ノフラーム(ナプロキセン)250mg(500錠入)

6120 円!! 腰痛・頸肩腕痛・関節痛(慢性関節リウマチなど)・歯科の鎮痛・痛風発作などに使用される解熱・鎮痛・消炎作用のある非ステロイド抗炎症薬(NSAID)!比較的副作用が少なく、鎮痛剤としては効き目が早いのが特長!

Noflam (Naproxen) - 250mg (500 Tablets)

■ 500錠

価格:6120 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ナプロキセン(Naproxen)

 

製造国

ニュージーランド

 

製造元

Mylan

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常、成人は1日300-600mgを2-3回に分け、なるべく空腹時を避けて経口服用します。
痛風発作には初回400-600mgを経口服用します。
頓用する場合および外傷後ならびに術後初回には300mgを経口服用します。

年齢、症状により適宜増減します。

 

商品詳細

ノフラーム250mgは効き目の早さを特徴とし、さまざまな症状に対して腫れや痛みを和らげる効果を持つ非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。主に以下の疾患に使用されますが、あくまでも対症療法であり、疾病そのものを治療する薬ではありません。

【効能・効果】
・下記疾患の消炎、鎮痛、解熱:
関節リウマチ、変形性関節症、痛風発作、強直性脊椎炎、腰痛症、肩関節周囲炎、頚肩腕症候群、腱・腱鞘炎、月経困難症、帯状疱疹
・外傷後ならびに手術後の消炎、鎮痛
・歯科・口腔外科領域における抜歯ならびに小手術後の消炎、鎮痛

痛みや炎症を引き起こす原因のひとつに、プロスタグランジンという物質があります。このプロスタグランジンは人間のほとんどの組織や器官、体液に存在して血管の収縮・拡張、胃液分泌の調節、腸管収縮、子宮筋収縮、血小板凝集などの生理活用作用をしている物質ですが、また同時に痛みや発熱、炎症の発生に深く関わっています。
プロスタグランジンは、何らかの原因で組織に損傷が起きると細胞膜にあるリン脂質がアラキドン酸に変わり、これにシクロオキシゲナーゼという炎症、発痛、発熱に関係する酵素が作用することによってつくられます。これにより痛み、熱、腫れなどの症状が起こった状態が炎症です。

シクロオキシゲナーゼは細胞に含まれている酵素で、その働きからCOX-1、COX-2に分類され、さらに最近ではCOX-3の存在が発見されています。
COX-1は胃粘膜や血管内に多く存在し、胃粘膜においては食物などから供給されたアラキドン酸を基質として胃酸分泌抑制、胃粘膜血流増加、粘膜分泌亢進などの働きをし、胃粘膜を保護する役割を持つほか、腎血流量の増加や血小板の凝集抑制などに関与しています。
COX-2は正常な生理条件においてはほとんど存在せず、炎症が発生すると産生が亢進されるため別名「炎症性COX」とも呼ばれています。アラキドン酸に作用して痛みの原因となるプロスタグランジンを生成するのがCOX-2です。ほかに血管新生、発がん、排卵、分娩、骨吸収などにも関与していると言われています。
COX-3は主に中枢神経系に存在し、脳内で痛みに関与しているとの研究報告がありますが、詳細についてはまだ詳しくは解明されていません。

さらにプロスタグランジンの発生と同時に、血漿からは知覚神経を興奮させる物質であるブラジキニンが遊離し、痛みを発生させます。プロスタグランジンはこのブラジキニンと比べて直接的な発痛作用は弱いとされていますが、ブラジキニンの発痛を増強する働きも持っています。
この痛みや炎症を引き起こすプロスタグランジンをつくり出す酵素であるシクロオキシゲナーゼの働きを阻害するのがノフラーム250mgの有効成分であるナプロキセンです。リボゾーム系の組織分解酵素活性の抑制、肉芽組織構成成分の構造的安定化、プロスタグランジンの生合成の抑制などの作用により、鎮痛作用、抗炎症作用、解熱作用などを発揮すると考えられています。

 

他の商品との比較

血漿中濃度半減期が約14時間と中時間持続型に属する非ステロイド性消炎鎮痛剤です。

持続性のある鎮痛効果を示し、その作用は速効的です。

ナプロキセンを有効成分とする薬剤は、日本ではナイキサン(田辺製薬)の名前で発売されています。

海外では、Aleve、Aleidase、Alpoxen、Alpron、Apain、Apranax、Apronax、Bonyl、Bruproxen、Bumaflex、Congex、Debril、Deproxen、Dysmenalgit、Ex-naprosyn、Emox、Emoxen、Eurogesix、Fabralgina、Feminax、Flogotone、Gerinap、Honlow、Improstan、Inflamax、Inza、Iraxen、Jinkangpuli、Lexinax、Melgar、Messelxen、Mobilat、Naprometin、Naprosyn、Naprosyne、Naproval、Naproxen、Naprux、Neuralprona、Nopain、Prexan、Priaxen、Princeps、Pronaxen、Proxen、Releve、Repro、Reuxen、Riproxen、Sanaprox、Seladin、Servinaprox、Tarproxen、Ticofelx、Tundra、Xenarなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、ノフラーム250mgを絶対に服用しないでください。
・消化性潰瘍のある人: 胃粘膜の防御因子のひとつであるプロスタグランジン(PG)の生合成を阻害し、胃潰瘍を悪化させるおそれがあります。
・重篤な血液の異常のある人: 副作用として血液・肝障害が報告されているため、さらに悪化させるおそれがあります。
・重篤な肝障害のある人: 副作用として血液・肝障害が報告されているため、さらに悪化させるおそれがあります。
・重篤な心機能不全のある人: 腎血流量および水・電解質代謝の調節作用を有するPGの生合成を阻害することにより、Na、水分貯留傾向があるため心機能を悪化させたり、血圧をさらに上昇させるおそれがあります。
・重篤な高血圧症の人: 腎血流量および水・電解質代謝の調節作用を有するPGの生合成を阻害することにより、Na・水分貯留傾向があるため心機能を悪化させたり、血圧をさらに上昇させるおそれがあります。
・ノフラーム250mgの成分またはほかの非ステロイド性消炎鎮痛剤に対し過敏症の既往歴のある人
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤などにより誘発される喘息発作)またはその既往歴のある人: 気管支筋拡張に関与するPGの合成を阻害することにより、気管支のれん縮が引き起こされ喘息を誘発します。
・妊娠後期の人

【慎重服用】
・消化性潰瘍の既往歴のある人
・非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期使用による消化性潰瘍のある人で、ノフラーム250mgの長期使用が必要であり、かつミソプロストールによる治療をおこなっている人(ミソプロストールは非ステロイド性消炎鎮痛剤により消化性潰瘍を効能・効果としていますが、ミソプロストールによる治療に抵抗性を示す潰瘍もあるので、ノフラーム250mgを継続使用する場合には充分経過を観察し、慎重に服用してください。
・血液の異常またはその既往歴のある人: まれに血液障害があるので、使用する場合は定期的に血液検査を実施してください。
・出血傾向のある人:血小板機能低下が起こることがあります。
・肝障害またはその既往歴のある人および腎血流量が低下している人: 非ステロイド性消炎鎮痛剤一般に、腎血流量および水・電解質代謝の調節作用を有するPGの生合成を阻害することにより、腎障害、むくみ、高血圧症などを発生させる可能性があります。また腎血流量が低下している人では代償的に人内PGが増加するとされており、PG合成阻害作用を持つノフラーム250mgの影響を受けやすくなります。
・心機能障害のある人: 非ステロイド性消炎鎮痛剤一般に、腎血流量および水・電解質代謝の調節作用を有するPGの生合成を阻害することにより、腎障害、むくみ、高血圧症などを発生させる可能性があります。また腎血流量が低下している人では代償的に人内PGが増加するとされており、PG合成阻害作用を持つノフラーム250mgの影響を受けやすくなります。
・高血圧症の人: 非ステロイド性消炎鎮痛剤一般に、腎血流量および水・電解質代謝の調節作用を有するPGの生合成を阻害することにより、腎障害、むくみ、高血圧症などを発生させる可能性があります。また腎血流量が低下している人では代償的に人内PGが増加するとされており、PG合成阻害作用を持つノフラーム250mgの影響を受けやすくなります。
・過敏症の既往歴のある人
・気管支ぜん息の人: 気管支ぜん息の人の中には禁忌であるアスピリンぜんそく患者が含まれています。
・潰瘍性大腸炎の人: 病態を悪化させることがあります。
・クローン病の人: 病態を悪化させることがあります。
・高齢者

【重要な基本的注意】
・消炎鎮痛剤による治療は原因両方ではなく、対症療法であることに留意してください。
・慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症など)に対しノフラーム250mgを使用する場合には、以下の事項を考慮してください。
1.長期服用する場合には、定期的に臨床検査(尿検査、血液検査および肝機能検査など)を行なってください。また異常が認められた場合には、減量、休薬などの適切な措置を講じてください。
2.薬物療法以外の療法も考慮してください。
・急性疾患に対しノフラーム250mgを使用する場合には、以下の事項を考慮してください。
1.急性炎症、疼痛および発熱の程度を考慮し、服用してください。
2.原則として同一の薬剤の長期服用を避けてください。
3.原因療法があればそれを行なってください。
・状態を充分に観察し、副作用の発現に留意してください。過度の体温効果、虚脱、四肢冷却などがあらわれることがあるので、特に高熱を伴う小児および高齢者または消耗性疾患の人においては、服用後の状態に充分注意してください。
・感染症を不顕性化するおそれがあるので、感染による炎症に対して用いる場合には適切な抗菌剤を併用し、観察を充分行ない慎重に服用してください。
・ほかの消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましいとされています。
・高齢者、小児および虚弱者には、副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に服用してください。

【臨調検査結果におよぼす影響】
・17-KGSの測定に影響を与えるので、測定に当たっては72時間前までにノフラーム250mgの服用を打ち切ってください。
・血小板凝集を抑制し、出血時間を延長させることがあるので、出血時間を測定する際には注意してください。

【その他の注意】
非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間使用している女性において、一時的な不妊が認められたとの報告があります。

一般に高齢者では副作用があらわれやすいので、次の点に注意し、少量から服用を開始するなど状態を観察しながら慎重に服用してください。
・高齢者では、一般に消炎鎮痛剤による消化管の潰瘍、出血などの発現率が高い傾向が認められています。

妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

妊娠後期には服用しないでください。

母乳中への移行が報告されているので、授乳中の人が使用する場合には授乳を避けてください。

1歳以下の乳児に対する安全性は確立していないので使用しないことが望ましいとされています。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とノフラーム250mgを併用する場合は注意してください。
・ヒダントイン系てんかん剤(フェニトイン): ヒダントインの血中濃度が上昇し、作用が増強することがあります。異常が認められた場合にはナプロキセンを減少するなど適切な処置を行なってください。
・スルホニル尿素系血糖降下剤(クロルプロパミド、トルブタミド、グリベンクラミド): 血糖降下剤の作用が増強(低血糖)することがあります。血糖値に注意し、異常が認められた場合にはナプロキセンを減量するなど適切な処置を行なってください。
・抗凝固剤(ワルファリン、ダビガトランエテキシラートなど): これらの薬剤との併用により、出血の危険性が増大する可能性があります。このような場合には、状態を充分に観察するなど注意してください。
・抗血小板剤(クロピドグレルなど): これらの薬剤との併用により、出血の危険性が増大する可能性があります。このような場合には、状態を充分に観察するなど注意してください。
・プロベネシド: ナプロキセンの血中濃度が上昇し、半減期が延長することがあります。異常が認められた場合にはナプロキセンを減量するなど適切な処置を行なってください。
・メトトレキサート: メトトレキサートの血中濃度が上昇し、副作用(骨髄抑制、腎機能不全など)が増強することがあります。異常が認められた場合にはメトトレキサートを減量するなど適切な処置を行なってください。
・降圧剤(β遮断剤、利尿剤、ACE阻害剤、A-II受容体拮抗剤など): 降圧作用および利尿作用が低下することがあります。併用する場合には、定期的に血圧を測定し、用量について注意してください。
・ACE阻害剤A-II受容体拮抗剤: 腎障害があらわれることがあります。異常が認められた場合には両剤を減量するなど適切な処置を行なってください。
・リチウム製剤(炭酸リチウム): リチウム中毒(ふるえ、悪心、嘔吐など)を起こすことがあります。定期的にリチウムの血中濃度を測定し、異常が認められた場合にはリチウム製剤を減量するなど適切な処置を行なってください。
・ジドブジン: ジドブジンの血中濃度が上昇し、副作用(骨髄抑制など)があらわれるおそれがあります。定期的に血液検査を行なうなど観察を充分に行ない、異常が認められた場合には、適切な処置を行なってください。
・ニューキノロン系抗菌剤(エノキサシンなど): けいれん発作が増強するおそれがあります。異常が認められた場合には両剤の使用を中止し、適切な処置を行なってください。
・イグラチモド: 胃腸障害の発現率が増加するおそれがあるので、特に消化性潰瘍があわれた場合にはノフラーム250mgの服用を中止し適切な処置を行なってください。
・アスピリン製剤(抗血小板剤として使用している場合): アスピリンの血小板凝集抑制作用を減弱するとの報告があります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

副作用

ノフラーム250mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
発疹、そう痒、じんましん、胃部不快感、胃痛、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、便秘、口内炎、腹部膨満感、口渇、血小板機能低下(出血時間の延長)、黄だん、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、眠気、めまい、頭痛、手足のしびれ感、耳鳴、聴力減退、けいれん、集中力低下、見当識障害、不眠症、脱毛、むくみ、心悸亢進、脱力感、血尿

●極稀に起こる重篤な副作用
ショック、PIE症候群、皮膚粘膜症候群、胃腸出血、潰瘍、再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、糸球体腎炎、間質性腎炎、腎乳頭壊死ネフローゼ症候群、腎不全、表皮水疱症、表皮壊死、多形性紅斑、胃腸穿孔、大腸炎、劇症肝炎、聴力障害、視力障害、無菌性髄膜炎、血管炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-03-18
パラセタモールは変形性関節症患者における臨床効果の最低水準に達せず(【News-Medical】より) - 変形性関節症に対する鎮痛薬の大規模解析において、膝と股関節に変形性関節症を持つ患者の疼痛緩和や身体機能の改善に、パラセタモールが臨床効果の最低水準に達していないことを研究者たちが発見した。パラセタモールは.... 続きを読む

2015-10-21
下背部痛の緩和にはナプロキセン単剤使用が効果的(【MEDPAGETODAY】より) - 急性の非外傷性、非神経性の下背部痛(LBP)で救急外来(ED)を受けた患者のうち、ナプロキセンにシクロベンザプリンまたはオキシコドン/アセトアミノフェン(パーコセット)を追加して1週間経過観察をしたところ、機能的転帰.... 続きを読む

2015-07-15
抗うつ剤と鎮痛剤の組み合わせで脳出血のリスク上昇のおそれ(【その他ソース】より) -初回に抗うつ剤を処方され、なおかつ非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)を服用した人では、その翌月までに頭蓋内出血が起こるリスクが高いことを、400万人以上の被験者から韓国の研究者が見つけた。頭蓋内出血は頭がい骨の下.... 続きを読む

2015-07-10
FDA警告後に専門家が有名鎮痛薬に注意を促す(【ヘルスデイ・ニュース】より) - 今週の木曜日に、米国食品医薬品局(FDA)が医薬品製造会社に対してNSAIDsの処方薬と市販薬における警告ラベルを強化するよう命令したことからも、この証拠は充分に強い意味を持つ。ただしこの警告の強化には、一部の患者に対して.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-03-21
鎮痛剤がインフルエンザに対する抗ウイルス活性を示す(サイエンス・コーデックスより) - 店頭販売されている抗炎症薬ナプロキセンは、A型インフルエンザウイルスに対しても抗ウイルス活性を示しうることが、フランスの研究者チームによって明らかにされた。この発見は、構造に基づく研究結果であり、アメ.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-11-28
鎮痛効果のある一般的な薬(ニュース・ジャーナルより) - 18世紀のイギリスでは、柳の樹皮からサリチル酸と呼ばれる成分を抽出して、関節炎の痛みの治療に使用していました。このサリチル酸から初の関節炎特効薬として発見されたアセチルサリチル酸は、現在、アスピリンと.... 続きを読む

2011-11-08
関節炎のためにできること(フィリピン・スターより) - >研究者らの推定では、生涯の間に全成人の半数と肥満成人の3分の2が、膝の関節炎を発症することになる。一方、その発生数は増加しているうえに、かなりの痛みと能力障害を引き起こすものであるにもかかわらず、治療は依然として挫折感や混乱を招ねくものである。 続きを読む

2011-06-08
ナプロキセンは結腸癌モデルマウスの腫瘍を減少させることを研究者らが報告した(サイエンスデイリーより) - 多数の試験から、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は結腸癌リスクを減らすことが明らかにされている。NSAIDのナプロキセンやその誘導体であるNOナプロキセンについて検討する動物試験は、主に化学的に誘発された腫瘍形成に焦点を合わせてきたが、.... 続きを読む

2011-04-21
痛風発作時に尿酸降下薬を開始すると関節炎が悪化?(くすり屋さんオリジナル記事) - 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」によれば、未治療(尿酸降下薬を未投与)の場合に起きた痛風発作(痛風関節炎)では、尿酸降下薬を新たに開始することで発作が悪化するか.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。