩酸フルオキセチンのSSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibito:選択的セロトニン再取り込み阻害)抗うつ剤で、うつ病・うつ状態の治療、強迫性障害の治療、神経性拒食症、パニック障害の治療などが対象になっています。

うつとは落ち込み、不安、焦燥感などの抑うつ、思考、意欲、判断力の低下といった精神活動制止、悲観的思考、罪悪感、自己否定といった精神的苦痛などによって日常生活に支障をきたす状体が少なくとも6ヵ月以上継続している状態で、時には睡眠障害や摂食障害などといった身体症状などをも伴う精神疾患です。
早期に治療を受ければ比較的簡単に回復するとされていますが、重度のものになると不安障害、パニック障害、自律神経失調症などの症状が起こったり、理不尽な罪悪感や自己否定感の自殺願望によって自殺行為に至る危険性もある疾患です。

一般にうつの原因は、脳内のセロトニンの減少や機能低下であるとの仮説が有力です。
セロトニンは睡眠、体温調整、摂食行動、認知、記憶などの生理機能や、気分障害、不安障害、精神分裂病、自閉症などの病態、動情に関わっているとされているモノアミン神経伝達物質のひとつです。
脳内のセロトニン作動性ニューロンで合成され、前シナプス終末から放出されたセロトニンは後シナプスに存在する受容体と結合し、その刺激による興奮の伝搬によって情報を伝達します。
放出されたセロトニンのうち受容体に結合しなかったものは前シナプスにあるセロトニントランスポーター(輸送担体)によって取り込まれ、MAO(モノアミン酸化酵素)によって分解され、その神経伝達作用を終焉させられて、再利用のためにシナプス小胞に蓄積されます。

デプザック-20の有効成分である塩酸フルオキセチンはセロトニントランスポーターに選択的に働きかけてその作用を阻害します。
この作用によってセロトニンの再取り込みが抑制され、シナプス間隙のセロトニン濃度が上昇し、受容体に結合するセロトニンを増量させ、その活動を亢進させて抗うつ作用を発揮させます。

 

他の商品との比較

塩酸フルオキセチンは最初のSSRI系の薬として1998年に発売された第三世代抗うつ剤です。
三環系・四環系と呼ばれる第一・第二世代の抗うつ剤よりも副作用が少ないことが最も大きなメリットで、軽度のうつ病に対しても手軽に使用できるようになり、うつ病治療の幅が広がりました。
また軽度のうつ病患者にとって、依存症が低く、使用を中止するにあたって退薬症状が少ないこともメリットです。

さらに、これ以前の抗うつ剤は、飲み初めから効果が確認される(治癒される、ではない)までに2週間以上、長いと1ヵ月以上かかっていましたが、デプザック-20は遅くとも2週間から効き目が確認できます。これは、うつ病に苦しむ人にとって、大変有益な効果だと言えます。

塩酸フルオキセチンを有効成分とする薬は日本では販売されていませんが、海外ではProzac、Prozac Weekly、Rapiflux、 Sarafem、Selfemra、Fluoxといった名前で販売されています。

 

特別な注意

【重要な注意事項】
デプザック-20においては、自殺企図・自殺が副作用として報告されていますが、その因果関係は定かではなく、当局も注意喚起・警告・慎重投与に留めるに至っています。
元来うつ病患者には高い確率で自殺願望が見られますが、それを増幅させる作用があるかどうかは、解明に至っていません(臨床試験上「自殺者が1人いる」というだけでは、明確な副作用として記載することはできません)。
しかし、うつ病の治療において慎重な観察・薬物投与は必要不可欠であるため、自己判断をせず、必ず医師の診断を受けた上で使用することが、うつ病の治療には大切です。

子供や青年におけるデプザック-20の使用は、中度から重度のうつ症状に対してのみ承認されています。
子供や青年においては抗うつ剤による自殺願望や自殺行為が発現しやすいため、容態を観察しながら注意深く使用してください。

子供や青年における使用において身体的、性的、精神的成長における影響においては限られた研究しかなされていないため、デプザック-20を使用する前はその危険性について医師に十分な説明を受け、尚容態を観察しながら注意深く使用してください。

以下に該当する人においてはデプザック-20の使用は禁忌とされています。
・塩酸フルオキセチンを始めとしたデプザック-20の成分に過敏症である人
・MAO阻害薬(モノアミン酸化酵素阻害薬)の服用から14日間以内である人
・重篤な肝機能障害重度の腎不全患者

以下に該当する人におけるデプザック-20の使用は慎重に行うべきとされています。
・高齢者
・小児及び未成年者
・自殺行為や自殺希慮のある人
・躁病、軽躁病態、双極性障害を既往歴のある人
・電気ショック療法を受けている人
・精神安定剤を使用している人
・肝機能が低下している人
・心臓病のある人
・糖尿病のある人
・てんかんの人
・てんかん発作を起こしたことのある人
・抗凝血性の薬を使用している人

デプザック-20は、副作用が弱く、軽度のうつ病患者にも使用することができます。しかし、誰にでも使用できるということが、誰にでも効果があるわけではありません。臨床試験においては、3割の人に期待される効果が発現しなかったという報告もあります。これは患者の症状・体質などによる相性の問題がかかわってきます。
デプザック-20の使用においては、効果の有無を慎重に観察し、医師との相談において使用の継続・中止などを決定して下さい。

デプザック-20の使用によって運転や機械の操作などに影響が出ることがあるため、運転や機械の操作は薬による影響がないと確認されない限り行なわないで下さい。

デプザック-20を使用中のアルコールの摂取は控えてください。

デプザック-20のようなSSRIの使用によって、じっと座っていたり立っていたりすることができなくなる場合があります。 このような症状が発現した場合には医師に相談してください。

抗うつ剤は血液中のナトリウムの量を減少させる場合があります。
このことによりめまい、混乱、筋肉、筋けいれん、けいれんなどが引き起こされる場合があり、特に高齢者においてこのような症状の発言が認められています。
これらの症状が発現した場合は医師に相談し、血中のナトリウム量を定期的に計測する必要があります。

デプザック-20の使用を急に中断した場合、頭痛、吐き気、しびれ、めまい、不安などの症状が現れる場合があります。 退薬症状は一時的なものであり、依存的なものではありません。 特に塩酸フルオキセチンは使用停止後も数週間は血中に留まり少しずつ減少していくため、このような退薬症状が現れることはまれであるとされています。 しかしデプザック-20の使用を停止する場合は必ず医師の指示に従って中断するようにしてください。

デプザック-20の使用中に発作やてんかんを経験した場合にはただちに医師に相談してください。

妊娠中の女性がデプザック-20を使用することは可能ですが、その際は医師の指示にに厳密に従って使用するようにしてください。

デプザック-20の有効成分である塩酸フルオキセチンは母乳中に排出されるため、授乳中の女性における使用は極力避け、やむをえない場合は医師に相談するようにしてください。

 

他の薬との併用

フログデプザック-20と塩酸セレギリン(MAO阻害剤:抗うつ剤の一種)との併用はセロトニン症候群を誘発する可能性があるため、禁忌とされています。

また、近年開発された改良品としてRIMA(例えば、オーロリックス(アメリカ)、マネリックス(カナダ)、トリマ(ジェネリック・インド))という、可逆的MAO-A阻害剤がありますが、これもデプザック-20との併用は禁忌とされています。

デプザック-20の使用中に、MAO抑制剤による治療を行なう場合は、使用を停止した後、少なくとも5週間の休薬期間を取るようにしてください。併用した場合、深刻な副作用・死亡例も報告されているので、充分注意してください。

また、デプザック-20と塩酸チオリダジン(商品名:メレリル)との併用は禁忌事項とされています。また、デプザック-20を服用している人が塩酸チオリダジン(商品名:メレリル)の服用を始める場合、デプザック-20の最後の服用から5週間以上経過している必要があります。

デプザック-20とピモジド(商品名:オーラップ)との併用も禁忌事項とされています。

デプザック-20との併用で以下の薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。
・アリピプラゾール
・アドモキセチン
・カルバマゼピン
・クロザピン
・フレカイニド
・ハロペリドール
・イミプラミン、アミトリプチン、クロミプラミン、デシプラミンなどの三環系抗うつ剤
・フェ二トイン
・ジアゼパム、アルプラゾラムなどのベンゾジアゼピン系薬物

以下の薬剤との併用によってセロトニンの過剰活動による副作用の発現の可能性が高くなります。
・デュロキセチン
・シブトラミン
・片頭痛に使用されるトリプタン
・トラマドール
・トリプトファン
・セイヨウオトギリソウ

以下の薬剤との併用によって血栓が形成される可能性があるので注意が必要とされています
・三環系抗うつ剤
・クロザピン、クロルプロマジンなどの抗血小板薬
・プロクラルペラジンなどの制吐薬
・アスピリンなどのNSAIDs
・クロピドグレル
・ジピリダモール

上記以外にも他薬と併用する場合には事前に医師、あるいは薬剤師と相談し、安全性を確認してから服用してください。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

デプザック-20は第一世代、第二世代の抗うつ剤に対して、副作用が少ないことが大きな特徴のひとつとなっていますが、それでも、全く副作用が無いわけではありません。
以下の症状やほかに気になる症状が発現し継続する場合には、医師に相談して下さい。

主な副作用
発熱、吐き気、下痢、消化不良、嘔吐、頭痛、不眠、めまい、疲労感、性欲減退など

極稀に起こる重篤な副作用
脳結果故障、血小板欠乏症、言語障害、胃腸出血など

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-01-28
子供のSSRIS使用:思った以上に高いリスク?(【MedPage Today'】より) - 抗うつ薬は自殺企図や自殺念慮と関係しており、特に子供や青年に多い。またその害はとてつもなく過小評価されていることが、以前に行なわれた規制薬物の無作為試験のメタ分析によりわかった。このメタ分析は製薬会社のウエブサイト.... 続きを読む

2015-08-11
妊娠中の抗うつ剤服用における有益性と危険性(【HealthDay News】より) - 精神障害を持つ女性が一般的に処方される抗うつ剤を妊娠中に服用すると、出産合併症がわずかながら減ることが新しい研究で示唆された。 しかしながら、これらの女性から生まれた新生児は呼吸問題などの問題のリスクがより高.... 続きを読む

2015-07-09
一部のSSRI抗うつ剤に出生異常リスクを上昇させる可能性(【BMJプレスリリース】より) - SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として知られている一部の抗うつ剤の妊娠初期における服用は、出生異常リスク上昇と関係しているとの結果が今週のBMJで発表された。 もしこれらに因果関係がある場合、出生異常に.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-07-09
フルオキセチンと行動療法の併用で小児うつ再発が減少(ドクターズ・ラウンジより)― うつ病障害の若者において、フルオキセチンと再発予防的認知行動療法の併用が、再発リスクを削減する。この研究結果は、精神医学雑誌アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー(American Journal of Psychiatry)6月17日号オンライン版に掲.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-02
抗うつ薬が脳卒中の回復に役立つ可能性(アルバーニポータルより) - 抗うつ薬の単回投与が、脳卒中を克服した生存者における体の動きを改善するのに有用となる。フランス(トゥールーズ市)の研究者らは、脳卒中を発症した患者8人を対象に、抗うつ薬フルオキセチンが運動機能に及ぼす.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-01-07
プロザックが新たな脳細胞の生成に関与している可能性(PsychCentral.comより) - 新しい研究は、通例プロザック(Prozac)、サラフェム(Sarafem)、フォンテックス(Fontex)と呼ばれている抗うつ剤のフルオキセチンが、成体脳における新たな神経細胞生成に関連していると報告している。研究者らは、子孫神経細胞が成人の大脳.... 続きを読む

2012-06-15
若者における中毒による併存症を見極める(精神医学ニュースより) - 青少年における薬物乱用の研究により、治療に関する貴重な洞察(特に併存症の果たす役割)が得られている。思春期の若者における薬物使用が増えている一方、関連疾患を治療する既存の心理社会的介入にはわずかな有効性しか.... 続きを読む

2011-12-26
完璧な組合せ:抗うつ剤と話し合い療法を一緒に行うと効果的な理由を科学が解明し始めた(フォーブスより) - 抗うつ剤は長年、抑うつ症や不安神経症などの気分障害の治療に使われてきており、頼りになる治療薬としてますます信頼を高めている。だが、抗うつ剤がどのように作用するのか、もっと正確に言えば作用する理由を.... 続きを読む

2011-12-22
恐れ知らずの若さ:プロザックが脳を若返らせることで不安を消失させる(サイエンティフィック・アメリカンより) - 抗うつ薬は、脳の可塑性を増大させることによって成体マウスにおける恐れを軽減させることが新たな研究で示されている。実験用成体マウスが特定の刺激(音や閃光)と、電気ショックの痛みを結びつけることを一旦学ぶと.... 続きを読む

2011-12-05
フルオキセチン投与により成人の自閉症スペクトラム障害の反復習性が改善(ヘルスデーニュースより) - 自閉症スペクトラム障害の成人患者にフルオキセチンで治療を行うと、反復習性に有意な改善が認められることが、アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー(医学誌)12月2日号オンライン版に掲載された研究で示された.... 続きを読む

2011-12-05
最新の抗うつ剤の有効性はほぼ同じであるが、副作用や即効性は薬によって異なると研究が見出す(WebMD医療ニュースより) - 新たな分析によると、最新の抗うつ剤はすべて、有効性はほぼ同じだが、誰にとっても作用が同じという訳ではない。「製薬業界の主張に反し、有効性だけを基準にし、ある薬より別の薬を選択した方が良いということを.... 続きを読む

2011-12-02
プロザックが成人期自閉症の症状を緩和する可能性(ウェブMDより) - 抗うつ薬プロザックが自閉症スペクトラム障害の特徴的症状(反復的な強迫行動)の治療に有用であるように思われる。新たに発表された研究は、自閉症の成人患者を対象に実施されたもので、プロザック(フルオキセチン)を投与した患者.... 続きを読む

2011-10-28
孤立状態からの脱却:季節性感情障害の治療(アトランティック紙より) - 人口の6~10%は冬の間に季節性うつ病を患います。でも、この病気を終わらせる方法はあります。北半球ではどんどん日が短くなり、寒くなっています。そして、中にはどんどん憂鬱な気分になっていく人たちもいます。季節性感情障害(SAD)とは.... 続きを読む

2011-10-27
不眠症の治療が小児期および思春期の抑うつ状態の治療を促進(ファミリープラクティスニュースより) - 抑うつ状態の治療を受ける前に明確な不眠症を報告していた小児および思春期患児(13歳~19歳)の約過半数が、フルオキセチン治療開始から最初の数週間で、睡眠および抑うつ状態の両方に有意な改善を認めたことが.... 続きを読む

2011-10-23
過食症(ザ・スター・オンラインより) - 過剰に食べた後にさまざまな方法で食べたものを排出しようとしているなら、過食症を患っています。神経性過食症は摂食障害です。この障害は食べ物を大量に食べ(むちゃ食い)、その後で本人が嘔吐を促したり、下剤を使用.... 続きを読む

2011-09-14
強迫性障害を理解する(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - スティーブン・マクウィリアムス(Stephen McWilliams)博士は、強迫性障害の複雑な症状に注目し、治療できる方法はないか検討している。強迫神経症を患う小説家メルヴィン・ユドール(Melvin Udall)氏は.... 続きを読む

2011-01-10
プロザック(Prozac)による治療は脳卒中からの回復を促進する(BBCニュースより) - ある研究によると、患者が脳卒中の発作を起こした後、速やかにプロザック(Prozac)を投与すると麻痺からの回復に役立つかも.... 続きを読む

2011-01-01
家庭でできる物忘れ治療法(ArticlesBase.comより) - 車をどこに駐車したのか忘れるような、時々起こる物忘れは、アルツハイマー病の初期症状の徴候ではない。しかし、どの程度のもの忘れであれば、悪化したアルツハイマー病に進展するリスクが大きいことが示されるのかについて、医師らは依然として確信が持てきれずにいる。問題となるのは、たまに鍵をどこへ置いたのか覚えてないことではなく.... 続きを読む

2010-02-25
プロザック(Prozac)とセレクサ(Celexa)が抗炎症作用を示す(サイエンス・デイリーより) - フルオキセチン(プロザックⓇ)とシタロプラム(セレクサⓇ)を用いたマウスに対する治療ではコラーゲン誘発性関節炎(CIA)の進行を有意に抑制することが、新しい研究で明らかに.... 続きを読む

2006-12-11
精神展開薬:強迫性障害治療の希望の星(BBCニュースより) - ジャーミー(仮名)が最後にバスケットボールに触れてから、もう何年も経っていた。彼は、強迫性障害を患っているため、汚れや細菌が体に付くのを恐れていた。足の裏に触れる靴底以外、地面に体が触れるのを嫌っていたのである。しかし、強迫性障害患者に対するプシロシビン(マジックマッシュルームに含まれる幻覚誘発物質)の効果を測るために行われた小規模の臨床試験に参加中、ジャーミーは裸足で床の上に立ち、運動がしたい、ボールで遊びたいと.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。