デュオビル・エヌ(ラミブジン/ジドブジン/ネビラピン)150mg/300mg/200mg 

5120 円!! 3つの成分を1錠に配合!2種類の逆転写酵素阻害剤の相乗効果で、HIVウイルスのDNA合成を強力に阻止!細胞分裂ができなくなることで、ウイルスの増殖を抑えます!

Duovir N (Lamivudine/Zidovudine/Nevirapine) - 150mg/300mg/200mg (30 Tablet)

■ 30錠

価格:5120 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ラミブジン(Lamivudine)

ネビラピン(Nevirapine)

ジドブジン/アジドチミジン(Zidovudine)

 

同一成分含有商品

トリオミューン 30 (ラミブジン/スタブジン/ネビラピン) 30mg/150mg/200mg (30錠) 5840 円
Triomune (Stavudine/Lamivudine/Nevirapine) - 30mg/150mg/200mg (30 Tablets)

ラミビル (ラミブジン) 150mg (10錠) 880 円
Lamivir (Lamivudine) - 150mg (10 Tablets)

デュオビル (ラミブジン/ジドブジン) 150mg/300mg  (10錠) 1580 円
Duovir (Lamivudine/Zidovudine) - 150/300mg (10 Tablets)

ジドビル (ジドブジン) 300mg (10錠) 880 円
Zidovir (Zidovudine) - 300mg (10 Tablets)

ネビミューン (ネビラピン) 200mg (10錠) 1780 円
Nevimune (Nevirapine) - 200mg (10 Tablets)

デュオビル・エヌ(ラミブジン/ジドブジン/ネビラピン)150mg/300mg/200mg  (30錠) 5120 円
Duovir N (Lamivudine/Zidovudine/Nevirapine) - 150mg/300mg/200mg (30 Tablet)

デュオビル・イー・キット(ラミブジン150mg/ジドブジン300mg/エファビレンツ600mg) (3錠) 920 円
Duovir-E Kit (Lamivudine150mg /Zidovudine300mg /Efavirenz600mg) - (3 Tablets)

トリオミューン40 (ラミブジン40mg/スタブジン150mg/ネビラピン200mg)(30錠) (30錠) 6450 円
Triomune 40 (Stavudine40mg /Lamivudine150mg /Nevirapine200mg) (30 Tablets)

トリオデイ(フマル酸塩テノホビルジソプロキシル300mg/ラミブジン300mg/エファビレンツ600mg)(30 Tablets) (30錠) 7660 円
Trioday (Tenofovir Disoproxil Fumarate300mg /Lamivudine300mg /Efavirenz600mg) (30 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1回1錠を1日2回経口服用します。

1日1回200mgの初期導入量を2週間服用することが推奨されているため、ネビラピンによる治療を開始したばかりの人は服用しないでください。
過敏症状(発疹、肝機能検査値異常など)が現われない場合は、この初期導入量に続き、維持量として1回200mgを1日2回に増量することがあります。

デュオビル・エヌは有効成分量の調製ができないため、含有成分量以外の分量が必要な人は服用しないでください。

 

商品詳細

デュオビル・エヌは、通常HIV治療に使用される3種類の成分を1錠に配合した薬です。

HIV感染症の治療は、薬剤耐性ウイルスの出現や、多くの副作用による忍容性低下の問題がいまだに解決されていませんが、90年代後半に、核酸系逆転写酵素阻害剤、非核酸系逆転写酵素阻害剤、およびプロテアーゼ阻害剤の3系統の薬剤を組み合わせた多剤併用療法(HAART)が確立したことにより、HIV感染者の生命予後は大きく改善しました。

多剤治療においては、初回治療として「非ヌクレオシド系(非核酸系)逆転写酵素阻害薬+ヌクレオシド系(核酸系)逆転写酵素阻害薬」または「プロテアーゼ阻害薬+核酸系逆転写酵素阻害薬」のいずれかを選択しますが、デュオビル・エヌの有効成分のうちジドブジンおよびラミブジンはヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬、またネビラピンは非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬に属します。

一般にウイルスは、DNA(デオキシリボ核酸)がDNAをコピーすることで増殖していきます。ところがHIVウイルスでは遺伝子にRNA(リボ核酸)しか持っていないため、逆転写酵素と呼ばれる酵素がRNAに働きかけることでDNAを合成し、増殖をします。この逆転写酵素の作用を阻害し、HIVウイルスの増殖を阻止する薬を逆転写酵素阻害薬と言いますが、その機序によりヌクレオシド系と非ヌクレオシド系に分けることができます。

ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬は核酸と似た構造を持っているため、ウイルスが逆転写をする際に、伸長途中のDNAが正常な核酸と間違えて結合します。ところが、その性質は核酸とは異なることからウイルスはそれ以上伸長することができず、ウイルスのDNA合成が中断される結果として、HIVウイルスは増殖ができなくなります。

これに対しネビラピンが属する非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬は、逆転写酵素に直接結合してその立体構造を変えてしまうことでRNAからDNAへの変換を抑制し、増殖を阻害します。
ネビラピンは強力な逆転写酵素阻害作用を持つとされていますが、短期的使用では効果が認められたものの、単剤使用においてはエイズウイルスが数週間で耐性を獲得するうえに、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬とも完全な交叉耐性を示してしまうという欠点が臨床試験中に発見されたため、長期的な使用に対する効果が問題視されていました。
しかしその後の研究により、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬と併用することで相加あるいは相乗効果がみられたことから、特定薬剤との併用によるエイズ治療薬としての承認を受けたという経緯があります。
さらに、長期併用投与例では充分な効果が持続するだけでなく、血中半減期が長いため1日の服用量も少なくて済み、食事の影響も受けないという特長もあります。

デュオビル・エヌは、この強力な効果を持つネビラピンと、ほかのヌクレオシド系逆転写酵素阻害成分を配合したことで、HIVウイルス増殖抑制に対してより大きな効果が期待できる薬です。

 

他の商品との比較

3種類の成分を1つにした画期的な合剤です。

多剤治療における初回治療で推奨されている、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害成分とヌクレオシド系逆転写酵素阻害成分を配合した薬です。

ヌクレオシド系逆転写酵素阻害成分を配合することで、比較的強い効果を持つとされるネビラピンの欠点を補い、その効果を最大限に引き出します。

 

特別な注意

以下の場合、デュオビル・エヌを絶対に服用しないでください。
・デュオビル・エヌの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・ネビラピンによる治療を開始し始めた人: 発疹と過敏症進行の発現を減少させるため、導入量としてネビラピン200mgを1日1回服用してください。その後、ネビラピンに対する忍容性が出現したらデュオビル・エヌに切り替えます。

・乳酸アシドーシス、脂肪症を伴う重篤な肝腫大: ヌクレオシドアナログ抗レトロウイルス類似体の単剤またはスタブジンやラミブジンなどとの併用により、致命的な乳酸アシドーシス、脂肪症を伴う重篤な肝腫大が報告されています。その大多数が女性で、肥満および長期のヌクレオシド露光が危険因子であると考えられています。特に肝臓疾患のある人を含め、肝臓疾患のない人でも発現が認められているため、ジドブジンとラミブジンを服用する際は注意してください。例えアミノトランスフェラーゼの亢進が見られない場合でも、乳酸アシドーシスや肝毒性(肝腫大および脂肪症を含む)疑いがある場合は治療を中止してください。

・骨髄抑制: 顆粒球数(<1000細胞/立方ミリ、または赤血球<9.5g/dl)により骨髄抑制が認められている人は、デュオビル・エヌを注意して服用してください。

・筋疾患: ジドブジンの長期服用により、HIV疾患により引き起こされるのと類似した病的変化を伴う筋疾患および筋炎が起こることがあるため、デュオビル・エヌの服用でも同様の症状が現われるおそれがあります。

・B型肝炎を併発しているHIVの人: 臨床試験において、B型肝炎による慢性肝疾患を伴うHIVの人は、ラミブジンの服用中止の際に臨床的または実験的に肝炎を再発することがあるとの報告があります。非代償性肝疾患の場合では、さらに重篤になるおそれがあります。

・過敏反応: スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮剥離症(TEN)など重篤で致命的な皮膚反応の発現のほか、発疹、体質的所見、臓器機能不全などを特徴とする過敏症がネビラピンの服用において報告されています。重篤な皮膚反応の兆候や過敏反応症状(重度の発疹または発熱を伴う発疹、水ぶくれ、口腔病変、結膜炎、顔のむくみ、筋肉痛、関節痛、全身倦怠感、著しい肝異常など)が進行している人は、ただちにネビラピンの服用を中止してください。ネビラピン治療の際は、発疹出現の頻度を抑えるため1日200mg(小児は4mg/kg)を14日間服用する導入期を含めてください。導入期中に発疹が見られた場合は、発疹が解決するまでデュオビル・エヌの増量および服用はしないでください。

・ネビラピンの服用による治療で、劇症肝炎(高ビリルビン血症を伴う、または伴わないトランスアミナーゼの上昇、部分トロンボプランスチン時間の延長、好酸球増多など)を含む重篤な、または致命的な肝毒性が発生しています。治療開始後数週間で発現している場合もあれば、発疹を伴う場合もあります。中等度または重度のALTまたはAST異常のある人は、これらの基礎値が元に戻るまではネビラピンの服用を中止してください。再服用中により肝機能異常が再発した場合は、ネビラピンの服用を完全に中止してください。特にネビラピン治療開始後6ヵ月間は、ALTおよびASTの観察をすることが強く推奨されています。

・腎機能障害: クレアチニンクリアランス値が50ml/分以下の人は、ジドブジンおよびラミブジンの服用量を減量してください。腎機能障害のある人では、ネビラピンの薬物動態が評価されていないため、この場合はデュオビル・エヌを服用しないでください。

・妊婦: 妊婦および妊娠している可能性のある人は、治療による利益が危険性を上回る場合に限り服用してください。

・授乳婦: 授乳中はデュオビル・エヌを服用しないのが好ましいとされています。

・小児: 小児は服用しないでください。

 

他の薬との併用

p>以下の薬剤とデュオビル・エヌを併用する場合、注意してください。
・ラミブジンとして
トリメトプリム、スルファメトキサゾール: ラミブジンに対する暴露が上昇します。

・ジドブジンとして
ガンシクロビル、インターフェロン・アルファ、骨髄抑制剤、細胞毒性薬: ジドブジンの血液毒性が増加するおそれがあります。

・ネビラピンとして
CYP3Aで代謝される薬剤: ネビラピンに誘引されたCYP3Aの併用が、CYP3Aにより代謝された併用薬剤の血漿濃度を下げるおそれがあります。
リファンピン、リファブチン: 併用によるデータが不充分なため、有益性が危険性を上回る場合に限り使用を検討し、使用する場合は注意深く観察をしてください。
ケトコナゾール: ケトコナゾールの血中濃度が著しく低下します。
経口避妊薬: ネビラピンが経口避妊薬の血漿濃度を低下させるおそれがあります。
メタドン: ネビラピンがメタドンの血漿濃度を下げるおそれがあります。ネビラピンとメタドンを併用している人で麻薬離脱症候群が報告されていることから、メサドンを服用している人がネビラピン治療を開始する場合は充分に観察し、状況により服用量を調整してください。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

デュオビル・エヌを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
・ラミブジンとして
すい炎、乳酸アシドーシス、肝炎、肝不全、下痢、不快感、倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐、腹痛、末梢性ニューロパシー、関節痛、筋肉痛、皮膚発疹、そう痒、一過性好中球減少症、血小板減少症、一時的な肝酵素・ビリルビン値上昇

・ジドブジンとして
貧血、血小板減少症、ビリルビン値上昇、発熱、頭痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、筋肉痛、不眠症、めまい、知覚障害、呼吸困難、発疹、不快感、胃腸痛、消化不良、味覚倒錯

・ネビラピンとして
発疹、肝酵素値上昇、過敏反応

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-06-15
安価なARV混合薬が、途上国の女性らに高価なARVと同じ効果があったと研究が示す(ザ・ボディより) - ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院 (Brigham and Women's Hospital)の研究者らによる新しい研究は、安価な抗レトロウイルス薬であるネビラピンを他の抗レトロウイルス薬(ARV)と組み合わせて使用すると、途上国の女性らの間で、.... 続きを読む

2012-06-14
ネビラピンに関するWHO勧告を新たな研究が支持(世界産婦人科連合ニュースより) - 世界保健機関(World Health Organisation : WHO)の勧告では、医療物資が限られている国のHIV治療について、ネビラピンをベースとした治療は手頃で効果的な選択肢とされている。この勧告が新たな研究によって支持された。この研究はハーバード公衆衛生大学院.... 続きを読む

2011-12-23
ネビラピンの長期投与で母乳によるHIV感染が減少(ヘルスディ・ニュースより) - ランセット誌オンライン版で12月23日発表された研究によると、予防薬ネビラピンは安全で、6カ月齢になるまで母乳保育中のヒト免疫不全ウイルス1型母子感染を減少できる。南アフリカ・ヨハネスブルグのウィトウォーターズランド大学.... 続きを読む

2011-12-18
ヒト免疫不全ウイルスに未感染で生まれてくるために(アジアン・トリビューンより) - すべての子供たちは、たとえ両親のどちらか若しくは双方がHIVに感染していても、HIV陰性で生まれてくる権利がある。UNAIDS の2011年報告書によると、インドのHIVの新規感染者数は2009年に.... 続きを読む

2011-12-10
抗レトロウイルス剤に関する更なる研究が乳児の人生を変える可能性(ザ・シチズンより) - およそ一世紀前、米国大統領エイブラハム・リンカーンはある感動的な発言をした。この発言は今日においても、特にHIVと共に生きる世界中の人々にとって重要な価値がある。「結局のところ、大切なのは何年生きられるか.... 続きを読む

2011-10-18
欧州の新規HIV治療ガイドラインにより治療勧告が広まる一方、薬剤不足の可能性が予測される(エイズマップより) - 欧州エイズ学会(European AIDS Clinical Society:EACS)によるHIV患者のための治療ガイドライン新版が、セルビア(ベオグラード)で開催された第13回欧州エイズ会議で先週発表された。 続きを読む

2011-10-18
成人および青少年のHIV感染患者に対する抗レトロウイルス療法の最新ガイドラインをHHSが発表(エイズビーコンより) -米国保健福祉省(United States Department of Health and Human Services : HHS)は、「成人および青少年HIV感染患者における抗レトロウイルス薬の使用に関するガイドライン(Guidelines for the Use of Antiretroviral Agents in HIV Infected Adults and Adolescents)」の最新版を発表.... 続きを読む

2011-10-10
慢性B型肝炎患者における疾病管理の新マーカーとしてB型肝炎表面抗原量を用いることを香港中文大学が発見(ヘルス・カナルより) - 現在は経口抗ウイルス薬が、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制するのに極めて有効である。しかし、肝臓内B型肝炎ウイルスの消失はごく少ない割合の患者でしかみられない。抗ウイルス薬の中止後、ほとんどの患者で肝炎の再発が.... 続きを読む

2010-08-19
長期エンテカビル療法、慢性B型肝炎患者の線維症と肝硬変に効果(サイエンス・デイリーより) - この国際的な研究に携わった研究者らによると、エンテカビル(抗ウイルス剤)の累積治療を少なくとも3年間受けた慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染患者に、かなりの組織学的改善と線維症と肝硬変の改善がみられたという。同研究の.... 続きを読む

2009-10-19
新生児へのHIV-1母体感染防止のための治療法(サイエンスデイリーより) - ある新しい研究によると、HIV-1感染治療で高活性抗レトロウイルス療法(HAART)を受けた母親は、この療法を受けていない母親と比べて、授乳による新生児へのウイルス感染が少ないという。 オンライン版の感染症ジャーナル(Journal of Infectious Diseases)11月15日号にある研究結果によると、アフリカのような資源の乏しい地域に住み、HAART療法を受ける資格のある母親は、出来るだけ.... 続きを読む

2008-08-04
結核がHIV治療を阻む‐研究報告(BBCニュースより) - 研究者らによると、患者が結核(TB)治療中の場合、HIV療法から最大の効果が得られない可能性があるという.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。