お肌のトラブル(ニキビなど) - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2009-11-03

ソース(記事原文):CNNニュース Acne

ニキビ

痤瘡(ざそう)や面庖(めんぽう)又は皮膚の汚れそしてニキビ。どんな名前で呼ばれようと、ニキビはいやになるほどしつこいものであり、人々の悩みの種であることに変わりはありません。ニキビは治るのが遅く、ようやく1つ消えるなと思う頃には、もう他の個所にニキビができ始めています。

ニキビの形成は、体内のホルモンと何らかの関係があると考えられています。10代の若者にニキビがよく見られるのはこのためです。しかしニキビに年齢は関係ありません。成人女性の中には、体内のホルモンバランスに変化が生じた時にニキビができる人もいます。このホルモンバランスの変化は、妊娠や月経又は経口避妊薬の服用やその中止によって起こります。

ニキビの程度によりますが、ニキビは精神的なストレスや肌の傷跡の原因となることが多々あります。しかし、ニキビの効果的な治療法が確立されているのは吉報です。ニキビが出来た時に早々に対処すれば、身体的ダメージや精神的ストレスも少なくて済みます。

治療方法と医薬品

ニキビの治療には次のようなものがあります:皮脂の分泌を抑える;皮膚の新陳代謝を促す;細菌感染を抑える;炎症を抑える;これら全てを行う。処方されたニキビ治療薬を用いた殆どのケースで、目に見える効果が出るまでに4週間から8週間ほどかかっており、その期間中に肌の状態が悪くなることもあります。

医師や皮膚科医に相談すれば、塗り薬(局所薬)又は経口服用薬を処方してもらえるでしょう。しかし妊娠期間中、特に妊娠初期の3ヶ月間は、ニキビ用の経口服用薬を服用しないほうが良いでしょう。

ニキビの治療方法には以下の様なものがあります。

市販の局所薬:ニキビ用ローションには、皮脂を取り除く作用や殺菌作用があります。更に、新しい皮膚に入れ替わるよう新陳代謝を促します。市販のニキビ用ローションの効能については、それほど強くないものが多く、過酸化ベンゾイルや硫黄、又はレゾシノールやサリチル酸や乳酸のいずれかを有効成分としています。これらのいずれかを有効成分とするローションは、非常に程度の軽いニキビの治療に有効です。市販のニキビ用ローションを使用し始めの頃に皮膚が乾燥したり、乾燥により皮膚が粉をふいたり、肌が痒くなる等の副作用がありますが、これらの肌の状態は使用開始から1ヶ月ほどで大抵は改善されます。

処方箋を必要とする局所薬:市販の局所薬を用いてもニキビに改善が見られない場合は、医師又は皮膚科医に相談して市販の物よりも効き目が強いローションを処方してもらうことができます。トレチノイン(アビタ、レチンA、レノバ)、アダパレンディフェリン)、タザロテン(タゾラック、アベージ)などはビタミンAの誘導体であり、処方箋を必要とする局所薬の例として挙げられます。これらの薬には皮膚の新陳代謝を促進する働きや、毛穴の中をきれいにする働きがあります。ニキビ治療のための局所用の抗生物質も多く存在します。抗生物質の殺菌作用により皮膚上の余計な細菌を殺すことが出来ます。抗生物質と前述の処方箋局所薬を併用した多くの事例で、ニキビの改善が顕著に見られます。過酸化ベンゾイルクリンダマイシン(ベンザクリン、デュアック、アカニア)の組み合わせや過酸化ベンゾイルエリスロマイシン(ベンザマイシン)の組み合わせなど、過酸化ベンゾイルと抗生物質の組み合わせには幾通りもあります。処方箋を必要とする局所薬には、皮膚の刺すような痛みや肌がヒリヒリする感じ、そして皮膚の赤みや表皮剥離などの副作用があることが報告されているため、医師からこの薬の使用に関し何らかの指示があるでしょう。考えられる指示としては、薬の使用量を徐々に増やすといった事や薬の使用を短時間に留め、その後水で洗い流すといった事、又は他の薬に変更することなどが挙げられます。

抗生物質:中度から重度のニキビの治療には、短期間用に経口服用用の抗生物質よりある程度細菌を減らし、炎症を鎮める必要があるでしょう。経口服用用の抗生物質は、ニキビ治療において最初に試される治療法であるため、過去にニキビの治療を受けたことのある人には既に抗生物質に対する耐性が相当ついてしまっています。そのため抗生物質の服用によりニキビの改善が見られた場合、又は抗生物質ではニキビの治療に効果が無い事が判明した時点で、速やかに抗生物質の服用を中止するよう医師から指示があるでしょう。大抵は、服用開始から3カ月から4カ月ほど経つと経口服用用の抗生物質が効かなくなります。

また、ニキビ治療の殆どのケースで局所薬と抗生物質が併用されています。過酸化ベンゾイルの局所薬と経口服用用の抗生物質を併用すると抗生物質の耐性が付きにくくなるケースがあることが研究により確認されています。抗生物質の副作用により、胃腸のむかつきや目まいそして皮膚の変色などが起こることがあります。更に、日光に対し肌が従来よりも敏感になったり経口避妊薬の効力が弱まってしまう恐れもあります。

イソトレチノイン:嚢胞状のニキビの治療には、抗生物質だけでは不十分である場合があります。イソトレチノイン(アキュテイン)は、肌に跡を残しやすい嚢胞状のニキビや、他の医薬品が効かないニキビ対し用いられる強力な医薬品です。最も深刻な状態のニキビに対し用いられます。その効果は絶大ですが、深刻な副作用が現れる可能性があるため、皮膚科医の厳重な監督の下に服用しなければなりません。イソトレチノインは、胎児の深刻な先天異常の原因となるため、妊婦の方には適しません。また、イソトレチノインによる治療を受けている方やイソトレチノインによる治療完了後、数週間程度しか時間が経過していない場合は、妊娠しないように注意する必要があります。実際に、イソトレチノインには深刻な副作用があることから、妊娠・出産が可能な年齢にある女性がこの医薬品の処方を受ける際は、アメリカ食品医薬品局承認のモニタリングプログラムへの参加が義務付けられています。

イソトレチノインによく見られる副作用として、ドライアイ、口腔内や唇又は鼻や肌の乾燥、かゆみ、鼻血、筋肉痛、日光過敏や夜間の視界不良などが挙げられます。また、血中の中性脂肪値やコレステロール値そして肝酵素濃度を上昇させる可能性もあります。

更に、イソトレチノインが鬱又は自殺の原因となる可能性があることを危惧する意見もあります。イソトレチノインと鬱や自殺の因果関係は未だ証明されていませんが、イソトレチノインを服用している患者に鬱や自殺の兆候がないか医師は注意深く観察しています。イソトレチノインを服用中に異常な悲しみや耐えられない程の悲しみを感じた時は、直ちに医師に相談して下さい。

経口避妊薬:ノルゲスチメートとエチニルエストラジオールの混合避妊薬を含む経口避妊薬(オーソサイクレン、オーソトリサイクレン)には、その副作用として女性のニキビを改善する作用があることが確認されています。しかしながら、経口避妊薬には他にも頭痛や吐き気、そして鬱や乳房圧痛などの副作用もあります。それらの副作用については医師と相談すると良いでしょう。経口避妊薬の最も深刻な副作用に、心臓病や高血圧そして血栓ができる危険性が若干高まることなどが挙げられます。

レーザー療法や光療法:レーザーや光は、表皮を傷つけることなく皮膚の深い部分に達します。レーザー療法では、レーザーを用いて皮脂腺を傷つけます。これにより皮脂腺から分泌される皮脂の量が減少します。光療法では、光を用いてニキビの原因となる細菌を殺します。レーザーや光を照射した個所のニキビは跡を残しにくいですし、この治療法には肌に張りやツヤを与える効果もあります。ニキビ治療に最適なレーザー又は光治療に関する研究は、いまだに続いています。現在、医師等の専門家は、ニキビ治療に効果があると認められる治療法において、その期待される効果が得られない場合においてのみレーザー療法や光療法を患者に薦めています。この場合、レーザー治療や光治療を他の治療と並行して行うことは勧められていません。この治療は患者に不快感を与えることもあります。そして、レーザー又は光療法により一時的に肌が日焼けに似た状態になることもあります。

非外科的美容手術:ケミカルピールやマイクロダーマブレージョンは、ニキビの改善に効果的でしょう。元来、ケミカルピールやマイクロダーマブレージョンは、肌の細かいシワや日光によるホクロそして顔面の傷を目立たなくするために用いられる方法です。ケミカルピールやマイクロダーマブレージョンは、他の治療法と並行して行われると最大の効果が得られます。これらの治療法は、一時的な肌のひどい赤み、表皮剥離や水ぶくれ、そして長期にわたる肌の変色などを伴うことがあります。

ニキビ跡の治療

特定の治療法によりニキビの跡を目立たなくすることができる可能性があります。ニキビ跡の治療方法には、注入剤の注入、ダーマブレージョン、強力な光治療やレーザーを用いた皮膚再生術などがあります。

注入用軟組織:注射器を用いてコラーゲンや脂肪を皮膚の下に注入します。そうすると肌に張りがでるため、クレーター状のニキビ跡が目立たなくなります。ただし、この効果は一時的なものであるため、定期的にコラーゲン又は脂肪を注入する必要があります。

ダーマブレージョン:通常は、非常に目立つニキビ跡の改善に用いられる治療法です。急速回転するブラシを用いて表皮を除去します。表皮上の浅いニキビ跡は完全に除去されますし、深いニキビ跡は目立たなくなります。ただ、肌の色が濃い人にダーマブレージョンを施した場合、患部の皮膚の色が薄くなることがあります。

マイクロダーマブレージョン:マイクロダーマブレージョンは、手に収まるサイズの装置を用います。この装置はクリスタルを肌に噴射し表皮を優しく擦ります。そして、吸引気を用いてクリスタルと除去された皮膚細胞を取り除きます。クリスタルにより取り除かれるのは表皮細胞だけですので、皮膚事態にダメージは残りません。しかし、この治療により得られる効果は微々たるものであるため、これを幾度か繰り返した場合においても、その効果があまり実感できないこともあります。

レーザーや光そして高周波治療:レーザーを用いた皮膚再生術では、レーザーにより表皮を破壊し、真皮を熱します。レーザーを照射した部分の傷口が塞がると、新しい皮膚が形成されます。これよりも弱いレーザー(皮膚を傷つけない程度のもの)やパルス光源そして高周波装置は表皮を傷つけません。これらの装置は真皮を熱し、新しい皮膚の形成を促します。この治療を数度繰り返すとニキビ跡が目立たなくなります。皮膚の回復時間は短くて済むものの、繰り返し治療を受けなければならず、実感できるほどの効果も得られません。

皮膚の外科手術:穿孔器を用いてニキビ跡を一つずつ切除していきます。皮膚を縫合すると、皮膚同士がくっついてニキビの跡が消えます。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ダイアン 28錠タイプ 3ヶ月分 (ニュージランド・オーストラリア市場向け) (3x28錠) 5480 円

- レチン - Aクリーム 0.05% 20g (20gチューブ) 4350 円

- レチノ・エー・クリーム(トレチノイン)0.025% (20gチューブ) 1160 円

- レチノ・エー・クリーム(トレチノイン)0.05% (20gチューブ) 1780 円

- ヤスミン 84錠タイプ 3ヶ月分(ニュージーランド・オーストラリア市場向け) (3x28錠) 9730 円

- マーベロン 28錠タイプ 3ヶ月分 (3x28錠) 4610 円

- トリキュラーED 28錠タイプ 3ヶ月分 (3x28錠) 1590 円

- ジネット 35 21錠タイプ (21錠) 1610 円

- ジュンヤ 21錠タイプ (21錠) 1780 円

- レチン - Aマイクロジェル(トレチノイン) 0.1% 45g (45gチューブ) 21710 円

- メラノーム・エイチシー(ハイドロキノン/ヒドロキノン/トレチノイン/レチノイン酸/レチン酸/ヒドロコルチゾン/コルチゾール)(15gチューブ) (15gmチューブ) 1160 円

- ユークロマ・プラス(ハイドロキノン(ヒドロキノン)/トレチノイン/フランカルボン酸モメタゾン)(15g) (15gmチューブ) 1340 円

- マーベロン 21錠タイプ 3ヶ月分 (3x21錠) 2290 円

- マーシロン 21錠タイプ 3ヶ月分 (3x21錠) 2240 円

- マーシロン 28錠タイプ 3ヶ月分 (3x28錠) 4720 円

- マイクロジノンED 28錠タイプ 3ヶ月分 (3x28錠) 3720 円

- レチン - Aクリーム 0.1% 30g (30gチューブ) 8590 円

- クリンシトップ(ダラシンジェネリック) 1% 20g (20gチューブ) 520 円

- オカマイシン(エリスロマイシン)3% 30g (30gチューブ) 700 円

- イソトロイン(アキュテインジェネリック)10mg (10カプセル) 1340 円

- イソトロイン(アキュテインジェネリック)20mg (10カプセル) 1780 円

- アダペン(ジェネリックディフェリン) (15gチューブ) 1070 円

- ディフェリン外用ジェル(アダパレン)0.1% (30gチューブ) 4900 円

- エリアクネ(エリスロマイシン)4% 30g (30gチューブ) 3250 円

- タズレット・クリーム (タザロテン) 0.1% (15gチューブ) 1160 円

- タズレット・ジェル (タザロテン) 0.05% (15gチューブ) 980 円

- ベンザックACジェル 2.5% (過酸化ベンゾイル)  (50gチューブ) 2670 円

- ベンザックACジェル 5% (過酸化ベンゾイル) (50gチューブ) 2890 円

- ベンザックACジェル 10% (過酸化ベンゾイル)  (50gチューブ) 3140 円

- ベンザックACウォッシュ(過酸化ベンゾイル) 50mg/g  (200mlボトル) 3000 円

- リノラル(エチニルエストラジオール)0.05mg (10錠) 800 円

- クリザンタ 21錠タイプ (21錠) 1430 円

- マイクロジノン 30 63錠タイプ 3ヶ月分 (63錠) 3720 円

- ダラシン C (クリンダマイシン) 150mg (16カプセル) 2060 円

- ヤーズ 28錠タイプ 3ヶ月分(ニュージーランド・オーストラリア市場向け) (3x28錠) 10240 円

- リノラル(エチニルエストラジオール)0.01mg (10錠) 720 円

- スティーバ・Aクリーム (トレチノイン) 0.025% (25gチューブ) 2060 円

- スティーバ・Aクリーム (トレチノイン) 0.01% (25gチューブ) 1780 円

- スティーバ・Aクリーム (トレチノイン) 0.05% (25gチューブ) 2600 円

- スティーバ・Aフォルテ・クリーム (トレチノイン) 0.1% (25gチューブ) 2950 円

- イソトレックス・ジェル (イソトレチノイン) 0.05% (10g) (10gチューブ) 2330 円

- イソトレックス・ジェル (イソトレチノイン) 0.05% (30g) (30gチューブ) 4670 円

- ディフェリン外用クリーム (アダパレン)0.1% (30gチューブ) 3980 円

- パバーン(エチニルエストラジオール)10mcg (100錠) 3940 円

- シャルトップ(ミノキシジル/トレチノイン)3%/0.025% (50mLボトル) 2060 円

- シャルトップA(ミノキシジル/トレチノイン/アゼライン酸)2%/0.025%/1.5% (50mLボトル) 2680 円

- エー・レット・ジェル(トレチノイン)0.1%  (20gチューブ) 1160 円

- ダイアン35 21錠タイプ (インド市場向け) (21錠) 1260 円

- ヤスミン 21錠タイプ 1ヶ月分(インド市場向け) (21錠) 1980 円

- ヤーズ28錠タイプ(インド市場向け) (28錠) 2300 円

- メラケア(ハイドロキノン(ヒドロキノン)/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1%  (15gチューブ) 1520 円

- パーソルAC 2.5ジェル(過酸化ベンゾイル)2.5% (20gチューブ) 1070 円

- パーソルAC 5ジェル(過酸化ベンゾイル)5% (20gチューブ) 1250 円

- ロエッテ(エチニルエストラジオール/レボノルゲストレル)20mcg/100mcg (84錠) 2900 円

- エラ(ステアリン酸エリスロマイシン)250mg (100錠) 4770 円

- レブレンED(エチニルエストラジオール/レボノルゲストレル)0.03mg/0.15mg (84錠) 1070 円

- シャルトップA(ミノキシジル/トレチノイン/アゼライン酸)2%/0.025%/1.5% (60mlボトル) 2680 円

- クリンダマイシン・エービーエム(クリンダマイシン)150mg (16カプセル) 1860 円

- メラケア(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (20g) (20gチューブ) 1520 円

- ディフェリン・ジェル(アダパレン)0.1%(トルコ製) (30gチューブ) 3480 円

- エーバ30イー・ディー(エチニルエストラジオール/レボノルゲストレル)0.03mg/0.15mg (84錠) 1500 円

- クレオシン膣用クリーム(クリンダマイシン)2% (40gチューブ) 1650 円

- ダイアン 35 21錠タイプ(トルコ市場向け) (21錠) 670 円

- コスメライト・クリーム(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (15gチューブ) 1250 円

- クレオシン・ティー液剤(クリンダマイシン)1% (30mlボトル) 1850 円

- コスメライト・クリーム(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (20g) (20gチューブ) 1650 円

- アダクレン・ジェル(アダパレン)0.1% (15gチューブ) 1200 円

- グローライト・クリーム(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1%  (20gチューブ) 1460 円

- トレチン・クリーム(トレチノイン)0.025% (30gチューブ) 1400 円

- トレチン・クリーム(トレチノイン)0.05% (30gチューブ) 1950 円

- ルマシップ・プラス(フルオシノロンアセトニド/ハイドロキノン/トレチノイン)0.01%/4%/0.05%w/w  (15gチューブ) 2260 円

- トリキュラー21錠(エチニルエストラジオール/レボノルゲストレル) (21錠) 1200 円

- エー・レット・エイチシー(ハイドロキノン/トレチノイン/酢酸ヒドロコルチゾン) (15gチューブ) 890 円

- メラロングクリーム(メキノール/トレチノイン)2%/0.01% (15gチューブ) 1480 円

- トレティヴァ10(イソトレチノイン)10mg ― 10カプセル (10カプセル) 1860 円

- トレティヴァ20(イソトレチノイン)20mg (10カプセル) 2800 円

- タズレット・ジェル(タザロテン)0.05%(20g) (20g) 1250 円