トリオデイ(フマル酸塩テノホビルジソプロキシル300mg/ラミブジン300mg/エファビレンツ600mg)(30 Tablets)

7660 円!! HIVの多剤治療における初回治療で推奨されている成分を1錠に配合!3種類の成分の相乗効果で、HIVウイルスのDNA合成を強力に阻止します!1日1回1錠の服用なので飲み忘れのリスクが減少!

Trioday (Tenofovir Disoproxil Fumarate300mg /Lamivudine300mg /Efavirenz600mg) (30 Tablets)

■ 30錠

価格:7660 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

テノホビルジソプロキシルフマル三塩(Tenofovir Disoproxil Fumarate)

ラミブジン(Lamivudine)

エファビレンツ(Efavirenz)

 

同一成分含有商品

テンビルEM(ツルバダジェネリック) (30錠) 8900 円
Tenvir-EM (Tenofovir Disoproxil Fumarate/Emtricitabine) - 300mg/200mg (30 Tablets)

トリオミューン 30 (ラミブジン/スタブジン/ネビラピン) 30mg/150mg/200mg (30錠) 5840 円
Triomune (Stavudine/Lamivudine/Nevirapine) - 30mg/150mg/200mg (30 Tablets)

ラミビル (ラミブジン) 150mg (10錠) 880 円
Lamivir (Lamivudine) - 150mg (10 Tablets)

デュオビル (ラミブジン/ジドブジン) 150mg/300mg  (10錠) 1580 円
Duovir (Lamivudine/Zidovudine) - 150/300mg (10 Tablets)

エファビル 200 (エファビレンツ) 200mg (30カプセル) 4480 円
Efavir (Efavirenz) - 200mg (30 Capsules)

エファビル 600 (エファビレンツ) 600mg (30錠) 10780 円
Efavir (Efavirenz) - 600mg (30 Tablets)

デュオビル・エヌ(ラミブジン/ジドブジン/ネビラピン)150mg/300mg/200mg  (30錠) 5120 円
Duovir N (Lamivudine/Zidovudine/Nevirapine) - 150mg/300mg/200mg (30 Tablet)

ビラデイ(フマル酸テノホビルジソプロキシル/エムトリシタビン/エファビレンツ) (30錠) 18450 円
Viraday (Tenofovir Disoproxil Fumarate/Emtricitabine/Efavirenz) - 300mg/200mg/600mg (30 Tablets)

タビンEM(ツルバダジェネリック) (30錠) 7690 円
Tavin-EM (Tenofovir Disoproxil Fumarate/Emtricitabine) - 300mg/200mg (30 Tablets)

キュービル・キット(アタザナビル/リトナビル/テノホビル/エムトリシタビン)300mg/100mg/300mg/200mg  (2錠) 980 円
QVIR Kit (Atazanavir/Ritonavir/TenofovirDisoproxil/Fumarate/Emtricitabine) - 300mg/100mg/300mg/200mg (2 Tablets)

デュオビル・イー・キット(ラミブジン150mg/ジドブジン300mg/エファビレンツ600mg) (3錠) 920 円
Duovir-E Kit (Lamivudine150mg /Zidovudine300mg /Efavirenz600mg) - (3 Tablets)

トリオミューン40 (ラミブジン40mg/スタブジン150mg/ネビラピン200mg)(30錠) (30錠) 6450 円
Triomune 40 (Stavudine40mg /Lamivudine150mg /Nevirapine200mg) (30 Tablets)

トリオデイ(フマル酸塩テノホビルジソプロキシル300mg/ラミブジン300mg/エファビレンツ600mg)(30 Tablets) (30錠) 7660 円
Trioday (Tenofovir Disoproxil Fumarate300mg /Lamivudine300mg /Efavirenz600mg) (30 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。


1日1錠を経口服用します。

空腹時の服用が望ましいとされ、特に就寝時の服用が推奨されています。


 

商品詳細

トリオデイは、フマル酸テノホビルジソプロキシル、ラミブジン、エファビレンツの3つの成分を1錠に配合したHIVの治療薬です。多剤併用療法においてそれぞれの薬を別々に服用する必要がないため、飲み忘れの心配がありません。


HIVはヒトの免疫細胞に感染して免疫細胞を破壊し、最終的にはAIDS(後天性免疫不全症候群)を発症させるウイルスです。一般的なウイルスはDNA(デオキシリボ核酸)がDNA自身をコピーすることで合成して増殖するのに対し、HIVウイルスは遺伝子にRNA(リボ核酸)しか持っていないため、逆転写酵素によってRNAをDNAに逆転写してDNAを合成し、増殖していきます。このようなウイルスをレトロウイルスと呼びます。


このレトロウイルスであるHIVウイルスはひとつのウイルスではなく多数の変異ウイルスの集まりであり、また中には薬剤耐性を持つウイルスがいる可能性もあります。そのためHIVの治療においては、通常は2種類の薬剤を組み合わせて基礎薬(ベースドラッグ)とし、これを多剤併用療法における背景治療(バックボーン)にします。さらにここに作用機序が異なる別系統の主要薬(キードラッグ)を加えることで、強力かつより確実な治療を行ないます。 トリオデイには3種類の有効成分が含まれていますが、このうちベースドラッグとなる成分がフマル酸テノホビルジソプロキシルとラミブジンで、いずれもヌクレオシド系の逆転酵素阻害剤に属します。


HIVウイルスが人間の細胞に入り込むとまずたんぱく質合成系を支配し、ウイルスの組み立てに必要なたんぱく質鎖を作りますが、増殖に必要な大きさに切断する必要があります。それを行なうのがプロテアーゼと呼ばれる酵素です。従来はこの酵素の働きを阻害する治療が行なわれてきましたが、プロテアーゼ阻害薬の長期服用は高脂血症、耐糖能異常などの副作用を起こしやすいことがわかってきました。そこでこれに取って代わる治療薬が、逆転写酵素を遮断する働きを持つ逆転写酵素阻害剤です。この薬剤にはヌクレオシド系と非ヌクレオシド系の2種類があり、フマル酸テノホビルジソプロキシルとラミブジンが属するヌクレオシド系は、ウイルスが逆転写を開始する際にニセの核酸を結合させることでDNAの合成ができなくなるよう働きます。

一方、トリオデイのキードラッグとなる成分がエファビレンツです。エファビレンツはフマル酸テノホビルジソプロキシルとラミブジンと同じく逆転酵素阻害剤ですが、非ヌクレオシド系に含まれ、逆転写酵素に直接結びついてHIVウイルスを不活性化させるという点でその作用は異なります。またプロテアーゼ温存療法として、HIV治療ガイドラインでは初回服用での使用が推奨されている成分でもあります。


HIVの薬剤療法は、ウイルスの活動を抑えるために1日に何種類もの薬剤を服用する必要があるため、飲み忘れや服用の煩わしさなどが問題となっています。ところがトリオデイはHIV治療で推奨されている3種類の成分を1錠に配合しているため、この問題に悩まされることなく、また飲み忘れのない薬物治療を可能にしてくれます。


 

他の商品との比較

HIVの進行を遅らせるための3種類の成分を1つにした画期的な合剤です。


多剤治療における初回治療で推奨されている、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害成分とヌクレオシド系逆転写酵素阻害成分を配合した薬です。


1日1錠の服用のため、飲み忘れなどが予防できます。


フマル酸塩テノホビルジソプロキシル、ラミブジン、エファビレンツの3種類の成分を1錠に配合した薬は、海外ではTELURAなどの名前で発売されています。


 

特別な注意

【禁忌】

・トリオデイの成分に対し過敏症の既往歴のある人

・セントジョーンズ・ワート含有食品を摂取中の人: トリオデイの血中濃度が減少するおそれがあります。

・ボリコナゾールを使用中の人: トリオデイの成分量は調節不可能なため、併用しないでください。


【慎重服用】

・腎機能障害のある人: 中等度から重度の腎機能障害のある人は、配合錠では不可能なラミブジンおよびフマル酸塩テノホビルジソプロキシルの服用間隔の調整が必要とされます。

・肝障害のある人: 肝障害の人に対するトリオデイの安全性は確立していないため、服用の際は、特にエファビレンツによる中枢神経症状の副作用を充分に観察してください。


【使用上の注意】

・トリオデイの成分量は調節不可能なため、トリオデイのいずれかの成分を配合した薬剤とは併用はしないでください。

・エムトリシタビンなど、ほかのシチジン類似体薬剤と併用しないでください。

・アデホビルジピボキシルと併用しないでください。

・トリオデイは、性的行為や献血によるHIV感染のリスクを排除しません。トリオデイ服用中であっても適切なHIV予防を行なってください。

・ディダノシンとの併用は推奨されていません。

・重篤な肝臓疾患に対するエファビレンツの安全性は確立していないため、このような人では治療の必要性が安全性を上回ると判断されたときに、充分に観察しながら服用してください。

・B型肝炎およびC型肝炎の人では、エファビレンツ服用数カ月後にアミノ期転移酵素が上昇することがあります。肝毒症状が出現、アミノ期転移酵素値が通常値の10倍以上になった場合は、トリオデイの服用を中止してください。

・抗レトロウイルス治療を併用している慢性B型肝炎またはC型肝炎の人は、重篤で死に至る副作用のリスクが上昇します。

・一般に、エファビレンツの服用開始約2週間後に軽度から中等度の発疹が出現しますが、通常は数週間後に消滅するため、治療の中断は必要ありません。

・エファビレンツの服用開始後、中枢神経系や精神的な副作用が頻繁に出現することがあります。一般にこれらの症状は治療開始後1週間以内に出現し、4週間以内に治癒します。うつや自殺念慮などの症状が出現した場合は、医師の診断を受けてください。

・テノホビルは主に糸球体ろ過および尿細管を通じて腎臓から排出されるため、腎機能に障害のある人ではクリアランスが減少します。治療の必要性が安全性を上回る場合に限り、トリオデイによる治療を検討してください。

・クレアチニンクリアランスが50mL/分以下の人、または血清リン酸塩が1.0mg/dL(0.32mmol/L)未満の人では、トリオデイが充分な治療効果を発揮しないことを考慮してください。

・腎毒性薬剤(アミノグリコシド、アンフォテリシンB、ホスカネット、ガンシクロビル、ペンタミジン、バンコマイシン、シドフォビル、インターロイキン-2など)とは絶対に併用しないでください。

・抗レトロウイルス療法中も引き続き感染の可能性があり、ほかのHIV感染の合併症になることがあります。


【高齢者】

・高齢者では腎機能が低下していることがあるため、服用には充分注意してください。


【妊婦、授乳婦など】

・妊娠している人や授乳中の人は、治療の必要性が安全性を上回る場合に限り服用を検討してください。


【小児など】

・18歳未満の人の服用は推奨されておらず、また安全性も確立していません。


 

他の薬との併用

【併用禁忌】

・アバカビルとテノホビル: アバカビルの付加効果が減少または欠如する可能性があります。

・エムトリシタビンとラミブジン: 両剤の類似性により相加効果が欠如する可能性があります。

・チプラナビルとリトナビルとエファビレンツ: これらの薬剤は併用しないでください。

・ポサコナゾールとエファビレンツ: ポサコナゾールのAUCが50%、Cmaxが44%それぞれ低下したとの報告があります。

・ボリコナゾールとエファビレンツ: 併用の安全性が確立していません。

・アモジアキンとアーテスネートとエファビレンツ: 肝毒性が上昇する可能性があるため、併用しないでください。

・アデホビルジピボキシルとテノホビル


【併用注意】

・ディダノシンとテノホビル: ディダノシンのAUCが40-60%上昇したとの報告があります。

・逆転写阻害非ヌクレオシド系阻害剤(ネビラピン、エトラビリン): 毒性が相加し、有効性が期待できません。

・ホスアンプレナビルとリトナビルとエファビレンツ

・インジナビルとエファビレンツ: インジナビルのAUCが31%、トラフ濃度40%それぞれ低下したとの報告があります。

・インジナビルとリトナビルとエファビレンツ: インジナビルのAUCが25%、トラフ濃度が50%それぞれ低下したとの報告があるため、インジナビルの血中濃度が観察できる場合においてのみ、併用が推奨されています。

・リトナビルとエファビレンツ: 双方のAUCが緩やかに上昇したとの報告があるため、併用は避けてください。

・ネルフィナビルとエファビレンツ: 併用によりさまざまな結果が出たため、ネルフィナビルの血中濃度が観察できる場合にのみ併用が推奨されています。

・ロピナビルとリトナビル(ソフトカプセルまたは経口液剤)とエファビレンツ、ロピナビルとリトナビル錠、ロピナビルとエファビレンツ、ロピナビルとテノホビル

・アタザナビルとリトナビルとテノホビル: アタザナビルのAUCが25%、Cmaxが28%および25%低下したとの報告があるため、併用は推奨されていません。

・アタザナビルとリトナビルとエファビレンツ

・ダルナビルとリトナビルとエファビレンツ:

・マラビロクとエファビレンツ: マラビロクのAUCが45%、Cmaxが51%低下したとの報告があります。

・ケトコナゾールとエファビレンツ: ケトコナゾールのAUCが72%低下したとの報告があるため、ほかの薬剤の使用を考慮してください。

・イトラコナゾールとエファビレンツ: ほかの抗真菌薬の使用を検討してください。

・クラリスロマイシンとエファビレンツ: クラリスロマイシンのAUCが39%低下したとの報告があります。

・リファンピシンとエファビレンツ: エファビレンツのAUCが26%、Cminが32%それぞれ低下したとの報告があります。

・リファブチンとエファビレンツ

・キニーネとエファビレンツ: キニーネに代わる薬剤の使用が望ましいとされています。

・リメファントリン、ハロファントリンとエファビレンツ: 併用は推奨されていません。

・カルバマゼピンとエファビレンツ: 両剤の血中濃度を観察できない場合の併用は望ましくないとされています。

・ジルチアゼムとエファビレンツ: ジルチアゼムの臨床効果を観察し、必要に応じて増量します。

・ベラパミル、フェロジピン、ニフェジピン、二カルジピンとエファビレンツ: 臨床効果を観察し、必要に応じてカルシウムチャンネル遮断薬の量を増量をします。

・アトロバスタチンとエファビレンツ: コレステロール値を定期的に観察し、効果が不充分な場合は後ロバスタチンを増量します。

・プラバスタチンとエファビレンツ: プラバスタチンのAUCが40%低下したとの報告があります。コレステロール値を定期的に観察し、効果が不充分な場合は後ロバスタチンを増量します。

・シンバスタチンとエファビレンツ:コレステロール値を定期的に観察し、効果が不充分な場合は後ロバスタチンを増量します。

・タクロリムス、シクロスポリン、シロリムスとエファビレンツ: 必要に応じて免疫抑制剤量の調節が必要なことがあります。

・メサドンとエファビレンツ: メサドンのAUCが52%低下したとの報告があります。禁断症状を確認し、必要な場合はメサドンを増量します。

・ブプレノルフィンとエファビレンツ: 禁断症状を確認し、必要な場合はメサドンを増量します。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。

次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。

2回分を1回に使用することは絶対におやめください。


 

副作用

トリオデイを服用した場合、以下の副作用があらわれることがあります。


●主な副作用

トリグリセライド・総コレステロール・HDLおよびLDLコレステロールの上昇、低リン酸血症、咳、鼻症状、眠気、異常夢、注意障害、頭痛、不眠症、興奮、健忘、運動失調、異常共済失調、錯乱、けいれん、異常思考、不安、うつ、激昂、多幸感、幻覚、躁病、被害妄想、自殺企図、自殺念慮、肝酵素値亢進、急性肝炎、急性腎臓疾患、腎臓疾患、血清クレアチニン上昇、そう痒、脱毛、関節痛、筋肉痛、女性化乳房、かすみ目、耳鳴、下痢、嘔気、嘔吐、腹痛、鼓腸、疲労、不快感、発熱


●極稀に起こる重篤な副作用

赤芽球癆、呼吸困難、知覚障害、急性腎尿細管壊死

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-01-29
HIV薬耐性の増加が研究で明らかに(【HealthDay】より) - この薬剤はAIDSを引き起こすウイルスであるHIV感染の治療および予防に主要な役割を果たすため、この結果は予想外であり、驚いた、と研究者たちは語る。「テノホビルはHIVに対する医学設備の重要な部分であり、この薬に対して.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-03-13
エンテカビルもテノホビルもHBV慢性感染に対する長期臨床使用は有効(ニュース・メディカルより)― トルコの臨床試験でHBV慢性感染者にエンテカビルまたはテノホビルを使用したところ、肝硬変の有無にかかわらず、長期のウイルス学的・生化学的治療反応が効果的に維持された。研究者らによると、一部の患者は肝細胞が.... 続きを読む

2014-11-25
テノホビルはB型肝炎ウイルスを8年間にわたり継続的に抑制(エイズマップより)― テノホビルを8年間投与しているB型慢性肝炎患者のほとんどがウイルス抑制を維持していた。この結果は、米国ボストンで今月開催された米国肝疾患学会(AASLD)で発表された。血清学的な奏効率は経時的に増加し、腎臓・骨関.... 続きを読む

2014-07-09
テノホビルベースのPrEPがHSV-2感染を低下させた(ヒーリオより)― ワシントン大学(the University of Washington.)の研究者らによると、男女間で、テノホビルベースのHIV暴露前予防投薬は単純ヘルペスウイルス2型のリスクも有意に低下させた。「HIV感染者にHSV-2の罹患率が高いこと、そしてHSV-2がHIV感染の有意.... 続きを読む

2014-04-04
ARVが「HIV感染を防止するかもしれない」(インディペンデント・オンラインより) - 抗レトロウイルス(ARV)治療薬テノホビルを製造する米国のバイオテクノロジー企業、ギリアド・サイエンシズ(Gilead Sciences)は、医薬品規制協議会(MCC)が、性交によるHIV感染の予防のためARV薬の使用を可能にする適用に判断を.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-12
1日1回の薬剤投与で静脈注射薬物使用者におけるHIVリスクが低下(メドページ・トゥデイより) - テノホビル(ビリアード)を1日1回投与すると、注射薬物使用者におけるHIV感染を予防できることが、研究者らによって報告された。米国疾病対策予防センター(CDC)のマイケル・マーティン(Michael Martin)博士らによれば、バンコクに.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-02-19
B型肝炎ウイルスとHIVの重複感染患者ではテノホビルをエムトリシタビン(FTC)またはラミブジン(3TC)と併用するとB型肝炎ウイルス抑制の可能性が高まる(エイズマップより) - ヒト免疫不全症ウイルス(HIV)とB型肝炎ウイルス(HBV)に重複感染した人を対象とした研究において、テノホビルをエムトリシタビン(FTC)またはラミブジン(3TC)と併用する抗レトロウイルス療法が、B型肝炎ウイルスの複製を検出限界.... 続きを読む

2013-01-29
成人及び子供のHIV初回治療に対し、エファビレンツがネビラピンより安全な選択であることを系統的レビューが確認(エイズマップより) - エイズ(AIDS)オンライン版で発表されたメタ分析の結果によると、エファビレンツは、抗レトロウイルス療法を開始する成人と子供にとってネビラピンより安全な選択である。エファビレンツ服用患者に比べ、ネビラピン.... 続きを読む

2013-01-13
ナイジェリア(アフリカ):抗レトロウイルス療法の第一選択薬としてテノホビルを用いる利点が薬剤耐性データにより判明(エイズマップより) - ウイルス学的応答欠如のリスクが高いナイジェリアのHIV感染者で、テノホビル(TDF)をベースとした一次治療を受けている患者は、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI)耐性変異が少なく、二次治療での高活性型NRTI薬の選択肢が多く.... 続きを読む

2012-12-05
青少年のB型肝炎の鎮静化に成人用抗ウイルス薬が有効(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - 成人用抗ウイルス薬のフマル酸テノホビルジソプロキシル(テノホビルDF)は、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している青少年の治療に安全で有効なことが最近の臨床試験で明らかにされた。試験結果は、米国肝臓学会.... 続きを読む

2012-11-12
NRTI治療に耐性を持ったHBV慢性感染者にはテノホビルが有効(ヘアリオより) - HBV慢性感染者は、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI)による初期治療に失敗することがある。ある研究によれば、そうした患者の大半はその後のテノホビル治療でウイルス抑制が認められた。この研究は、肝臓学会議.... 続きを読む

2012-10-16
これは次世代HIV予防策?(テイクパートより) - 女性のための次世代HIV予防策が実現するかもしれません。それは、抗レトロウイルス薬テノホビルなどの薬剤を最長で90日間供給する膣内リングです。このリングは完全にコンドームに取って代わる訳ではありませんが、.... 続きを読む

2011-10-18
欧州の新規HIV治療ガイドラインにより治療勧告が広まる一方、薬剤不足の可能性が予測される(エイズマップより) - 欧州エイズ学会(European AIDS Clinical Society:EACS)によるHIV患者のための治療ガイドライン新版が、セルビア(ベオグラード)で開催された第13回欧州エイズ会議で先週発表された。 続きを読む

2011-10-18
成人および青少年のHIV感染患者に対する抗レトロウイルス療法の最新ガイドラインをHHSが発表(エイズビーコンより) -米国保健福祉省(United States Department of Health and Human Services : HHS)は、「成人および青少年HIV感染患者における抗レトロウイルス薬の使用に関するガイドライン(Guidelines for the Use of Antiretroviral Agents in HIV Infected Adults and Adolescents)」の最新版を発表.... 続きを読む

2011-10-10
慢性B型肝炎患者における疾病管理の新マーカーとしてB型肝炎表面抗原量を用いることを香港中文大学が発見(ヘルス・カナルより) - 現在は経口抗ウイルス薬が、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制するのに極めて有効である。しかし、肝臓内B型肝炎ウイルスの消失はごく少ない割合の患者でしかみられない。抗ウイルス薬の中止後、ほとんどの患者で肝炎の再発が.... 続きを読む

2010-08-19
長期エンテカビル療法、慢性B型肝炎患者の線維症と肝硬変に効果(サイエンス・デイリーより) - この国際的な研究に携わった研究者らによると、エンテカビル(抗ウイルス剤)の累積治療を少なくとも3年間受けた慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染患者に、かなりの組織学的改善と線維症と肝硬変の改善がみられたという。同研究の.... 続きを読む

2008-08-04
結核がHIV治療を阻む‐研究報告(BBCニュースより) - 研究者らによると、患者が結核(TB)治療中の場合、HIV療法から最大の効果が得られない可能性があるという.... 続きを読む

2008-03-24
抗レトロウィルス薬はHIVの性交感染を防げるか(ABCヘルスデイニュースより) - マウスを用いた試験では、HIVの蔓延防止に抗レトロウィルス薬が役立つ可能性が高いことが示された。通常、抗レトロウィルス薬はHIV感染者の治療に用いられるのだが、この薬にHIVウィルス感染予防効果もある可能性があることが、ダラスにある.... 続きを読む

2006-07-13
米国にて3剤混合HIV薬が認可を受ける(BBCニュースより) - 米国にて3剤混合HIV薬が認可を受ける。一日一回投与の3剤混合HIV薬剤が米国食品医薬品局(FDA)にて初めて認可された。今回かなりの速さで認可されたアトリプラは.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。